動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 いつぞや、沖縄のジュゴンを守るということで、グリーンピースに署名をしたのですが、ここのHPにトゥルーフードという言葉がありまして、何かと言いますと、遺伝子組み換え食品を原材料に使っていない食品ということらしいです。その冊子があるというので、送ってもらいました。この会社のこの食品は遺伝子組み換え原料を使っているということで、そういうものを購入しないようにということですね。

 坂本龍一氏が、「便利なものができた」みたいに宣伝しておりましたけど、実は坂本氏はアメリカに在住しつつ、マクロビオティックをやっているんですね。私もバンド活動をしていたころ、この方の曲をよくやりましたよ。そういうときだけ、キイボード担当でしたね。そう、坂本氏のパートですよ。いつもは? ドラムですけどね。

 それはいいとして、その冊子を求めた関係で、グリーンピースのメルマガが届くようになりまして。その情報をお知らせいたしましょう。

 一つめは、森永製菓のチョコレート原液が遺伝子組み換えゼロとなるらしいのですが、これを読んで、いい!! 森永のチョコレートって、遺伝子組み換え食品だったんだと初めて知ったというお狂でありました。疑ったことがないというのは、幸せなことですなあ。まあ、私、チョコレート食べないしな。しかし、ぶんちゃん、大丈夫だろうな。買ってまでは食べないだろうけど、あの子。

 しかし、ですよ。森永は遺伝子組み換えをしている会社からもチョコレート原液を購入しているらしいので、喜んでもいられないわけですね。複雑ですなあ。赤福、地鶏などいろいろと問題出ておりますけどね、問題としては、こちらの方が問題のような気がするなあ。なぜなら、賞味期限ですね。腐っていたなら、売ってないし、腐っているものを食べたなら、ある程度わかりますよね。吐き出すと思うんですよ。まあ、危うい状態というのはありますけどね。ですけど、遺伝子組み換え食品については、こちらは防ぎようがないところに持ってきて、体の中で何がおこっているのかわからない。何か作用があるかもしれない。不気味ですよね。極端な話、賞味期限の話はおなかを壊しておしまいです。おしまいっていっていいかどうか。でも、遺伝子組み換え食品は、何がどうでるのかわかっていないですからね。

 お次はビールですよ。私が独身の頃、輸入ビールってなんかお洒落な飲み物でした。飲み口が軽い。缶が格好いい。はい、飲めない私にはほとんど無縁ですけどね。で、輸入ビールの雄はバドワイザーですよ。今ではキリンビールがライセンスを獲得しているらしいですね。それはいいとして、アメリカで醸造されるビールの中に、遺伝子組み換えコメが混入しているらしいです。現在、質問状を送付の状態だそうです。

 全くもって、企業に良心はないのかね。原料は安ければいいのか。

 日本の企業の中で、社会的に貢献している会社というのがいろんな形であるようですね。ボランティアしてる会社もあれば、ネットでクリックして募金に協力している会社もあります。それも必要ですよ。企業の社会的貢献というも。しかし、まず第一に、作っている商品に対して、絶対安全なら何かわかるようにシールでも貼ってもらえませんかな。

 EUでは動物実験していない化粧品に対して、シールを貼ることに将来なるのですが、食の安全。これもわかるようにシールでも貼ってくださいよ。遺伝子組み換えとなると、大豆食品ばかり気にしておりましたが、そんなことなかったんだ。誰が食の安全を守ってくれるのかなあ。行政が出てこないことには、お話にならないと思うんですけどね。

 新しい家族を待っています。
 埼玉県
  マコちゃん 9ヶ月 ちゃとらさん
  詳しくは「我が家の仲良し日記」からご確認ください。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様を急募しております。あと四匹です。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 それではよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2007.10.30(Tue)00:17 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 いや~、久しぶりにお勉強しました。一週間、さぼっておりました。痛みのためですね。ダイナ君にしつこく言われて、ダイナ君が勉強しているテーブルについたはいいですが、腰が痛いわけですから、数分ごとに座りなおしをするんですね。テーブルっつても、ちゃぶ台ですよ。で、それを見てダイナ君が「忙しいね」と言っておりましたね。

 そのうちに、寝転がって、問題を読み始めたら、「そりゃ、ないんじゃないの」「だって、痛いんだもん」そのうちに、あまりの出気の悪さにぴしっと座ってしまいましたね。そして、現代国語の解説ですよ。なんで、こんなことせんといかんのだよ。だから、本を読めっていってるだろ。難しい本を読む習慣さえあれば、現代国語なんて勉強するのは漢字だけですむんだよ。

 それから、英語の長文ですわ。二人で、読んで訳しましたね。「ええと、○○って、何だったけな」「何だったけ。辞書でひいて」とからきしだらしないお狂であった。こんなので、大学に行くのかね。あ、私じゃないですよ、ダイナ君ね。

 臓器移植ですが、この脳死というのに、なんか懐疑的なんですよね。本当に、本当にもう意識は帰らないんでしょうねと何度も念を押したくなるんですね。と言いますのも、聖書の中には人が生き返ったという記述があるので、なんか、ちょっと本当に大丈夫なんでしょうね、と言いたいんですね。

 また、ダイナ君が移植をする必要があるといわれたとき、教授は私に言われましたね。「家族だから、何が何でも提供しないといけないという雰囲気は作りたくないんだ」移植について、調べると家族でもありますよ。

 奥様が腎臓をご主人のために提供すると。先生の前に来て、二人でお話を聞いて、後から先生にお電話がかかってくる。「私はいやだったけど、主人がこわくて提供すると言いました。何か検査で、どこかが悪くて、提供できないことにしてください」

 かと思うと、ダイナ君がお世話になっている内科の先生、この間の患者さん、お子さんに臓器を提供するということだったけど、おばさんまで来たんだ。初めてだったよ、そんなこと。おばさままで臓器を提供したいと言われたというんですね。

 ダイナ君に腎臓を提供するのに、なるべく多くのドナーが必要だといわれました。ぶんちゃんは私でもいいと言ってくれましたが、移植を二回する可能性があります。移植された腎臓がどのくらいもつか。二十年もたないかもしれないらしいです。そうしたら、おじいちゃんやおばあちゃんもドナーとして考えてと言われましたね。別の先生はそこまで考える必要はない。おとうさんから貰うのでそれでなんとかなるだろうと。

 すごくためらいましたけど、とりあえず私の母にも話をしました。母は、「ダイナ君が元気になるなら、あげますよ」と涙ながらに言ってくれましたね。その話をぶんちゃんにしたら、「おばあちゃんから腎臓とるなんて。それなら私からとったほうがいいわ」と言いました。

 ちょっと嬉しかったですね。これが、「私はいやよ」とか言われてみてください。納得はしても、なんかいやでしょうね。思わず、「ああ、そうですか。それならこちらもそのつもりでいます」とか言いたくなるかも。実の肉親だとしてもです。

 聖書の中で、「人が友のためにいのちを捨てること。これに勝る愛はない」とイエス様がいわれました。別に友達のために命を捨てろという意味ではないですよ。でも、臓器移植ときくと、なんかこれを思い出してしまいます。

 ダイナ君が「おかあさん、腎臓ちょうだい」と言ったなら、「いやぴょん」と言ってしまいそうな気が私にはありますが、私は感染をもっているため、臓器提供できません。感染を持っている臓器でも、それでもほしいという方がいらっしゃれば、あげられるそうです。でも、元気な臓器でないですから、不安があるでしょう。いつ癌になるだろうという不安です。

 臓器のために、海外に渡る人がいることを考えると、私が死んだら、使えるものは何でも持っていってくれていいです。それで、泣かなくてすむなら、そうです。病気のために泣く人が一人でもいなくなるなら。貰うことを考えた人間は、あげることを考える。それは自然かなと思います。そうでもないのに、あげることを考えられる方々はりっぱだと思います。

 いろんな人のために泣いてきました。ためにではないですね、勝手に泣いてきたのです。ですけど、「助からない」「治らない」そういって絶望する人の涙を見たなら、心が動かない方がおかしいのかもしれません。

 私は前述した奥様。ご主人のために臓器を提供したくないという方ですね、それはそれでいいと思うんですね。一緒にいて、感情が家族ではなく、他人より遠い憎しみを持つ人になってしまったのなら、提供などしたくないですよ。体にメスが入るなんていやですよ。愛憎ともいいますが、憎い相手のために提供する必要なんてありません。臓器をほしいという方々が、必ずしも提供させてくださいと申し出るに値しない場合だってあるでしょう。

 ですが、もし臓器をもらって第二の生を生きていくなら、どうか良いことをしていただきたいですよね。いただいた臓器に報いる生き方をしていただきたいです。「こんな人のために」と言われないような生き方をしてほしいなあと願います。

 「治りたい」と願う人がいる。「お役にたちたい」と思う人がいる。この数がせめて同じになりますように。

2007.10.29(Mon)23:52 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 まだ腰が痛いのですが、とはいえ、いつまでもごろんごろんしていたら、いかんしなあ。

 ダイナ君ですね。中間テストの結果を持って帰ってきまして、母親の逆鱗にふれておりますね。そして、ついに母親から「文転しなさい」と言われました。この母親というのは、私ですよ。理系から文系にかわるときに、何が一番困るかというと、逆もそうですけど、科目の選択ですよね。しかも、社会ですよ。ダイナ君は今地理しかしていないんですね。

 ここにお越しになっていらっしゃる皆様、高校時代、どれだけ社会を学びましたか。私ですね。まあ、年を言ったらばれるけど(もうばれてるって)、共通一次などと無縁の最後の世代でした。そうです。国立には一期校と二期校があった世代です。どんなもんだい!!

 まあそれはよしとして、高校一年で地理をやった記憶があります。日本史、世界史、倫理社会、政治経済、すべてやりましたね。理科は私は選択がちょっと複雑でした。失敗した口ですね。地学、生物、化学をやりましたね。

 今ですね。ダイナ君の高校は一年で世界史をやりましたね。そして、理系のダイナ君は二年で地理です。日本史など全くやりませんよ。倫理も政経もね。東大なんか、入試に日本史、世界史、両方必要な学部ががありますね。

 で、今日、ダイナ君の塾の先生が来られたんですね。それで、少しお話ししたわけですわ。そして、一体今の高校のシステムはどうなっているのかと。文転するにあたっては、ダイナ君は何か社会を一つとらねばなりません。何をするかといって、日本史や世界史などやっていられないので、自分で倫理をすることにしたんです。

 で、昨日より、私と一緒に倫理をやっております。ダイナ君が倫理の教科書を音読するんですね。そして、ノートにまとめるそばにいるんですけどね。高校時代に習った倫理、先生の顔はおぼえています。が、内容はまったくさっぱりですね。つまらない授業でしたよ。

 しかし、今倫理の教科書を読んでみると、これを習わずに大学にいくというのは、なしだろと思いましたね。結局、社会科の教科というのは、生きていく上で何の役にも立ちませんが、人間を形成していく上では非常に大切な教科なんだなと最近わかるようになりました。

 自国の歴史を知らずに、愛国心もおこりません。=日本史
 世界の歴史を知らずに、紛争問題もわかりません。=世界史
 政治経済を知らずに、世の中の仕組みはわかりません。=政経
 そして、倫理はですね、物の考え方の根本なんですね。一番どうでもいいです。知らなくても生きていけることです。万物が水でできていようが、流転しようが、かまいません。しかし、英知が極めようとしたこと。どのように考えたら、人としてよりよく生きていけるのか。社会はよりよい方向に向かっていくのか。人間を形成していく上での物の考え方、これがなしで社会人になっていくというのは、大変なことだなと。

 アメリカに哲学はないといいます。日本にだってありません。物事をつきつめて考えるということがないんです。なぜなら、物があればいいからです。倫理というのは、人としての道ですけれども、私より上の年代の方々は、社会をどう変えていくか、自分はどう生きていくべきかということを一度は考えたことがあるのではと思います。

 ところがですよ。最近の子供、小学生からして考えるのはお金のことです。お金があれば、欲しいものが手に入る。それだけですね。哲学ではおなかはいっぱいになりませんし、ましてや、お金など稼ぐことができません。生き方なんてどうでもいいんです。欲しいものが手に入るか、入らないか。これが重要なんですね。

 おそらく日本は悪くなっていく一方でしょう。お金や物を追求するなら、生き方も考え方も堕落していきますから。見えるもの、自分を満足させてくれるものを追求していきますからね。頭の中で考えることなど、なんの価値もないのです。

 私はダイナ君と一緒に倫理を学んでいきますけども、賢くなりたいなと切に願っているのです。私を長い間悩ませている問題があります。それは、脳死と脳生なんですね。人はどの時点をもって生が始まり、どの時点をもって終わりとするか。これが明確にわからないのです。これをはっきりと理解したいんです。少なくとも、自分の中で論としてはっきりと持っておきたいんですね。

