動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 この間、動物病院に行ったことをお伝えしましたが、お知らせするのを忘れておりました。動物病院にはいろんなサンプルが置いてあるのですが、私はいつも取れるだけ取ってきて、動物愛護団体に送る新聞紙の中に入れております。どうせ、私は中年主婦ですよ、図々しいです! フード以外には、餌の器、計量カップなどが置いてあることもあるのですが、どうせ私は中年主婦です! うちの餌皿は全部、ここで貰ってきたものです! 開き直ったところで、何やら今回見慣れぬ物が。
goods-002.jpg

 これが何であるか、受付の方に尋ねればよかったのですが、これはあれに違いない!! あれだよ、あれ。ほらほら、採尿キットですよね。今までカップというか、コップだったけれども、うまく採尿できないというお狂の声にお答えして、新しく作ってくれたんですよね? わーい、嬉しいな。しかもサイズが二つある。ちゃっかり二つとってきた私は、全くの中年主婦!!(何かもういやになってきました。自分のちゃっかり加減に。自分のことしか考えていない中年おばさんになりきっていることに)

 さて、昨日、期末テスト最終日が終わったダイナ君が早く帰ったきたのですが、一緒に昼ご飯を食べていて、ニュースを見ておりましたら、何やらお猿さんが増えすぎたというお知らせが。「人間のやったことだよ、決まってるじゃん」と私が言うと、「そうですね、だいたい環境破壊は古く農耕が始まった時と共に始まったとされていますからね」とダイナ君。

 原子力発電所。これを無くそうというと、推進派の方が必ず言うことがあります。「今更、電気のない生活にもどれるのですか?」「掃除機でなく箒で掃除しますか? クーラーなしで、ファンヒーターなしで、暑さ寒さを乗りきれますか? 電子レンジなしでお料理しますか?」反対派の方々の中には、きっぱりと「なくするためなら、掃除機を箒に持ち替えます」と言う方もいらっしゃいます。

 しかし、です。「地球温暖化を止めるために、車に乗るのをやめますか?」
と尋ねられたなら、どう答えますか? 

 ダイナ君が説明してくれたように、農耕時代が始まった時に、環境破壊が始まっていたなら、元にもどることは全く無理です。ではどこまでならもどすことができるのか? どんなに頑張ってもここまで便利になってしまった生活、数十年、いえ、数年前でしょう。

 私は最近よく感じます。無駄が多すぎる。物がありすぎる。人に欲望がある限り、環境を破壊する作業に人は加担せずにはいられない。

 イスラム教徒の方々が、ニューヨークを地獄に陥れたテロ。あの後、アメリカのコラムニストが書いた本を読みましたが、それまで知りませんでした。イスラム教徒がなぜアメリカを憎むのか。答えの一つに物質文化を持っているからというものがありました。物質文化という言い方は語弊がありますね。物に対する欲望が渦巻いている国だからです。

 民主主義の国は、独裁者のいる国を見て、どうしてあんなことがまかり通るのかと思います。同じように、イスラム教の方々(すべてだとは思いませんよ)は、どうしてあんなに欲望を追求できるのかと思うのでしょう。

 アメリカナイズされていることが、しゃれていることだと思っていました。合理的なことだと思っていました。帰国子女など珍しい時代に高校時代を送っていた私などは、アメリカにあこがれを抱いていました。今、そんな思いはありません。既に大学時代に、あの国はちょっとおかしいと思っていました。食生活を見てです。そして、今や、あの国はかなりおかしいと思うようになりました。政治を見てです。

 私達は何を大切にしないといけないのか。その問いかけに、答えてくれるのは、世界をリードしているアメリカでもなく、日本の知識階級の方々でもありません。惑わされてはいけない。自分で考え、自分で答えを見つけなければならない。

 環境を大切にするために、私たちは何かを捨てなければならないでしょう。では何を捨てるのか、どこまで捨てられるのか。一人捨てても、皆が捨てなければ環境を大切にすることはできません。誰が考えて決めるのか。

 いつか大変なことになる。それがわかっていながら、今よければいいと破壊を続けていく。自分で破壊しているつもりはないけれども、実は破壊している。動物愛護は最終的に環境保護にまでいくものだと私は思っていますが、どうしなければならないのか。多くの方々との議論が必要です。

 さて、あまり堅いお話ばかりでは何ですので、最後に「今日のふんふん画像」を。
yutannpo3-001.jpg

 昨日より、小さな湯たんぽなので、何やら一匹だけ上に乗っているようです。
スポンサーサイト
2006.12.12(Tue)11:20 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2006年12月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2006年12月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2006年12月12日 (火)
自然が心配
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。