動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 ここ数日、あまりよく眠れません。広島ドッグパークの件です。私は人のやることにとやかくいう立場にありませんから(自分が動いていない)、いう資格もありません。とはいえ、思うのですが、「私は○○さんを信じます」とか「私は○○(団体名)を信じます」というのはおかしいのではないでしょうか?

 考えてもみてください。「私はソフトバンクの孫社長を信じます」「私はユニセフを信じます」とか言いますか? こういうことを言うときは、何かことがおこったときであり、不信な情報が出てきたときです。それでも世間一般で「信じる」と断言することはなかなかありません。会社につとめていると、「自分はそういうことはやりたくない。しかし、上に言われると逆らえない」ということもありますし、「自分は関与したくない。しかし、会社存続のためにはいたし方ない」ということがあります。様々な事情や背景を持っている団体や人間を、なかなか「信じる」ことはできません。

 善意からでたものであったならば、皆優しくことを見るのだなあというのが私の感想です。善意から出たものであるから、そこは多分に感情が先行しています。

 私は数日前の記事に、「人からほめられていい気分になる。そのとき、心に隙ができて、欲望がからむ」と書いた記憶があります。どうしてそういうことを言うかというと、クリスチャンだからです。キリスト教はもともと人間は罪深いものと捉えています。ですから、昨日よい人が今日もよいとは限らない。というより、誰もが間違いを犯す。それに早く気がつき、悔い改めていく。これが大切なことだと言われています。そして、人は間違う。だから人についていったり、人を崇拝するのは危険であると思っています。

 五千万も寄付金が集まった。それでもまだ寄付を募っている。どうして? 人によっては犬の医療費はあれだけ数がいたら五千万でも少ないという言う人がいます。それならば、かかった金額を明示してください。なぜできないのか? 犬のお世話で忙しいから。では、会計専門のボランティアを募ってください。いろんな情報が錯綜するなか、きちんとした情報をupしてください。なぜできないのか? 犬のお世話で忙しいから。ではpcにはりついていられるボランティアを募ってください。

 人の善意で成り立っているのなら、普通の会社以上に敏感になってください。善意というのは、簡単に悪意に変わるのです。必要なところ(情報の開示)を握って、誰にもふれさせないというのは、おかしいと思われても仕方がない。そういう誤解をもたれないために、どこどこまでも慎重に世間に対し、情報を開示し理解を求めていくのが、善意をいただいている団体のすることではありませんか?

 本当かどうか知りません。ブログで取りざたされていることですから。現地のボランティアさんは、愛護団体のやり方に不満があるけれど、それを言うと「明日から来なくていいよ」といわれるので、犬のお世話のために言わない。言いたいことが言えないボランティア団体っておかしくありませんか? 犬のためにやっている方々が、言いたいことを我慢するというのは、普通の会社と同じではないですか。ボランティアさんは動物愛護団体の社員ですか? 

 今一番問題になっていることは、一時預かりさんのお家にいた犬さんたちが広島ドッグパークにもどされていることです。苛酷な目に合わされた場所に、暖かい家庭からもどされるのです。どうしてそういうことをするのか、わかるように説明してもらいたい。一時預かりさんご自身納得できていない。どうして犬さんの心に動揺を与えるようなことをするのでしょうか? そしてご自分の家でお世話してきた人間の心にも傷を与えています。

 ひきはなされた方々は自分がお世話した犬さんの情報が、どこかに出ていないかと一晩中パソコンの前で探しているのです。まるで拉致被害者の家族みたいに。

 広島ドッグパークの犬さんたちはひどいめに合ってきた。ここにもってきて、また精神的にひどいめに合わされるのでしょうか。そのうえ、一生懸命面倒みてきた人間の心にも不信感を与えて、これはもう二次被害ではないのですか?

 大きく問題になったハイジちゃんはテリアだそうです。テリアという犬種は、しつけが難しいそうですが、先住犬のダックスと仲良く一緒に居る写真をみて、ブリーダーの方が「よくしつけられている」とコメントしていました。引き離されてしまったハイジちゃんの心も、一ヶ月一緒に暮らしたダックスちゃんの心もこれから心配だと書かれてあります。そして、忘れてはなりません、お世話された人の心も動物愛護団体に対して傷つけられています。

 こういう心配が無用のものだというのであれば、そういう趣旨でHPに声明の発表があってもいいのではないか。誤解を与えている、混乱を与えている、そんな状況を避けるためにです。「おまえは何もわかっていない」そう言われることを、私は望んでいます。 
スポンサーサイト
2006.11.08(Wed)17:22 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 1
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2006年11月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2006年11月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2006年11月08日 (水)
広島ドッグパーク再々考
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2006年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。