 私はクリスチャンですから、どんな場合でも大切なのは聖書の言葉です。ところが、聖書はどのようにでも読めます。また、ある場所で言っていることと、別の場所で言っていることが正反対のことがあるんですね。

 どうして私が脳死と脳生に悩んでいるかといいますと、脳死というのは、ご承知の通り、臓器移植の問題にからんでいます。脳生は中絶ですね。この二つの問題をどのように考えるか、私には結論がでないのです。

 中絶はともかく、臓器移植の問題は皆様もご存知でしょうが、いろいろと問題をおこしています。臓器売買の問題もあれば、お金を持っている日本人が、お金を持っていないアジア諸国に出かけていって、移植してもらうということが出てきていますね。脳死は本当に死なのかという問題について、私はなぜかうまく納得できていないのです。

 よくクリスチャン仲間で言うんですね。聖書の中に、「臓器移植禁止」とか書いてあれば何も問題ないんですが、二千年前の書物に書いてあるわけがない。それならイエス様は何と言われるのか。死刑だってそうですよ。私はついこの間まで、クリスチャンは皆死刑廃止論者なんだろうと思っていたんですね。ところが、死刑容認派の牧師先生とお話ししたんですね。ご存知のように、イエス様が処刑されたとき、二人の罪人が一緒に処刑されました。そのうちの一人が、「イエス様、あなたが今日天に帰ったときに、私のことを思い出してください」と言われたのです。イエス様は「あなたは今日、パラダイスにいます」と言われました。

 でも、同じように処刑されたということは、死刑が遂行されたということなんですね。罪は許される。しかし、死刑は存在する。ありゃりゃ、と思いました。本当だ。その通りだと。

 このようにといいますか、別にどんな問題が社会でおころうとも、「わかりません」と言うことだってできますね。でも、性格ですよね。何に対しても自分の立場を明確にしておきたいと思っているんですね。そのために、倫理が役に立てばなあと、ひそかにダイナ君と一緒に勉強しながら、思っておるわけですね。

 ダイナ君はまだ文転するかどうかわかりませんが、文転してもいいように倫理を自分で勉強することにしました。倫理を学ぶこと。これが良い方向に行けばなと私は思っておりますよ。

 生きていくことはつらいことですが、物事をどのように捉えて考えていくか。その一助になればなと願っているんですね。

 さて、ねこつかいさん宅の里親募集の猫さん。ぴーすけちゃんのお見合いに来られたご家族、一緒にいた幸ちゃんを見初めてしまい、二匹一緒に新しいお宅へと旅立ちました。よかったなあ。
mako.jpg
 埼玉県のみいさん宅の猫さんは、新しくマコちゃんが保護されました。お耳を怪我していたそうです。里親様募集中ですので、詳しくは「我が家の仲良し日記」からご確認ください。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様を急募しております。あと四匹です。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

2007.10.28(Sun)13:49 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様、ご存知の通り、お狂は生まれて初めて腰痛になりまして、今週月曜日より接骨院に通っております。水曜日あたりには、なかなかよい感じになって、明日には治っているだろうと想像しておったのですね。

 ところがですよ。木曜日に起きたら、「いて、いて、いたた」という感じになりまして。ダイナ君を泣きながら送っていきました。あ、うそうそ。泣いてませんけどね、気持ちは泣いておったわけですね。何分、痛みに弱い、口だけの人ですからね。本当、思いますよ。いつも腰が痛いとかおっしゃっていらっしゃる方、いらっしゃいますけどね。よく生きてるなあとね。痛みを持って生きるということが、どれほどしんどいか、見にしみております。元気であってこそ、やりたいこともできますね。

 それはさておき、痛みですけど、車の運転をするときに、車庫入れ等、バックします。ドアミラー、ルームミラーなどで、後ろの安全を確認しますが、もちろん、振り返って直接目視しますね。そうでないと、距離感がつかめないからです。これがですよ。「いて、いて、もういい」みたいになるので、こわくて車が運転できないんです。といっても、必要に迫られてやりますけどね。

 そして、ごろごろしたいのですが、こういうときに限って、なんかできないんですよね。接骨院に行きましても、治療台やベッドの上に乗るのにも時間がかかります。そして、起き上がるにはもっと時間がかかります。「いて、いて」ごろりん、ころりん、するん、という感じでですね。起き上がることがすぐにできません。まさにこのとき、大地震がきたら、私、迷わず天に帰りますね。お年寄りが被害に合うの、わかります(こんなことにならんとわからんかったんかい!!)

 さすがに、先生も奥様も、「大丈夫?」とか尋ねられましたね。気分としては、「人生ゲーム」の第一コーナーで、「振り出しにもどる」に止まった感じですわ。ここまで治療してきて何故!?という思いですね。今までの治療は何だったんだ!!
そんな思いがいたしましたね。「人生ゲーム」なら、この時点でやる気はなくなってますね。もう消化試合ですよ、はっきり言って。しかし、私はやめるわけにはいかないですよね。当然です。

 ここで私がリタイアしたら、犬猫の将来はどうなる。はは、私がリタイアしても別にかわりませんよ。わかっていますからね。私、それほど傲慢じゃないですよ。でも、志半ばで倒れることほど、悔しいものはございませんねえ。

 最近、いろいろ思います。腰が痛くなってから、身体障害者の方、車椅子に乗っていらっしゃる方ですね。どうやって顔を洗っているのかなと。腰が痛めば、中腰になることができません。洗面台で顔を洗うことが非常に困難です。私など、元気なときでも、お水を撒き散らしつつ、顔を洗って、着ているTシャツの胸元をぬらしております。それをどうやっているんだろう。

 もちろん洗面台を低くしているんでしょう。しかし、本当にどうなっているのかなあと思いますね。ユニバーサルデザインという、健常者にも障害者にも使い勝手のいい作りがありますが、一人一人ニーズも違うでしょう。なんか痛みの中で、元気でない方が生きていくことは大変なのだなと痛感します。

 私たちは快適に生きていくことを望みます。しかし、快適ではなく、生きていくこと、それだけに大変な方々もいらっしゃるのだろう。そう思ったときに、自分が快適に生きていくことを追求するるよりも、弱者が普通に生きていくこと。そちらに目を向けていきたいなと思います。

 今、厚生労働省がらみの案件は次から次へと出てきています。いいわけはいい。生きていかせてくれ!! そんな思いをもちますね。生きているいのちを大切にしてくれ!! 公務員の役付けの方がテレビで出てくるたびにそう思います。「国としては」「その当時は」そんなことばではなく、今、生きているいのちを大切にしてあげて!! あの方々は十分苦しんできたじゃないですか!! そう叫びたくなります。

 痛みというのは体験しなければわからない。コメント欄でも、腰痛を経験なさった方々が多くいらっしゃいました。私の痛みをその方々にいちいちご説明するまでもありません。ご経験のない方々は「大丈夫ですか?」と尋ねてくださいます。

 生きていくために痛みを持っていらっしゃる方々、体はもちろん、心もです。そういう方々に「大丈夫ですか?」と問いかけるだけのまともな神経を持った役人はいなかったのでしょうか。立場ではなく、人として、です。「大丈夫ですか?」と尋ねたら、「大丈夫なわけないだろう」という答えが当然返ってくるでしょう。「そりゃ、そうですよね。すみません」という気持ちにはならないのでしょうか。

 お役所に勤めていらっしゃる方々に、人としてまともな神経も持って対応していただきたいと思うことは、それほど多大な期待なのでしょうか。自分の体が痛んだら、どう思うんでしょうかねえ。

 ☆土曜日、日曜日のイベントのお知らせ
     万燈祭り 埼玉県入間市
       「いるま猫の会」がカレー屋台を出します。
        売り上げは猫さんたちの避妊手術の費用となります。 
        お暇な方はお立ち寄りください。
      詳しくはこちら から。
2007.10.26(Fri)23:59 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
vinyl-007.jpg
 こんにちは、ペンギン隊で~す。
 あら、また隊長不在。
 隊長、まだ接骨院通いしてるよ。左腰だけ痛みが残ってるんだって。
 全く、もう、公益法人のお仕事を何だと思ってるのかね。
 え? ペンギン隊って公益法人だったの。
 犬さん、猫さんの家族が見つかると、公の社会の場において、捨て犬、捨て猫がいなくなるので、益となるでしょ?
 う~ん、それはそうですが、認可はどこから受けてるの?
 「動物愛護(になってないかも)日記」ご贔屓様。
 結構、少ないね。
 うん、弱小ブログだからね。
 まあ、隊長もふんだり、けったりが続いているから、ここは少しお休みをあげてだね、隊長ごときがいなくても、平気で活動できるところをお見せしてと。
 そういや、さっきダイナ君と会ったけど、「ペンギン隊、最近、人気ないみたいだね。僕が出ていかないと駄目かなあ」とか言ってたよ。
 ダイナ君、ぼけキャラだからな。ペンギン隊はうろちゃん、たこちーを含めて精鋭部隊だからね。
 say, "yeah!!"部隊?
 ぺんた君、つっこむんなら、わかりやすいつっこみをしてよ。
 すみません。

 それでは、ご報告します。ねこつかいさん、ピー助ちゃん、お見合い結果待ち、みいさん、くるみちゃんらんちゃん、二匹そろってお見合い待ち、しかし、みいさん、新しい猫さんを保護されました。お名前がついて、見やすい写真がup次第、お知らせします。ねりま猫は十月中に、現場に残っている五匹の猫さんを一時預かり、里親様宅に引き出してあげたいと願っております。ぴんぐさん宅は、今のところ、三匹すべてお見合い待ちらしいです。ということは。

 新しい家族を待っています。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 
  雌猫さん一匹 推定十ヶ月

 健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん二匹
  幸ちゃん    牡 

  ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ

 とかなり、すっきりしました。

 あれ? うろちゃん、いつのまにか東北に帰っちゃった。
 そうそう、うろちゃんもいろいろと忙しいからね。もう担当の猫さんもいなくなったし。
 そうか。ペンギン隊、三人になっちゃたね。
 隊長がいなくても、新しい家族は決まっていくんだよ。
 もう、隊長、鬱陶しいから名誉職に退いてもらって。
 誰が隊長、やるの?
 外部から、「ちゃとらとはちわれ」のぽーさんでも呼んでくるかな。
 ペンギン隊に、ぽっぽちゃんは駄目だよ。
 サンリオからバッドばつ丸君を。
 だめ、あいつ、仕事しない。
 皆様のご意見をお待ちしております。

   「僕がいるからね」  (ダイナ君)
2007.10.25(Thu)06:34 |  新しい家族を見つけるペンギン隊  | コメント : 18 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様にご心配いただいております腰痛ですが、おかげさまで本日は左側だけとなっております。が、今日も張り切って接骨院へ行ってまいりました。格之進を途中、実家に預け、毒舌の先生のもとへと乗り込むお狂であった。

 最初、奥様とちょっとお話しし、和やかな雰囲気のもと、先生にばきばきとやっていただきます。
 「今日は、すっと立てることができてるね」
 「先生、まだ左が痛いわ」
 「そうかあ」きゅいきゅいと押していただいております。

 「先生、そういや、来春から大学院って、大学卒業はこの春?」
 「そうなんよ。あと八単位ね。頑張らんといかんのよ」
 「そうですか。お仕事の後に、大学通うのも大変やねえ。でも、年とってする勉強っていうのは、本当にやりたい人だけがするからねえ」
 「そうそう。僕もねえ、好きでやらせてもらってるからね、結果を出さないといけないわけよ。はい、うつぶせね」
 「十分、出てるじゃん」
 「いや、まだこれからよ」
 「先生、頑張ってるもんね」
 
 それからいろいろとお話しつつ、ばきばきされておりましたね。仕事は社会のお役にたつようなことをしないといけない。とか、儲けに走ったら大変なことになるとか。

 私もいろいろ先生とお話しつつも、最近の赤福騒動ですね。実は非常に不思議だなあと。といいますのもね。老舗と言われているお店。夕方行ったら、もう品物がないとかいうことがよくあるじゃないですか。どうしてそれではいけなかったのかと。人の手で作っていたなら、作る数には限界がある。逆にいうと、それが老舗の特権だろうと思うわけですね。良い商品を提供する。お客様に喜んでいただく。それが一番大切だろうと思うのですが、儲けに走ったら、そりゃ、従来のやり方では無理だろうと思うのですね。

 で、誰も、老舗のプライド、職人気質の方はいらっしゃらなかったんでしょうかね。「そんなことをやったら、のれんに傷がつく」とか言う人がいなかったのかなと。これが不思議ですわ。途中で、「そんなことをしたら、先代が泣きますよ」とか言われなかったのかなと。

 インターネットでもよくご予約は○週間先となりますとか書いていたりしますよね。個人商店だったら仕方ないよなと思いますね。ああ、そうだよな。人が作ることのできる数って、しれてるよなといつも思います。逆にほっとします。信用してしまいますなあ。

