動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 いや~、久しぶりにお勉強しました。一週間、さぼっておりました。痛みのためですね。ダイナ君にしつこく言われて、ダイナ君が勉強しているテーブルについたはいいですが、腰が痛いわけですから、数分ごとに座りなおしをするんですね。テーブルっつても、ちゃぶ台ですよ。で、それを見てダイナ君が「忙しいね」と言っておりましたね。

 そのうちに、寝転がって、問題を読み始めたら、「そりゃ、ないんじゃないの」「だって、痛いんだもん」そのうちに、あまりの出気の悪さにぴしっと座ってしまいましたね。そして、現代国語の解説ですよ。なんで、こんなことせんといかんのだよ。だから、本を読めっていってるだろ。難しい本を読む習慣さえあれば、現代国語なんて勉強するのは漢字だけですむんだよ。

 それから、英語の長文ですわ。二人で、読んで訳しましたね。「ええと、○○って、何だったけな」「何だったけ。辞書でひいて」とからきしだらしないお狂であった。こんなので、大学に行くのかね。あ、私じゃないですよ、ダイナ君ね。

 臓器移植ですが、この脳死というのに、なんか懐疑的なんですよね。本当に、本当にもう意識は帰らないんでしょうねと何度も念を押したくなるんですね。と言いますのも、聖書の中には人が生き返ったという記述があるので、なんか、ちょっと本当に大丈夫なんでしょうね、と言いたいんですね。

 また、ダイナ君が移植をする必要があるといわれたとき、教授は私に言われましたね。「家族だから、何が何でも提供しないといけないという雰囲気は作りたくないんだ」移植について、調べると家族でもありますよ。

 奥様が腎臓をご主人のために提供すると。先生の前に来て、二人でお話を聞いて、後から先生にお電話がかかってくる。「私はいやだったけど、主人がこわくて提供すると言いました。何か検査で、どこかが悪くて、提供できないことにしてください」

 かと思うと、ダイナ君がお世話になっている内科の先生、この間の患者さん、お子さんに臓器を提供するということだったけど、おばさんまで来たんだ。初めてだったよ、そんなこと。おばさままで臓器を提供したいと言われたというんですね。

 ダイナ君に腎臓を提供するのに、なるべく多くのドナーが必要だといわれました。ぶんちゃんは私でもいいと言ってくれましたが、移植を二回する可能性があります。移植された腎臓がどのくらいもつか。二十年もたないかもしれないらしいです。そうしたら、おじいちゃんやおばあちゃんもドナーとして考えてと言われましたね。別の先生はそこまで考える必要はない。おとうさんから貰うのでそれでなんとかなるだろうと。

 すごくためらいましたけど、とりあえず私の母にも話をしました。母は、「ダイナ君が元気になるなら、あげますよ」と涙ながらに言ってくれましたね。その話をぶんちゃんにしたら、「おばあちゃんから腎臓とるなんて。それなら私からとったほうがいいわ」と言いました。

 ちょっと嬉しかったですね。これが、「私はいやよ」とか言われてみてください。納得はしても、なんかいやでしょうね。思わず、「ああ、そうですか。それならこちらもそのつもりでいます」とか言いたくなるかも。実の肉親だとしてもです。

 聖書の中で、「人が友のためにいのちを捨てること。これに勝る愛はない」とイエス様がいわれました。別に友達のために命を捨てろという意味ではないですよ。でも、臓器移植ときくと、なんかこれを思い出してしまいます。

 ダイナ君が「おかあさん、腎臓ちょうだい」と言ったなら、「いやぴょん」と言ってしまいそうな気が私にはありますが、私は感染をもっているため、臓器提供できません。感染を持っている臓器でも、それでもほしいという方がいらっしゃれば、あげられるそうです。でも、元気な臓器でないですから、不安があるでしょう。いつ癌になるだろうという不安です。

 臓器のために、海外に渡る人がいることを考えると、私が死んだら、使えるものは何でも持っていってくれていいです。それで、泣かなくてすむなら、そうです。病気のために泣く人が一人でもいなくなるなら。貰うことを考えた人間は、あげることを考える。それは自然かなと思います。そうでもないのに、あげることを考えられる方々はりっぱだと思います。

 いろんな人のために泣いてきました。ためにではないですね、勝手に泣いてきたのです。ですけど、「助からない」「治らない」そういって絶望する人の涙を見たなら、心が動かない方がおかしいのかもしれません。

 私は前述した奥様。ご主人のために臓器を提供したくないという方ですね、それはそれでいいと思うんですね。一緒にいて、感情が家族ではなく、他人より遠い憎しみを持つ人になってしまったのなら、提供などしたくないですよ。体にメスが入るなんていやですよ。愛憎ともいいますが、憎い相手のために提供する必要なんてありません。臓器をほしいという方々が、必ずしも提供させてくださいと申し出るに値しない場合だってあるでしょう。

 ですが、もし臓器をもらって第二の生を生きていくなら、どうか良いことをしていただきたいですよね。いただいた臓器に報いる生き方をしていただきたいです。「こんな人のために」と言われないような生き方をしてほしいなあと願います。

 「治りたい」と願う人がいる。「お役にたちたい」と思う人がいる。この数がせめて同じになりますように。

スポンサーサイト
2007.10.29(Mon)23:52 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年10月29日 (月)
臓器は誰のもの
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。