動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 連日、ダイナ君の英単語につきあっておりますもうそろそろ五十になろうかという母親です。英単語というのは、なんというんでしょうかねえ、英語を理解したいなという思いがある人間にとってさえ、なかなかやっかいなものではありますが、「英語って、できて何が得?」みたいなダイナ君には、めちゃくちゃやっかいです。

 それで、とにかく最終チェックに借り出されておるわけですが、まあ、本当に覚えてないですね。
「たよる」「う~ん…」
「書くときはペンに頼るんだよ」
「え? ペン? ペンか。ペン」
「depend」
「そうだった」

 翌日。
「たよる」「えっと、ペンに頼るんだよな」
「そうそう」「コペン(=copen?)。じゃないか、コンペン(=conpen?)」
このdependの掲載されているページに、coから始まる単語が三つあるんですね。それで混同してるんです。このcoから始まる単語もですね。苦労しております。

 confirm  確信する =フィルムだと確信する(発音はファームなんですけどね)
 consider 考える  =シダだと考える(植物のシダですよ)

 非常に苦しいなあと思いつつ、とにかく何でもいい。こじつけでもいい。覚えねばと思っているわけですね。一昨年、飛行場でダイナ君に買った本に「極楽英単語」という本があります。Dr. コルティエという方が出した本なんですけどね。これなんかぶんちゃんとダイナ君が読みながら、笑っておりました。

 collapse 崩壊する =「こら! ブス」と言われて崩壊するプライド

 いろいろとおもしろい覚え方が書いておりましたが、あまり書くと、著作権に触れますので、ポプラ社から出版されております。笑いたい方はどうぞ(英単語を覚えたい方ではないのか)。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







スポンサーサイト
2008.04.30(Wed)00:50 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 うちには三匹のねこと一匹の犬がいますが、これはおのずと分担が決まっております。というか、犬猫さんの方で担当を決めたという感じです。たいだい、猫ボス年子はぶんちゃんが最初に保護した猫さんなので、ぶんちゃんのお気に入りですが、あまり人になついていません。

 一番、人になついていない助三郎は、最近、驚いたことに、世帯主の膝の上に乗ってくつろぐようになりました。だいたい、世帯主は数年前までは十時より早く帰ってきたことがありません。配置転換があってから、早く帰ってくるようになったのですが、まあ、世の中不景気ですので、「残業しないように」というお達しが出たのでしょう。当初は、ぶんちゃん、ダイナ君とともに、「わ、おとうさん、早い!」「げえ、どうしてこんなに早いんだよ」「うわ、どうするんだ」

 たいだい、世帯主はうちの家で、唯一テレビっ子なんですね。しかも阪神が好きなので、シーズン中はテレビの前にいます。暖房費、冷房費節約のために、皆、茶の間に集まって勉強するので(私、けちです)、非常に迷惑なわけですね。しかも、テレビをつけていなくても、なにかと話しかけるので、勉強に集中できない。「どうでもいいことばかり言う」と陰で言われております。そして、長い間、子供と一緒に時間を過ごしたことがないので、子供の生活パターンを把握していないんです。何曜日には何があるとか、何時にどこに行くとかですね。

 高度成長期以来、世帯主は夜遅くまで働くことを常としていたせいで、今社会は荒れているんでしょうかねえ。日本全体に父親不在のつけというのが、社会に出てきていないでしょうか。家庭の崩壊、一般常識の欠如ですね。たとえば、子供が母親に毒づくと。そこに父親が出てきて、「おかあさんに何てことを言うんだ」と叱り飛ばしてくれると。母親が「何言ってるんですか」と怒ったって、ヒステリーにしか見えませんからね。こういう効果を父親がいないと期待できないわけですね。景気が悪いと問題が出てきますけれども、景気がよくても問題がでてくる。世の中、結構ややこしくできていますね。