 人というのは飽きっぽい。それを老舗というのは、昔からのお得意様がいらっしゃって、その方々に「昔の方がおいしかったわ」「先代の時の方がおいしかったわ」と言われないように、研鑽を積む。その重責にさらされながら、ご贔屓様の信頼のもとに、昔ながらの味を守っていく。そういうものではないですかなあ。今ではいろいろなおいしいものが出回っていますよ。外国からも入ってきますよ。それでも、変わらずにおいしいものをご提供する。それが老舗の使命だろうと。

 赤福って、まさしく看板を背負っている商品ですよ。なのになあ、儲けに走ったか。欲に負けた先にあるのは、看板の凋落ですね。一度失った信頼を回復するのは大変なんですけどね。それまで守ってきた多くの方々の苦労が無駄になってしまいましたね。

 接骨院から帰り時に、「先生、どうして腰が痛むようになったんでしょうか?」と尋ねました。
 「無理がたまったんでしょう」
 「え! そうですか」
 「それと、お尻が太ったね」
 
 これから、おうどん屋さんに行ったら、おうどんは一玉にしよう。

 話はかわって、接骨院から帰って、もうこの際、行くぞと、腰に湿布を貼ったまま、近くの内科に行政から来ている個人健診の葉書を持って受診してまいりました。

 「何か気になることはないですか?」
 「時々、胸が締め付けられるんですが」
 「朝起きてすぐですか?」
 「昼間ですね」
 「どのくらい?」
 「四、五秒ですかなあ」
 「ああ、それは心臓じゃないですね。念のため、心電図をとってはみますけどね」
 「心臓でなかったら何ですか?」
 「ストレスですね」

 無理がたまっていて、ストレスもある!! これは同情されるべき点が二つもあるということだな。誰かに言ってみよう。

 しかし、身長、体重を計って、うちのめされました。

 もう甘い物はやめよう。もう絶対やめよう。おうどんも絶対一玉しか食べない。しかし、スイートポテトだけは別にしてと。とにかく五キロやせよう。

 一度帰宅し、格之進の様子を見てから、おうどん屋さんにお昼を食べてに行きました。決心通り、一玉食べて、「やっぱり二玉食べたかった」と思いつつ、向いのパン屋さんへ。

 つい、紅茶ゼリーと、甘いパンを買ってしまいました。明日の朝、食べよう。いかん!! これでは、「無理がたまって、ストレスもたまっている」という話をしても、誰も同情してくれん!!

 ダイナ君を学校にお迎えに行きますと、「おかあさん、今日、接骨院はどうだった?」なんと!! 向こうからふってくるではありませんか!! だからダイナ君が好き!!
 「それが、無理がたまったんだって」
 「え、そうなの」
 「それとね、その後、内科に行って健診したらね、胸がしめつけられるって言ったら、心臓ではなくて、ストレスだって」
 「ストレス。格ちゃんとお散歩に行った方がいいね」

 いや、そういうレスポンスではなくてだなあ、もっとこう、なんというのか、「おかあさん、いろいろと大変なんだね。そうか、おかあさんを大切にしないといけないなあ」というそういう感じがほしいんですけど。

 まあ、これ以上はやめよう。大袈裟に言っていると思われたらいやだからな。世帯主なんか「あれだけ寝て、どこにストレスがたまるんや!!」とか言うだろうから、絶対言わん。

 明日はペンギン隊、出動となっております。

2007.10.23(Tue)19:47 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、日曜日ですね。ほいほいと珍しくしゃきっと起きて、朝ごはんも食べて、お洗濯などもしまして、ダイナ君を八時半に起こしたまではよかったんです。
食器を洗って、お風呂もとかやっているうちに、何を持ったわけでもない。腰をかがめたせいでもないのに、突然、腰が痛みだしたのです。

 「いて、いて」とかいいつつ、それでも激痛ではないので、いろいろとこまごましておったのですね。九時から十時の教会学校よりダイナ君、帰宅。「あら、おかあさん、どうしたの、その顔」「痛い、腰が痛いんだ」「ああ、そりゃ、ううん」ダイナ君は「寝ていたら」といいたかったんでしょう。しかし、礼拝の時刻が迫っています。「礼拝に行ってくるわ」と自転車は使えませんから、歩いていきました。近くでよかった。

 今日はいろいろと祈りたいこともあったしで、しかし、行ったはいいですが、座ることができません。牧師夫人に「腰が痛いので、外(礼拝堂の外の廊下)で、立っています」と伝えてから(また休んでいると思われるとつらいので)、外に出て立っておりましたね。「大丈夫?」とか言われましたが、いつもならお休みして寝ていたでしょうが、なんか祈りたい気持ちのときってあるんですね。

 しかし、説教がすんだら、さっさと引き上げ、昼ごはんをつくり、寝ているダイナ君を起こしました。私が座れないのを見て世帯主が「どうしたんだ」「腰が痛い」「うろうろせずに、寝たらどうだ」「寝ますよ」というので、寝ておりました。

 一日寝ておりましたね。ああ、よく寝た。晩も寝ておりましたが、日付がかわって一時頃、おきだしました。私にとって、お風呂に入らずに眠るということは、一年に一日あるかないかなのですね。お風呂、食事、睡眠となったとき、優先順位はお風呂と睡眠が同じくらい、食事は二の次ですね。

 で、起き出したらですよ。お台所は食器の山。そうでしょうなあ、それもわかっていて起き出したんですから。なんかぶつぶつ言いつつ、食器を洗いましたよ。全く、貯めてくれましたわ。

 そして、お風呂に入り、寝ましたね。

 今日は朝からなんとか、ダイナ君を車でバス停まで送っていき、そして、接骨院に行ってまいりました。
「あ、お狂さん。久しぶりじゃない。ぶんちゃんは元気かな」
「はあ、知りません」
「はは、知らないの。まあ、そんなもんかな。お狂さんは話さないと美人なんだけどねえ」
「先生、まだ言ってるんですか」
「でも最近、老けてきたからなあ、それも言えなくなってきたなあ」
「失礼な ぷんぷん」
 
 ばきばき、とかやった後で、
「太っちゃって、おなかも足もぽてぽてしてるねえ」
 気持ちとして、「ほっといてよ!!」と言いたいところですが、この先生にはいろいろとお世話になっているので、「ひどい」とか言いながら、電気をかけてもらいます。

 この接骨院には、私の弟が高校生の頃からお世話になっております。腕がいいというので、混んでおりますよ。しかもですね、この先生、地元の大学の夜間の学生さんなんです。来年春より、大学院に行くんですね。大学では経済学を学び、漢方薬の普及に役立てるそうです。私より、十歳くらい年上ですかねえ。

 奥様もいつもにこにこと、私やぶんちゃんやダイナ君のことを気にかけてくれています。
「お狂さんのご主人は、本当に偉いよねえ。こんな奥さんで我慢してねえ」
「先生、私だって我慢してますよ!!」
「おとうさんに似たから、ぶんちゃんもいい子に育ってるしね」
「先生、滅茶苦茶、失礼じゃん!!」

 といいつつ、「ちょっと通いなさいよ。かなり悪いよ」

 悪いって、何がどうして悪くなったんですか。何もしてないのになあ。ダイナ君のテストの点数を見たからじゃないのかなあ。

 皆様、もうご存知だと思いますが、q9マロさんがずっと捜索していたコタ君、無事にお家に帰りました。見つかるまだ長い月日がかかりましたが、捕獲にも時間がかかりました。rinkoさん、ご主人様、捕獲器を提供してくださったサスケママさんとお友達、と北海道では猫仲間ががっちり手を組んでの捕獲となりました。応援、ありがとうございました。

 ねこつかいさん宅、ぴーすけちゃん、お見合いの話が浮上しております。一度つらいことがありましたので、今度こそうまくいってほしい。駄目なら駄目でいいですが、トラブらないでほしいとという思いでいっぱいです。それではいつものように。

 新しい家族を待っています。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。もともとの練馬のお家に残っている猫さんは五匹となりました。なんとか早く出してあげたいとスタッフの方、一時預かり様を特に探しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
  らんちゃん推定一歳
  くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん二匹
  幸ちゃん    牡 

  ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 茨城県

 三毛猫姉妹 四ヶ月
 テトちゃん 二ヶ月 本日、退院予定です。季節の変わり目に小さな体がついていかなかったんでしょうか。よかったね!!
 詳しくは「ちゃとらとはちわれ」からご覧ください。

2007.10.22(Mon)13:07 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 今日はダイナ君と一緒に本屋さんに行ってまいりましたね。一緒に車に乗っていったのですが、何を話しておったかといいますと。

 今度調理実習があるんだよ。スパゲッティを作るんだ。
 ふ~ん、それはつらいね(ダイナ君は好き嫌いが多い。またピザとかスパゲッティなど、たんぱく質を多く含む具が入っていると食べられない)。
 カプリコーンとかいう奴。
 カプリコーン、それは違うよ。
 えっとね、七文字くらいで、後ろの方に伸ばす棒がある。
 カルボナーラだな。
 そうそう。ホワイトソースとミートソースはダイナが食べられないだろうということで、自動的にトマトソースになったんだよ。
 へえ、そう(後から考えたら、カルボナーラはトマトソースではない。ということは、根本的に何か間違えている)。
 俺は玉葱の係りね。
 そりゃ、またつらいね。
 鼻にティッシュつめたら、平気なんだよ。涙出ないの。
 ちょっと、そういう格好を女の子はもとより、クラスメートに見せるのはやめてよね。
 それで、タイムともう一つなんだったかな、なんかハーブ関係、俺が持っていくの。
 タイムと何かな。バジリコ?
 いや、違う。ダイナはおかあさんと車でうろうろしてるから、面倒くさい奴は、ダイナに買わせろだって。
 ふ~ん。

 ショッピングモールの本屋さんで本を購入しまして、私はBODY SHOPのお店を見てみました。もう少ししたらなくなる化粧品の後、ご存知、動物実験なし、有機栽培、アフリカの貧困地域との植物原料購入契約で生活を助けるプロジェクトをやっておりますからね。先月ですか、創業者がお亡くなりになりました。その話などを店員さんといたしましたね。

 その間、ダイナ君は私に頼まれた買い物をしてきてくれました。入り口で落ち合うと、袋には…。
 ちょっと、どうして葱が二つもあるの。
 葱と細葱ともやしって、言ったじゃん。
 そんなこと言わないよ。細葱ともやしって言ったんだよ。
 違う、葱と細葱って言った。
 言ってない。ちょっと考えたらおかしいと思うでしょうが。
 それで、葱と細葱と後一つ何だったかなあと忘れて、野菜売り場を見てたら思い出すだろうと、しばらくうろうろしてたら、もやしだって思い出した。

 どうして、この子のテストの点数がよくないかわかるような気がします。

 さて、帰りの車の中では、調理実習の話の続きです。

 付け合せを何にするか決まってないんだ。
 そりゃ、サラダでしょ。
 トマトを使うから、そのからみでそうなると思うんだけど。お好み焼きという声が出て。
 主食じゃんか!!
 うどんとかいう話も。うどんは滅茶苦茶、手間がかかるだろうということで。
 どうして、主食、主食の組み合わせになるわけよ。
 ハンバーガーとかも出た。
 あんたら、おかしいわ。なんといっても、修学旅行で四時半に目覚ましかける団体だからね。
 そうそう、あのときはなあ、ゲームして遊ぶつもりが、両隣の部屋に迷惑だろうというので、寝たんだ。
 眠かっただけでしょ。
 
 これが高校生ですからね。なんかいやになってしまいます。それではいつものように。

 新しい家族を待っています。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。もともとの練馬のお家に残っている猫さんは五匹となりました。なんとか早く出してあげたいとスタッフの方、一時預かり様を特に探しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
  らんちゃん推定一歳
  くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん二匹
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡

  ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。優ちゃんが今日、里親様のもとに行ってしまいました。ねこつかいさん、ちょっと寂しいようですが、そうも言っていられません。

 茨城県

 三毛猫姉妹 四ヶ月
 テトちゃん 二ヶ月 現在、入院中です。季節の変わり目に小さな体がついていかなかったんでしょうか。保護されていなかったら、とっくに天に帰っていたのかもしれません。早くよくなってよ!!
 詳しくは「ちゃとらとはちわれ」からご覧ください。

