動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、五人の獣医師の先生のお話をきいてまいりましたが、獣医師というと皆様、どういうイメージをお持ちになりますか? 動物病院で働いている。動物園で働いている。動物が好きで動物のいのちを助ける。とまあ、これが一般的なイメージではないかなと思います。昨日のお話の獣医さんは、ペットフードメーカーで働いていらっしゃいました。そんな職場もあるんだなと初めて知りましたが、ところがですが、イメージとは対極の場所で働かれていらっしゃる獣医さんがいらっしゃるんです。保健所だったり、検疫所だったり、牛さん、豚さんを解体する場所だったりですね。

 こういう職場の獣医さんは何をなさるのか? これは、動物ではなく人のいのちを守る獣医さんなんですね。動物が持っている病原菌や病気が、人間に悪影響を及ぼさないようにする。とても大切なお仕事ではありますが、動物が好きだったら、つらいお仕事になる可能性がありますね。そういう場所で働いていらっしゃる獣医さんのお話もあったのですね。

 まず、皆様もうご存知でしょうが、動物関係の法律といえば、動物愛護法ですが、人間を守るための動物の法律というのがあるんです。検疫法、感染症法、家畜伝染病予防法などですね。いや~、知らない法律ばかりですが、これが動物関連の法律とはねえ。

 たとえばですね、動物を輸入しますね。飛行機でも船でもいいですが、日本に到着すると。ここで狂犬病の検査があるのですが、指定されていない地域の国からきた犬さんは、なんと検疫所で180日とめて置かれるんですよ。仔犬は大人になってしまいます。まあ、最初の二匹を輸入したら、あとは国内で繁殖するんでしょうが、これを聞いたとき、ペットショップやブリーダーなんてやってられないと思いましたね。

 またミニブタさんですね、ペットショップで売られていますけど、豚さんは法律で1頭でも飼育するなら、届け出が必要なんですね。犬さんは10匹以上になると必要です。あまりよく見たことないですが、ペットショップにいる仔犬さん、10匹より多いことはないんじゃないでしょうか?

 また最近よく犬さんの咬傷事件を聞きますが、この責任ですね。犬さんは物扱いですから、すべて所有者である飼い主にありますが、これを法律で裁こうとしたら、どの法律が適用されるかご存知ですかな? 実に、民法、刑法、行政法と交通事故をおこしたのと同じように法律によって罰せられるわけです。

 うちの格之進、人を咬んだことはありません。咬まない犬だと思っています。ですが、咬めば、この三つの法律で、私が罰せられるわけです。他にも、鳴き声のために眠れないとか、毛が飛んできた不衛生だとか、訴えられるかもしれない可能性があるわけですよね。猫さんだって、ご近所の庭を荒らしたら、訴えられますよ。鳴き声で眠れないと訴えられることだってあるかもしれません。

 当たり前ですが、民法も刑法も人を守るための法律であって、動物を守るための法律ではないんです。しかも、あなたのペットが何か人にご迷惑をかけたなら、すべてあなたの責任となります。これを理解して飼っていらっしゃる方がいらっしゃるでしょうか? いないと思います。

 昨日のお話では、ミドリガメの例を取り上げていらっしゃいました。ミドリガメを世話した子供にサルモレラ菌が感染して病気になったと。手を洗わなかったのが悪いのだけれども、動物を飼うということはこういうことなんですよ。亀はサルモレラ菌を普通に持っている。亀にとってはどうってことなく持っている菌ですが、これが人間に感染すると大騒ぎになる。動物を飼うことにはリスクがついてまわるのだ。それをどうやって回避するか、常に考えていないといけない。この場合、親が子供に亀を触ったなら、手をきちんと洗わせるという習慣をつけていれば、感染することもなかった。悪いのは、この場合親だけれども、亀が悪かったように思われる。

 一時が万事そうなんです。動物を飼うということは、人間の生活によくないことが身に降りかかってくるということなんです。しかし、それは飼い主が責任を持って、対処すれば、ほとんどは回避できることなのです。

 私たちは安易に動物を飼いすぎています。この責任を理解して飼い始めた飼い主さんがどのくらいいるでしょうか? 私ですか? 理解していませんでした。しかし、動物が好きであれば、責任がどうの、リスクがどうのといわなくても、皆飼い主さんは自然にしていることです。猫さんにブラッシングをし、ワクチンを病院で打って、犬さんならフィラリアの薬を毎月飲ませているでしょう。

 しかし、今一度、この責任とリスクについて考えてみることも必要かもしれません。すべてのリスクを想定して、それを回避するためにはどうしたらいいか具体策を高じておく。それが責任を持つということでしょう。

 この猫さんたちも責任のない飼い主さんのもとで育てられていたのかもしれません。
 北海道にお住まいの方、ご連絡ください。宗谷動物愛護推進員の日記まで。

スポンサーサイト
2007.08.05(Sun)23:07 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年08月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年08月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年08月05日 (日)
飼い主の責任
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。