 まあそれはいいです。そういうわけで、なぜか、助三郎は世帯主の膝を気に入って、やってきます。同性としての悲哀というのが漂っていて、それを察知したのでしょうか。

 うちの家で唯一、犬猫さんの受けが悪いのがダイナ君なのです。なぜかというと、ダイナ君は、かまれること、ひっかかれることがいやなんですね。ですから、ちょっとひいてしまうようなところがあります。そのダイナ君が茶の間で勉強していると、なぜか町子が膝の上に乗るようになったのです。これはやはり、「動物学科に進学するぞ」という堅い決意がみなぎってきたのでしょうか(いや、それはない)。町子に指をかまれたりしていますが、「痛いよ、町ちゃん」とか言いながら、平気でおりますね。

 で、犬の格之進は私のそばに来ます。自分以外の動物が私に近寄ると、すぐかけよってきます。「格ちゃん、やきもちやいてるよ」とダイナ君はいいますが、おかげで猫さんは一匹もよってきません。まあ、いいですけどね。

 そこで今晩です。ワット君がやってきて、玄関を開けると珍しく中に入ってきました。時々、ワット君はうちの中に入ってきますが、まあ、好きにさせてあげています。「あら、ワット君じゃん」とダイナ君が茶の間から出てきました。廊下に座りこむと、ワット君、ダイナ君にすりすりして、膝の上に乗ってしまいました。
「お、おもい」

 ワット君は町子の三倍はあるでしょう。野良猫さんのはずですが、どうしてこれだけぽてぽてしているのか。しばらくダイナ君のそばにおりますので、ダイナ君が目で何か訴えています。わかっています。「うちで飼おう」と言っているのです。「とりあえず、爪きりしてシャンプーしてみようか。それが出来たら、まあ徐々に様子を見ながら」

 右手しか爪きりできませんでしたが、携帯でダイナ君の膝の上に座っているワット君の写真を撮り、ぶんちゃんに送りました。

「これ、誰か?」
「ワット!?」

 これでぶんちゃんは帰省すること間違いなし。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.28(Mon)01:11 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 連日、受験生となったダイナ君のお勉強につきあっております。なぜか毎日、英単語を覚えておりますね。だいたい、去年同じ本をやったはずなのに、どうしてこんなに覚えてないんでしょうか。ほとほとあきれております。そして、英語が得意だったぶんちゃんと比べると、いや、比べてはいかんのですが、人には、向き、不向きがあると納得しております。

 うちの家で唯一理系のダイナ君ですが、さりとて、では理数科がすごくできるのかというと全然そんなことありません。「おいおい、これで理系って、本気で言うのかよ」という感じです。まあ、行きたい大学の学部に入るのに、何の科目が必要かということですよなあ。本当の理系なら数Ⅲ数Cまでやるでしょう。それが理系なのに、いらない。物理だって必要でしょう。それが生物を代わりにやるというのですから、まあ、理系といっても推してしるべしですわ。

 ダイナ君の話によりますと、「俺、全然勉強する気にならないよ」という友人や、「俺、もう浪人しようかなあ」とかいう友人がいるとかいいます。彼らがでは全く点数がとれていないのかというと、そういうことはないのですから、ここはダイナ君に強くいっておきます。

 浪人したら点数が上がるというのは大間違い。しかも、うちの家は浪人させるほどお金に余裕がないです。

 私が動物愛護に興味をもっているということで、この間、祈りの友がご自分が教えにいっている専門学校の会報を持ってきてくださいました。この専門学校はもともとは、地元の不動産会社なのですが、時代の先取りでしょう、次から次へと専門学校を作っています。医療関係、コンピュータ関係、動物関係、服飾関係、美容関係、社会人向けのキャリアアップ講座もあります。

 トリマーさんにも検定試験があるんですね。すごいなあ。うちの近所のたらちゃん、ここの学校の実習のお手伝いをしているそうです。トイプードルさんですけど、千円でやってくれるそうですよ。もちろん、後の責任は持ちませんということでしょうけど。しつけなどもやるそうですけどね。私もここにちょっと行ってみるかなあ、格之進と。