 寒くなる前にどの子も新しい家族のもとで、愛情をいっぱいもらえますように。
2007.10.21(Sun)04:03 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
yashiti1.jpg
 今日も今日とて、お狂です。
この黒猫さんはどなたかって? 年子ではありません。年子は長毛ですからね。となりますと…。クリックして大きくしてご覧ください。
 クリックしてもわからない? そりゃ、そうですね。新しいご贔屓様もいらっしゃいますので、ご存知ない方もいらっしゃるでしょう。この猫さんはうちから里子に出た弥七君です。もう人様の猫さんですから、気安く呼び捨てになどできませんけどね。里親様はうちでついた名前のまま、一緒に暮らしてくださっています。ちょっと申し訳ない気もいたしますね。時代劇が大好きなぶんちゃんは、「水戸黄門」のキャラを牡猫にはつけておりますからね。うちにはじめて来た年子は、牡なら「吉宗」となる予定でしたが、雌猫だったので、こちらは「○子」と決まっておりますね。
yashiti2.jpg
 いまどき、自分の子供に、年子とか町子とかつける親はいないよなあ。トメとかヨネとかつける親がいないのと同様。ちなみにうちにいたときにはですね、町子ねえちゃんがよく弥七君の面倒をみておりました。
 今、私が偉そうに里親探しのアドバイスをすることができるのは、この弥七君の里親探しの経験があってこそですね。まあ、この猫さん、どうしてうちに来たのかわかりません。暮も押し迫ったある日、突然やってきたんですわ。玄関に「にゃ~」と言ってやってきて、「ありゃ、こりゃ、黒い仔猫だ」と私、煮干を移動ケージの中にいれて捕獲を試みました。抱き上げようにも威嚇していたんですね。そこに自転車で帰ってきたぶんちゃん。

 「あれ、おかあさん、何を」「し~!!」事態をすぐ理解したぶんちゃん、さっさとケージの扉を閉め、捕獲終了。すぐさま動物病院へ。
yashiti3+3.jpg
 知りませんでしたね。この猫さん、前足を咬まれていたんです。発熱してました。そして、目がうるうる。寄生虫がいました。これがですね、コクシジウムですよ。駆除が難しいといわれておりました。最初、消毒用アルコールで排泄のたびに、ぷしゅぷしゅしておったのですけどね。インターネットで調べると、熱湯でないと駆除できないと。それ以来、もう毎回お薬缶にお湯をわかして、ケージの床、トイレ、じょわ、じょわ、しておりましたわ。年末年始とて、コクシジウムにきくという消毒薬は注文しても配達されない始末。

 しかし、里親さがしは難航いたしました。お話はきましたよ。「いつでも里親募集中」からきて、ぶんちゃんのお友達もお見合いして。ですが、うまくいかなかったんですね。二つの話がかちあったときというのは、これはトラブるもとだというのがわかりました。片方のお返事を待っている間、待ちきれなかった方は、別の仔猫をお家に迎えてしまったんですね。

 そして、それから、何件かお問い合わせがありましたよ。なぜか独身のお若い方です。これも困りましたね。仔猫ですからね。お留守番が長いと困るんですよ。いつもいいますけど、朝調子が悪いのを見落としたら、夕方に帰ってきてから気がついたのでは手遅れになることがありますからね。しかも、お若い方は、遊びに忙しい。飲みにいったり、お泊りしたりと。そういうときどうするのかと。今はいいけど、ご結婚されるときなど、お相手の方が「猫は嫌いです」と言われたらどうするのかと。

 特に、一人暮らしの方からお申し出があって、この方がよい方だったために、迷ったりもしましたね。いろいろとアドバイスいただいて、そして学んだですよ。「人としてよい方でも、猫にとって良い飼い主であるかどうかは別」

 タウン誌に掲載していただいたはいいですが、忘れもしませんよ。「室内飼いってどうするの? どうしたら外に出なくなるの?」いや、それって…。かと思うと、「姪の猫が死んだもんで」「いろいろと飼い主様にはお願いしたいことが」「もういいわ」

 これは堪えましたね。自分の認識の甘さを悔やみました。しかし、それからとんとお問い合わせはなし。三ヶ月めに入ったときでしょうかねえ。今の里親様からのお問い合わせがあったんです。時期が三月の初めでしたかね。まだ春生まれの猫さんが出てきていなかったからでしょう。

 独身の男性の方で、正直、「また一人暮らしの方かあ」とこれはもう駄目だろうと思っておりました。それで最初からメールで、一人暮らしの方はいろいろとハードルがあると、もう悩まなくていいようにいろいろと書きましたね。

 里親様は、同じアパートに同僚の方がいらっしゃるので、帰りが遅くなるときは見てもらうことができる。長期のときは、ご実家が猫を飼っていた経験があるので、預かってもらえる。しばらくの間、昼休みの間に職場から帰ってきて様子をみてみる。アパートの大家さんには、前に「飼ってもいいか」と尋ねたら、「近所の迷惑にならなければいい」と許可は得ているが、それが問題であるのではあれば、そうおしゃってくださいと言われました。

 それからお電話でお話しして、お見合いとなりました。バイクでこられましたね。大柄な方でした。最初、私と譲渡契約書をはさんでのお話となり、そこへぶんちゃんが帰宅。ぶんちゃんが茶の間に入ってくると、きちんと正座に座りなおして挨拶されました。

 私は母親ですので、こういう動作は見逃しません。高校生のがきが入ってきたんですわ。別に座りなおしすることもないです。でも、こういう態度というのが実は、「家の教育」なわけですね。ご両親がきちんとされた方であることがわかります。って、もうこの方は学校を出てすぐとかいうお若い方ではなかったですけどね。

 里親詐欺でも、礼儀正しくするだろうとは思いますよ。弁舌さわやかにお話ししてくれるだろうとは思いますよ。そういうところに、私は騙されてしまうかもしれませんけどね。里親様は、譲渡契約書にサインすることも、身分証明書をコピーさせてくださることもすぐ了解してくださいました。

 このブログでご報告したとき、皆さん喜んでくださいましたね。猫を飼った経験のある方でよかったとか、待っただけの甲斐はあったとか。

 そういうわけで、弥七君はやんちゃな猫さんのまんまだそうです。夜中に飼い主様の枕元で寝転がってみたり、衣装ケースに入りこんだりするそうです。

 最初に見たとき、きれいな黒い毛をしていました。送られてきた写真を見る限りは、変わらずにきれいな毛並みでしたね。毛並みというのは、フードが影響します。かわいがってもらいなさいよとしみじみと思いますね。

 今、里親さがしをしている保護主様。どうぞ、納得するまで里親様をさがしてください。一人、その猫さんには飼い主様が決まっています。違う人にはお渡しにならないようになさってください。

 どの猫さんも、暖かな家庭で冬を迎えることができますように。

2007.10.20(Sat)01:24 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
vinyl-007.jpg
 ♪ 新しい家族を見つけるペンギン隊
   いじめないで 捨てないで
   物ではありません

 こんにちは~!! ペンギン隊です!!
 あれ、隊長は?
 隊長ね、ダイナ君の中間試験の答案がもどってきて、半分寝込んでる。
 最近、隊長、欠席が多いよなあ。
 サバラン食べて、酔って頭が痛くなったり、生活が昼夜逆転して、昼間に出かける用事が出ると、ずっとごろごろしてたりね。
 このままいったら、隊長はやめてもらわないといけないな。
 横綱審議会にかけるか、ボクシング協会にかけるかしないといけないね。
 倫理委員会にかけて、いのちを助けるものとしての自覚を促さないといけないかも。
 まあ、その辺りはたこちーにまかせてと。
 その誰かにまかせておけばいいという態度が、批判世論を生んでいるわけだよ。
 外部監査を入れないといけないなあ。どこに頼むかだけど。
 旭山動物園とかどう?
 僕、旭山動物園に行ってみたい!!
 ちょっと、ぎんた君。話が混乱する前に、お知らせです。

 ねこつかいさん宅のももちゃん、ゆずちゃん、新しい家族が見つかった模様です。優ちゃんも週末お見合いですが、お話の進み具合を伺った限りでは、ご信頼できる方のようです。週明けを楽しみにお待ちください。
univercity-270.jpg
 それで、うろちゃんはと。
 はい、呼びましたか? 
 あ、うろちゃん、ぴんぐさんところの三毛猫姉妹の画像が来たらしいよ。告知よろしいですか?
 はい、わかりました。旭山動物園もいいですけど、上野もいいですよ。美術館や博物館もありますしね。
 うろちゃん、聞いてたんだ。隊長には内緒にね。冗談だからね。
 はは、今頃、くしゃみしてますよ。
mike2.jpg
 ぴんぐさんのお宅では、先日お知らせいたしました。生後二ヶ月くらいのテトちゃんと、生後五ヶ月の三毛猫姉妹が新しい家族を待っています。お名前はいろいろと候補がでましたが、今のところ「みい」ちゃん、「けい」ちゃんが有力とのことです。
20071018234702.jpg
 三毛猫さんは人なつこい姉妹で、てとちゃんは現在、耳ダニの治療中です。ご連絡お待ちしています。詳しくは「ちゃとらとはちわれ」からご覧ください。

 他にも募集があります。

東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
  らんちゃん推定一歳
  くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん二匹
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡

  ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 それでは、次回は隊長とともに、お目にかかりたいと思います。くれぐれも、ここでのお話は内密に、ということで。よろしくお願いしたします。
2007.10.18(Thu)23:59 |  新しい家族を見つけるペンギン隊  | コメント : 2 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日の埼玉県の計画案についてですが。埼玉県在住の方が、「地域猫は埼玉県の現状ではハードルが高い」とおしゃったことについてです。その方から「地域猫は自分の住んでいる近辺ではハードルが高い。けれども、県への意見書には、地域猫について書くつもりであった」というご連絡をいただきました。ここに謹んで、お詫び訂正をいたします。

 最近、私のブログ、お詫びが多いよなあ。なんか読解力が足らないのかもしれんなあ。もう少し熟慮することが必要かもしれません。ご贔屓様、訪問者様にご迷惑をおかけしたり、誤解を与えたりとなったら、ブロガーとして失格ですよね。というより、人間としての信用がなくなります。記事の信用もなくなるしね。そんな、たいそうなブログじゃないですわ。一日のアクセス数が五万とかいうんじゃないし、当然、私がオピニオンリーダーになっているわけでもないし。細々と書いている自己満足ブログですからねえ。

 しかしですよ。使っている媒体がインターネットです。これを考えたなら、やはり責任は大きいですね。将来、インターネットはテレビ以上の媒体となります。テレビを駆逐することはありません。が、使用目的がまだもっと多様化され、媒体としての広がりを見せる。現在、テレビのようであり、図書館のようであり、ショッピングモールであり、駅の窓口であり、電話の代わり、手紙の代わりであり、もっともっと使い方は多岐にわたるようになるでしょう。

 正直、私、間違ったことを書いたなら、偉そうに書いていますからね、逃げ出したいですよ。謝るのはいいですけど、なんかもう「どの面下げて出てくんだよ」みたいな気持ちが自分にあります。しかし、いつも言います。私はそのつもりがなくても、「動物愛護」の看板を背負っています。ブログタイトルがそうですからね。となったらですよ。この看板に泥だけは塗ってはいけないんですね。私と何の面識もない、関係もない、中にはもう天に帰られた方もいらっしゃいますけどね、そういった動物愛護に携わった方々、その方々の努力には敬意を表する。活動しているわけでもない私ですけど、動物愛護活動の前進を願っている私であるなら、この方々の努力を汚すことだけはしたくないんですね。

 「動物愛護をやっている人って、こんなに無責任なの」と言われたくないんです。それは、私にしたらですよ、「私は運動してませんよ。その人と私は無関係です。私は個人ですよ。団体に参加してません」と言いたい気持ちはありますよ。しかし、そんなことは許されないんですね。それは、「うちの子供は私じゃありません。私は子供のやったことに責任は持ちません」と言っているのと、全然違うけど、似てなくもないでしょう? 親は子供のやったことに責任がありますけどね、でも関わるということはそういうことなんですよね。都合のいいときだけ、「動物愛護で~す」と言っていて、悪くなったら「私は関係ありません」で許されるのか。

 何のための謝罪なのか。それは私が間違ったことをした、ということに対しての謝罪です。悪いことをしたわけですね。これが一番の目的ですが、二番目の目的があるんですね。それは、相手があるとしたなら、相手の方との人間関係が自分の行なった行為によって悪くなったと。それを修復したいと。もう一度おつきあい願いたいという思いです。

 そういう意味で、今話題の亀田一家ですよ。この家族って、信じられないくらい社会性のない家族ですね。今日、インターネットニュースで目にしましたが、亀田一家の処分は八割以上の方が「甘い」と思っているとのこと。世論を敵に回してしまったボクシング会と亀田一家。そして男を上げたのは、内藤選手ですよ。この人、顔が得してるなと思います。優しい顔をしてますよね。ですから、試合前の記者会見が流れてますけど、腹わたは煮えくり返っていたと思うんですね。そこが、年の功というのか、笑ってすませていました。これに甘えていた亀田一家。これがわからなかったというのが、なんというのか、社会を知らないなと思いましたよ。

 そして、謝罪させろという声。これは当然でしょう。内藤選手に対してまず謝罪せねばならないでしょう。次にボクシングを冒涜したとしてボクシングを愛する方々に謝罪するべきでしょう。また、大阪人を侮辱したとして大阪にも謝罪するべきでしょう。つまり、背負っていたものすべてに対して謝罪すべきなんですよね。

