動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 一日、ビリーズブートキャンプをお休みしてしまい、非常に後悔を感じている今日です。勉強もウォーキングも、毎日の習慣となっているものを一日でも休むと、なぜか人生が後退したかのような思いにとらわれるのはなぜでしょうか。晩御飯を食べなくても、それはないのになあ。

 さて、狂犬病です。昨年も同じ先生によって、狂犬病のお話を聞きました。記事にした記憶があります。現在、日本の狂犬病ワクチン接種率は半分くらいです。海外より狂犬病が入ってきたとき、接種率が70%ないと、その国に広がってしまうといわれているということは、昨年学んでおりました。

 さて、今年ですね。さらに詳しく学んでまいりました。折しも、昨年のお話を聞いてから後、狂犬病が日本に入ってきたんですね。そもそも、なぜ狂犬病ワクチンを接種するのか。狂犬病にかからないためですが、日本には狂犬病は発症していません。だから接種しないという飼い主さんがいますが、そうではないんです。海外より狂犬病が入ってきたときに、狂犬病にかからないため、なんですね。ですから、基本的に勘違いされてる方が多くいらっしゃるのではと思います。

 狂犬病は発症した場合、治療方法がありません。過去発病して助かった人は5人といわれています。うち3名は研究者であり、ワクチンを打っています。2名はなぜ助かったのかわからないと。すべての脊椎動物に感染し、世界中で年間4万人という死者の数ですが、80%はアジアなのです。

 海外より日本に狂犬病を持って帰った方は、八月に犬さんに咬まれて十一月に発症したとのこと。狂犬病ウイルスは潜伏期間が2週間から7年半といわれているので、感染が疑われてからワクチンを打っても大丈夫なんです。この期間の開きは何かといいますとね、ウイルスは神経に沿って脳に移動して、脳に到達して発症となるのですが、一日で2cmしか移動しないんです。多くの場合、犬さんに咬まれるとなると足が腕ですよね。頭から遠くの場所です。ですから最短の2週間ということはあまりない。海外旅行で日本に狂犬病を持ち帰った方も、飛行場で申告したらなら、すぐその場で検疫所に回されて、ワクチンを打たれたでしょう。それならば、発症することはなかった。

 日本は狂犬病がはやっていて、厚生省が撲滅運動に立ち上がってから七年でこのウイルスを克服いたしました。こんな例は日本だけですが、こういう具合にすべての感染症を撲滅するべく努力してくれたらいいのになと思いますね。

 韓国は一時狂犬病は撲滅されていたのです。ところがですね、北朝鮮との境の38度線、ここに3kmのフリーゾーンがあるんですね。どちらも入れない場所です。この場所にですね、北朝鮮の狸さんがやっていらっしゃって、犬さんと喧嘩したわけです。この犬さんが韓国に入ったんですね。撲滅した後とて、韓国での狂犬病ワクチン接種率は20%くらいでした。その後、狂犬病は撲滅できていません。政府の呼びかけでも接種率は40%。日本より10%少ないだけです。ということは、日本も一度入ってきたら、非常に危ない。

 またインドネシアのフローレス島の狂犬病です。これはご存知の方もいらっしゃると思います。全く狂犬病のない島に別の島の漁師さんが3匹の犬さんを連れて上陸。これが皆狂犬病だったわけです。島全体の犬さんにワクチン接種することが困難。それゆえ、50万匹の犬さんを安楽死させたという驚愕の結末に発展しております。つい最近の中国のお話を思い起こされた方もいらっしゃるでしょう。

 お話が終わった後、またしても会場の外で先生を捕まえまして質問しましたぜ。
「狂犬病のワクチンは毎年しなくていい。三年に一回でいいという説もありますが、どうなんですか?」
「アメリカのワクチンは遺伝子組み換えの生ワクチンです。日本のワクチンは生ではないです。日本のワクチンの効用は一年持つか持たないかです。ですから、毎年する必要があります」
「アメリカなら三年でいいということですか?」
「そうですね。アメリカの生ワクチンは今までは問題が起こっていませんが、遺伝子組み換えですからどうでしょうか。これからはわかりませんね」
「ヨーロッパではどうですか?」
「ヨーロッパは日本と同じですが、一年に一回という厳格な規定がありません。はやれば打つという感じですかね」
 それで、狂犬病は撲滅されていないのでしょう。

 そこで、獣医さんに言われたことです。飼い主には義務がある。行政に対してのですね。これは実は盲点でした。犬さんを家族としていらっしゃる方、今一度、覚えておいてください。

 犬の登録を必ずする
 年一回の狂犬病ワクチンを接種する
 引越しの際には、必ず転居先で手続きをする
 犬を譲渡する際には必ず鑑札を渡し、飼い主の住所地で手続きをする
 犬が死亡した際にも必ず届出をする

 どうってことないといえばないのですが、日々の生活の中で、行政に対しての責任を犬さんの飼い主様は忘れがちではないか。そのように私は感じたんですね。自分がそうですから。

 というわけで、犬さんも猫さんも他の動物さんもそうですが、私達が感じている飼い主としての責任、これは家族である動物だけでなく、実は社会に対して、時には行政に対しても負わねばならないものなんですね。考えてもみてください。自分の子供が悪いことをしたとき、叱りとばしてそれだけでは終わりません。対象に対して頭を下げる。場合によっては、出るべき場所に出て、謝ってその責任を取らねばなりません。罰金のこともあれば、慰謝料のこともあります。そんなことばでなくても、弁償代金とか言った方が身近ですけどね。

 そういうわけで、多くの方々お気軽に動物を家族に迎えています。今一度、こういう側面があるのだということに気づいていただけたらと思います。

 さて、その飼い主の責任をよくわかっていただいた上で、猫さんが新しい家族を待っております。
 北海道にお住まいの方、猫さんを家族に迎えてみませんか。宗谷動物愛護推進員の日記まで。

 東京にお住まいの方、あなたの助けが必要です。
 「ねりま猫」の救出、保護、里親さがしにご協力ください。
スポンサーサイト
2007.08.13(Mon)19:35 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年08月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年08月
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。