動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、格之進と車で走っておりました。すると、格之進、助手席の足元(お座布団が敷いてあります)で、「ごげごげ」と言ったかと思うと、お座布団に水分をもどしてしまいました。初めてのことでしたが、まあ、元気だし。

 今日の午前中、お狂は珍しく元気に家事にいそしんでおりました。物が少なくなると、家事もやりやすいですなあ。ちょっと楽しかったりして。が、最近、ご存知のように、メニエールもどきの発作が出ております。やはり、めまいの出る前みたいな感じがあって、昼前に格之進とお昼ね。これが、発作がでる時って、なかなか寝付けないんです。

 しておると、格之進が足元で、「ごけごけ」「ぎょへ」あらら、もどしてしまいました。もう水分ではありません。ん~、どうしようかなあ。病院か? しかし、元気そうだったので、そのままにしておきました。晩御飯は食べて、今のところ、異常ありません。夜、寝ているとき、「ごけごけ」は堪忍してくれ~。 

 ところで、年末、ガンジーとピーター・シンガーの著作を読みますと言っておりましたが、ガンジーは終わっております。ピーター・シンガーはですね、買いました。一筋縄でいかないので。

 それでは知りえたことを、偉そうにちょこっとお知らせいたしますね。

 ガンジーの故郷、インドはヒンズー教徒とイスラム教徒の多い国でして、物質文化に対して懐疑的なのですが、ここへやってきたのが、ご存知イギリスですね。何しにやってきたか。

 ガンジーは言うのです。自国で賄えなくなった繊維を売りつけに来たと。インドに工場を建て、インドの人々はそこに働きにいきます。布を作るためにですね。ガンジーの写真でよく糸車を回しているのを見かけますが、チャルカというこの機械、これをガンジーは機械文明への抗議の象徴として扱うのです。
 どうして自分の国で売りさばけないものを、他国に持っていって売りさばこうとするのか。自給自足の体制をどの国も敷いて、押し売りするな、と平たく言えば、こういうことです。 
 インド人はチャルカで糸を紡ぎ、自分の服を作れば十分ではないか。必要以上にどうして作る必要がある? 第一、工場で働いている人たちの表情を見てみなさい。単純作業を一日して、安い賃金で働かせられる。楽しくもなんともないではないですか。

 ガンジーは機械文明を否定するのかという質問に「いいえ」と答えます。シンガーというミシンがありますが、あれは裁縫の好きな奥様のために、ご主人が楽に裁縫ができるために作った機械なのです。機械を作る動機が利潤追求ではいけない。この場合は思いやりであると。そういう機械を認めることはできるというのです。

 ヨーロッパ、キリスト教、文明、この三点セットのために、多くの国が植民地化されてきた。結局、国益のために、他国は食い物にされてきたわけです。ガンジーは、頭脳労働者だけは国が賃金を払うのでいいけれども、基本的には体を動かせて労働するべきである。それが人間として健全な生き方であるというのです。働かざる者、食うべからず。もちろん、共同体の中には働きたくても、働けない人もいます。そういう人には分けてあげればいい。売るほどいっぱい服を作る必要はないけれども、自分の余っている服をあげることは出来る。服も食料も何もかも、自国でまかなうことをすれば、他国に押し売りしに行く必要はないではないかというのです。

 ここ数週間、経済活動というもののあり方について、考えておりました。資本主義では、利潤が出ると判断した場合、そこに経済活動が生まれます。ということは、会社は売り続けなければならないわけです。社員を養っていくために、とにかく物を売らねばならない。良いものであろうが、悪いものであろうが関係ない。誠実であることや、真摯であることで、社員に給料を払えるはずがない。儲けないと、その会社はなくなってしまうのです。

 村上さんが「お金儲けが悪いことですか?」と尋ねていましたが、お金儲けが悪いかと尋ねられれば、誰もが悪いとは答えられません。しかし、気がついていますか? 誰かが儲けていれば、誰かは損をしているのです。お金は自然発生しませんから。

 日本人は明治維新のとき、文明を選んだために、日本人として大切な物を多く失ってきました。ガンジーは言っています。裸の原住民が服を着れば、文明なんですかと。日本人はまさにこれです。外側だけ西欧の真似をして、文明人であろうとしたのです。

 経済発展が急激におこった国ほど、このひずみがでます。韓国は日本よりも早いスピードで経済成長していますが、韓国が日本よりもひどい学歴社会であることはご存知でしょうか? 英語を上手に話すために、舌の手術を受けることはご存知ですか? 美人コンテストには、整形した美人が多く参加することは? 

 それより早いスピードで経済発展しているのが、中国です。おそらく、中国の人たちが精神的に蒙るダメージは日本や韓国どころではないでしょう。どうなっていくのでしょうか?

 最後に、私が恥じ入った記事をご紹介します。

 ヒマラヤの近くに仏教国であるブータン王国という国があります。そこの国王は21歳ですが、「わが国の目標は経済発展ではなく、国民それぞれが幸せを感じることである」と宣言したそうです。国独自の立場、伝統を守ることを大切にして、近代化を急がないことにしたそうです。これは30年前のお話ですけどね。

 ブータンにも国勢調査があるそうですが、質問項目の一つに「あなたは幸せですか?」という問いがあるらしいのです。「はい」と答えた人は97%。「とても幸せ」と答えた人は45%ということで、しかも都市部でも農村部でも大差ないらしいのです。

 チベット仏教は「金銭や物欲を克服しなさい」と説いていて、自分よりも他人の幸福を願う教えがあるそうです。聖書にだって、「天に宝を積め」とか「隣人を愛せよ」とかあるのになあ。昔の教会の指導者たちの堕落を、私は嘆きますぜ。

 しかしですよ。この国王、21歳ですよ。どうやったらこんな若い人が、こういうことを考えつくんですか? 王族ですから、裕福であったに違いない。なのに、どうしてそういうことが言えるんでしょうか? 王なら物もいっぱい所有しているでしょう。それでも、もっともっとと思うのが人間です。ヨーロッパのあれがほしいとかこれがほしいとか思わないのでしょうか? 若者なら、格好いいファッションをしたいと思うのが普通じゃないでしょうか? そういう物が国の中にいっぱいあればいいなと思うものではないのでしょうか?

 一体、この国王はどうやって育てられたんでしょう? 親御さんたちは王族とはいえ、どうやって育ててきたんでしょうか?

 親として自分が情けないです。

 弥七ちゃん、幸せだといつも感じている家庭で、幸せに暮らさせてもらいなさい。

     弥七ちゃんの里親さんになりたい方は鍵コメか、
         okyodesu@hotmail.co.jp  まで
スポンサーサイト
2007.01.23(Tue)00:18 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年01月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年01月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。