 この一家は、自分が何を背負っているのか全くわかっていないんだなと思いました。ボクシングをやっているということは、高校生のクラブ活動じゃないんですよ。高校生でさえ、喫煙したら試合に出られなくなるじゃないですか。ボクシングを職業にしているのなら、その世界にいる人、すべての方々と見える見えないに関わらず、人間関係を結んでいるんですよ。

 ですから、この一家が謝罪しないということは、人間関係を修復しようとする気持ちがないということなんですね。社会性のない父親を持った悲劇かもしれません。そういう意味では、大人になりきれてない親が、子供を育てていたということです。

 本当に救いだったことは、内藤選手という方はいじめられっ子だったそうですが、「亀田が俺をいじめたから、俺だっていじめてやるわ」という態度をとらなかったことですね。いじめられたら、いじめ返したらいいんだというスタンスをとらなかった。それが本当に救いでした。いじめられたから、いじめてもいいんだという構図を作ってしまったら、これは泥沼だったでしょう。チャンピオンがそういう人間でなかったことにほっとしました。

 私はボクシングには興味がありませんので、当然この試合も見ていませんが、国によったら、ボクシングの世界チャンピオンというのは、国賓級の歓迎を受けると。亀田選手がもし他の国に行ってこういう扱いを受けたとき、日本人として恥ずかしい、示しがつかないといわれた記者さんが前におられました。このところ、スポーツマンがスポーツマンらしくない、大人が責任をとらない態度ばかりを見せつけられてきました。

 ほっとしました。日本人としての品格。動物愛護だってそうですよ。動物をもののように扱う。それが人間としての品格を貶めることだということを、わかっていただきたいなと思います。品格では食べていけません。しかし、人の心にもやもやしたいやな気持ちを与えることはありません。

 お詫び一つできない人間に品格など皆無でしょう。そういう意味で、まあ私、品格などあったもんじゃないけど、そういうものを身につけられたらなと、逃げずに謝罪することができるわけですね。時には、真っ青になって逃げたくなりますよ。それを逃げずに頭を下げる。品格とか関係なく、人間として実は当然なんですけどね。

 いつものように新しい家族を待っている猫さんたちのお知らせです。

東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
  らんちゃん推定一歳
  くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん三匹
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 茨城県
  生後一ヶ月 テトちゃん 雌
  詳しくは「ちゃとらとはちわれ」からご覧ください。
  他に三毛猫姉妹がいますが、明日、画像のあげてご紹介いたします。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

2007.10.16(Tue)00:41 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。
  
 先日、埼玉県では「動物愛護管理推進計画」についてのご意見を募集しているということをお知らせいたしました。動物愛護団体の掲示板を見てわかったのですが、私の認識不足というのが露呈いたしました。

 そもそもこれはなぜ計画をたてているのかということですが、昨年国が今後10年間で殺処分数を36万匹から半減させるための「基本指針を策定したと。各地方自治体はそれに則した「動物愛護管理推進計画」を策定しなければならなくなったと。

 その掲示板によりますと、奈良県では既に募集が終わっていて、現在募集している自治体は、宮城県、埼玉県、神奈川県 千葉県だそうです。

■「宮城県動物愛護管理推進計画」の策定に対するご意見の募集について
http://www.h6.dion.ne.jp/~nobo/miyagipabukome.html
平成19年9月26日(水)から平成19年10月31日(水)まで

■「埼玉県動物愛護管理推進計画案」に対するご意見の募集について
http://www.h6.dion.ne.jp/~nobo/saitamapabukome.html
(意見募集期間)10月1日(月)~平成19年10月31日(水)

■千葉県動物愛護管理推進計画素案について~皆様の御意見を募集します~
http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/c_eisi/date/public/pubcom.html
平成19年10月16日(火)から平成19年11月15日(木)まで

■神奈川県動物愛護管理推進計画(仮称)素案 へのご意見を募集します!
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/seikatueisei/kanajin/animals/keikaku/keikakuikenbosyu.html
平成19年10月10日(水曜日)~平成19年11月8日(木曜日)まで


 話はもどって、その掲示板の方がおっしゃるには、国の基本方針の中には「飼い主のいない猫対策として各自治体はガイドラインを策定すること」と書かれているらしいのです。しかし、宮城県と埼玉県の計画案にはそれがないと。

 埼玉県の方が、「埼玉県は動物愛護については遅れていて(一部かもしれません。ちなみにうちの県は絶対遅れています)、地域猫までは手が出せないのでは」と。私はそうかもねと思ったのですが、その掲示板の方が言われるには、「殺処分される猫のほとんどが飼い主不明の幼猫なので、地域猫対策を押さえないことには殺処分数を半減させることはできない」と。そして、他の自治体でもこの「地域猫対策」について書かれていない計画案が出てくるならば、声を上げていただきたいとのことでした。

 私もいろいろ考えました。埼玉県在住の方が、「地域猫活動まではいかないだろう」といわれる状況。現場にいらっしゃるというか、その地にいらっしゃる方が感じることが一番信憑性があると思うんですね。

 しかし、ですよ。ここで敢えて声を上げていただけないものかと思ったんです。というのも、「地域猫活動」ができるかできないか、これも大切ですが、その前にこの活動をメジャーなものとする。そういう考え方があって、これは最高の方法ではないけれども、今考えうる活動の中では、一番最善の方法ではないかということ。これを一般の方にお知らせする必要があるのではないかと思ったんですね。

 私が地域猫活動を知ったのは、二年前です。動物愛護活動そのものに興味をもったのが二年前ですから、ほどなくして知るようになった活動ではあります。

 昨年私の市では、動物愛護週間にシンポジウムがあったのですが、市会議員でもある獣医の方が地域猫活動の提案をなさいました。そこにいた保健所の所長さんは「う~ん」と言われたそうです。所長さんは「う~ん」かもしれない。しかし、一般市民は「その方法、いいかもね」と言ってくれるかもしれない。しかし、知らないと「う~ん」の側になるのか、「いいかもね」の側になるのか、それすら選択できないんですね。

 地域猫活動の一番問題は、地域ですから、県内どの地域にでも根付いた活動家がいないといけないということです。埼玉県の場合、アニマルセラピーのボランティアの方を100名にしたいということでしたが、アニマルセラピーが100名もいるのかなと。すいません、埼玉県全域のどのくらい病院、老人施設等があって、どのくらい必要とされているのか、把握できていません。

 しかしながら、地域猫活動のリーダーを育てて、育成していく。動物にとっては、アニマルセラピーというのは、動物のいのちに関わっていることではないですから、範疇が同じでいいのかなと思います。ふと、これは老人福祉、身障者福祉の方ではないのか、と思ったりするのですが、いかがなものでしょうか。そして、避妊手術を安い料金でやってくれる病院ですね、補助金とか。動物愛護センターみたいな施設でやってくれるとか。それが確立できれば、これは全く違ってきます。

 私のブログのご贔屓様でも、ねこつかいさんや、みいさん、月子さんなど、程度の差こそあれ、知識は十分にあるし、活動も「もどき」かもしれませんが、おやりになっていらっしゃる(印象が私にはあります)。「地域猫活動」がどこまで広がるかはわかりません。しかし、市民権を得る。「うちの地域でもできればいいなあ」とやっていない地域の方が思うことができる。そうなるところまでならないかなと思うんですね。

 でないと、野良猫=駆除の図式がいつまでも存在するのではないかと思うのです。

 皆様がたがお住まいの行政に、「計画」についての意見募集があるのか、これからならいつ頃からなのか。お尋ねになってみてもいいかと思います。よい意見があれば、ここでも話しあえればと思います。

 いつものように新しい家族を待っている猫さんたちのお知らせです。

東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
  らんちゃん推定一歳
  くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん三匹
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 茨城県
  生後一ヶ月 テトちゃん 雌
  詳しくは「ちゃとらとはちわれ」からご覧ください。
  他に三毛猫姉妹がいますが、画像のUPを待ってご紹介します。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

2007.10.15(Mon)23:27 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
univercity-294.jpg
 ♪ 新しい家族を見つけるペンギン隊
   しあわせになりたいね
   せっかく生まれてきたからね

 ぎんた君、どうしたの、浮かない顔して。
 いや、それがさあ、僕が担当していたねこつかいさん宅のぴー助ちゃん。
 うんうん、ねこつかいさんのご主人のお知り合いのお宅に行くことになっていた猫さんね。
 もどってきたんだよ。
 あれ!! そうなの!?
 俺さあ、そんな気がしてたんだよ。
 え、ぺんた君、どうして?
 なんていうのかなあ。お知り合いにお渡しするのは、里子に行った猫さんの近況がわかりやすいから、よさそうなんだけど、飼い主さんて一口に言ってもさあ、いろいろいるじゃん。
 うんうん、いるよね。
 だいたい、僕たちがお世話したいと思って担当してる保護主さんは、皆さん、確固とした信念があるわけだよ。
 あるよね。だって、不幸な猫さんをお世話しようとしてるわけだから、二度と不幸になってほしくないよね。
 ところがね、保護主さんが提示している条件っていうのは、当たり前っちゃ、当たり前なんだけど、それがわかってなくて飼ってる人も多いわけだよね。室内飼いしないとかね、避妊手術しないとかね。
 そうかもね。しない飼い方が数年前まで普通だったもんね。
 そうそう。となると、お知り合いだから安心だと。人間的には安心なんだけど、飼い主としてどうかとなったときに、自分が相手の里親候補様とお話しして、煮詰めて、相手の方の印象とかを見てると納得してるけれども、往々にして、お知り合いだと最初から安心してるから、その手順がおろそかになりがち。しかも、お仕事関係だと、お断りしにくいじゃん。だいたい、相手の方は人間としては信頼されているわけだよ。良い方なわけ。でも、それが飼い主としてよい飼い方をされるかどうかというのとは、別なんだよね。
 それってさあ、人間的に良い人っていうのと、飼い主として良い人っていうのは別ってことでしょ?
 飼い主として良い人っていうより、適正に飼えるための条件がそろっているということと、良い人っていうのとは違うってことを言ってるんでしょ、ぺんた君は。
 そうそう。そこをね、忘れてたっていうのかなあ。知らない人なら、煮詰めるじゃん。メールでお話しして、よさそうなら、お電話でお話しして、それからお見合い。検問がいくつかあるわけよ。その途中で気づくことが、検問がなくてオープンゲートになっていたかもって。
 ううん、なるほどねえ。
univercity-290.jpg
 あれ、うろちゃんが来てる。ほらあ、うろちゃんに会いたいとか言うから、また里親探ししないといけない猫さんが現れたんだよ、きっと。
 
 うろちゃん、いらっしゃい。
 皆さん、こんにちは。うろ、今度ね、ぴんぐさん宅のテトちゃんと三毛猫姉妹を担当することになったんですよ。ぴんぐさん宅は茨城だからね。あれ、ぎんた君、どうしたんですか、そんな顔して。
 いや~、ねこつかいさん宅のぴー助君、もどってきちゃった。
 あらあら、ぎんた君、それはね、もどってきたんじゃないんですよ。間違った飼い主様のところに行くことが阻止されたんですよ。
 隊長、そうですか、そうですよね。
 そうですよ。飼い主様というのは、一人しかいませんからね。間違った飼い主様のところに行ってしまって、取り返しがつかないことになったら、また猫さんは不幸になってしまうでしょう? よかったんですよ。水際で阻止できたね。
 あ、そうか。そうだよね。
 はいはい、それじゃ、いつものように、お願いしますよ。

東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
  らんちゃん推定一歳
  くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん三匹
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 茨城県
  生後一ヶ月 テトちゃん 雌
  詳しくは「ちゃとらとはちわれ」からご覧ください。
  他に三毛猫姉妹がいますが、画像のUPを待ってご紹介します。

20071015020200.jpg
 隊長、なんでまた、この画像を?
 いや、これが好きなのよ。それから、テトちゃんが「おっさん、おはよー」っていうやつね。
 隊長、そういう個人的な好みで、ペンギン隊をかく乱してもらっては困ります。
 まあ、この程度は許していただいても。
 ぷんぷん、僕にだって好みはあるのに。
 担当はうろちゃんだからね、うろちゃんが許してくれれば。
 私にだって好みはあります!!