 よく読んでおりますと、公認会計士や税理士、司法試験の合格者を出しているのですね。中にはですね。入学九ヶ月で、簿記検定一級をとって、税理士試験の合格科目を出している(五科目の合格科目が必要)方とかいらっしゃるわけですよ。しかも、それが進学校からは遠い高校出身者なわけです。勉強というのはやる気だなと思いました。情熱ですね。大学に四年いって、それから税理士試験をとろうか、などというそんな手間なことをせずに、高校を卒業して、さっさと資格試験にチャレンジする。大卒などという肩書きがなくても、難しい資格試験を取っているわけですから、別段、困るわけでもないんですね。大学にいけば、やりたくない科目もやらねばならない。そんな無駄なことをせずに、集中的に試験に向けて勉強していけばいいわけですね。

 東京の大原簿記専門学校でしたか、昔、JRの乗り換えで看板をよく見かけました。「資格は学歴を制す」これは本当だなと思いました。大学に入学して、「やれやれやっと受験勉強が終わった。さあ、遊ぶぞ」では、二、三年後に頭が勉強するモードになっていないんですね。バイトして、遊んで、就職を考えて。時間の猶予があるといえば、ありますが。そういう時間も必要かもしれませんけどね。

 ダイナ君は病気ですから、自立できる職業、家でできる職業と思って、資格試験の話を何度もしましたね。でも、ダイナ君は「僕は動物の飼育がしたいんだ」と言いました。いくら「資格は学歴を制す」だと思っても、本人がそう思ってくれないとそういうわけにもいかないのですね。向き、不向きもあるとしたら、英単語を覚えるのに四苦八苦しているダイナ君には、資格試験は無理かもしれません。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.27(Sun)21:04 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 本日も食についてまいりましょう。ご存知、クローン牛です。ドリーちゃんが出てきたのは何年前でしょうかねえ。実にいろいろなところで、この子の写真が見られました。有名人ですね。あ、ドリーちゃん、羊さんですけどね。あのとき、「ああ、ついに」というか、「いや、もうやめておきなさい」と思いましたね。いずれ人間にまで波及するぞと思わずにはいられませんでしたから。

 2001年からアメリカでは、クローン牛、羊、豚から取れた牛乳の状態を調査していたそうですが、先月、USFDAは食するに、生肉も人間には影響を及ぼさないと発表し、販売許可を出したとのこと。

 おいおいおい、ちょっと待ってくれ。クローン牛の出産の死亡率が高いのはなぜに? 死亡原因に呼吸不全があるらしいけれども、それはなぜ? このあたりの解明をせずに、安全というって、裏で何があったんですか? そりゃ、世界的に食料不足ですよ。「足らなければ、クローンで増やせ」というのがこれから合言葉になるんでしょうかねえ。

 そのうえ、冗談じゃないぜと思ったのは、別にクローンって表示しなくてもいいんですって。アメリカって、こんな国だったんですか。なんか、基準が日本より厳しいとか聞いておりましたけどねえ。肉さん関係はこんなにずさんな国だったんですか。

 何がびっくりしたかって、日本政府がこれに追随していることですよ。折りしも、吉野家さんのアメリカ産牛肉に脊椎部位が混入していたと発覚したところだというのに。なんか、アメリカの食肉業界はおかしいぞ。それはいいですが、「クローン牛から作られた肉類と乳製品は、人間の食用として安全である」と発表したそうですなあ。

 しかし、それよりもなによりも衝撃的だったことはと言いますとね、日本国内にクローン牛を育てている施設が40もあるんですよ。そのうち、33は将来の出荷を視野に入れていると。うわ、そんなにあったんだ。

 かなり前に、私、「眠れない一族」という書評のお話を書いたと思います。プリオンというたんぱく質が原因で、ヤコブ病になる。その一族もプリオンのせいらしい。そして、原因はわからないけれども、有史以前、人間は人の肉を食べる習慣があって、そのせいではないかと言われていると。

 つまり、何千年もたたないと、影響がはっきりとわからない。これが真実だろうと思いますよ。どうして遺伝子組み換え食品がよくないか。どのような影響が出るのか、どのように出るのか、どのくらい続くのか、何もわからないからです。影響が出てから、対策を講じるのでは遅い。そういう意味では、食品添加物だってそうです。出てくるのは、これからでしょう。しかも、どのくらい時間がたってから出てくるのかはわからない。

