動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 今日、雑誌を斜め読みしておりまして、興味深いことが書いておりましたので、お知らせいたします。

 猫さんについてなんですけどね。皆様、「なわばり」という言葉についてどのようなイメージをお持ちになりますかな?

 「ここをどこだと思ってるんだ。俺のなわばりだと知って、商売してんのか?」

 任侠物と呼ばれる映画など、一つも見たことない私ですが、なんかこういう言葉は知ってます。つまりは、自分の権力が及ぶ範囲。なわばり争いというのは、つまりは、国土拡張と同じで、広ければ広い方がいい。と思っておりませんかな?

 私が今日読んだ記事では、「違います」

 なわばりとは「安心していられる場所」だと定義されております。あ、猫さんの場合ですよ。人間じゃないです。つまり、私が猫なら私のなわばりは、自分のお布団の中と。狭いなあ。

 猫さんはなわばりの外は不安を感じるので、出ていこうとは思わないそうです。ということは、室内飼いの猫さん。外に出たいわけではないらしいのですね。いつもお外を見ている猫さん、いますよね。「お外に出たいのか。ごめんね、室内飼いにして」と飼い主として、半ば自分を責めてしまうような思い、ございませんかな?

 ところが、ぎっちょんちょん。猫さんは、なわばりの中から、なわばりの外を見張っているだけなんだそうです。「外に出たい」と思っているわけでも、「家の中に閉じ込められてつらい」と思っているわけでもないとのこと。

 うちの町子は、動物病院に行くとき、車の中で鳴きっぱなしです。動物病院がいやなんだなと思っておりましたが、それも間違いだそうです。なわばりの外に出ているのが不安なのだそうです。私は知りませんでしたが、旅行の好きな猫さんがいるのですか? こういう猫さんはなわばりの感覚が違うとのこと。子供のころから、あっちにつれられ、こっちにつれられ、という経験の積み重ねがあってのことだそうですよ。

 では、なぜ家から出てしまうか。出てしまったんだそうです。ちょっとした出来心で。「あれ、ここから先はどんなところ?」と思ってみて、ちょっと踏み出しただけなのだそうです。これは若い猫さんほど多いらしく、大丈夫だと思えばなわばりが広がる。だから、室内飼いの猫さんは外に出したらだめなんだそうです。外をなわばりと認識されたら、なわばりが広がって、外に出てしまいますからね。

 やっぱり外に出たいんじゃん。そうではなくて、なわばりの認識を外に与えてしまったらだめということですね。猫さんの好奇心を家の中で十分、満足させてあげて、家の外に好奇心がいかないようにする。外はこわい、不安だと認識していれば、外には出なくなるらしいです。

 ご贔屓様のブログでもよく書いてあります。室内飼いの猫さんが開いていた扉から外に出た。ところが、すぐ近くにいたと。猫さんはちょっと出たはいいけど、こわくて、じっとうずくまってしまうのですね。隠れてしまうわけです。「おとうさんはいない。おかあさんはいない。なんか広くて、こわい」こんな感じでしょうかね。ですから、悠々と、「いや~、外の世界は楽しいわ」などと言っている猫さんはいないんです。

 そういう意味では、猫さんというのは、結構臆病な、生活の安定を好む動物なんですね。保守的なのかも。

 コタ君、早く見つかるといいのですが。どこに行ったのかな。 こちらをご覧になってください。


  埼玉県 牡猫茶とらくん 「姫にゃん☆まるにゃん」

  東京都 二十匹以上の猫さん 
   「ねりま猫」
 ねりま猫さんたちは、もともとのお家から出て一時預かり様宅でお世話をお願いしたいということで、一時預かり様も募集しています。HPで見ている限りでは、猫砂、キャットフード等、きちんと配布してくださるようですので(立替払いの形式も)、経済的な面は不安がありません。劣悪な環境に育っていますので、普通の猫さんたちとは少し違う面があるやもしれません。しかしながら、保護主様のもう一つの面は、愛情をかけて保護している犬猫さんたちが人になれるように精神的にケアしてあげるという面もございます。ご興味のある方、かなり貴重な体験になると思います。お問い合わせください。

 というわけで、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
2007.09.22(Sat)00:23 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年09月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年09月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年09月22日 (土)
私は猫ではない
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2007年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。