2007.10.14(Sun)01:42 |  新しい家族を見つけるペンギン隊  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日のコメント欄で皆様ご存知だと思いますが、私、サバランを食べて、また頭が重くなっておりました。って、違うよ!! 脱走していなくなっていた北海道の猫さんコタ君が、発見されました。詳しくはq9マロさんのブログからご覧ください。

 「コタがいなくなって○日です」と書かれている記事を読むたびにつらい思いでいました。一週間や二週間じゃないんです。それを毎日q9マロさん、お仕事から帰宅されては、捜索に歩いておられました。

 そんなq9マロさんの熱意が通じたのでしょう。朝早く一本のお電話が。「コタちゃんだと思う」その方のお家には野良猫さんが集まってくるらしいのですが、特徴まできちんと把握して確認してくださったとのこと。「痩せていなかった」とまでq9マロさんにお知らせしてくださったそうです。

 それからq9マロさんは、コタちゃんと再会することができましたが、まだ捕獲にいたっていません。皆さん、どうぞ、応援をよろしくお願いいたします。

 ごめんね、q9マロさん。正直に言うと、もう駄目ではないかと半分思っていました。でも、コタちゃんと再会した記事を読んで、北朝鮮の拉致被害者のご家族のことを思いました。「必ず見つける」その思いで、ご自分の家族を探し続けてきた。拉致されたとわかったときに、相手は国家だと理解する。それでも声をあげ続ける。

 親が自分の子供が帰ってくるのをあきらめるようなら、その国は崩壊しています。あきらめようとしてもあきらめられないのが親でしょう。「会いたい! 必ずもどってくる」その信念がなければ、座り込みもシュプレヒコールをあげることもできなかったでしょう。

 q9マロさんにとって、コタちゃんはかわいいお子さんだった。それを本当に理解していたのか? 今回本当に反省しました。

 いつも言いますが、私はクリスチャンです。「人にできないことも神にはできる」という思いで、毎日祈っています。しかし、本当にそう思っていたのか。不信仰でした。

 そして、信仰を持って、ここにアピールします。

東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
  らんちゃん推定一歳
  くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん三匹
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 生まれてのすぐの仔猫じゃありません。しかし、いのちであるなら、愛情深い家族が見つかるまであきらめずに、募集をかけていきます。

 コタ君同様、皆様がたの応援をよろしくお願いいたします。
2007.10.13(Sat)04:47 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0
 vinyl-007.jpg
 ♪ 新しい家族を見つけるペンギン隊
    いじめないで すてないで
    物ではありません

 ごぶさたしてますペンギン隊です。最近、里親様が見つかっていないわりには、出番が少なくて、隊長のやたらと長い独り言ばかり読まされている皆様、こんばんは~!!

 あれ、隊長は?
 それが、サバラン前にして、悩んでる。
 何を悩んでるの?
 サバランをネットショッピングで注文して、それがホールできたんだって。で、まだ半分くらい残っているんだって。サバラン、おいしかったらしいんだけどね、食べたら、また頭が痛くなるといやだなって。

 全く、食い地が張ってると、やっかいなことになるねえ。
 サバランはもうやめて、来月はパウンドケーキを注文するつもりらしいよ。中にいっぱいフルーツが入っているのが食べたいんだってさ。
 こりないねえ。太るよなあ、そんなに甘いのばかり食べてたら。隊長、ビリーズブートキャンプやってるの?
 続いているみたいね。結構、隊長はしぶといところがあるのよ。あきるまではやるらしいけど、あきたら見向きもしなくなるから、どこまでやるのかしらねえ。
 効果はあったのかな。
 そこそこあるみたいよ。

 もういいや。隊長がサバラン前にして悩んでいる間に告知して、しまお。えっと、今日は嬉しいお知らせを。ねこつかいさんのところの仔猫さん二匹が、仮譲渡にまでこぎつけております。ぴー助ちゃんと優ちゃんの二匹です。ということで、あと三匹となりました。

 わ~い、やったじゃん。ねこつかいさんの地道な活動が実を結んだのかな。
 駄目もとで、とにかくあちこちに声をかけるということでしょうかねえ。思わぬところから、見つかるということもありますからね。
 そうか、みいさんのところもこれで連鎖反応が。
 ではいつものように、アピールです。

東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
 らんちゃん推定一歳
 くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん五匹
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 今回はうろちゃんの出番なしかな。
 う~ん、どうかな。今のところ、待機中。たこちーにきいてみないとわからないね。
 ちょっと、来てほしい気持ちもあるよね。
 うわ、そんなこと言ったら、また家族募集の犬猫さんが増えてしまうかも!!
 え!?  し~っ!!
2007.10.12(Fri)00:01 |  新しい家族を見つけるペンギン隊  | コメント : 20 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 私、今日少し頭が痛いんですわ。なぜかと申しますとね、サバランですよ。先週食べたサバランは、「お子様にはご遠慮ください」と書いておりましたが、まあたいしたことなかったですね。今日食べたサバラン、同じように「お子様にはご遠慮ください」と書いておりましたが、したたるほどのアルコールが。

 アルコールを受け付けない私の体は、まず頭が痛くなるんですね。それで飲まないんですけど。

 飲んでいた時期もあるんですよ。大学に入ってすぐの頃。でも飲んでもおいしいと感じなかったので、飲むのはやめました。皆と一緒に飲みには出かけますよ。でも、いつもウーロン茶ですね。それで違和感ありません。え? どういうことかって?

 まだ二十歳になっておりませんでしたねえ。若いというだけでもてていた時代ですよ(嘘言うな!!)。友人四人と高田馬場に飲みにいきました。ボトルサービスというチラシを持ったキャッチのおにいさんにつれられ、ほいほいと入ったお店はピアノの弾き語りがありましたね。いかがわしいお店ではなかったですが、お若いホステスさんもいらっしゃいました。名札をロングドレスにつけておられましたね。

 若いというだけで恥も外聞もない年頃ですわ。その美人の、しかも私達と同じ年齢だという女性を呼びまわり、きゃーきゃーと言っておりました。帰り際、そのご迷惑にも私達に気に入られたホステスさんは、会計の終わった私に言いました。

 「大丈夫?」

 私はウーロン茶しか飲んでいないんですよ。そうです、飲まなくても酔えるという高等なテクニックを持っていたのです。って、単に理性を簡単にかなぐり捨てられるというだけの話です。基本的にお祭り人間ということですわ。場を盛り上げることに命をかける人間です。そんな私の頭はアルコールを拒否すると。

 これはわかっているんです。私の母が原因なんですね。母は酔っ払っている人を軽蔑していました。真面目な人でしたからね。「何、言ってるんだよ」と思いつつも、母親の言葉というのは、本当に刷り込まれております。「女性が酔っ払っているのはみっともない」私、酔っ払ったことありますよ。一緒に行った先輩にご迷惑をおかけしました。そういうこともありましたからね、一度でこりたんでしょう。

 これがまた、輪をかけたのがうちのぶんちゃんです。大学に入学して半年がたちますが、集まりでも飲まないそうです。「嫌いだから」で通しているそうです。しかし、こちらは私のようなお祭り人間ではない。しら~としている様子です。ですから、こういう人間が場にいれば、回りは迷惑。飲まなくてもいいけど、それではなあ。私が「日本人の飲み方は汚い」と言っているのが刷り込まれたのでしょうか。

新しい家族を待っています。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
 らんちゃん推定一歳
 くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん五匹
  優ちゃん    牡 
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

2007.10.11(Thu)00:13 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 人様のブログからネタを拾ってくることを常道としています、楽してほいほいのお狂です。私がネタを拾ってくるブログは大抵、二つです。一つは、ご存知「地域猫の作り方」ですね。ちゃま坊様のところには、本当にいろいろと猫ネタが集まってくるので、それについていろいろと考察するのが楽しいですね。もう一つはmyamo様ですね。myamo様は、こういう動きがありますよと、たとえば署名のお願いとかですね、記事にされるのですが、ご自分はあれこれとご意見は書き込まれないんですね。それで、私はいつもネタを拾ってきては、偉そうに書き込んでおるのです。で、今回も偉そうにしてみます。

 埼玉県では「埼玉県民コメント制度」により、県民の皆さんのご意見を募集しております。何についてか? 

 「埼玉県動物愛護管理推進計画案」

 今月いっぱいですので、びしびし、ばんばんふるってご意見を送ってください。県民の皆さんですけどね。がっくり。さて、これでみますと、先日の杉並区のときには、知りませんでしたが、国の出した概要があったのですね。今回、初めて知りました。ということは、国の出している概要に、埼玉県もそって案を作っているようです。

 国の出している主な概要の中で、マーキング去れている箇所があります。それは、引き取り数の半減と殺処分率の減少。そして、遺棄・虐待の防止です。これって、埼玉県が引いたのかなあ。国の概要となっているから、国が引いたんでしょうね。

 他にも民間団体の協力とか、人材育成とか、実験動物に対する適正な取扱、産業動物に対する適正な取扱とか、災害対策。

 そうか、それで杉並区は災害対策を入れていたわけなのだな。つまり、国は結構わかっているじゃないですか。動物愛護に対してどういうことをしたらいいのかということを。


 埼玉県の出している目標で、具体的に数字が出てきているのは、二箇所です。

 収容された犬・猫の飼い主返還数を20%増やす
 収容された犬・猫の致死処分数を30%削減する

 また埼玉県はどうやら、アニマルセラピーに力を入れたい感じがしますね。そのために、ボランティアの数を100名確保し、動物指導センターを作りたいらしいですね。

 他には、動物取扱業者のうち、100頭以上の動物を扱うような大規模飼養施設を擁する事業者については継続的な監視を行なうと。感染症の発生を阻止するんですね。これ、100頭ではちょっとなあ。基準とする数は、多頭飼いが崩壊したときに、収拾がつかなくなる数を基準にしてほしいですよね。どのくらいの数でしょうか? 50? 40? そして、動物取扱業者に対しては、1頭あたりに必要な飼育面積というのでしょうか、ケージの大きさですね。これを決めておいてほしいですよね。下は金網ではだめとか。そうなってくると、40頭でも多いですよね。それなりの敷地が必要ですからね。産業動物に対して、飼育環境をいうなら、こういう業者にも基準をはっきり決めておいてほしいですね。

 災害時のために、共通感染症(人と動物、つまり動物から人間に感染するということですが)が出てこないために、と、このあたりは考えておかないと、人口が多い県ですから、なるべく具体案がほしいところですね。

 埼玉県の方、どうぞ、どしどし、びしばし、ご意見を県に送ってください。今ならまだいろいろ言えます。

 こちらも埼玉県からの募集があるのですが。
新しい家族を待っています。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
 らんちゃん推定一歳
 くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん五匹
  優ちゃん    牡 
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。


 

 
2007.10.10(Wed)23:47 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 なんか、今日は非常に涼しいというか、肌寒いです。というわけで、前日との落差に困っております。実は昨晩、ダイナ君夜の十一時くらいに、大学病院まで行ってきたんですわ。風邪をひいて、咳がひどかったんですね。咳は体力を落とすので、眠れなくなると困ると、夕方から様子を見ていたけれども、悪くなっていったので、吸入して、薬を出してもらいました。気管支拡張剤ですけど、ダイナ君は咳こんではいてしまうと、すぐ点滴となってしまうので、吐かないように、きついお薬を最初からいってしまうんですね。でも、すぐ帰宅することができてよかった。

 さて、このところ、いろいろなブログをほいほいとお邪魔してみておりますけれどもねえ。おかげさまでというか、ご贔屓様のブログで問題が勃発したとかいうお話はありません。が、噂で、ご贔屓様に中傷コメントがきたというのを聞いておりますねえ。

 ブログは個人的には日記の範疇ですが、インターネットという媒体を通していると、これは公のものと解釈されます。ですから、ネチケットがうるさく言われるわけですね。ブログで何か意見を書き込む。多くの場合、そのコメント欄には、同調する方々のコメントが並びます。私はいつも思うんですけどね、実はこれが曲者でして、同調意見ばかりだと、これが世間の基準だと勘違いしてしまうんですね。コメント欄に書き込みする方々は、結構親密な関係であることが多いんです。この場合、顔を知ってるとか、道端で話すとかではないですよ。相手のブログに結構精通している。過去ログなんかを読んで納得していて、共感している。

 ですから、反対意見の方々がいることに気がつかずにブログを書いていると、時々びっくりすることがあります。反対意見の方がたまに書き込んだりすると、別世界の人がきたように感じることがあります。これは、自分のブログの場合ですよ。不思議なことに、よそ様のブログ、これがご贔屓様だとしても、不思議と冷静に見ることができて、「そりゃ、そうだよなあ」「そんな人もいるよな」みたいに受け止められるのに、自分のブログだと知らずに自分の意見はスタンダードと疑いもしていないんですよね。

 これはどうしてかというと、自己愛とか自己満足とか、そういう感情があることもありますし、基本的には自分には甘いんですよね。つまり、自分の記事についてはあまり客観的にみていないで、いつも賛成してくださっている方々は、必ず同調してくださるものと勝手に思い込んでいるんですね。

 それで、です。突然、鍵コメが入ると。だいたい、鍵コメで反対意見が書かれる場合は中傷です。反対意見の場合、鍵コメではなく、公のコメントでなされますから。反対の意見として、これを書き込みますという姿勢を書く側ももっていますから、汚い言葉は使いません。非常に感情的にはなっていません。また、相手を追い込んでしまうということもしません。そんなことをしたら、ブログのご贔屓様が黙っていないのはわかっています。ですが、鍵コメとなると、これは中傷が多いですね。見られないことを前提に書いているわけですから。そして、反論のしようもないことがあります。

