動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様、ご存知のように、私、昨年から物を減らすことに努力しております。本、食器、服、などいろいろと取り組んでまいりまして、まだ道半ばです。物を減らしてみてわかることは、いかに物に埋もれて生活していたかですね。そして、なければないでどうにでもなるし、なければならない物などというのは、そんなに多くなんですね。聖書の中でもイエス様がそういわれますけれどもね。

 テレビを見ていると、物が欲しくなりますけれども、ふと自分が物に埋もれている現実を目にしますと、これでは困ると思います。一つは、引越しですね。それを考えたときに非常に困るなあと思っております。前に引越しした時に、「本が多いですねえ」と言われました。それをほめ言葉と聞いておりました。しかし、本くらい、場所をとって、移動するのに重たくて、家を傷めるものはないんですね。知識が身の回りにあることに満足する。そんな生活というのは、知識がないことを認めているようなものなんですね(あ、認めますけどね)。

 またCDですね。私は音源がCDになってから、増やすのはやめました。これから、この形がまだまだ変わっていくことを予測したからですね。持っていても、聴けなくなる可能性があります。そんな物に埋もれている必要はない。そう思ったんですね。

 これは今の自分の年齢に非常に関係していると思います。もう、「持っていれば、子供がいつか使うかもしれない」という年齢ではないんですね。子供は子供で、自分の好きなものを買うでしょう。古いものがいいなとという世代ではありません。そして、自分がいつか倒れたならば、自分の物を家族でも、他人でもいいんですけれども、「これはいらないよね。こっちはいらないよね」と思い出として大切に持っていた物も捨てていくでしょう。自分が大切にしていた思い出の品など、自分以外には何の価値もない。ということは、自分の自己満足だけで持っているものなんですね。馬鹿馬鹿しくなってきたんです。

「あんなこともあった。こんなこともあった」

 過去をきちんと残しておきたい気持ちから、とっておきたいかもしれませんけど、いつかは自分以外の誰かが捨てます。と思えば、場所をとっているだけでもったいない。

 というわけで、今回ですね。処分に踏み切ったのは、楽器です。私のヴァイオリンですね。え? お狂はヴァイオリンが弾けたのかって? 弾けていないから処分するんですね。

 ぶんちゃんは三歳の頃からヴァイオリンをはじめましたが、私も一緒に見ておぼえようと安いヴァイオリンを買ったわけですよ。ものになりませんでした。楽器は弾いていないと悪くなるので、弾く方がいらっしゃるなら、どなたにでもお渡しするつもりでした。で、最初にお尋ねした方がほしいとおっしゃったので、昨日、引き渡してまいりましたよ。

 ブログのご贔屓様ですけれども、私は1時間、お相手は一時間半をかけて、倉敷でお会いしました。私のブログといえば、目玉は「ダイナ君」です。「ダイナ君を連れてきてね」と言われたので、連れていきました。

 私がダイナ君と話しているのをご覧になって、ご贔屓様は「仲いいね」と言われました。ダイナ君は帰宅してから、それが嬉しかったとのこと。しかし、「かわいいね」と自分のことを言われたので、ふてておりましたね。

 ぶんちゃんはヴァイオリンを16分の1の大きさからはじめました。ご存知のように、ヴァイオリンは腕の長さによって大きさがかわってくるんですが、このサイズが一番小さいのです。これは同じ年齢のお子さんにかなり前、お渡ししました。その後、8分の1と4分の1のサイズもお渡ししたような記憶があります。ところが、うちにはまだ中途半端な大きさのヴァイオリンがあったような気がしますね。実家に保管してもらったかもしれません。これも調べて、早めにお渡しする相手を見つけねばと思っています。楽器は弾いてもらって喜びますから、埋もれていたのではかわいそうです。

 物があふれていることにいや気がさしています。犬猫さんにとって、快適な暮らしというのは、自由に家の中で動きまわれることですね。そういう意味で、動物に目を向けたことはよかったと思っています。服だって、少し猫さんの爪が伸びれば、すぐ抱いたときに、生地を痛めます。良い服を着る必要はないですね。テーブルの上に物を置いておくと、ひっくり返されるから、何もない状態がよくなる。そういう意味では、動物と一緒に生活することはよかったと思います。

20071116171605.jpg
 動物と暮らすと、ライフスタイルが変わる。それはそれで、よいことではないかなと思いますけども。この子たちと一緒に暮らせば、生活が激変するやもしれません。この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。
zurezure1_s.jpg
 神奈川からは、生後三ヶ月の二匹の牡猫さんです。
にくきうさんのブログより募集となっております。
  「ねりま猫」は東京で募集しています。
 関東在住の里親様も希望されていらっしゃるのは、みいさんです。健太くんという生後二ヶ月の仔猫さん。
kenta.jpg

 
スポンサーサイト
2008.01.14(Mon)22:12 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年01月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年01月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年01月14日 (月)
楽器を里子に出す
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2008年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。