動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 ペンギン隊による、新しい家族を見つける大キャンペーンを組む予定だったのですが、ちょっと今日はできませんで。

 というのも、今日はダイナ君の誕生日なのです。

 ダイナ君は十七歳になりました。神様の恵みの年月です。

 私の旅路の年月は百三十年です。

 そう言ったのは、前にも書いた記憶があります。聖書の創世記の中に出てきますヤコブです。雨が降らないため、何の農作物も取れなくなったイスラエルから、息子ヨセフが宰相となって働いているエジプトに移住してきたとき、エジプトのファラオの前で言ったことばです。さらに、ヤコブは「それは先祖に勝るものではありません」と言いました。

 人はこの世に生まれると、天に帰るまでにつらい旅をします。ダイナ君の場合、人一倍つらい旅だったでしょう。物心ついたときには、鼻からチューブ。小学校低学年ではずれるまで、鼻から入れるのには、苦労がありました。私が入れていたこともありましたが、扁桃腺が大きくなって耳鼻科の先生でないと入れられなくなりました。

 病気が悪くなると、もどします。そのたびに、胃からチューブが逆流し、喉から、鼻から出てきました。もどせば、点滴をいれに、チューブをいれに、病院にいきます。一度など、ようやく入ったチューブが病院の玄関から出るときに、ぶんちゃんの手にひっかかって、またはずれたときがありました。

 病気の関係で食事は、おいしくないものばかりでした。2時間かけて食べるときもありました。小学校2年まで、給食の時間には食べさせに行っていました。体育もろくにできずに、運動会ではなんとか徒競走には参加するものの、集団演技は朝礼台の上での指示出し。騎馬戦にも出場できませんでしたね。運動会も遠足も終われば、すぐ点滴に行きます。体がもたないのです。

 ダイナ君の旅路はまだたった十七年ですけど、本当に重たいものを背負って歩いているなと思います。

 昨夜、私とぶんちゃんは車で、百キロ以上はなれた韓国人教会に行きました。ダイナ君も一緒に連れていきたかったのですが、翌日テストなので、二人で高速を走っていきました。去年までは一月に一回くらい行っていましたね。

 先日、よくやくアフガニスタンの韓国人クリスチャンたちが解放されました。韓国は今や、アメリカに継ぐキリスト教国となっています。そのスタイルはペンテコステ派と呼ばれる結構新しい波の宗派なのですが、韓国の方々の信仰は非常に熱いです。今回の問題はこの熱さが間違った方向に行ったものです。行くならどうして男性2、3人で行こうとしなかったのか。それならまだわかりますが。もちろん、それすら無謀です。ですが、よくうら若い女性を連れて行こうと教会が思ったものだなと思います。彼らはきっと、神様が守ってくださると思ったのでしょうが、無謀でしたね。

 まあそれはさておき、韓国人教会は祈りが熱心なんですね。それで、もう今週末には兵庫に帰るぶんちゃんと久しぶりに出かけたわけです。夕方でかけて1時間半高速で走って、そこに3時間半いて、また帰ってきました。帰りの高速の途中で、ぶんちゃんが「あ、もうすぐ12時だ。ダイナの誕生日だよ」と言いました。それで、車の中からダイナ君に電話をかけました。

 ぶんちゃんが「誕生日、おめでとう」隣りで、「おめでとう!! 神様の祝福がありますように!!」と運転しながら、私が叫びました。

 つい最近、腎機能障害に加えて、末梢神経障害も加わったダイナ君ですが、私がクリスチャンでなかったなら、本当に落ち込んでいたでしょう。多くの方々の祈りによって、ダイナ君は支えられています。

 ダイナ君の旅路の月日がどのくらいのものかは知りません。しかし、重たい荷物を背負って歩く月日がどのくらいなのか。これ以上荷物が重たくならずに、軽くてしてあげたい。母親としてそう願います。

 皆様がたには、いつも愚息のために様々な応援をいただいてありがとうございます。ここに謹んで母親としてお礼申し上げます。

 そして、これから一年、また皆様がたの暖かいまなざしの中、神様に導かれて歩いていけますように。ダイナ君の誕生日に頭を下げて祈ることしかできない私です。

スポンサーサイト
2007.09.03(Mon)23:05 |  日記  | コメント : 30 | トラックバック : 1
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年09月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年09月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年09月03日 (月)
私の旅路の年月は
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2007年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。