 おかげさまで、私は中傷コメントはもらったことがあまりないです。皆無とはいいません。ですが、メールアドレスが書いてあったなら、中傷とはいえ、こちらの意見を送ってこいというのですから、話し合いの余地があるのだなと思って、どこかに誤解があったのだろうと楽天的に考えておりますので、中傷とは考えておりませんね。

 で、何が言いたいかといいますと。

 あなたがブログの管理人さんで、中傷されることがあるかもしれません。そのために、落ち込んでしまうことがあるかもしれません。傷つくこともあるでしょう。そんなときに、お狂が言った独り言を思い出していただければと。

 あなたのブログのコメント欄に、あなたが読んでほっとするようなコメント、あなたをほめてくれるようなコメント、あなたを励ましてくれるコメントが並んでいて、あなたは嬉しいと思うでしょう。しかし、あなたに対して批判的なコメントが書かれていないだけで、あなたのやっていることに対して批判的な人はあなたのコメント欄に書き込んでいる人の数の倍、いるのです。あなたのブログのアクセス数が多くて、あなたは喜んでいるでしょうが、その多くはあなたを認めているのではなくて、あなたを認めていない人の数なのです。

 あなたのブログが注目されればされるほど、あなたをよく言わない人が出てくる。それは別にブログでなくても、同じです。音楽活動でも、芸能活動でも、文筆活動でも、社会活動でも同じです。

 しかし、あなたは何のためにブログを書いているのか。そこさえぶれなければ、あなたは書き続けることができます。

 私はクリスチャンですから、人がどれだけほめてくれても、そんなことはたいしたことではないことを知っています。今日ほめてくれた人が明日は私を愚弄することもあるに違いありません。いい気になっているといわれたりもするでしょう。人はそういう存在ですから、私は神様が私の真意をご存知で、最終的に神様が私に「よくやった」と言っていただければいいと思っているので、人の言葉に一喜一憂しないようにしています。って、まあ、まったく動じずには無理ですよ。

 ですが、クリスチャンでないあなたは、どこに立つか。どうぞ、あなたの信念に立ってください。あなたが信念を持ってさえいれば、人のことばなど、秋の風くらいに思えてくるでしょう。あなたは何のために、書いているのか。それさえわかっていれば、あなたは傷ついても書き続けていくことができるでしょう。

 あなたが犬猫さんを保護したことが、時には売名行為といわれるかもしれない。あなたが、「里親さんを募集しています」と書くときに、「偽善的な奴だ」といわれるかもしれません。しかし、それでも、あなたがやっていることが、あなたの信念に基づいてさえいれば、あなたは胸を張って続けていくでしょう。

 あなたは何のために記事を書きますか? あなたは何のためにブログを書いていますか?

 ただの趣味だ、楽しみだといわれる方もいらっしゃるでしょう。それでも、非難されることがあるかもしれません。そんなときに、あなたが傷つかずに、記事を書いていけますように。あなたに力が残っていますように。

新しい家族を待っています。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
 らんちゃん推定一歳
 くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県  四ヶ月の猫さん五匹
  優ちゃん    牡 
  ゆずちゃん   雌
  幸ちゃん    牡 
  ぴー助ちゃん  牡
  ももちゃん   雌
 どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。
2007.10.09(Tue)22:39 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 七日は日曜日で、朝九時よりダイナ君は自転車で五分の教会に行きます。ダイナ君は教会学校で、1時間いて、帰ってきます。そして、その後、私は大人の礼拝に出かけていくのですが、この一ヶ月ほど参加できておりません。

 なぜかといいますと、今年の暑さですね。このおかげで、私、昼夜逆転となっておるのです。コメント欄でも、「いつ寝てるんですか?」とか尋ねられることがありますが、昼間です。

 メニエール症候群のため、夏に頭が熱くて、起きられないお狂の一日。

 七時起床。犬、猫、人間の朝御飯を出す。週日はダイナ君のお弁当をつめる。そして、ダイナ君を車で五分のバス停に送っていく。

 帰宅後、朝御飯を食べる。この間に一回目の洗濯物を回しておく。体調がよければ干して寝る。悪ければ、干さずに寝る。しかし、これがまた眠れない。頭が熱いために、お布団の中でごろごろして、完全に眠り始めるのが十一時近く。
 
 十五時頃、起床。ごそごそと家事をする。

 そして、夜中の四時頃寝る。

 最初にもどる。

 日が暮れると、格段にフットワークが軽くなるお狂であった。まるでドラキュラである。

 で、今日は涼しかったおかげで、朝起きて、ダイナ君を教会に送りだしてから、寝ることもなく、「今日は礼拝に行くぞ」となっておったわけですね。帰宅したダイナ君、私が洗濯物を干そうと、洗濯籠を持って歩いていると、
「早く行きなさい。僕が干しておくから」
「行くよ。干してから行くわ。どうしたのよ、また」
「いや、礼拝に行かないと困るから」
 と、母の信仰心が低下するのをひどく心配しているようでありました。

 礼拝に行かなくても、信仰心は低下などしない!!  そんなことはいいのですが、昼間、今日はダイナ君が勉強している後ろで、ごろごろしておりました。
「おかあさん、昼寝するの?」
「うん」
 というわけで、ダイナ君が勉強している後ろで寝ようとしておりますが、これがまた暑いので寝られない。暑いと頭が熱くなるわけです。クーラーをかけていたのですが、今日はまたまたこちら、30度を越えておったそうです。涼しかったのは、朝の数時間だけだったのね。実際、礼拝の途中で、頭が熱くなって、途中で帰ってまいりました。
 うとうとしておりますと、ダイナ君、なにやら歌を歌っておりましたね。

 ♪ 世界にうごめくペンギン隊

 歌詞を勝手にかえるんじゃない!! 著作権はお狂にある!! しかも、ペンギン隊はそこまでメジャーじゃない。グリーンピースやPETAじゃないんだよ!!
 
 というわけで、四時になりましたので、私、今から寝させていただきます。明日は祝日だけど、ダイナ君は朝一番で点滴です。いつもと同じか。

 明日はペンギン隊を出してこねば、忘れられてしまいますね。

2007.10.08(Mon)04:04 |  日記  | コメント : 15 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 ♪ ぼくにだってあっていいよね  と歌いつつ、あまりくらいお話ばかりだと何ですので、希望のある話題を。

 さて、せんだって、横浜市の野良猫対策において、モデルプランとして出されました千代田区。これはもう羨望のまなざしで見ておりますが、杉並区です。こちらがですね、「杉並区動物との共生プランへの提言」を七月に出しておりますね。最終報告です。

 目玉は二つあります。一番大きなものは、猫の登録制。任意ではありますけどね。やってみて、強制にするか任意のまま続けるか考えるらしですが。

 そして、「飼い主のいない猫対策」を重点施策としておりますね。このためだけではないですが、杉並区は「杉並区動物適正使用普及員制度の創設」をするそうですよ。飼い主からの飼い方の相談ももちろん、この地域猫対策ですね。無責任な餌やりさんを、指導する。地域にご迷惑をかけずに、餌やりを続ける。そういうことをしてもらうそうです。

 私が見た限りでは、してもらいたいことは、ほとんど掲げている感じがありますね。里親様を積極的にさがすというのはなかったですけどね(どうして?)。基本視点の一つが、動物愛護管理法に基づく「動物愛護」精神と「終生飼養」の周知徹底だからいらないのか。

 ドッグランを試行しているようですが、利用登録にあたって、狂犬病等ワクチン接種を義務づけ、マナー向上を図る。これは賢いですよね。狂犬病ワクチンを打つ飼い主さんが増えますよね。まあ、ドッグランには連れていかないというような飼い主さんは、論外ですけどね。ワクチンなんか打ってないだろな。

 身体障害者補助犬についての制度、ルールの周知、同伴できるお店の拡大。

 子供と動物との環境づくりとして、学校飼育動物の担当教諭に対する研修、学習時間内の獣医師等の授業。適正使用についてのパンフレット配布。

 いいぞ、杉並区!!

 さらに、災害時の区民と動物の安全確保。進んでるね、ペットフード提供に関する協定なんかもあるんだ。

 集合住宅でのルールつくり支援などもありますね。杉並区の物件、7割はペット可ですって。

 ここまで考えてくれたらいいなあ。これをどこまで実践してくださるかですけどね。


 私の印象ですが。犬と猫ですね。現時点で、保健所で殺処分されている数は猫が多い。これは地域猫活動の推進でかなり改善されるはずです。そして、飼い主は完全室内飼いをし、避妊手術を徹底する。これでかなり猫さんにとっては暮らしやすくなるはずだと思いますね。

 しかし、犬さんです。犬さんは猫と違って、遊び方に距離が必要ですし、社会性のある動物です。しつけも必要だし、時間もとられる。

 現在は殺処分数を減らすということだけ考えれば、猫さんの対策が早急であるべきでしょうが、将来的には犬さんの問題、飼養についてのですね。これが多く出てくるだろうと思います。こういう飼い方をしたから、こうなった。こういう環境なのでこうなった。とかいうことですね。

 とにかく、頑張ってくれ、杉並区!! デジタルデバイト、情報格差ですね、という言葉がありますが、アニマルソシャルデバイトとかいう言葉が出てくるかもしれません。犬さん、猫さん、皆、杉並区をめざして動け!! とかいうことに。
2007.10.06(Sat)04:35 |  日記  | コメント : 22 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 秋も深まってまいりました。それで、私、何をしているかといいますと、サバランを食べようとしております。お酒の嫌いな、といいますか、体質的に全く合わないお狂ですが、サバランとブランデーケーキは好きなわけです。ところが、サバランは最近売っているお店が少なくなりましたねえ。
 しかも、チーズケーキのように、なんというんですか、研究されつくしてないというのかなあ。手をかえ、品をかえ、ということがないので、ちょっと不満ですね。今のひそかな贅沢でしょうかねえ。パウンドケーキも好きですが、中に何を入れるか。これはフルーツですよね。ですけど、入れるものによって全然かわってきます。これもなあ、もう少しもっと何とかなるだろうと思うことがあるんですよね。

 全く、秋の夜長に、ケーキの話して、どうすんだよ。こういうこだわりというのは、人様が読むと、すごくいやみに読めますよね。贅沢なんですよね。自分でも贅沢だなあと思うことがあるんです。○○だったら、何でもいいわ! みたいな頃がなつかしいです。人の嗜好というのは、本当に悪魔ですよ。上へ上へと上がるんですよね。

 でもね、人間としては、それはおそらく堕落してますよ。そんな気がするんですよね。○○は△△でないと駄目。なんて言ってる奴とね、私、お話しはしたくないです。って、私も言ってるんですけどね。「いちご大福は○○○でないとだめ」とか。

 そういう意味で、やっぱりマザー・テレサってすごいですよね。お湯を使わなかったんですからね。インドは暑いからいいですけど、アメリカに進出してきたとき、お湯を使わない。若いシスターもお湯が出るというので、「これはいらないわ」とか言ってらっしゃいましたね。

 ない状態に馴れる。実はこれが大切ですよね。ないのが当たり前。服は「あれにしようかな、これにしようかな」と考えるまでもなく、「これしかない」のでこれにする方が簡単でいいです。イエス様の時代、「下着を二枚もっている人は、持っていない人に一枚あげなさい」と言われたんですよ。二枚持っていたら、贅沢だったんですよね。

 大好きなピーター・シンガーの本を読んでいて、食べるのに困らない人がいる。冷蔵庫でものを腐らせている人が。ところが、食べるのに困っている人がいる。異国ですけどね。肉食をなぜやめるかという理由の一つに、食用の牛さんや豚さんに食べさせる穀物、これが膨大なんですね。肉食をやめて、牛さんや豚さんに食べさせている穀物を、食べられない国の人に回せば、食べられない国の人は食べられるようになると。

 「ああ無情」の中の最初に出てくるマグロワール司教は、銀の食器で食べることをひそかな贅沢にしていたそうです。それをシャン・バルジャンに盗まれた当日、「別に食器は銀でなくてもいいね」と確か錫だったでしょうか、木製だったのかな。食器で食べる。私は贅沢というと、いつもあの場面を思い出しますね。

 ぶんちゃんとダイナ君のいっていた幼稚園では、月に一度だったのかなあ、おにぎりの日というのがあったんです。おにぎりだけ持ってくる。そして、おかずの分は箱に献金として入れて、食べられない人に寄付する。どこに寄付していたんだろう。食べられない人がいるということを子供も知る。そして我慢して、自分の分を回すと。

 いま、ぶんちゃんやダイナ君の中には残っているんだろうか? 残っていない気がするな。

 時々、贅沢な自分が恥ずかしくなるんですよね。贅沢して何が悪いんだって思う方もいらしゃると思うんですよ。でもね、イスラム教徒がアメリカの物質文化を嫌うのは、まさにそこなんですよね。

 それで、私は贅沢だなと思うことをするときは、感謝してすることにしています。せめてそれだけなんですけどね。

nekotukai_anime.gif

 これ、いいでしょう? ぴんぐさんが作ってくれたんですよ。どうぞ、持っていってくださいね。ぴんぐさん、ありがとうございました。そして、こちらも。
wagayanonakayosinikki.gif
 こちらもぴんぐさんが作ってくださいました。ぴんぐさん、里親さがしをしている方々の応援をひそかになさっております。ひそかになさっていらっしゃる方々はまだいっぱいいますよ。
nekotukai1.jpg
 こちらは、みゆきさんです。一度に五匹が見られます。クリックしたら大きくなりますからね。

 どれでもお持ち帰りください。多くの方々の猫さんを思う気持ちがこめられています。

 おっと、最後に、「ねりま猫」もお忘れなきように。

 それで、夜中に食べたら太るから、ケーキは明日にします。
2007.10.04(Thu)03:13 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様、お元気でいらっしゃいますかな? 季節の変わり目、あちらこちらで、体調を崩された方々のお噂を聞いております。それって、おまえだろ? いえ、私は夏からずっとメニエールもどきに苦しんでおりますので、季節の変わり目、関係ありません。って、別に苦しんでおりませんが、おかげさまでごろごろしております。どんなもんだい!!