 つまり今の決断の責任というのは、何十年後、何百年後、何千年後にとることになるかもしれない。その時、実際、責任をとるべき人間はとっくに天に帰って、責任なんて関係なくなっているわけですね。

 自然についてもそうです。食についてもそうです。こと、いのちに関係していることについてはすべてそうです。短絡的に安易に、目先のことだけを優先して、GOサインを出していいわけがない。食の安全は、いのちの安全だということを、行政も企業も、また個人としての人間も知っておいていただきたい。そんな思いがしました。

 神様は地球を創られたとき、すべての生き物をつくられた後、「よしとされた」と聖書には書いてあります。今更、地球が作られた時の状態にはもどれません。しかし、あなたは今の自然についても、いのちの状態についても、食についても、「よし」と思うことができますか?
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.25(Fri)01:00 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 1
 今日も今日とて、お狂です。  

 私が自分の母親に感謝していることの一つに、「チョコレートを食べさせてくれなかった」というのがあります。他にも「缶詰を食べさせてくれなかった」とか「ジュースを飲ませてくれなかった」とか。で、チョコレートを食べなかったので、虫歯がないかというと全くそういうことはありません。ですが、チョコレートが好きでないせいで、バレンタインデーという習慣にはチョコレートを送ろうなどという気持ちにはならなかったことに、少しばかり安堵しております。おいしいチョコレートが出回っている昨今、チョコレートが好きだったら、きっと人に送るより前に、自分で買い尽くして食べておりますね。

 まあ、それはともかくです。チョコレートを食べないので全く関係ないと思っていたのですが、こういう問題が発覚しております。3月19日に、明治製菓がGF2の自主回収を始めたとのことです。このGF2というのは、何かといいますと、明治製菓開発の遺伝子組み換え原料だそうです。遺伝子組み換え技術を用いた食品の商品化には食品衛生法に基づき、「遺伝子組み換え安全性審査」の手続きをしなければならないそうです。それを行なわずに、商品を販売していたとのこと。

 「ああ、よかった、私、チョコレート、食べないもんな」と明治製菓の商品など何があるか知らないお狂は能天気に思っていたわけですよ。ところがです。このGF2というのがどういうものなのかよくわからないのですが、食品原料として食品メーカーや外食チェーン店に販売されている可能性があるとのこと。不二食品という会社が自主回収したそうです。

 「グリーンピース」はこのGF2を取り引きした会社名を、明治製菓に公開するように求めているそうですが、回答は今のところ返ってきていないとのこと。「こういう会社の商品は不買運動をせねばならんね。って、お狂は明治製菓の食品は購入したことないしい」と思ってはいるものの、しかし、私、チョコレートは食べませんが、チョコレートケーキを食べることがあります。まあ、年に一回くらいですけどね。ココアも飲みませんけど、フォンダンショコラなんかを購入したこともありますね。一昨年ですけど。

 ご存知かどうか、前に「ヘルシア」「エコナ」の検査データに対する対応を見て、それ以来花王の製品は購入しないことにしております。明治製菓もチョコレートの好きなぶんちゃんには「買うんじゃない」と伝えておきます。

 なお、グリーンピースでは、このGF2を扱っている会社名を公開するように、明治製菓に呼びかけておりますが、オンライン署名を行なっているそうです。ご興味のある方はどうぞ。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.23(Wed)21:24 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。
  
 昨日、あげました「ナツ日記ブログテーマソング」ですが、ナツママさんより、動画のご提供がありましたので、UPいたします。中国拳法演舞を真面目に舞っておったダイナ君の映像は大幅に削減されましたので、ダイナ君がみたいという方(いるのか?)は昨日の動画をご覧ください。

