動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 こんにちわ、年子です。
20061026174219.jpg

 兎の紅葉にいちゃん亡き後、私が猫族はもちろん、家の動物をまとめています。ぶんちゃんのおぼえめでたい一歳五ヶ月の黒猫よ。
みなさん、ご存知のロシアンブルーもどきのボルシチが昨夜、ぶんちゃんのお友達のお家にトライアルに出かけました。昨日、動物病院でボルシチは診察を受けたのですが、寄生虫は二種類と聞いていました。が、二種類とも駆除できているらしいけれども、また新しい寄生虫の卵が見つかったとのこと。新しいお家に行ってから、病院にはうちのおかあさんが預かって連れていくということで、ボルシチはうちから出ていったの。

 おとうさんはボルシチが来た当初、「猫屋敷になってしまうじゃないか」と笑いながら言っていました。数日後にはボルシチと勝手に何度も遊んで、「おまえはかわいいなあ」と言っていた。格之進にいちゃんがおとうさんにはなついていないので、ボルシチが余計にかわいく思えたのかもね。

 数日の出張後、帰ってきて「ボルシチはうちで飼うのか?」と尋ねていました。「里親が決まったけど」「そうか」晩ご飯を食べたあと、皆がいなくなったところでボルシチをケージから出して遊びつつ、「うちで飼ってあげられたらいいんだけどなあ。ごめんね」と言っているのを、私は聞いてしまいました。

 二日前には「ボルシチ、うちで飼いたいなあ」と言っていました。今更遅いのよ。

 ボルシチは今までうちにやってきた猫の中で、いなくなったから言うわけじゃないけど、一番猫らしくない顔をしています。まあ、美人の私、個性的な助三郎、猫そのものの町子に比べて、フェレットに似てるというのかなあ。目と目の間が私達みたいに離れてないのよね。だけど、あの子、格之進にいちゃんみたいに、人の後を喜んでついていくのよ。それに、誰に抱かれても幸せそうな顔をするの。わが道を行く助三郎とは同じ牡でもタイプが違うわね。

 昨夜、ぶんちゃんとダイナ君とおかあさんがボルシチを連れていったんだけど、どうして急に決まったかというとね、なるべく早くお渡ししないとボルシチがうちの子だと勘違いすると困るからだって。ぶんちゃんの中間テスト、昨日終わったのよ。

 何でも、里親さんはボルシチが来る前からピンクの首輪と迷子札を用意してくれて、二階建てのケージもトイレも買ってくれたらしいわ。玄関先で、うちのおかあさんが向こうのおかあさんにいろいろと説明している間、ボルシチは向こうのおかあさんに抱かれていたらしいんだけど、くつろいで眠そうにしていたそうよ。昨日、病院でも看護婦さんに抱かれて嬉しそうにしていたらしいの。

 
 「あの浮気男、何かはら立つ!」とおかあさんが言っていたわ。でも、保護主ってそういうものよ。保護した動物を元気な状態にして、一生かわいがってくれる家庭をさがす。考えてみれば、報われないことをしてるわよね。うちのおかあさんは、広島ドッグパーク事件より前からいろんな動物愛護団体のHPを毎晩読んでるけど、どこの活動も大変だって言ってるわ。時間もお金もかかるしね。

 私達猫族もそうだし、格之進おじさんの犬族もそうだけど、もう人間の社会に依存しないと生きていけなくなっているのよね。いろんな動物が珍しいから、かわいいからと海外から、国内の山や海の中から連れてこられて、売られているけど、人間に依存して生活しなければならない動物を増やしているわけよ。もう猫族や犬族は野生にはもどれない。鳥やげっ歯類なんかでも、もうもどれない種類はいるわね。馬や豚も無理かもね。でも、まだ野生のままで生きていける動物はいるのよ。

 お金のために珍しさを売りに、動物の命を商売の道具にするのは、いい加減にしてほしいわね。それとともに、野生の動物がきちんと暮らせるように、環境を守っていってほしいわね。わたしたちは環境をこわしてないけど、人間はこわしているから責任をとってほしいわ。

 あれ? ボルシチのお話をしてたのよね。ごめんなさい。ボルシチがいなくなったケージを見て、ぶんちゃんもダイナ君も、おかあさんもおとうさんも「寂しい」って言ってる。うちで保護して里子に出した子はボルシチが初めてなのよ。こういう機会がまたあるかないかわからないけど、小さい子がくると、私達先住動物はなんかないがしろにされてる感じがするわ。
borushiti-071.jpg

 助三郎も町子も膀胱炎で治療中なの。早く治さないとっておかあさんが言ってるわ。これからは、治療に専念するそうよ。ボルシチ、私が近寄ると、鼻につんってしてくれて、それなりにかわいい子だったわね。かわいがってもらうのよ。元気でね。
borushiti-072.jpg


スポンサーサイト
2006.10.25(Wed)00:15 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2006年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2006年10月
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2006年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。