 ところで、一昨日の私の「ふんふんメロディー」ですが、リズムがわかるように書いていないにも関わらず、同じように「ふんふん」されていらっしゃる方がいらっしゃるとのこと。私、是非、聞いてみたいのですが、まあ、それはさておき。今日はですね、調子に乗った豚さんは木に登り、調子に乗ったお狂は歌詞を考える。ということで、歌詞をつけてみました。しかもなんと!! 一曲になりましたぜ。まあ、ちょっと最初の「ふんふん」以外のメロディーが、しっかりと固まっていない感じはいたしますが、発表した以上は必ずやきちんと楽譜に仕上げます。

 楽譜に仕上げてどうするかって? 決まっております。私、ではなく、ダイナ君に歌わせて、ブログに載せるのです。音声ってどうやって載せるんでしょうか(おいおい)? ペンギン隊のテーマソングもありますが、なんというのでしょうかねえ。曲作ったって、里親様が見つかるわけじゃなし。でも、自分を鼓舞してですね、「頑張ろう!!」という気持ちにさせると。私が保護してお世話してるわけでもないですけどね、ですが、せっかく助かったいのちです。同じ里親様を見つけるのでも、張り切って、明るくいきたいじゃないですか。

 え? それで、また馬鹿みたいに明るい歌にしたのかって? まあ、ダイナ君とのお茶らけのやりとりをご覧になれば、元気いっぱい行進曲となっていると思われるでしょうが、今回は秋ですので、しっとりとなりました。音声で発表できるのがいつになるやら。永遠にないやら、ですけど、とりあえず、歌詞を先にお知らせいたします。一番最初のリフレイン部分が「ふんふん」部分ですが、言葉の関係で一昨日とちょっと違うかも。

 巡り合い - 家族と出会えた日

  ♪  ぼくにだってあっていいよね
     暖かく眠れるベッドが
     ぼくの望みはほんとちっぽけだ
     君に見つめられることだよ

  1 君がぼくを抱き上げる
    ほくは君の鼻をなめるよ
    尻尾をふるんだ 右に左に
    ぼくは君の家族だよね

  ♪  ぼくにだってあっていいよね
     暖かく眠れるベッドが
     ぼくの望みはほんとちっぽけだ
     君に見つめられることだよ 

  2 君がぼくを抱き上げる
    ぼくののどは ごろごろいうよ
    高いところが お気に入りだよ
    ぼくは君の家族だよね

  ♪  ぼくにだってあっていいよね
      (さみしかったよね)
     暖かく眠れるベッドが
      (こわい思いもしたね)
     ぼくの望みはほんとちっぽけだ
      (それでも生きていてくれた)
     君に見つめられることだよ 
      (君は家族だよ))
      
     ぼくにだってあっていいよね
     暖かく眠れるベッドが
     ぼくの望みはほんとちっぽけだ
     君に見つめられることだよ 


 というわけで、犬さんも猫さんもさがせる歌となっております。秋っぽく仕上がったと本人は思っております。まあ、それはどうでもいいのですけど、新しい家族との巡り合いを待っている猫さんたちのご紹介です。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、一時預かり様、里親様とも、募集しております。「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
 らんちゃん推定一歳
 くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県ではねこつかいさんが五匹の猫さんを保護されています。どの子もかわいいですよ。ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 ではよろしくお願いいたします。




2007.10.03(Wed)00:28 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 ねこつかいさん宅で保護されている五匹の猫さんをご紹介いたします。どの子も鈴をつけてますよ。かわいいですね。
pii.jpg
 一番上 
   ぴー助くん 牡
    キジトラと白半長毛

 二番目
   ももちゃん 雌
    これって、柄でいうと何なんでしょうか?

 三番目
   幸(こう)くん 牡
    茶とらと白
momo.jpg
 四番目
   ゆずちゃん 雌
    三毛猫

 五番目
   優(ゆう)くん 牡
    キジトラと白
kou.jpg

 幸くんの1300gから優くんの1800gまで、三ヶ月から四ヶ月の猫さんですから、それほど小さくないですが、健康状態は問題ありません。
感染症はありません。
ねこつかいさん宅のご近所の方が飼っていらっしゃったというか、放置していたといいますか。
yuzu.jpg
 見かねたねこつかいさんが、「私が里親さんをさがします」と申し出たとのこと。完全な野良猫さんだったら、ねこつかいさんももう少し早く保護できたと思います。

 中途半端な飼い主さんが一番困ります。そばでみていて、はらはらどきどきしながら、今回のように手放してくれることに同意してくれたらそれでもまあよかったとしましょう。
 どう考えたって、好きで飼っているとは思えない。なのに、手放してもくれず、自分の犬だ、猫だと言い張る。こういう方が飼い主だと回りは救ってあげようにも、救ってあげられません。
yuu.jpg
 ここは一つ、ねこつかいさんの心意気に、皆様のご協力を仰ぎます次第。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 心意気といいますと、みいさんも決して簡単ではない大人に近い猫さんを含めて、二匹の猫さんを保護されております。「我が家の仲良し日記」からご覧ください。同じ埼玉県のみいさんが保護されておりますので、「埼玉秋の陣」として、ペンギン隊も応援しております。

 そして、数が多いので未だひっぱっております「ねりま猫」ですが、募集されている猫さんをご覧ください。かわいい猫さんがいっぱいいます。こちらは東京です。保護宅が関東に散らばる可能性もありますので、東京限定ではなさそうです。こちらもお忘れなきよう。

 それでは秋の夜長、皆様がたには、お風邪をお召しになりませぬよう。

2007.10.02(Tue)00:15 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 このところ重たい話題が続きましたので(ペンギン隊はそうでもないけどな)、今日は皆様の失笑を買うお話など。

 先日の鳥取市の町内会の回覧板ですね、ダイナ君が後ろから読んでおりました。
「へえ、回覧板かあ。あら、間違いがあるのか」
「ダイナ君、わかる?」
「ええっとね。首わの『わ』が漢字じゃなくて、平仮名。引き渡に『し』の送り仮名がない」
「いや、そういう問題ではないんだけどね。この回覧板の内容のどこが間違っているかなんだけど、まあいいわ。ブログネタにさせていただきます」
「はは、やった!」

 昨日の日曜日、ちょっと体調が悪かったので、朝から夕方近くまで寝ておりました。昼ごはんはダイナ君と世帯主は勝手に食べておりましたね。大抵、インスタントラーメンですけどね、こういう時。晩御飯のために、お米をといで炊飯器にしかけなければならないのですが、起きられません。
「ダイナ君、悪いんだけどね、お米を洗ってくれる?」
「いいけど、洗ったことないよ」
「まず、お米を5合、白いお米を洗う器に入れるんだけどね」
「どこにある?」
「水道の蛇口の上に釣ってあるから」
「ああ、わかった。それで?」
「還元水で洗って。最初は白く濁っているから、きれいになるまで何回か繰り返すんだけど、完全に透明にはならないからね。5、6回でいいと思う」
「うん」
「それを炊飯器のお釜に入れて、白米と書いてある目盛りの5のところまでお水を入れる。還元水ね」
「うん、わかった、やってみる」

 しばらくすると、満足そうな顔で「やったよ」と言ってきました。それからしばらくまた私は寝ていたのですけどね、ごそごそと起き出して、スイッチを入れました。中は確認しませんでした。御飯はきちんと炊けておりましたね。

「いや~、自分でお米を洗ったらおいしいなあ。今日の御飯はおいしいわあ。いつもよりちょっとやわらかいけど。でもおいしいよなあ」
 手伝ってくれて、これだけ感激してくれる子もあまりいないかもしれません。こういう感覚というのは、小学生が持っているものですよね。

 さて、昨夜、一人車で外回りに回っておりました。クリーニング、ガソリン入れ、お買い物などですね。車を運転しておりまして、ふとメロディーが浮かび、いつもはふんふんと歌っているだけだったのですが、「これは何かに使えるかなあ」と思い、残しておこうとしたのですが、運転中だし、バッグの中には何もありません。数年前、教会で音楽を担当していたときは、いつも小さな五線紙のノートを入れて、書き付けておったのですが、今はそんな習慣もなく。そういえば、携帯電話に録音機能がついていたような。ICレコーダーというのがありますな。

 そこで、ふんふんと歌っておったのです。短いですけど、短いのですぐ忘れてしまうんですね。
 ♪ドレミソラ~、ラソファラソ
  ドレミファミ~、ファミレシレド
 自分で聞きなおしてみて、なんかちょっとどうかなと、メロディーではなく、歌い方なんですけどね。

 家に帰って、いそいそ冷蔵庫などに入れておりますと、何やら、奇怪な歌が。先ほど私が録音したメロディーが流れておるのです。
「なんじゃ、これ」とダイナ君。

 だいたい、携帯電話のICレコーダー機能を使ったことが初めてだというのに、どうしてダイナ君が置いておいた携帯を使って、それを再生するんだよ!!
「いや、楽譜がなかったから、ちょっと忘れないようにと」
 再び再生するダイナ君。
 ♪ドレミソラ~、ラソファラソ
  ドレミファミ~、ファミレシレド
 なんか、非常に恥ずかしい思いでおります。さらに、短いのですぐ覚えて、歌ってみせるダイナ君。だから、もういいって!!

 そして、今朝もまたダイナ君は学校に行く車の中で歌っておりました。もういいって。録音しなくても、もう覚えたわ!!
お願いだから、学校でだけは歌わないでくれ!!

 それではいつものように、新しい家族を求める告知です。

 東京都練馬区 二十匹以上の猫さん

 「ねりま猫」さんたちは、もともとのお家から出て一時預かり様宅でお世話をお願いしたいということで、一時預かり様も募集しています。猫砂、キャットフードの支給はありますが、預かり期間が長期化して、寄付金が底をつく事態になった場合は、一時預かり様にご負担をお願いすることとなります(月三千円から五千円くらい)。
 劣悪な環境に育っていますので、普通の猫さんたちとは少し違う面があるやもしれません。人によってこなかった猫さんたちが、一時預かり様のもとで愛情をかけられ、人なつこい猫さんにかわっていく様は、既に一時預かりをはじめられた方々のブログによって報告されております。もちろん里親様も募集しております。一時預かり様、里親様とも、「ねりま猫」のHPより、アンケートにお答えください。

 埼玉県 雌猫さん二匹
 らんちゃん推定一歳
 くるみちゃん生後四ヶ月

 二匹とも、健康上の問題はなし。いつものように様々な条件があります。猫さんたちが幸せになるためには、当然の条件です。みいさんのブログでご確認ください。「我が家の仲良し日記」からご確認ください。
 
 埼玉県ではねこつかいさんが五匹の猫さんを保護されています。五匹の猫さんの画像が届いたら、一匹づつご紹介したいと思っていますが、ちょっと覗いてみたい方はねこつかいさんのブログからどうぞ。

 ではよろしくお願いいたします。



2007.10.01(Mon)01:06 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年10月29日 (月)
臓器は誰のもの
2007年10月28日 (日)
倫理なくして、人の道なし
2007年10月26日 (金)
生きていくことは…
2007年10月21日 (日)
これで高校二年ですが
2007年10月20日 (土)
大きくなったね
2007年10月15日 (月)
動物愛護管理推進計画って
2007年10月11日 (木)
頭がいたい、しかも原因は
2007年10月09日 (火)
書き続けてください
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。