 コーギーには2種類あって、断尾を習慣としているペンブロークの特徴はご覧いただいたらおわかりいただけますように、この歩き方です。もこもこ、ゆさゆさ、ふりふりとどの擬態語を使っても、いまいち表現しきれないくらい可愛い歩き方です。個人的には、この断尾という習慣はやめていただきたいものだと思うんですけどね。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.21(Mon)18:53 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も 今日とて、お狂です。

 皆様、お狂の職業は何かご存知ですかな? ブログテーマソングメーカーですよ(そんな職業あるか!! それに依頼もなけりゃ、営業もしてないだろ!!) 。あ、嘘々、不良主婦です(そんな職業もないわい!!) 。

 それはよしとして、ご贔屓様のブログに勝手にテーマソングを作って、売りつけているという(無償提供ですよ、当然)、まあそれもいいとして。何が言いたいんだ!! つまり昨日、新しいブログテーマソングを作ったわけですよ。まあ、ご贔屓様のブログテーマソングをすべて作るというのが、私の野望ですけど、作られて、無理やり押し付けられたご贔屓様は「困ったなあ」という雰囲気が。なんとなく伝わってこないでもないのですが。


 ナツ日記


 ボランティア犬ナツが行く ボランティア犬ナツが行く
 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
 ボランティア犬ナツが行く

 人に撫でられることが好きな、足の短い犬だから
 あなたの心に慰めを届けます

 ボランティア犬ナツが行く ボランティア犬ナツが行く
 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
 ボランティア犬ナツが行く

  このところ、ナツさんは体調が悪くて、ボランティアをお休みしています。ナツさんに早く治ってもらって、頑張ってボランティア犬として活躍していただきたいという思いで、一日で曲が完成しました。って、歌の部分はとっくに出来ていたんですけどね。

 ところで、今まで作りましたブログテーマソングですが、個人的に、作ったものについてはお渡ししています。動画部分をご自分で差し替えられるのもよし、私の方で差し替えてほしいとおっしゃるのであれば、どうぞ動画を何本かお送りください。私は映像関係は知識がありませんので、前もってお知らせしておきます。そして、押し売りで作っておりますので、制作後、お渡ししましたら、ご自由になさってください。お使いになるなり、お蔵に保存されるなり、削除廃棄されるなり、どうぞ。

 では、ナツさん、体調復帰をお待ちしておりますぞ。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.20(Sun)18:25 |  日記  | コメント : 9 | トラックバック : 0
cats-019.jpg
 今日も今日とて、お狂です。

 こちら、ご存知、うちの三匹目の猫さん、町子ですね。昨日、今日と、こちら、雨続き。この雨は東日本に明日から行くそうですが、まあ珍しくじゃじゃ降りでしたわ。

 昨日ですね、私、一生懸命お掃除したわけですよ。そして、そこはやはり不良主婦です、夜には疲れて寝ていたわけです。十九時過ぎにダイナ君を車で塾に送り届け、三匹の猫さんをケージから出して、好きにさせていたと。私と格之進はお布団で寝ていたわけですね。悪いですけど、そこは疲れからぐっすりです。そろそろダイナ君のお迎えに行かねばと、起きだしたのが二十三時前です。あら、猫さんの姿が見えませんな。

 下に降りると、助三郎が。「助ちゃん、おかあさん、おにいちゃんのお迎えに行くから、ケージの中に入ってよ」と入れますが、あとの二匹の姿が見えません。ちりりと鈴の音が。なんと、茶の間の庭への扉が開いているではありませんか!!

 縁側を降りたところに、年子が。あわてて、抱き上げます。
「何すんのよ!」という鳴き声を出しますが、容赦ありません。ケージに強制収用です。町子がいません。しかし、もうダイナ君のお迎えに行かねば。町子はすばしこいので、脱走していたなら、二人がかりでないと捕獲は無理です。早くいって帰ってこねば、町子がいなくなる。

 ダイナ君を車に乗せると、状況の説明をします。
「雨だから、遠くまでいってないと思うよ」
「だとは思うけど、町子はすばしっこいから二人がかりでないと捕獲できないね」

