動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 大阪のブルセラ犬ですね。最初からこれには関わらないようにしようと、あまり情報を収集していませんでした。なぜかというと、少し疲れていたといえばいいですか。精神的にです。こんなことではいけないのですが、いろんなことが重なって、こういうことをじっと見続けるほど、精神力がなかったんです。動物愛護関連記事というのは、大抵不愉快というか、やるせなさとかせつなさ、それを通り越して、もうどうしようもできない無力さと向き合うわけですね。これに耐えられなかった。ですが、こういう結末になるとは思いませんでした。大阪はそれなりに動物愛護活動が進んでいると聞いていたものですから。

 こういうことが二度と起こらないために対策を、と考えなければ、同じことが繰り返されるわけです。いろいろ多頭飼いの崩壊がありますが、個人の場合はこれはもういかんともしがたい。個人は無知のために、あれよあれよというまに数が増える可能性がありますから。が、ブリーダーとなると話は別ですね。無知ではすまされません。

 犬はしつけで育てるな

 この本を読んでいると申し上げましたが、読んで終わって思いました。この本、売れてくれと。堀 明氏は犬さんの群れを観察して、いろいろなことを学ぶわけですが、最後に到達したところが、、、。まさかここにランディングするとはなと思いました。

 この本の大部分は、しつけを提唱する方々がおっしゃることに疑問をもっていて、その理由を書いているんですね。犬は縦社会だとか、権威症候群とか、そういう今では誰もがそうだと信じていることが、間違いであると。で、問題行動をおこす犬のほとんどの理由は、生後三ヶ月までに家族とはなされているから。つまり社会化期を完了せずに家族とはなされているというのです。

 私は母親ですから、犬と接するときにいつも思うことは、それほど人間の子供と違わないのではないかなと。格之進は私の後追いをしますが、二歳児はこれと同じことをします。今の育児書に何と書いてあるかしりませんが、私が読んだ説は、子供は三歳までに決まると。小さいときの教育が大切だというのです。そういう観点から、堀氏の本を読むと、非常に納得できるのです。私は犬を飼うのは、格之進が初めてですからね。犬を育てることについて、持論はないのですが。

 で、最終的に堀氏がランディングした結論とはですね。

 問題のある犬を家族にしないために、犬を飼うならブリーダーさんから直接買いなさいと。社会化期を生後三ヶ月として、自分が家族に迎え入れる犬さんとそれまでにブリーダーさんのところで何度も触れ合いなさいと。三ヶ月たって、家に迎え入れると、そうそう問題がおきない。もちろん、その後もいろいろとケアは必要ですが、堀氏がおっしゃるには、犬を買うのに、ペットショップでひと目で買うなど、もってのほか。マンションを買うのに、外側だけ見て購入を決める人がいるかとのこと。

 この犬の購入の仕方が、一般的になれば、悪徳ブリーダーはそうそう横行しないでしょう。自分の兄弟たちと触れ合って、楽しそうにしている仔犬を見て、「この犬にしよう。元気がいいもの」と思って、家族とする人もいるでしょう。「ちょっと遠慮しがちなところが、かわいい」と思う方もいるでしょう。狭いガラスケージの中にいれば、珍しそうに外を見てますよ。目が合いますよ。「目が合った。運命的なものを感じる」と思うことはない。そういう購入方法です。

 ブリーダーさん宅では仔犬のおかあさん、おとうさんがいるでしょう。この子の両親はこの二匹ですよと教えてもらうなら、大きくなったときの大きさもわかれば、成犬の動きがどんなものかもわかるでしょう。たとえ、初めてその犬種を家族に迎えるとしても、「一般的にどんな犬?」などという疑問は、ブリーダーさん宅ですぐ解消することになります。馬鹿みたいですが、「小さいままじゃない」ということを誰に言われなくても理解しますよ。小さいと場所をとらないけど、大人になったら、これだけの大きさのケージは必要なわけか。では、家のあの場所なら置けるかなという将来設計もできるわけで、ただ「かわいい」ではここまでは考えられません。

 ブリーダーさんは、お客様が来るわけですから、汚い狭い場所で犬さんを育てるわけにはいかないですよね。それなりの広さで、仔犬が走ったり、じゃれたりできる場所が必要です。良心的なブリーディングをしている方だけが、信用を得て商売ができると。数だけどんどん増やして、小さいうちから売りさばけなどという商売はできません。丁寧に、大切に生まれてから三ヶ月の間、育ててくれるブリーダーさんでなければ、お客が来ないということになりますね。

 犬猫を購入するときは、ブリーダーさんのところに出向く。これが一般化すればどのくらい不幸な犬猫さんが少なくなるでしょうか。小さい動物はかわいいけれども、ブリーダーさんのところで、三ヶ月の間きちんと育てていただく。それが問題行動をおこさない犬を育てる第一歩だと、飼い主が理解するようになれば。

 なんとか法律でペットショップでの生体販売の禁止ができないものか。今はこれが一番大切ではないかなと考えています。

1333003_3404470749s.jpg
 この子も飼い主さんのきちんとしたビジョンがなかったために、つらい思いをしたのでしょうか。まるろーちゃんの里親さんになりたい方はこちらまで。
 福岡発 まるちゃん里親募集中


スポンサーサイト
2007.04.30(Mon)00:28 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年04月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2007年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。