動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様がたのお励ましに感謝しつつ、またご心配をおかけして申し訳ありません。

 ご存知の方もいらっしゃいますが、ダイナ君、先週の水曜日の夜にもどしてしまいました。普通の方は、胸やけしてもどしてしまうこともありますし、食あたりなんかでももどしますけれども、ダイナ君の場合、病気の特性ですね。たんぱく質を分解する酵素が肝臓に少ないために、体調が悪くなってくると、「体の中にたんぱく質をいれないでくれ」というまあ、拒絶反応みたいなもの。ですので、もどすということは、もともとの病気が悪くなっているということになります。

 そして、たんぱく質の制限がきついために、体を回すエネルギー、これがどうしても摂り難いんですね。それで、週に三回点滴をして補っているわけですけれども、もどすとただでさえぎりぎりで回っているエネルギーが少なくなりますから、体の中にためているたんぱく質をエネルギーをして使うために、分解せねばならないと。食べ物の中に含まれているたんぱく質を分解するのと、手順が変わらず、酵素を使わねばならないので、これまた体に負担がかかると。

 そういうわけで、ダイナ君はもどしたら、とにかくすぐ点滴でエネルギーを補う。これを子供の頃からやってきました。もちろん、すぐが原則ですけれども、学校にあと一時間出てから、というような猶予はあります。

 ですけれどもね、ダイナ君がもどすことはかなり長い間なくなりました。小さな頃、昼ごはんにもどして、点滴に行って、帰ってきた晩御飯を食べたらまたもどした、などということもありました。一日に二回点滴に行くこともそこそこありましたよ。そういう時期を経て、検査の値はもどしても不思議はないのに、よく何ともないなあと思うような状態でここ数年きました。が、腎臓の値は悪くなってきています。

 という前置をしておきまして、先週水曜日にもどしたと。そして日曜にもどしてたと。ちょっと回数が多いなあと思ってはいましたが、日曜日に点滴に行ったときの検査データを見て、翌日、もどしたわけではないけれども、いつも点滴を入れる日なので、その時の検査データを見たら、悪くなっていたんですね。それで、私は注意はしていたんです。点滴を入れれば、値はよくなるはずなのに、悪くなっているのは、よほどのことですからね。

 今週火曜日、いつものようにダイナ君をバス停まで送っていって、洗濯して、お掃除などしました。だいたい、お掃除は朝はしないんですけど、前夜、ワット君がうちの玄関で、なんか食べたのです。こわくてみられませんでした。お魚だったかもしれません、あの生臭さは。で、朝からお水を流して、洗剤でこする作業などをしまして、いやあ、よく働いたなどという気持ちでおりましたね(不良主婦はこの程度で、労働の満足感があるわけですよ)。

 ところがですよ、ふと化粧室を見ますと、もどした形跡が。それで慌てて学校に電話して、
ダイナ君に自宅に電話するように伝言を頼みました。
「今朝、もどしたでしょ」
「もどしてないよ」
「嘘つくのはやめなさい」
「せきこんで、ちょっと吐いた」
「だから、嘘つくのはやめなさい。咳こんだ程度じゃないでしょ」
「いや」
「点滴に行きますよ」
「いや、あの」
「時間割はどうなってるの」
「三時間めが○時に終わる」
「学校の前で待ってます」

 車の中で罵倒されるダイナ君。
「一体、いつになったら、自分の体のことをきちんと自分でわかるようになるのよ!」
「今休むわけにはいかないんだ」
「今休んでおいたら、一日ですむことが、二、三日我慢したために、一ヶ月入院するようになったらどうするのよ!」

 実は、翌日、翌々日と模試なんですね。そして、その翌日には漢字検定があります。

 早退して、医大に行き、検査すると、昨日よりまた酸性に傾いていて、診察した先生が「顔色が悪いので、安心のため入院しておいたほうがいいけど」と言われました。
主治医の先生ではないのですが、「明日から模試なので、毎日点滴に通いますから」
と言うと、「わかりました。でも、もどしたら入院の準備をしてすぐ来てください」

 家に帰宅し、夕飯まで寝ましたが、病院で点滴している間寝ていたのに、まだ寝るというのは、よほどしんどいのかなと。
 夕食時に「もどしそうだ」というので、
「もういいからはいてきなさい」ということで、入院の準備をして再び医大にもどりました。
 +1でも昼間よりアルカリの方にいっていれば、外来で何とかなるかなと二人で言い合っていました。先生も、「明日、試験かあ」ということで、「入院のつもりだったけど、検査結果みてから、きめようか」
と言ってくださったのですが、昼間よりまだ酸性に傾いていて入院となりました。

 それでも試験が心配なダイナ君、「明日の朝、血液検査をして、改善していれば、外出で学校に行って試験を受けさせてください」とお願いして、先生も了解してくれました。

 ダイナ君はまだ少しもどしていますが、六日、七日と朝の血液検査の結果があまりひどくなかったので、外出許可を得て、学校で試験を受けています。

 検査の値を見た限りでは、それほど悪くないですが、未だ吐き気がおさまらない。ダイナ君の病気は症例が少ないですから、治療法が確立されてないんですね。ダイナ君が先陣を切っている感じがしますよ。

 というわけで、とりあえず、ご報告しておきます。ご心配をおかけして申し訳ありません。皆様のコメントなどは、携帯電話より、ダイナ君はしっかり読んでおりますので。
スポンサーサイト
2008.02.07(Thu)10:04 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年02月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年02月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2008年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。