動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 犬さんも猫さんもいろいろな病気があります。予防できる病気は積極的に予防しておく。これは飼い主としての義務でしょう。人間の子供も、定められた予防接種を受けますが、第一に自分のため、第二に社会のためです。自分以外の人間に感染させてしまうことを考えることも必要なのですが、これが犬猫さんとなると、そこまで考えることはないですね。

 しかし、飼っている自分の犬猫、鳥、鼠などが感染源であるとなったなら、これはどうなるか。多くの場合、いのちを絶つこととなるでしょう。他のいのち、人も動物も含めてですが、を脅かさないためにです。

 私の行っている教会には附属幼稚園があるのですが、そこの教頭先生と懇意にさせていただいています。この間、お話ししていたのは、キリスト教保育の幼稚園ですから、当然、冬休み前のクリスマス前に、聖劇(イエス様のお生まれになった顛末を劇にしています)を発表するわけです。おそらくどこの幼稚園でも、その発表当日より前に、衣装をつけて写真を撮ると思うのですね。

 ところが、発熱した園児さんを登園させて、写真を撮ったら、早退させますからというご父兄様がいらっしゃるとのこと。お気持ちはわかります。自分の子供だけ、アルバムに載っていなかったりするわけですから。ところが、私の友人は、頑として譲らないと。
「もし、その熱が他の子供にうつったならば、あの子のせいで熱が出たということを言われて、園児も父兄も傷ついたりしますから」

 病気の子供のご父兄は、自分の子供が写真に写っていないとかわいそうだと思う。他の子供のことはもちろん考えていません。感染症というのは、他の人のことを考えなければいけない病気なのですが、そこまでは誰もが考えません。今年は、風邪をひいた人はマスクをするようにという啓発ポスターを見ましたが、ひいている人のマナーというのも必要なんですね。

 で、話は動物ですが。もっと動物の治療が進んでくると、このあたりは動物病院でもうるさく言われるようになるでしょう。また、私は犬さんも家の中で飼ってくださいとお勧めしています。その理由の一つには、暑いときも寒いときも同じ場所につながれていて、それで犬さんは幸せでしょうかということ。他には、家の中で一緒にいる時間を長くもつと、犬さんは賢いので、人のいうことを理解するのが進むということ。しつけはそれなりに必要ですが、「待て」だの「おすわり」だの居丈高に言わなくても、「ちょっとそっちによって」「ちょっと待っててよね」という普通の話し方でよくなってくると。

 しかしですね、そうなると飼い主はもっともっと動物と人間の共通感染症について、病識が必要になってくるでしょう。そういうことはないでしょうけど、「あの家からブルセラ症が出た」となったら、ご近所はおつきあいをしてくれなくなるかもしれません。人のインフルエンザで毎年冬には大騒ぎしていますが、動物と一緒に暮らす人口が増えてくると、それどころでないかもしれません。

 いつも思うのですが、動物を飼うことには大きなプラス面がありますが、マイナス面を教えてくれる人はあまりいません。ペットショップで教えてくれたなら、「わあ、かわいい」で飼おうと思っているお客は、買わないでしょうね。フェレットなど、大変な動物なんですけどね。次から次へと病気になったという飼い主様を知っておりますが、調べてみると、本に書いてあるかかりやすい病気に一通りかかっているだけのことでして。

 そういうことを知って、飼っている飼い主様というのは、本当にその動物が好きなんですね。ゴールデンなど、腫瘍体質だといわれておりますが、腫瘍ができたというお話はよく聞きますよ。それを知って飼っていらっしゃる方も多いと。それだけゴールデンという犬種に魅力を感じていらっしゃる飼い主様も多いとお聞きします。

 こよなく愛する。
「病気になりやすい? わかっていますよ。なったって、最期まで面倒みますよ。当たり前じゃないですか。私はこの種類が好きなんですよ」と言い切ってくださる方ばかりだとどのくらい嬉しいか。

 マイナス面を知って、なおかつ、新しい情報、感染症の動向などについて、いつも仕入れる努力をする。これが飼い主の鑑というものですよなあ。私ですか? 鑑でありたいと思いつつ、髪にしかなっていませんね。私も頑張っていきます。


20071116171605.jpg
 この子たちも、飼い主の鑑というような、新しい家族とともに、生活できますように。本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。
zurezure1_s.jpg
 神奈川からは、生後三ヶ月の二匹の牡猫さんです。
にくきうさんのブログより募集となっております。
  「ねりま猫」は東京で募集しています。

 どの子も新しい年と新しいお家で、しあわせに暖かく迎えられますように。




 



 
スポンサーサイト
2007.12.23(Sun)23:59 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年12月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2007年12月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年12月23日 (日)
家族であるなら
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2007年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。