動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
univercity-036.jpg
 皆さん、こんちには。格之進です。最近、ダイナ君は朝、なにやら茶色くて丸いものを二つ食べています。おいしそうに見えましたので、今朝、ダイナ君が朝ごはんの途中で、席を立った隙に、丸々一つ、こそっといただきしてきました。ゆっくり食べている暇はありません。くわえたなら、ピアノの椅子の下に持っていきました。

 もどってきたダイナ君。大きな声で、「あ!!」と一言。そして、僕がかじったあとのある、四分の一は上がかけているものを手でつかんで、キッチンのおかあさんのところに持っていきました。
「おかあさん、格ちゃんが僕のホットケーキ、食べた」
「あ、もうそれは格ちゃんにあげなさい」
 おかあさんは、小さなお茶碗一杯分、ダイナ君に御飯を渡しました。ダイナ君はホットケーキ二枚ではなく、ホットケーキ一枚と御飯一杯となって怒っていました。どんなもんだい!!

 ところで、僕が沖縄から来たことはご存知だと思います。「80頭を救いたいプロジェクト」の中の一匹です。僕の親戚たちは全国に散らばっています。アメリカに行った子もいるし、スペインに行った子もいますよ。近くでは、大阪にいったチャコちゃん、元気かなあ。

 ところで、昨日、高知に行ったふぁいと君のおかあさん、みえっちさんがキャンペーン記事を書いていました。うちのおかあさんは、こういうことにすぐ乗るんですよね。まあこのフットワークのよさがおかあさんの売りだそうです。おかあさんは、人と電話で話していて、近くの人なら、「今から行くわ」と言う人です。夜になると、車であちこち走り回っています。

 それで、ふぁいとママのキャンペーンとは、皆さん、ご存知でしょうか? 僕達の故郷にはジュゴンが住んでいる海があるのですが、そこを基地にしてしまうということ。これは問題です。ジュゴンはご存知のようにワシントン条約でレッドカードに指定されている動物です。人魚のモデルといわれていますね。沖縄では、ここ数年、「ジュゴンが生息しているようだ」という実にあやふやな目撃情報を信じて、一生懸命ジュゴンを探した方々がいます。その方々の粘り強い努力によって、数頭いることが確認されています。絶滅の危機に瀕している希少動物です。

 20世紀になって、どのくらいの動物種が絶滅したでしょうか。次から次へと人間の社会の発展のための犠牲となっていなくなってしまった動物たち。日本の国を守るために、ジュゴンが絶滅してもかまわないというのでしょうか。沖縄その土地自体は本島と離れているために、実に数奇な運命をたどってきた土地です。沖縄に住む人々は長い間、泣いてきました。ところが泣いてきたのは人間だけではないのです。動物も植物も泣いてきたのです。

 皆様にお願いいたします。僕の故郷を救ってください。グリーンピースが「ジュゴンを救え!」キャンペーンを行なっています。どうぞ、ご協力お願いいたします。

 「絶滅危惧種のジュゴンを守ろう」

 そして、いつものように新しい家族を待っている猫さんたちがいます。

  埼玉県 牡猫さん二匹
   茶とらくん 「姫にゃん☆まるにゃん」
   はっちくん 「私と猫たちとのくらし」

  茨城県 牡猫茶とらさん
   名前はまだついていません 「ちゃとらとはちわれ」

  東京都 十匹以上の猫さん 
   「ねりま猫」
 なお、ねりま猫さんたちは、もともとのお家から出て一時預かり様宅でお世話をお願いしたいということで、一時預かり様も募集しています。HPで見ている限りでは、猫砂、キャットフード等、きちんと配布してくださるようですので(立替払いの形式も)、経済的な面は不安がありません。劣悪な環境に育っていますので、普通の猫さんたちとは少し違う面があるやもしれません。しかしながら、保護主様のもう一つの面は、愛情をかけて保護している犬猫さんたちが人になれるように精神的にケアしてあげるという面もございます。ご興味のある方、かなり貴重な体験になると思います。お問い合わせください。

 というわけで、よろしくお願いいたします。

 
 最近、おかあさん、あちこちから記事を拾ってくるだけで、楽してるよなあ。でも、こういうキャンペーンがいろいろと広がっていくこと。これは大切なことです。人のいのちも動物のいのちも、植物も環境も大切にしていく社会でないと、地球に未来はないですよね。
スポンサーサイト
2007.09.19(Wed)02:22 |  日記  | コメント : 21 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年09月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年09月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年09月19日 (水)
誰が泣いているのですか?
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2007年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。