動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
what-004.jpg
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様にご心配をおかけしておりましたワット君ですが、傷も随分と乾いてきました。今日は寒かったので、昼間はずっと湯たんぽの上にいましたね。夜になったらいなくなっておりました。今日は年子と格之進を連れ、動物病院に行ってまいりました。ダイナ君と一緒です。珍しいことに、本日は私たちしかいなくて、友人である院長先生が診察してくれましたよ。

 そして、いろいろと質問しつつ、年子のワクチン接種、格之進の爪きりなどしましたね。さて、先日、はる吉さまより、煮干は与えないほうがいいのではないかというお話でしたので、確認してまいりました。「尿路感染症になったことがある猫さんにはやめておいたほうがいい」ということでした。さて、ワット君。外猫さんなので、この辺りのことがよくわかりません。一度、尿など採取する必要があるかもしれません。が、あまりストレスを与えてきてくれなくなるといけませんので、今のところは、煮干はやめておきます。はる吉さん、ご助言ありがとうございました。

 さて、私はいつも寝る前にというか、寝るときに、本を読みながら寝るんですが、読む本がないんです。それで、ダイナ君が「図書館に行って、僕が本を借りてきてあげる」と借りてきてくれた本がですね。

「すごく悩んだんだ」といいつつ、渡してくれたのが、「始皇帝暗殺」です。このお話の顛末は知ってますけど、それとは別に。ダイナ君には悪いですけれども、出版会社を指差してちょっと言ってしまいました。
「ここの出版会社はね、おもしろい本は出すんだけれども、映画になるようなエンターティメント性のある本を出版したがるんだよ。抱えている作家もね、そういう作家が多い。確かに、筋書きはおもしろいんだけど、なんというのかなあ、読んだ後、何も残らない。テレビを見ていたような気持ちになる。というわけで、覚えておいてね」

 おもしろかったですよ。知っている筋書きを違う角度から読むと。歴史に対して理解は深まりました。ダイナ君はわざわざ、ハードカバーのぶ厚い本を借りてきてくれましたが、一晩で終わってしまいましたね。ハードカバーって、当たり前だけど、文庫に比べると字が大きいもんな。ダイナ君、でも借りてきてくれてありがとね。

 ダイナ君はこの本を借りてくる前日、私に本を貸してくれたんです。
「明日、図書館に行ってくるけど、それまで、これでも読んでて」
現代国語の本ですよ。自分が今授業を受けている本です。まあ、お話には聞いていましたが、村上春樹氏が載っていて今風なんだなと思いました。その反面、私が高校二年のときに掲載されていた夏目漱石の「こころ」のハイライトが。三十年たっても変わってないところもあるんですね。森鴎外の「舞姫」もありましたよ。日本文学の両巨頭ですね。嬉しかったですよ。

 これは私の論ですよ。日本文学を担った作家には二つのタイプがある。一つはこの二人に見られるように、海外で(夏目漱石はイギリス、森鴎外はドイツ)別の言語を習得している。もう一つのタイプは、国内のつまり古典文学に精通していると。このタイプは芥川龍之介。ということは、どちらにも共通していることは、現在使用されている言語とは異質な言語を知っているということです。言葉に対する理解の深みが違うというのでしょうかねえ。そういう意味で、村上春樹氏ですよ。この方は最初に出てきたときから、ちょっと驚いて読んでいました。って、売れてからは全く読んでません。むしろ村上氏の訳した翻訳作品を読んでいますね。つまり、村上春樹氏というのは、文学として残っていく可能性があるかなと。島田雅彦氏なんかもすごいと思いますよ。ロシア文学の知識がありつつ、夏目漱石の「こころ」をモチーフに小節を書き上げてしまうんですからね。

 そういう意味で、ここ最近のお若い作家の作品はあまり読みたくないです。日本語としての言葉の深みがないからでしょうかね。

20071116171605.jpg
 そういうわけで、里親様の募集です。この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。
zurezure1_s.jpg
 神奈川からは、生後三ヶ月の二匹の牡猫さんです。
にくきうさんのブログより募集となっております。
  「ねりま猫」は東京で募集しています。

スポンサーサイト
2008.01.17(Thu)01:28 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年01月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年01月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年01月17日 (木)
ダイナ君に感謝
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2008年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。