動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 今日、夕食のしたくをしておりましたら、ダイナ君が「おかあさん、安倍さんが記者会見してる」と教えてくれました。少し、覗きに行きましたが、食事時にはニュースで岡山県倉敷市のある女性が、野良犬さんを保護して里親さがしをしているニュースが流されておりました。それを見たダイナ君。「僕らも頑張らんといかんね」僕ら? 君は何かやっているんかなと思いつつも、「そうだねえ」「直接、保護して里親探しはしてないけど、ネット上で頑張ってるもんね。もっと頑張っていかねば」頑張ってるのは、昨日、ねこいぬ町の町内会長に自分で勝手に就任した私ですけど。

 世の中には頑張っていらっしゃる方々が多くいます。知られていないだけですね。頑張っていらっしゃる方々は有名になって、活動が市民権を得ればいいなと心から応援しています。人が集まってくれば、軋轢も生まれます。いろいろなやり方が、活動方法があります。ですが、どんなときでも、いのちのために活動していただきたいですし、そのためには我慢せねばならないこともあるだろうと思います。見守る側も優しく、しかし冷静に見ていかねばなと思います。

 地味な一歩です。しかし、いのちのための一歩です。一人ではできません。一人ひとりができることをまず一つから。何でもいいですから一つからやっていくこと。これに尽きます。

 いや~、皆様のご支援を受けて、鳥取市役所には膨大な数の苦情メールがいったことと思います。といいますのも、何やら一大ムーブメントになっている気配も。私が登録しているメルマガにも「苦情メールを送ってください」というのが来ました。動物愛護団体の掲示板でも同じように告知しているのを見ました。

 おそらくこれが初めてではないと思うんですね。どこの町内でもあったことと思います。それを今一度見直す機会としたい。そこまでいかないと、こういう問題の解決策が、回覧板でぐるぐると何回でも回されます。そうではないと。それは違法であり、他の解決策があるんだということをきちんとお伝えしていきたいのです。

 ところで、昨日、ちゃま坊様より、法律違反は動物愛護法だけではなく鳥獣法もということで、さっそく調べてまいりました。

 鳥獣法とは狩猟法です。正式名称は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」ということは、鳥獣を保護するためのものですね。なんでもかんでもがんがん、鉄砲もってきてばんばんやってもらっては困りますよというのが基となっております。まあ、説明によりますとね、「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」が日本において、健全な状態で生息できるように保護と、鳥獣による被害の防止を図り、会わせて狩猟の適正化を推進することにより、生物多様性の確保及び生活環境保全、農林水産業の健全な発展に寄与するとなっておりますね。

 いまいち、よくわからない説明ですが、この鳥獣に犬さん猫さんが入っております。野生化していると「野猫(のねこ)」「野犬(のいぬ)」としてこの法律の対象になるのです。飼い主の管理を離れ、常時山野等にいて、もっぱら野生動植物を捕食し生息しているという状態の犬猫さんということです。

 そして、捕獲は全面的に禁止で、捕獲殺傷するためには、狩猟免許と狩猟者登録をして、行政の許可を得ないといけないと。熊さんが出たといって、銃を持って勇ましく歩いていらっしゃる方々がテレビに映っておったりいたしますが、あの方々は許可証をどこぞに身につけておられるのでしょう。

 さらに見てみますと、対象動物の哺乳類には、いぬ科では「タヌキ、キツネ、ノイヌ」ねこ科では「ノネコ」うさぎ科では「ユキウサギ、ノウサギ」となっておりますね。あれ、ヌートリアもだめだって。

 日本が法治国家であることは知っておりますが、法律というのは、それとなく、というか、知らない間にしっかりと生活の中に入っておるわけです。となると、動物のためにさらなる法律改正、制定が望まれます。

 さて、美葉さんが里親募集をしておられました茶とら君。めでたく新しい家族のもとへと旅立ちました。猫飼いのベテランさんで、お一人で暮らしている点に多少の不安もございますが、美葉さん、動物病院の先生ともに、納得されたとのこと。おそらく間違いはないでしょう。美葉さん、お見合いのお話がキャンセルになったりしておつらいときもおありだったでしょう。でも、最後まであきらめなかったので、良いご縁がやってまいりました。みいさんのところのぽーさんも、保護期間は長かったようですが、保護主様が納得される里親様だったとのこと。早ければいいというお話ではなかったわけです。

 ねこつかいさんは、ご自宅の猫さんとして迎えることにされたとのこと。保護主様が里親様になるという一番よい展開です。

 つまりは、どの猫さんもしあわせになれるご家庭を与えられる。それが大切なことで、保護主様のご都合とか、里親様のご都合とか、そういうものが見え隠れしないところに、応援団は安心するわけです。

 よかったですね。ぴんぐさん、ぴんがさんの茶とら君たちも皆、新しい家族が与えられました。「心配するな。絶対しあわせにするからな」とぴんぐさん、吠えていらっしゃいましたけど、今だから明かされたことに、「今回は全員は無理かもしれないから、そのときは」とぴんがさんと覚悟されていたとのこと。

 どの保護主さまも「もうだめか」と思われる時があったと思います。そんなときに、応援団は励まし続けます。声を上げ続けます。神様に聞こえるようにです。

 保護主様、お疲れ様でした。ごゆっくりお休みください。

 おっと、、まだごゆっくりできない方々が。

  東京都 二十匹以上の猫さん 
   「ねりま猫」
 ねりま猫さんたちは、もともとのお家から出て一時預かり様宅でお世話をお願いしたいということで、一時預かり様も募集しています。HPで見ている限りでは、猫砂、キャットフード等、きちんと配布してくださるようですので(立替払いの形式も)、経済的な面は不安がありません。劣悪な環境に育っていますので、普通の猫さんたちとは少し違う面があるやもしれません。しかしながら、保護主様のもう一つの面は、愛情をかけて保護している犬猫さんたちが人になれるように精神的にケアしてあげるという面もございます。ご興味のある方、かなり貴重な体験になると思います。お問い合わせください。

 というわけで、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
2007.09.24(Mon)01:34 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年09月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年09月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年09月24日 (月)
動物のための一歩
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2007年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。