動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。
 昨日は体調が悪かったため、ブログはお休みとなりました。お休みとなったのはブログだけでなく、実は新年最初の礼拝もお休みしてしまいました。その前、昨年最後の礼拝も体調が悪いためお休みしてしまい、なんかちょっと情けないお狂でした。

 ちなみに、日本の教会では元旦礼拝というのがあります。初詣みたいなものでしょうか。神道の信者さんでない方々が、神社の鳥居をくぐり、お賽銭を入れ、お願い事をするのをおかしく思いますが、「よいことがありますように」という思いの表れでしょうね。が、うちは世帯主がクリスチャンではないので、元旦礼拝には出席せずに、世帯主実家に毎年行くことになっております。

 この一年よいことがたくさんあればいいですが、昨年よいことがたくさんあったのであれば、皆神社に行かないですよね。おそらくあまりよいことがなかったから行くのではないでしょうか。

 うちのぶんちゃん、今年は大学受験です。って、センターまで二週間きってるよ。だいたい、一ヵ月後は受験の真っ最中ですって。ぶんちゃんの学校では、すでに推薦で入学のきまった人たちがいっぱいいます。ぶんちゃんの友人の男の子で、自分は決まったけれども、まだ決まっていない友人のために、天満宮に行ってお守り札を貰ってきてやろうと。それぞれの受験校を聞いて回っているような、世話好きな子がいます。

 当然、ぶんちゃんがクリスチャンだということは、皆知っています。「おまえ、いるか?」「いらないよ」というわけで、ぶんちゃんはお気持ちだけ頂戴した模様。私も高校受験のときですかね、クリスチャンにはなってなかったのですが、教会に行っていたもので、国鉄の学駅の入場券を五枚買ってきて、渡してくれた男の子がいましたよ。ご存知ですかな?学という駅の入場券を五枚もっていれば、「ご入学」になるというので、まあお守り札ですね。私は「いらない」と。かわいげないよね。「おまえにも合格してほしいと思って買ってきたんだ」「ごめん、いらないよ」「そうか」彼も私も貰った友人たちも、皆同じ高校に入学しましたけどね。

 考えてみたら、信仰を持っている人間特有の傲慢さがありましたね。今なら違ったアプローチをしたでしょう。ごめんね。

 ただねえ、「日本人特に田舎の人間はよく何でもくれるけど、必要のないもの貰っても困るのよ」と言っていた東京のバイト先のママさんがいましたけど、私、このタイプです。好き嫌いが激しいので、物もらって嬉しいなあと思ったことはあまりないですね。食べ物はいいですよ。食べたら終わりですからね。物はねえ、よそ様にあげるわけにもいかずにねえ。ですから、私は送る品物はお花か絶対においしい食べ物と決めてます。

 話はもどりますが、昨日礼拝に出られなかったお狂ですが、先週も礼拝に出ていないので、東京のいつもお世話になっている牧師先生の教会の礼拝テープ。まだ見ていないのを見ました。

 お話の中で、イギリスがジャマイカを植民地化していた頃。知りませんでした、ジャマイカの方々は奴隷として働かせられていたのですね。西アフリカから新たに奴隷をつれてこないといけないほど苛酷な、人がばたばたと死んでいくような労働をさせられていたのです。その奴隷解放時のお話があったのですが。

 何年も、何年も、何年も、奴隷解放を訴え続けてきて、ようやく奴隷が解放された、その解放運動の中心になった方(すみません、名前が聞き取れなくて、調べてみたのですが、三人いて、どの方がわからなかった。ご存知の方、お教えください)は晩年亡くなるときにこう言ってなくなったそうです。

     All is well.

 私が何を考えたか、おそらくここにお越しの方はおわかりになるでしょう。奴隷が人としての権利を獲得する手順も、動物が幸せになる手順もかわりません。志のある人が、あきらめずに何年も、訴え続けること。これしかないのです。

 それとですね、私はクリスチャンなので、創世記の一番最初を思い出したのですね。ご存知でしょうか? 天地創造です。

 神様は第一日めに光を創られる。これで昼と夜ができるわけですね。第二日目に水を創られる。海と地上が分けられるわけです。第三日目に、木を含む植物を創られるわけです。第四日目に、太陽と月星を創られる。第五日目には動物が創られるのです。水の中にも地上にもです。そして第六日目に人間が創られるのですね。動植物を支配するため、と書かれてあります。

 そして神様は思われるのです。

  It was very good.

 一昨日、ちょっとおそろしい記事を読みました。キリスト教原理主義がはびこっているアメリカです。彼らは地球にある動植物、つまり自然も人間が支配することを許されていると考えている。

 前にも書きました。聖書はどうとも読めるように書いてあります。悪意を持って読めば、人を殺してもよいように読めると思います。よく言われます天動説、地動説などもそうですし、進化論がまかり通っているのは日本だけと言われていますが、進化論の是非もいろいろと取りざたされました。

 しかし、神様がgoodと言われたのは、お創りになったその直後であったのです。誰がどう見たって、今の世の中、goodだなんて思えない。温暖化の影響を見て、goodだと思い、人間は人間の幸福追求を第一次に考えてよいなどと思えるのでしょうか。

 私はクリスチャンですから、原理主義の方々には徹底的に反対します。聖書が誤って理解されることには我慢ができません。教父と言われた聖人とされた神学者によって、聖書が理解されて動物がひどいめに合わされてきた過去を、私は同じクリスチャンとしては容認できません。

 前にも書きました。神様がその創造の技を見られて、「それは非常によかった」と思われた、そんな時の地球とは今は全く違っています。そこまでもどることは無理です。不可能です。しかし、できるなら、なるべく少しでもあの時期に近づけたい。神様がよしとされた、地球です。

 支配ではなく、管理をまかされたのに、きちんと管理することができなかった。動物も植物も人間によって、ひどいめにあわせれてきた。同じ人間をひどいめにあわせてきたのですから、人間にとってみれば、当然のことだったのでしょう。

 神様はノアに言われました。

 わたしはこれらをあなたがたにゆだねている。

ゆだねられていて、一体人間は何をしてきたのか。年頭にあたって、もう一度、私は神様から言われた気持ちがしました。

 何年も、何年も、何年も、あきらめずに、訴え続けていきなさい。

 何をどうやっていいのかわかりません。しかしながら、ここを覗いてくださる皆様、お力をお貸しください。時間がかかっても、あきらめずに共に考えてください。どうすれば、すべての命の上に平安が与えられるのか。

 私もまた天に帰るときに、言いたいのです。

  All is well.


スポンサーサイト
2007.01.08(Mon)22:04 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年01月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年01月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年01月08日 (月)
All Is Well
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。