動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 今日は何やら猫の日とか。それで、猫さんの話題ですけれども、うちの玄関のワット君ですね。いつぞや、耳に怪我をしてきたというお話をしました。ところがそれから数日後にダイナ君がワット君を見て、「あれ、ワット君、傷してるね」見ると、左の背中の毛が一部短くなっております。見てみると、肌に傷が。もうかさぶたができている感じでしたけれども、とりあえず、消毒薬だけスプレーしました。その後も決定的な怪我はありませんでしたが、どうも喧嘩してきたような感じが。毛の状態がなんというのか、ふわふわという感じじゃないんですね。ぶんちゃんやダイナ君が言うには、外で猫同士の喧嘩する声も聞いたと。

 ワット君は去勢しましたが、まだ縄張り争いをしているんでしょうか? どの猫さんとやっているのか、相手は全く姿を見かけませんが。ちょっと心配ですね。うちで餌をやるようになって初めてのことです。

 ところで、先だって犬さんをアートと称して虐待した芸術家に対する反対署名ですね、これをお願いしました。ご贔屓様の中にはリンクを貼ってくださった方、また私からではなくて、よそから知ったと転載してくださった方(どこからでも元は一緒ですからね)、もちろん署名してくださった方、ご協力いただいた方々が多くありがたいことだと思っています。って、私もみえっちさんから転載しただけですけどね。

 特に、埼玉軍の活躍には目覚しいものがあり、中心となったのがみゆきさんですけれども、大使館までに抗議メールを送付してくださった方々も多くあって、大きな動きとなったなあと、遠くから眺めております。

 これは一つに何が問題となったかというと、アートと称されている。これが許せなかったんだと思うんですね。単なる虐待なら、やった方は心の病気である可能性がありますし、弱いものをいじめるということですから、心の中に闇があった。何かそれは学校だとか、家庭だとかから受けたものの出方としての、虐待であったであろうと思われうんですね。もちろん、どんな理由があったとしても、虐待は虐待で、失われたいのちは確実に生を止められたのですから、許されることではありません。

 アートという名の下に、虐待があった。これが許せなかったのでしょう。

 私が本を読むのが好きなのは、皆様ご存知だと思いますけれども、すぐ近くにある図書館に行くのがいやで、ダイナ君が行くときに「何か借りてきて」と頼みました。そうしたら、ダイナ君が借りてきたのは推理小説だったとお話ししたと思います。で、ぶんちゃんもまた図書館に足しげく通う子ですので、「ノンフィクションを借りてきて」と頼みました。すると一回めにぶんちゃんが借りてきてくれたのは、神戸児童殺生事件の本でした。思い出していただきたいのは、この事件の犯人は少年だったんですね。で、裁判がきちんと行なわれることがなかったので、何がどうなって、淳君というお子さんが殺されることになったのか、遺族さえ知ることがなかったのです。そういうことで、筆者は事件までの経緯、犯人である少年の生い立ちや状況を本にしたわけです。

 私が自分で借りてくるなら、こういう本は借りてきませんね。ご存知のように、犯人は動物虐待をしていました。これが性と結びついていたというのが驚きで、心理学的にどういうことなのかというのは、私にはわかりません。同級生たちが、アダルトビデオを借りてきて皆で集まってこっそり見て、性的に興奮しているときに、「何がいいのかわからない」と思う犯人です。

 こうなってくると、動物虐待という行為は、私には、おそらく動物虐待に怒りを覚えている人には、もう理解できないものとなってしまいます。どのようにして、これをなくしていくのかという解決策を、考えることなどできません。

 さて、アートと称する芸術家と前述の動物虐待をした殺人事件の犯人と何が違うのか。以下、私の意見です。間違いがあったらご指摘ください。神戸の少年の場合、性的興奮と動物虐待が繋がっているならば、一人でこっそりと行なうでしょう。つまり虐待という行為をこっそり行い、一人で楽しむ。ひょっとしたら、パソコンで動画として流してみるかもしれませんが、第一義は自分のためでありましょう。

 で、アートの方となりますと、これは当然、多くの人々に見てもらわなければお話になりません。自分の作品ですから。その意図についてはいろいろと言われておりますが、多くの人が目にすれば何を考えるか。かわいそうだと思う人ばかりではなく、「動物はいたぶってもいいんだ」と動物虐待が市民権を得る、みたいなことになることを反対している方々は心配していると思います。もちろん、第一番目はこの残虐な行為を許せない。犬さんたちがかわいそうということであるとは思います。しかし、神戸の動物虐待とは、全然違う次元にあるということ。アートであれば動物虐待は許される。動物虐待はアートとなりうる。これが大きな衝撃を与えたといえるでしょう。

 私はいつも言っています。言葉をもたないものを虐待する。それは動物であれ、乳幼児であれ、高齢者であれ、共通している。何か一つを虐待する心の闇は、何をしても訴えられないということで、身近の弱いものの上におよびます。そういうことを許してはならない。それをアートと称して、広めていってよいのかという怒り。たとえどんな理由があるにせよ、いのちをいのちとして守っていくならともかく、いのちとせず、自分の意図を表現する道具として使っている。それが問題なのだと理解しています。

 許せないと思う。思ったならば、行動する。今回、多くの方々の署名が集まっています。声をあげることの大切さを痛感しております。ここからこの問題がどのように展開していくのか、皆様がたとご一緒に最後まで見守っていかねばならないと思っております。

20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。
a-re-.jpg





四国の高知からはみえっちさんからの募集です。イエローラブラドールのチョコちゃんとアーレーちゃん親子。詳細は「いつでも里親募集中」でご覧ください。


chimi.jpg
 埼玉県では、みいさんの保護された猫さんの新しい家族を募集しています。
 ちゃみちゃん 雌
 募集条件はかなり厳しいです。が、ご贔屓様の間では、当然の条件ですよというご意見となっております。
ご確認は『我が家の仲良し日記』からお願いします。


スポンサーサイト
2008.02.22(Fri)00:39 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年02月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2008年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。