動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 皆様、三が日も終わり、いかがお過ごしでしょうか? お仕事が始まり、日常がもどってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 格之進です。

 僕にとっては、沖縄以外の地で過ごす初めての冬となりました。cats-006.jpg
 毎晩、おかあさんのお布団で寝ているので、寒くはないですけどね。僕はおかあさんと離れることがあまりないので、それなりに安心していますが、今日も実はぶんちゃんと一緒におかあさんのお里に預けられていました。

 というのも、今日はダイナ君が医大に点滴に行く日だったのですが、猫の弥七君の調子がどうもおかしいらしいのです。暮に一度血尿が出たらしかったのですが、採尿できないし、一回きりのことだったので、まあ様子を見て病院の先生に相談しようとしたらしいです。ところが、昨日、二回続けて血尿だったらしく、おかあさんが病院にお電話していました。

 横で聞いていると、夜のご飯とともに、腕の腫れを治す抗生剤を食べさせてしまったので、これから連れてきても注射できるわけでもない。採尿が出来ないなら、明日病院でお預かりしてみる、ということでした。

 それで、朝一番にダイナ君、ぶんちゃん、弥七君、おかあさん、僕で出かけ、医大でダイナ君を降ろし、動物病院で弥七君を降ろし、途中までもどって、おかあさんの実家でぶんちゃんと僕を降ろし、おかあさんはダイナ君の病院にもどっていきました。

 ぶんちゃんは昨夜、珍しく頑張って勉強して遅くなったそうなので、半分寝ていました。それで、ぶんちゃんはおばあちゃんにお布団を敷いてもらっていましたので、僕も一緒に入って寝ました。思いの他、ダイナ君の点滴に手間取り、おかあさんが僕たちをお迎えにきたのは、昼過ぎ。おかあさんが「今からお迎えに行きますよ」というお電話をくれたことは、僕にはわかっていましたがので、裏の入り口に座って、今か今かと待っていました。

 見かねたおばあちゃんが、窓のところに椅子を持ってきてくれて、僕がお外を見られるようにしてくれたので、僕は椅子に座って、裏の入り口のすぐ横にある窓から待っていました。おかあさんが車を止めたときには、僕は窓から乗り出して、「早く、早く」と叫んでいました。

 おばあちゃんもおじいちゃんも、僕を大切にしてくれますが、僕のそばにいつもいるのはおかあさんなので、おかあさんがいないと落ち着きません。帰宅してから、おかあさんは、ぶんちゃんとダイナ君を近くの病院に連れていき、インフルエンザの注射を打ってもらっていました。僕も一緒にいきましたが、車の中でじっとしていました。

 弥七君は、採尿できたら病院からお電話がかかってくることになっていましたが、なかなかかかってきません。採れなかったときには、お泊りになると聞かされていました。が、どうも十九時くらいに、先生は針で刺して、検査したらしいです。おかあさんとぶんちゃんが本屋さんに行っていると、連絡があって、そのまま弥七君をお迎えに行きました。

 弥七君は3+の出血で、原因はまだわからないとのこと。生後二ヶ月なので、石ではないかもしれない。可能性としては膀胱炎が高いだろう、ということです。採便はできなかったらしいですが、お水の容器になんと!!回虫がいたとのこと。コクシジウムのお薬は昨日、投薬がすんでいるので、今晩回虫駆除のお薬を飲ませるそうです。

 おかあさんがしょっちゅう、おやかんにお湯を沸かして、消毒しているお話をすると、お湯でないと確かに消毒にはならないけれども、そこまで神経質にしなくてもいいかもしれません、とのこと。コクシジウムの治療はいくつもしたけれども、皆、きちんと駆除できていますからということで、おかあさんは少し安心した様子です。

 弥七君は病院の待合室でぶんちゃんに抱かれて、いつものように首に上がっていき、背中に回ろうとしたらしいです。ぶんちゃんにすっかり馴れたとのこと。ぶんちゃんは手放したくないようですが、おかあさんは早く元気になって里子に出したいと言っています。次にいつ保護猫さんが来るかもしれないからです。

 おかあさんは、町子も本当は里子に出したい。でも、ストロバイトの猫を、それも仔猫ではない猫を、貰ってくれる人はなかなかいないだろうとあきらめたのでした。新しい猫が来るたびに、ワット君に申し訳ない気持ちになると言っています。本当はワット君をきちんと飼ってあげたいらしいです。でも、ワット君は外を自由に生活しているので、室内になれるだろうか、という思いもありますし、家の中で保護しないといけない猫、里親さんを見つけてあげないといけない猫が次々とやってくるので、できないままでいます。

 猫は僕たち犬に比べると、まだ弱い立場にいるらしく、無責任に飼った人たちのつけを、責任を持って飼っている人たちが肩代わりしている。ですから、本当は一件に二匹猫がいればいいのですが、それ以上かかえこんでしまう家が多くあります。飼う人たちが、きちんと避妊去勢し、外ではなく、室内飼いすれば、保健所に連れていかれる猫たちの数は減少するはずなのに、ここ十年の間、横ばい状態だそうです。

 飼い主のモラルが向上すること。そのためにはどうせねばならないのか。なかなか今年も大変そうです。

 

スポンサーサイト
2007.01.04(Thu)21:45 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年01月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年01月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年01月04日 (木)
新年のご挨拶  格之進
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。