動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様、ご存知の通り、お狂は生まれて初めて腰痛になりまして、今週月曜日より接骨院に通っております。水曜日あたりには、なかなかよい感じになって、明日には治っているだろうと想像しておったのですね。

 ところがですよ。木曜日に起きたら、「いて、いて、いたた」という感じになりまして。ダイナ君を泣きながら送っていきました。あ、うそうそ。泣いてませんけどね、気持ちは泣いておったわけですね。何分、痛みに弱い、口だけの人ですからね。本当、思いますよ。いつも腰が痛いとかおっしゃっていらっしゃる方、いらっしゃいますけどね。よく生きてるなあとね。痛みを持って生きるということが、どれほどしんどいか、見にしみております。元気であってこそ、やりたいこともできますね。

 それはさておき、痛みですけど、車の運転をするときに、車庫入れ等、バックします。ドアミラー、ルームミラーなどで、後ろの安全を確認しますが、もちろん、振り返って直接目視しますね。そうでないと、距離感がつかめないからです。これがですよ。「いて、いて、もういい」みたいになるので、こわくて車が運転できないんです。といっても、必要に迫られてやりますけどね。

 そして、ごろごろしたいのですが、こういうときに限って、なんかできないんですよね。接骨院に行きましても、治療台やベッドの上に乗るのにも時間がかかります。そして、起き上がるにはもっと時間がかかります。「いて、いて」ごろりん、ころりん、するん、という感じでですね。起き上がることがすぐにできません。まさにこのとき、大地震がきたら、私、迷わず天に帰りますね。お年寄りが被害に合うの、わかります(こんなことにならんとわからんかったんかい!!)

 さすがに、先生も奥様も、「大丈夫?」とか尋ねられましたね。気分としては、「人生ゲーム」の第一コーナーで、「振り出しにもどる」に止まった感じですわ。ここまで治療してきて何故!?という思いですね。今までの治療は何だったんだ!!
そんな思いがいたしましたね。「人生ゲーム」なら、この時点でやる気はなくなってますね。もう消化試合ですよ、はっきり言って。しかし、私はやめるわけにはいかないですよね。当然です。

 ここで私がリタイアしたら、犬猫の将来はどうなる。はは、私がリタイアしても別にかわりませんよ。わかっていますからね。私、それほど傲慢じゃないですよ。でも、志半ばで倒れることほど、悔しいものはございませんねえ。

 最近、いろいろ思います。腰が痛くなってから、身体障害者の方、車椅子に乗っていらっしゃる方ですね。どうやって顔を洗っているのかなと。腰が痛めば、中腰になることができません。洗面台で顔を洗うことが非常に困難です。私など、元気なときでも、お水を撒き散らしつつ、顔を洗って、着ているTシャツの胸元をぬらしております。それをどうやっているんだろう。

 もちろん洗面台を低くしているんでしょう。しかし、本当にどうなっているのかなあと思いますね。ユニバーサルデザインという、健常者にも障害者にも使い勝手のいい作りがありますが、一人一人ニーズも違うでしょう。なんか痛みの中で、元気でない方が生きていくことは大変なのだなと痛感します。

 私たちは快適に生きていくことを望みます。しかし、快適ではなく、生きていくこと、それだけに大変な方々もいらっしゃるのだろう。そう思ったときに、自分が快適に生きていくことを追求するるよりも、弱者が普通に生きていくこと。そちらに目を向けていきたいなと思います。

 今、厚生労働省がらみの案件は次から次へと出てきています。いいわけはいい。生きていかせてくれ!! そんな思いをもちますね。生きているいのちを大切にしてくれ!! 公務員の役付けの方がテレビで出てくるたびにそう思います。「国としては」「その当時は」そんなことばではなく、今、生きているいのちを大切にしてあげて!! あの方々は十分苦しんできたじゃないですか!! そう叫びたくなります。

 痛みというのは体験しなければわからない。コメント欄でも、腰痛を経験なさった方々が多くいらっしゃいました。私の痛みをその方々にいちいちご説明するまでもありません。ご経験のない方々は「大丈夫ですか?」と尋ねてくださいます。

 生きていくために痛みを持っていらっしゃる方々、体はもちろん、心もです。そういう方々に「大丈夫ですか?」と問いかけるだけのまともな神経を持った役人はいなかったのでしょうか。立場ではなく、人として、です。「大丈夫ですか?」と尋ねたら、「大丈夫なわけないだろう」という答えが当然返ってくるでしょう。「そりゃ、そうですよね。すみません」という気持ちにはならないのでしょうか。

 お役所に勤めていらっしゃる方々に、人としてまともな神経も持って対応していただきたいと思うことは、それほど多大な期待なのでしょうか。自分の体が痛んだら、どう思うんでしょうかねえ。

 ☆土曜日、日曜日のイベントのお知らせ
     万燈祭り 埼玉県入間市
       「いるま猫の会」がカレー屋台を出します。
        売り上げは猫さんたちの避妊手術の費用となります。 
        お暇な方はお立ち寄りください。
      詳しくはこちら から。
スポンサーサイト
2007.10.26(Fri)23:59 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年10月26日 (金)
生きていくことは…
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。