動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日の署名のお願いですが、私、「ハッピーラブズ」さんのHPをもう見ていられなくて、とにかくなんか早く読んでしまいたいという思いが強かったもので、記事の間違いのご指摘を受けました。
 
 今回のこれは「生体をアートに使用しない為の国際規定の制定」のための署名ではなく、この自称アーティストの作品(と称して行われた虐待)を次回のビエンナーレに展示させない、つまりボイコットを呼びかけるための署名です。
 また、ネズミは今回のこれとは別件で日本で行われたものです。

 ご贔屓様よりのご指摘を受けまして、お詫びと訂正をさせていただきます。申し訳ありません。しかし、本当になんというか、お詫びの多いブログで申し訳ありません。なお、ご指摘くださいましたご贔屓様は非常に申し訳なさそうに、ご指摘くださったのですが、私は間違いをご指摘いただく分には、別に不快にも思いませんし、自分が無責任であったと思っておりますので、おかしいとお思いになる場合は、どうぞ、メール、鍵コメではなくても結構です。もちろん、個人的にでも結構です。お狂のためと思い、といいますか、動物愛護のためと思っていただきどうぞ、ご遠慮なくご指摘ください。

 本日、ダイナ君のご挨拶をお送りするつもりでしたが、実は、事件が勃発して、そちらを優先させていただきます。

 日曜日とて、教会から帰ったぶんちゃんは、友人と食事に行くと家を出ていったのですが、出ていって五分もたたないうちに、電話が。ちろろろろ、ちろろろろ。「はい、お狂です」「すぐ来て」

 何が「すぐ来て」なんですか、こいつは親を何だと思っているんですか。

「何よ?」「猫が道に倒れていて、様子がおかしい」「場所は?」「図書館と大学の間」「道路沿いかな?」「そう」「すぐ行くわ」

 行くと、確かに猫がはあはあと息をしています。ぶんちゃんの乗っていた自転車を私が図書館に止めに行き、ぶんちゃんは車の中で、ダンボールに入れた猫さんを見ていることに。あわてたので、図書館近くで自転車を降りようとして、転んでしまうどんくさいお狂であった。

 かかりつけの動物病院の留守電にお電話。折り返しかかってくる電話に対応するのはぶんちゃん。「どのくらいでこれますかって?」「15分」

 後ろの席で、「がんばって。あ、なんか目がおかしくなってきた。息が」「意識が無くなっても、時間がたってなかったら、病院で何とかなる場合もあるから、とにかく行くよ」「動かなくなってきた」「息は?」「してないみたい」

 信号で後ろを振り向くと、「これは無理か」と思わせる、明らかに天に帰った様子が窺えました。しかし、もう半分の道のりを過ぎています。最後の望みにかけて、病院にすべり込みました。

 ぶんちゃんが病院に飛び込むと、先生がお電話中。勝手に診察室の中に入って待っていました。よほど、大声で「意識がないんです」と叫ぼうかと思いましたが、はやる気持ちを抑えて待ちました。先生はすぐ診察室ではなく、手術室につれていき、送管し、心電図をつけます。お昼時とて、遅れて、女性の看護士さんが。私の知り合いの先生は学会で出張中のようで、若い先生ですが、一生懸命、心臓マッサージをしてくれます。舌にモニターもつけ、いろいろと薬剤も注射してくれましたが、頑張ること数十分。手を止めて一言。

「きびしいですね」
「そうですか」

 茶虎の猫さん、成猫です。私が行ったときには、ダンボールに入れようとしたら、抵抗する元気がありました。
「もう少し早くつれてきてくれたら」
 先生、電話してたじゃん。でも電話の時間を差し引いても無理だったでしょう。
「死因は何ですか?」
「口の中に血が結構あるので、交通事故か何かで、内臓が破裂して血が出てきた。それがつまって窒息死かなと思います」
「そうですか」

 ぶんちゃんは私が会計をして、猫さんを引き取るまで、病院の外で一人泣いていました。
「つれまわしたのが悪かったのかな」
「もっと近くの病院もあったけど、知ってる病院の方がいいと思った。だけれども、いのちというのは、神様の手の中にあるもので、助けようとしても助けられないこともある」
「私がもう少し家を早く出ていれば。寒かったから、ぐずぐずしていた。見つけたとき、大きい猫だったから、これは助けてもうちでは飼えないな。どうしようと迷った。すぐ連絡したら」
「大きい猫が事故にあったり、怪我をしていたら、今後からはすぐ連絡してきなさい。手当てして、避妊手術をしたら、リリースする。仔猫は里親さがしをする。迷わなくていいからね」
「うん」

 ぶんちゃんを図書館で降ろし、一人になりたいというので、私は一人で帰宅しました。猫さんはだめだったと伝えておいたので、私は一人庭の土を掘りました。そこへダイナ君がやってきました。
「手伝うよ」
「寒いから、ダイナ君はいいから」
「手伝いたいの。大きい子だね」
「うん。この木のそばに埋めておけば、木を養ってくれるよね。ダイナ君、お祈りしてあげて」
 
 ダイナ君はお祈りして、そして私は土をかけました。

 帰宅したぶんちゃんはしばらく寝ていました。私を動物愛護に導いてくれた兎の紅葉。紅葉が天に帰る瞬間を見守っていたのは、ぶんちゃんでした。そして、この猫さんが天に帰る瞬間を見守っていたのも、ぶんちゃんでした。二度もそんな瞬間を見て、つらいとぶんちゃんは泣きました。

 ご贔屓様のブログで、室内飼いの是非をコメント欄で論じていた記事が昨日、ありました。私は猫は野良で生きていくには、よほど敏捷で賢くなければならないと思います。しかし、それでも、長く生きられるとは思いません。ぶんちゃんは、多くの人が横目で瀕死の猫を見ていったけれども、誰も何もしなかったと言っていました。人が気分が悪くて座り込んでいても、声を掛けてくれることはあまりありません。ましてや、猫です。野良猫です。もっと早ければ、あの猫は助かっていたかもしれない(私はぶんちゃんには 病院で一時的に助かったとしても、内臓が破裂していれば無理だったと思うといいましたが)。でも猫を事故にあった猫をすぐさま病院に連れていくのは、おそらく猫を跳ね飛ばした自動車の運転手であって、それ以外の人が何かしてくれるとも思えません。運転している人間が止まって、猫を病院に連れていくとも思えません。

 猫が事故にあうということは、天に帰るということなのです。

 猫に道路を横断するときは、横断歩道のあるところで青になったら渡るんですよと教えられますか? 横断歩道を青で渡っていても事故に合うのです。

 短くても、自由に猫らしく生きさせてあげたい。短くてもいいのですか? あなたの家族が明日死ぬのでいいのですか? 家の中で15年生きられるところを、2年くらいでいいのですか? 野良猫の寿命は2年から4年と聞いています。このブログのご贔屓様は多くの方が室内飼いに賛同されていらっしゃいます。ですから、今さら言うこともありません。ですが、もし、通りすがりの方がいらっしゃったならば、猫さんが事故にあって、病院に運ぶときにどのような思いをするか、ご想像いただきたい。「もう少し早くつれてきていただければ」と言われたときに、何を考えるかご想像いただきたい。

 お狂とぶんちゃんとダイナ君からのお願いです。
スポンサーサイト
2008.02.10(Sun)00:25 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年02月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年02月
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2008年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。