動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 今日はですね、獣医師の先生のお話を聞きにいってまいりました。お一人ではなく、何人かのお話を聞いてまいりましたので、順次記事にしてまいります。

 さて、最初に、獣医師であって、ペットフード業界の草分け的存在の方のお話です。これはためになりましたね。ペットフードを考えたときに、当然のことながら、必要な栄養素ということを考えていかねばなりませんが、犬さんと猫さん、これは体のつくりが全く違うものです。

 ご存知だと思いますが、体の中で合成できない必須アミノ酸、これは犬さんでは10種類、猫さんでは11種類。猫さんの11個めはタウリンです。あとは犬さんと同じ。これもご存知かもしれません、初期の頃、ドッグフードを猫さんに与えていたら、猫さんの目がおかしくなった。つまり、ドッグフードとキャットフードは全く別ものなんですね。キャットフードに入っているタウリンがドッグフードには入っていない。この先生は業界で世界に先駆け、タウリンをフードに加えた先駆者だったそうです。タウリンの入ったフードを発売し、1年くらいは追随フードがなかったそうですが、どうもアメリカのメーカーさんでさえ、様子を見ていたらしいとのこと。

 猫さんの祖先は砂漠であまりお水を飲まずに、狩りをして獲物を食事とする肉食でしたが、猫さんはタウリンのある場所からまず食べていくそうです。肝臓、心臓、小腸。小腸には草が未消化で残っています。ですから、肉食といっても、きちんとビタミン、ミネラルが摂取できていたんですね。

 さらに、必須脂肪酸ですね。犬さんにも猫さんにもリノール酸は必要です。猫さんにはその上に、アラキドン酸(仔犬は必要ですが)が必要になるとのこと。さらに、猫さんはビタミンEが不足すると、黄色脂肪症という病気になると。人間はビタミンCは合成できませんが、犬さん、猫さんにはできる。が、犬さんが合成できるビタミンA、ナイアシンが猫さんにはできない。

 となると、今さら申すまでもないですが、猫さんにドッグフードを与えたら、とんでもないことになることはおわかりいただけるでしょう。そういう意味で、ドッグフードより、キャットフードを開発することの方が難しいだろうことは、素人の私でも想像できます。

 さらにですね、これは数ヶ月前に知りましたが、カルシウムが骨の形成に必要なのはご存知でしょうが、大切なのは、カルシウムとリンの比率。これが1:1~0.8なんですね。多くの資料では0.8と書いてあります。で、この比率を保っている食物がいいわけですが、ご参考までに、猫さんも犬さんも大好きなささみです。これは1:75です。まぐろは1:58。この比率で保っているものは、煮干なんですね。1:0.7。チーズは1:1.2です。おやつにあげるなら、これは断然、煮干にしてあげてください。ささみよりはチーズ。ちなみに、犬さんも猫さんも脂が好きですから、ほっておいたら、太るのはいたし方ないですね。

 現在、ストロバイトの原因とされているのは、このカルシウムとリンの比率がおかしいということと、マグネシウムの多量摂取となっている様子です。

 というわけで、私、お話が終わって、先生が会場を退場されたら、これは是非とも聞いておかねばと質問にまいりましたよ。

 「ストロバイトの原因はいろいろと言われておりますが、現在ではどういう説が主流ですか?」
「そうですねえ。ペットフードの流通が拡大するに従ってストロバイトが多くなってきたという統計があるということで、フードが原因というのも確かにあると思いますね。ですから、最近ではフードに含まれるマグネシウムは少なくなっています。まだ解明しきれていないというところですね」
「手作り食は、先生、先ほど猫さんの場合は難しいとおっしゃいましたけれども、馬さんの肉を食べさせたら、毛の艶がよくなるというので食べさせたりしていますが、これに何を加えたら、理想的な食事となりますか?」
「飼い主さんの猫の手作り食のレシピを見ると、5件に4件はバランスが取れていません。それだけ難しいです。馬の肉は他の肉に比べると、栄養価が比較的よいのですが、なるべくいろいろな物をたくさん加える。そうすればバランスがよくなる、としか言えないですね。とにかくたくさんの種類をいれる。肉をやや大目にしてください」

 やはりお話を聞くものだなと思いました。いつも「今年の常識は来年の非常識」と私は言っておりますが、これとて、来年どうなっているかわかりません。ただ、今回わかったことは、犬さんの手作り食と猫さんの手作り食では、断然猫さんの方が難しいんです。それをわかって取り組んでいただけたらなと思いました。

 もともと、猫さんは先に申し上げましたように、砂漠に祖先がいたせいで、お水をとらない。ストロバイトになりやすい体質なのですが(体質説というのはここからくるのでしょうか?)、動物を捕まえて食べている分には、水分もきちんと摂取できていたし、栄養素も摂取できていたわけです。猫さんの体は犬さんに比べて、人間の食生活と大きく隔たっている。ですから、人間の感覚で手作り食を考えたり、フードを考えたりすることはできません。しかも解明されていないことがいっぱい。

 そういう意味では、知識を常に増やしていく、常にその知識が古くないかチェックしていく。そういうことが必要です。

 この子たちも、探究心の深い、愛情深い飼い主様に巡り会えますように。
 北海道にお住まいの方、ご連絡ください。宗谷動物愛護推進員の日記まで。


スポンサーサイト
2007.08.04(Sat)23:35 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年08月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年08月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年08月04日 (土)
知識を仕入れてきました
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。