動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
yashiti1.jpg
 今日も今日とて、お狂です。
この黒猫さんはどなたかって? 年子ではありません。年子は長毛ですからね。となりますと…。クリックして大きくしてご覧ください。
 クリックしてもわからない? そりゃ、そうですね。新しいご贔屓様もいらっしゃいますので、ご存知ない方もいらっしゃるでしょう。この猫さんはうちから里子に出た弥七君です。もう人様の猫さんですから、気安く呼び捨てになどできませんけどね。里親様はうちでついた名前のまま、一緒に暮らしてくださっています。ちょっと申し訳ない気もいたしますね。時代劇が大好きなぶんちゃんは、「水戸黄門」のキャラを牡猫にはつけておりますからね。うちにはじめて来た年子は、牡なら「吉宗」となる予定でしたが、雌猫だったので、こちらは「○子」と決まっておりますね。
yashiti2.jpg
 いまどき、自分の子供に、年子とか町子とかつける親はいないよなあ。トメとかヨネとかつける親がいないのと同様。ちなみにうちにいたときにはですね、町子ねえちゃんがよく弥七君の面倒をみておりました。
 今、私が偉そうに里親探しのアドバイスをすることができるのは、この弥七君の里親探しの経験があってこそですね。まあ、この猫さん、どうしてうちに来たのかわかりません。暮も押し迫ったある日、突然やってきたんですわ。玄関に「にゃ~」と言ってやってきて、「ありゃ、こりゃ、黒い仔猫だ」と私、煮干を移動ケージの中にいれて捕獲を試みました。抱き上げようにも威嚇していたんですね。そこに自転車で帰ってきたぶんちゃん。

 「あれ、おかあさん、何を」「し~!!」事態をすぐ理解したぶんちゃん、さっさとケージの扉を閉め、捕獲終了。すぐさま動物病院へ。
yashiti3+3.jpg
 知りませんでしたね。この猫さん、前足を咬まれていたんです。発熱してました。そして、目がうるうる。寄生虫がいました。これがですね、コクシジウムですよ。駆除が難しいといわれておりました。最初、消毒用アルコールで排泄のたびに、ぷしゅぷしゅしておったのですけどね。インターネットで調べると、熱湯でないと駆除できないと。それ以来、もう毎回お薬缶にお湯をわかして、ケージの床、トイレ、じょわ、じょわ、しておりましたわ。年末年始とて、コクシジウムにきくという消毒薬は注文しても配達されない始末。

 しかし、里親さがしは難航いたしました。お話はきましたよ。「いつでも里親募集中」からきて、ぶんちゃんのお友達もお見合いして。ですが、うまくいかなかったんですね。二つの話がかちあったときというのは、これはトラブるもとだというのがわかりました。片方のお返事を待っている間、待ちきれなかった方は、別の仔猫をお家に迎えてしまったんですね。

 そして、それから、何件かお問い合わせがありましたよ。なぜか独身のお若い方です。これも困りましたね。仔猫ですからね。お留守番が長いと困るんですよ。いつもいいますけど、朝調子が悪いのを見落としたら、夕方に帰ってきてから気がついたのでは手遅れになることがありますからね。しかも、お若い方は、遊びに忙しい。飲みにいったり、お泊りしたりと。そういうときどうするのかと。今はいいけど、ご結婚されるときなど、お相手の方が「猫は嫌いです」と言われたらどうするのかと。

 特に、一人暮らしの方からお申し出があって、この方がよい方だったために、迷ったりもしましたね。いろいろとアドバイスいただいて、そして学んだですよ。「人としてよい方でも、猫にとって良い飼い主であるかどうかは別」

 タウン誌に掲載していただいたはいいですが、忘れもしませんよ。「室内飼いってどうするの? どうしたら外に出なくなるの?」いや、それって…。かと思うと、「姪の猫が死んだもんで」「いろいろと飼い主様にはお願いしたいことが」「もういいわ」

 これは堪えましたね。自分の認識の甘さを悔やみました。しかし、それからとんとお問い合わせはなし。三ヶ月めに入ったときでしょうかねえ。今の里親様からのお問い合わせがあったんです。時期が三月の初めでしたかね。まだ春生まれの猫さんが出てきていなかったからでしょう。

 独身の男性の方で、正直、「また一人暮らしの方かあ」とこれはもう駄目だろうと思っておりました。それで最初からメールで、一人暮らしの方はいろいろとハードルがあると、もう悩まなくていいようにいろいろと書きましたね。

 里親様は、同じアパートに同僚の方がいらっしゃるので、帰りが遅くなるときは見てもらうことができる。長期のときは、ご実家が猫を飼っていた経験があるので、預かってもらえる。しばらくの間、昼休みの間に職場から帰ってきて様子をみてみる。アパートの大家さんには、前に「飼ってもいいか」と尋ねたら、「近所の迷惑にならなければいい」と許可は得ているが、それが問題であるのではあれば、そうおしゃってくださいと言われました。

 それからお電話でお話しして、お見合いとなりました。バイクでこられましたね。大柄な方でした。最初、私と譲渡契約書をはさんでのお話となり、そこへぶんちゃんが帰宅。ぶんちゃんが茶の間に入ってくると、きちんと正座に座りなおして挨拶されました。

 私は母親ですので、こういう動作は見逃しません。高校生のがきが入ってきたんですわ。別に座りなおしすることもないです。でも、こういう態度というのが実は、「家の教育」なわけですね。ご両親がきちんとされた方であることがわかります。って、もうこの方は学校を出てすぐとかいうお若い方ではなかったですけどね。

 里親詐欺でも、礼儀正しくするだろうとは思いますよ。弁舌さわやかにお話ししてくれるだろうとは思いますよ。そういうところに、私は騙されてしまうかもしれませんけどね。里親様は、譲渡契約書にサインすることも、身分証明書をコピーさせてくださることもすぐ了解してくださいました。

 このブログでご報告したとき、皆さん喜んでくださいましたね。猫を飼った経験のある方でよかったとか、待っただけの甲斐はあったとか。

 そういうわけで、弥七君はやんちゃな猫さんのまんまだそうです。夜中に飼い主様の枕元で寝転がってみたり、衣装ケースに入りこんだりするそうです。

 最初に見たとき、きれいな黒い毛をしていました。送られてきた写真を見る限りは、変わらずにきれいな毛並みでしたね。毛並みというのは、フードが影響します。かわいがってもらいなさいよとしみじみと思いますね。

 今、里親さがしをしている保護主様。どうぞ、納得するまで里親様をさがしてください。一人、その猫さんには飼い主様が決まっています。違う人にはお渡しにならないようになさってください。

 どの猫さんも、暖かな家庭で冬を迎えることができますように。

スポンサーサイト
2007.10.20(Sat)01:24 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年10月20日 (土)
大きくなったね
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。