 家について、駐車スペースに車をいれます。車から降りると、ワット君が「にゃ~」と姿を現せました。その後ろ、車の下から町子が「にゃあ」

「ワットにいちゃん、こんばんは」
「あら、町子ちゃん、どうしてここに?」
そんな表情の二人。

 手を伸ばしましたが、捕獲失敗。
「ダイナ君、しくじった」
「裏に行ったよ。僕、ここにいるから、追い込んでよ」

 裏に回りますと、縁側にこの写真のキャットタワーが。格之進がしーをしたので、出していたのです。その二段めの、穴の空いているとこに昇っています。捕獲成功。かなり抵抗しています。

「おかあさん、雨で汚れてるよ。シャンプーしないと」
 
 非常な抵抗にあいましたが、きれいに洗えました。ケージの中で、年子と助三郎になめてもらっています。しばしの冒険、お疲れ様。
 
 ぶんちゃんにメールで連絡すると、
「今回もワット君のお手柄じゃん。やっぱりワット君は飼ってあげないとだめだよ」
「う~ん、そう思うんだけどねえ」

 複雑な気持ちです。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.17(Thu)00:50 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
what-004.jpg
 今日も今日とて、お狂です。

 こちら、いつぞや、うちで捕獲したワット君。いつも、野良猫生活をしておりますが。最近、暖かくなったこととて、食欲が落ちてきました。冬の間は、きちんと朝晩の餌をもらいに来ますが、最近、朝は来なかったり、晩も時間には来なかったり。メタボのワット君、まあ、食欲が落ちても昨年のように心配したりはしません。私も経験を積んでまいりました。

 とこで、一昨日、夜のことです。ワット君の姿が玄関に。今はフードをあげても、あまり食べないので、何しにくるのかよくわからないのですが、扉を開けるに。

 !!!

 そうです、お礼をもってきてくれたのです。車の下に見えています。なんか、大きいみたいなので、見ないようにします。そこへ、ダイナ君。

「おかあさん、何してるの?」
「いや、ワット君が来たんだけど」
「あ、ワット君。どうしたの?」
「車の下に何か…」
「僕が見てこようか」
「ついでにビニル袋に入れて、捨ててよ」
「えー!」
「男だろ」
「う、うん」

 しばし緊張状態。

「調理した魚だね」
「え?」

 見ると、焼き魚です。どこかのゴミ箱を漁ってきたのかなあ。ワット君、ご近所での印象が悪くなるから、漁るのはやめなさいよ。餌はあげてるでしょ。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。







2008.04.16(Wed)20:39 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 先日、犬の格之進が晩御飯の後、何やら、私の目の前で、「歯に何か、はさまった」という表情をしたんですね。それで、ちょっと、歯をコットンでふいてみるかと。もともと、格之進はうちに来たときから歯石がついていたので、いつかとりましょうと言われていました。

 ご存知のように、歯石をとるためには、麻酔をかけて、眠った状態で、超音波でとっていきます。麻酔をかけるということで、かなりの仕事となるわけですね。で、今にいたるまで、まだ歯石とりをしていなかったんです。

 格之進の口を開けさせて、濡れたコットンで歯をふくと。「結構、大きな歯石がついてるじゃん」と思い、コットンの上から爪をたてて、歯と歯茎の隙間に力をかけますと、ばここん。

 ティッシュ・ペーパーの上に私が置いたのは、かなり大きな塊です。
「これ、歯じゃないの!」
「歯を抜いたんじゃないのか!!」
「どうして、この程度の力で歯が抜けるんですか」
もう一度、トライしてみますと、またまた大きな塊が。
「歯みたいだよ」
「歯石だって」
「どうして、こんな大きな歯石が。そうか、生まれてから、歯みがきしてないもんな」

 世帯主とダイナ君はかなり、驚いております。とはいえ、歯の外側の表面なら、私でも取り除くことはできましたが、内側となるとそうはいかないでしょう。早めに、麻酔をかけて、除去してもらった方がいいでしょうかねえ。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。




