動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 この暑いのにおまえはいいからペンギン隊を出せ? そうなんですよね。キィボードのすぐそばになぜかたこちーがいて(誰が持ってきたのかな)、「出番まだですか?」みたいな顔をしておりますねえ。今週いっぱいは出番ないです。明日あたり出てもらおうかな。ちょっと堅い話ばかりではどうかとも思いますが、まだ堅い話は続くしなあ。

 ところで今日はですね、失敗のご報告です。黙っておこうかと思いましたが、なんというのかな、悪いお話もしておかないと、信用されないだろうと。

 今日からダイナ君は検査入院です。一泊二日。午前中に病院に入りました。午前中は私が一緒に行って、格之進はぶんちゃんが見てくれます。ぶんちゃんに、「洗濯物を干して、食器を洗っておいて。猫のトイレ掃除は忘れないように」と言い残してでました。ぶんちゃん、午後よりお友達と遊ぶとて、私、13時くらいに帰宅しました。それから、お掃除したり、いろいろと。

 そして、水曜日はクリスチャンですので、教会で祈祷会。前半の聖書研究に私が出て、後半の祈祷会にぶんちゃんが出ます。世帯主が帰宅していないので、格之進をみてくれる人がいないんですね。で、ぶんちゃんが家に帰ってきたので、格之進を連れて、ダイナ君の病院に行きました。格之進は車において、二人でダイナ君に会って、明日の段取りなどいたします。明日の夕方退院です。先生がいらっしゃって、細かいお話など。ダイナ君にさよならして駐車場へ行くときに、ぶんちゃんがやってくれたのです。

 仔猫を見つけました。かわいい仔猫です。二ヶ月になってないかなと思いました。「あ、仔猫」とぶんちゃん。思わず、すぐ「捕獲しなさい」というお狂。ちょうど自転車置き場なのですが、もうあまりない自転車の後ろのかごに黒い大きな猫が。近づいても逃げません。動きません。ぶんちゃんが「この猫、生きてるの?」頭の毛が短い。ちょっと触ると、首のことろがしこっている感じもします。私たちが黒猫に近寄ると、仔猫がみゃーとないて近寄ってきました。乳首が出ているので、母猫でしょう。

 「仔猫、捕獲して」「母親は?」「う~ん」「病気みたいだし、かわいそうじゃない?」私の頭の中に、仔猫は里親が見つかるかもしれない。しかし、病気の母親は見つからないだろうと思いました。が、ぶんちゃんはそんな風に考える子ではないです。仕方がないか。親子そろって引き受けてくれるところがあるかな? 今は仔猫は母親を慕っているけど、あと一ヶ月もしないうちに親離れするしな。

 「だけど、ケージを持ってきてないよ」「ケージを取りにかえるなら、私ここにずっといる」「片道30分なんだから、無理だよ。ちょっと病棟でもらってくる」と私はダイナ君の看護婦さんにダンボール箱をもらってきました。時間は21時過ぎています。昨日行った動物病院に電話します。なぜか留守電でなく、院長自ら受話器を取ってくれました。

 「というわけで、これから猫を捕獲して、親猫が病気みたいなので診ていただきたいんですが」「どのくらいチャレンジするつもりですか?」「親猫は弱っているみたいだから、15分もあれば捕獲できると思います」「わかりました。捕獲したらまたお電話ください。準備しておきますから」「お願いします」

 院長先生は賢かったですね。確かに親猫はすぐ捕獲できました。ところが仔猫は既にもう人間を敵と学習していて、近くにきてもこちらが近寄ると、すぐ逃げてしまいます。母猫をダンボールに入れたら、それまでは母猫の回りをちょろちょろしていましたが、茂みに隠れて全く出てこなくなりました。

 餌があれば捕獲できるのになあ。ぶんちゃんも私もそう思いましたが、とりあえず、箱の中で暴れている親猫を出します。親猫はもといた自転車の籠に走っていって、またその中に入りました。そこが好きなのでしょうか。親猫が出てきたので、子猫が出てきました。先に親猫ではなく、仔猫を捕まえる。ということで、しばらく頑張ったのですが、これは駄目だなと思いました。

 「ぶんちゃん、車の中で格之進が待ってるよ。もう帰ろう」私に促されて、しぶしぶ承知するぶんちゃん。野良猫を捕獲するには捕獲器がないと無理です。準備なしでは捕獲できないことがわかりました。夜になっていたので、出てきていたのでしょう。

 大学の敷地内ですから、捕獲器を取り付けるにも許可がいります。動物愛護団体なら申し出ても許可をくれるかもしれませんが、個人で許可してくれるとも思えません。

 「あの猫どうなるんだろう」ぶんちゃんがつぶやきます。しかし、捕獲してもどうなるんだろうという心配があります。

 「地域猫の作り方」のちゃま坊さんがおっしゃっていました。「すべては救えない」その言葉を自分に向かっての慰めにするのは簡単です。実際、今晩はそうしました。「仕方がないじゃないか」と。地域猫活動を立ち上げるにはどうしたらいいのか。

 ぶんちゃんも私も暗い気持ちで帰宅しました。

 でも、やはりうちに猫がやってきていたのは、ぶんちゃんがひきつけているんだなと思いました。ぶんちゃんがいなかった間、何もなかったのに、ぶんちゃんが帰ってくるなり、ワット君は足繁くやってくるようになるし、仔猫は見つけるし。まあ、私がなるべく遭遇しないようにと願っているからかもしれません。

 明日は捕獲器もって、捕獲に行くぞ!! という気持ちになれば皆様がたに胸を張ってご報告するのですが、私、今の時点で捕獲は無理だなと思っています。

 こういう情けないお話で申し訳ありません。
スポンサーサイト
2007.08.08(Wed)12:53 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年08月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年08月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年08月08日 (水)
情けない話
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。