動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様にご心配いただいております腰痛ですが、おかげさまで本日は左側だけとなっております。が、今日も張り切って接骨院へ行ってまいりました。格之進を途中、実家に預け、毒舌の先生のもとへと乗り込むお狂であった。

 最初、奥様とちょっとお話しし、和やかな雰囲気のもと、先生にばきばきとやっていただきます。
 「今日は、すっと立てることができてるね」
 「先生、まだ左が痛いわ」
 「そうかあ」きゅいきゅいと押していただいております。

 「先生、そういや、来春から大学院って、大学卒業はこの春?」
 「そうなんよ。あと八単位ね。頑張らんといかんのよ」
 「そうですか。お仕事の後に、大学通うのも大変やねえ。でも、年とってする勉強っていうのは、本当にやりたい人だけがするからねえ」
 「そうそう。僕もねえ、好きでやらせてもらってるからね、結果を出さないといけないわけよ。はい、うつぶせね」
 「十分、出てるじゃん」
 「いや、まだこれからよ」
 「先生、頑張ってるもんね」
 
 それからいろいろとお話しつつ、ばきばきされておりましたね。仕事は社会のお役にたつようなことをしないといけない。とか、儲けに走ったら大変なことになるとか。

 私もいろいろ先生とお話しつつも、最近の赤福騒動ですね。実は非常に不思議だなあと。といいますのもね。老舗と言われているお店。夕方行ったら、もう品物がないとかいうことがよくあるじゃないですか。どうしてそれではいけなかったのかと。人の手で作っていたなら、作る数には限界がある。逆にいうと、それが老舗の特権だろうと思うわけですね。良い商品を提供する。お客様に喜んでいただく。それが一番大切だろうと思うのですが、儲けに走ったら、そりゃ、従来のやり方では無理だろうと思うのですね。

 で、誰も、老舗のプライド、職人気質の方はいらっしゃらなかったんでしょうかね。「そんなことをやったら、のれんに傷がつく」とか言う人がいなかったのかなと。これが不思議ですわ。途中で、「そんなことをしたら、先代が泣きますよ」とか言われなかったのかなと。

 インターネットでもよくご予約は○週間先となりますとか書いていたりしますよね。個人商店だったら仕方ないよなと思いますね。ああ、そうだよな。人が作ることのできる数って、しれてるよなといつも思います。逆にほっとします。信用してしまいますなあ。

 人というのは飽きっぽい。それを老舗というのは、昔からのお得意様がいらっしゃって、その方々に「昔の方がおいしかったわ」「先代の時の方がおいしかったわ」と言われないように、研鑽を積む。その重責にさらされながら、ご贔屓様の信頼のもとに、昔ながらの味を守っていく。そういうものではないですかなあ。今ではいろいろなおいしいものが出回っていますよ。外国からも入ってきますよ。それでも、変わらずにおいしいものをご提供する。それが老舗の使命だろうと。

 赤福って、まさしく看板を背負っている商品ですよ。なのになあ、儲けに走ったか。欲に負けた先にあるのは、看板の凋落ですね。一度失った信頼を回復するのは大変なんですけどね。それまで守ってきた多くの方々の苦労が無駄になってしまいましたね。

 接骨院から帰り時に、「先生、どうして腰が痛むようになったんでしょうか?」と尋ねました。
 「無理がたまったんでしょう」
 「え! そうですか」
 「それと、お尻が太ったね」
 
 これから、おうどん屋さんに行ったら、おうどんは一玉にしよう。

 話はかわって、接骨院から帰って、もうこの際、行くぞと、腰に湿布を貼ったまま、近くの内科に行政から来ている個人健診の葉書を持って受診してまいりました。

 「何か気になることはないですか?」
 「時々、胸が締め付けられるんですが」
 「朝起きてすぐですか?」
 「昼間ですね」
 「どのくらい?」
 「四、五秒ですかなあ」
 「ああ、それは心臓じゃないですね。念のため、心電図をとってはみますけどね」
 「心臓でなかったら何ですか?」
 「ストレスですね」

 無理がたまっていて、ストレスもある!! これは同情されるべき点が二つもあるということだな。誰かに言ってみよう。

 しかし、身長、体重を計って、うちのめされました。

 もう甘い物はやめよう。もう絶対やめよう。おうどんも絶対一玉しか食べない。しかし、スイートポテトだけは別にしてと。とにかく五キロやせよう。

 一度帰宅し、格之進の様子を見てから、おうどん屋さんにお昼を食べてに行きました。決心通り、一玉食べて、「やっぱり二玉食べたかった」と思いつつ、向いのパン屋さんへ。

 つい、紅茶ゼリーと、甘いパンを買ってしまいました。明日の朝、食べよう。いかん!! これでは、「無理がたまって、ストレスもたまっている」という話をしても、誰も同情してくれん!!

 ダイナ君を学校にお迎えに行きますと、「おかあさん、今日、接骨院はどうだった?」なんと!! 向こうからふってくるではありませんか!! だからダイナ君が好き!!
 「それが、無理がたまったんだって」
 「え、そうなの」
 「それとね、その後、内科に行って健診したらね、胸がしめつけられるって言ったら、心臓ではなくて、ストレスだって」
 「ストレス。格ちゃんとお散歩に行った方がいいね」

 いや、そういうレスポンスではなくてだなあ、もっとこう、なんというのか、「おかあさん、いろいろと大変なんだね。そうか、おかあさんを大切にしないといけないなあ」というそういう感じがほしいんですけど。

 まあ、これ以上はやめよう。大袈裟に言っていると思われたらいやだからな。世帯主なんか「あれだけ寝て、どこにストレスがたまるんや!!」とか言うだろうから、絶対言わん。

 明日はペンギン隊、出動となっております。

スポンサーサイト
2007.10.23(Tue)19:47 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年10月
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。