動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 皆様、新しい年が始まりましたが、お風邪などをお召しになっていらっしゃいませんか? 弥七です。はじめまして。
yashiti3.jpg
 僕はご存知のように年末にぶんちゃん宅にやってきた生後二ヶ月の仔猫です。牡の黒猫ですよ。来た当初はもうご存知でしょうか、風邪ひきで目やにと鼻がひどい汚い猫でした。二日めには発熱していましたね。ぶんちゃんに抱かれて、おとなしくしていました。今では抱かれると、おとなしくしているときもありますが、這い登ってしまうことの方が多いですね。助三郎にいちゃんが同じようだったらしいです。

 年子ねえちゃんがそうだったように、黒いと非常に写真映りが悪いのです。年子ねえちゃんは、家で一番の美人さんですが、それを認めてくださる方は、このブログでご覧になっただけの方ではいないでしょう。年子ねえちゃんは来たときは、僕より汚かったらしく、蚤はいっぱいいるし、目やには僕よりひどくて目が開かないくらい。耳ダニもいれば、寄生虫も二種類。二、三日はおかあさんがブラッシングするたびに、ブラシについてくる蚤の死骸や排泄物を気味悪そうに見ていた、というくらいですから、もうそれこそ見るも無残な猫さんだったのでしょう。今ではそんな面影すら残さない、品のあるおっとりとした黒猫婦人です。

 僕もまだ目がいまいち治りきっていないのですが、鼻は治って、熱も下がりました。腕の腫れもほぼおさまりました。後は、目と膀胱炎の治療。寄生虫の方は駆除できたかどうか、これから検査となります。

 顔は年子ねえちゃんほど美人にはならないかもしれません。うちに前にいたボルシチ君ことぷう君に似ているようです。が、僕がこの家に来た猫さん、誰にも負けないものがあります。それは毛並みです。年子ねえちゃんよりふさふさと、おかあさん曰く、「漆黒」の黒です。
yashiti.jpg
 ぶんちゃんに抱かれたときは、首にまとわりつきます。そしたら、毛皮のマフラーみたいに見えるんですよ。しかも高級品のだそうです。ダイナ君に抱かれたときは、肩に乗るのが好きです。いつもダイナ君は僕を肩に乗せて、歩いてくれます。鏡の前に連れていってくれたこともありますよ。

 ところで、毛皮というと、皆さん、あれは動物虐待の最たるものです。毛皮不買運動にご協力くださいね。人間の皆さんは毛を体にまとっていないからほしがるのかもしれませんが、毛皮のためにどのくらい多くの動物が苦しい死に方をしていったでしょうか。忘れないでください。人間の欲望のために僕たちは生まれてきたのではありませんからね。忘れないでくださいよ。

 話はもどって、このうちに来て二日間は体調が悪かったこともあって、僕は鳴くことができませんでしたけど、最近では鳴くんですよ。「寂しいよ」とか「おなかすいたよ」とか言います。だいたい、僕が鳴くと、猫好きのぶんちゃんが僕をケージから出してくれて、抱いてくれます。ぶんちゃんは僕に鼻つんしてくれたりしますが、本当はやっぱり他の猫さんたちと同じようにどったんばったんしたいです。おかあさんは結構慎重な人なので、膀胱炎と寄生虫駆除の結果が出るまでは、おとなしくさせておくようにと言っています。

 そうそう、おかあさんといえば、今日は頭が痛いと言っていました。風邪もよくならないし、ちょっとかわいそうですね。お湯に触れる機会が断然多くなったせいで、手あれもしているそうです。 
yashiti21.jpg
 おかあさんは毎日、動物のことで頭を悩ましていますが、悩んだところでどうなるわけでもなし、効果的に結果の出る活動というのはないものかねとつぶやいています。命に関わることなので、なるべく早く改善できるようなこと。昨日のヒロさんのコメントにもあったように、やはり法律かなと言っています。どこに言っていくのが一番早いのでしょうか。どうすればいろんな法律が改正できるのでしょうか。

 僕のような仔猫が生まれたときから死ぬときまでを、「幸せだった」と思って暮らせる社会がいつになったらくるのでしょうねえ。運のいい子は保護して里親を世話してくれる人に拾われて、運の悪い子は道端で死んでいく。そんなことがあるのはどうしてなんでしょうねえ。

 おかあさんはいつも、「元気な子はうちではない家庭で幸せになってもらえばいい。元気でない子をうちで世話したらいい。でも、元気でない子もうち以外で幸せになるのならなってもらいたい。元気であるとか、障害があるとか、そういう区別ではなく、すべての命が幸せに暮らしていければいいんだけどね」

 おかあさんのつぶやきは、先天性代謝異常という病気を持つダイナ君とともに歩んできたからこそのつぶやきです。人間も動物も植物もつまりは自然も、命のあるものすべてが生きていることを心底喜べるようになるには、まだまだ時間がかかるようです。

 あ、でも、僕の里親さんが見つかるのには、時間がかかっては駄目ですよ。

スポンサーサイト
2007.01.06(Sat)23:02 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年01月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年01月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年01月06日 (土)
新年のご挨拶  弥七
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。