動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 お狂の朝は早い。
 ことはなく、朝七時にのそのそとお布団の中から出てくる。その気配に気づいた格之進が、低血圧のお狂が階段を降りるのと一緒にばたばたと降りる。格之進の頭の中は、朝ご飯でいっぱいである。ぼーっとした頭で、まず猫の小さなお皿を三つだし、ストロバイト処方食をスプーンに一杯づつ盛っていく。猫たちは、階段から降りてきた気配に「ご飯くれ」運動を開始。ケージの中を登ったり、降りたりとうるさい。

 三段目(一番上)のケージの扉を開くと、猫は勢い良く外に出ていく。しかし、ここで賢い助三郎だけは、前足でなんとか踏ん張り、餌に一番にありつく。すばやい町子は未だ学習能力がないのか、再び三階にジャンプして飛び上がるのだが、出遅れた感じは全くない。助三郎のお皿に頭をつっこんで、まず助三郎の上前をはねてから、自分のお皿に頭をつっこむ。年子は三階に飛び上がれないので、二階の扉を開けてあげる。そこにほいっと飛び上がり、一人餌を食べる。

 既にワット君は玄関前で「にゃーにゃー」と待機している。普通のキャットフードを器に盛ってあげる。「はむはむ」といいつつ、食べていく。待たされた格之進、飛びついて「朝ごはんお願いします」と言うわりには、食べ始めると、「ちぇ、フードか。馬肉がいいな」という贅沢な食べ方をして、残している。それも一時間以内にはからっぽになるので、そのままにしておく。

 階段の下からダイナ君の名前を呼ぶ。ダイナ君は大声で返事し、大きなかばんを持って、階下に下りてくる。「お茶漬けにする? サンドイッチにする?」「普通のご飯」というやり取りがあって、半分寝ている状態でご飯を食べる。ダイナ君が起きた物音にぼけぼけとぶんちゃんが降りてくる。ぶんちゃんの朝の一声は「何を食べたらいい?」時々この質問にきれるお狂であった。

 卵を焼いたり、お味噌汁を温めたりしつつ、冷凍食品をレンジに入れ、お弁当をつめるお狂。ぶんちゃんはダイエットのためあまり食べない。ダイナ君は食事制限のため、つめられるものが決まっているということで、かなり楽な作業である。しかし、「ダイナ君のお弁当、地味だね」といわれたり、「ぶんちゃんのまま、調子悪いの?」などという友人だちの心無い批評(うそうそ)に傷つくでもないたくましい二人であった。

 お弁当をつめて終わった頃には、世帯主が食事を終え、お風呂に入ろうとしている。世帯主がお風呂に入ると、顔が洗えなくなるため(洗顔石鹸がバスルームの中にあるのと、洗面器を使う)、タイミングを計って、世帯主が入浴する前に洗面を完了しておかねばならない。適当に顔を洗うダイナ君はよしとして、洗面所の前にいるのが長いぶんちゃにとっては大きな問題である。

 身支度を整えると、ゴミだしである。少し歩いて道路を渡らなければならないが、少々の雨なら傘なしで走ればいい距離である。すぐ近くの高校の学生さん、附属小学校のかわいい生徒さん、会社にいそぐ方々を歩道に見つつ、車道の車の途切れたところで、ゴミ袋を引き摺りつつ、道路を渡る。

 家にもどったところで、ダイナ君をバス停まで車で送っていく。市内で一番交通量の多い道路を横切るので、正直いやなのであるが、毎朝、これを行なっている。雨の日はこの上に、ぶんちゃんを学校に送っていく。ぶんちゃんは自転車通学である。坂の急な山の上の学校に通っているので、スクールバスにせよと言ってあるのだが、スクールバスは月に五千円かかる。ぶんちゃんはもったいないというのである。しかし、雨の日は母親が借り出されるし、迎えに行くことなどもある。五千円を倹約しているぶんちゃんのために、ぶつぶつ言いつつも、送り迎えするお狂であった。

 そして、家族が皆いなくなった家で、一人朝ごはんを食べるお狂であった。お紅茶が大好きなお狂はパン食が多いが、食べる前にはもちろんお祈りして食べる。ダイナ君の血圧があがりませんように。子供二人の安全。野良犬、野良猫を守ってください。ペットショップの動物たちを守ってください。保健所の犬猫たちを助けてください。なと、祈っている間に、格之進の魔の手がお狂の朝ごはんに押し寄せてくるので、集中して祈れないこともしばしばである。

 その後、洗濯機を回しながら、湯たんぽのお湯を沸かす。猫ケージの中に入れる湯たんぽのお湯である。

 お狂の昼は、惰眠を貪っているので、朝に比べると、書くことが全くないのである。お狂が寝ているときは、格之進も一緒に寝ている。お狂がタオルケットを押入れから出すと、格之進はいそいそとお狂のそばにやってきて、寝転がるのである。格之進は主婦に向いているのかもしれない。

 というわけで、動物愛護とは全く関係ない記事となってしまいましたが、おわびといいますか、申し訳程度に今日の「ふんふん画像」を。
 yutanpo-007.jpg

相変わらず、年子は二人とは離れております。長毛だと、短毛より温かいのかなあ。
スポンサーサイト
2006.12.15(Fri)17:33 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2006年12月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2006年12月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2006年12月15日 (金)
お狂の朝
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。