2008.04.14(Mon)01:02 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 連日、受験生とは思えないダイナ君にまつわるi-podがらみのお話をお届けしております(もう、いいって!)。昨日、i-podを父親からもらうということで、もらいかけていたダイナ君。夜、塾に行って帰ってくるときに、ふともらおしております。

「やっぱり、おとうさんからもらうのはやめて、受験が終わったら、新しいのを買おう」

 だまされてはいけません。最初に一度だまされた母親は賢くなっております。ここで、簡単に「偉い!」などとは言いません。
「あ、そう」
「おとうさんのは、2GBなんだけど、壊れた僕のは4GBだった。2GBじゃ容量が少なすぎる」


 やっぱり、そういうことだったか。まあ、それでよしとしよう。

 明けて、本日12日土曜日は、格之進の狂犬病予防注射が、ぶんちゃん、ダイナ君が卒業した小学校で行なわれます。昨年、歩かないことがわかっていたので、近いのに車に乗せていきました。本日は、ダイナ君の学校のお迎えがあることとて、世帯主に乗せていってもらって、世帯主はダイナ君のお迎え、私と格之進は歩いてかえると。

 行きますと、3分前というのに、まだ準備がなされていなくて、犬さんが待っています。二十匹もはいなかったですかね。私は門の外で石に腰かけて格之進を抱いていたのですが、震える格之進をダックスフントを抱いた小学生の女の子が見て、「こわいの? 大丈夫だよ」と言ってくれました。おかあさんも「予防注射がわかるんでしょうかね?」本当は、外に連れ出されたらいつでもどこでも震えているのですが、「そうですね」と応えておきました。

 私のすぐ後からやってきた犬、明らかに皮膚病です。これはひどいなあ、治療していないのかなあ。見ていてかわいそう。今年は排泄行為に及ぶことなく終了した格之進ですが、その問題の犬さん、注射しようとすると、体をくるっと回転させて、獣医さんに顔を向けてしまいます。
「この皮膚病はひどいねえ。病院に連れていきましたか?」
「いえ」
 注射しようとしても、飼い主さんに保定されない犬。これはどうしたって、飼い主と犬さんとの関係が良好とはいえません。私たちが帰ろうとしても、まだ注射できないでいます。先生と飼い主さんの会話に耳をそばだてつつ、歩きます。

「耳の中も真っ黒だからね。これはそうとうかゆいと思いますよ。薬を飲まないといけない」

 犬小屋につなぎっぱなしだったんですね。動物の幸せは飼い主で決まる。アニマル・カウンセラーみたいな職業があって、気軽に相談できたらいいですよね。子育ての相談にのってくれる保健婦さんみたいなものですね。犬さんが言うこときかなくて、犬小屋につなぎっぱなしになったのかもしれません。それにしてもです。早い段階で何とかできたのに。あまりにかわいそうです。

 飼い主さんが、あの犬さんを動物病院に連れていってくれますように。そして、飼い方を考えてくれますように。

 格之進はといえば、横断歩道を右に左に行きながら、正しい歩行ができずに、しかし、一目散に家へと帰宅しました。こいつも、何とかしてあげないといけません。

20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。




2008.04.12(Sat)14:49 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、お伝えいたしましたi-pod液晶破壊事件の続報でございます。

 帰宅した世帯主が「i-podは二つ持っているから、一つ、ダイナにあげる」

 なんですか、それ。一つも持っていない母親に対して、二つも持っている父親。しかも、破壊したという報告を受けた日に言わずに、翌日に提案するとな。せっかく受験生として皆様がたにない胸を張ってご報告したエピソードというのに、たった一日で受験生もどきになってしまって、「あ、ありがと」と受け取るダイナ君。

 神様がしっかり勉強しなさいと言われていると、心新たに勉強へとまい進するんじゃなかったんかい!!
 

 母親として情けないわ!! 

 「明日、古典の小テストがあるから、覚えるの手伝って」「うん」

 出てまいりましたのは、六歌仙です。ご存知ですかな? 『古今和歌集仮名序』において、かの紀貫之が「近き世にその名きこえたる人」としてあげた六人ですね。しかし、紀貫之はこの六人を六歌仙などとは呼んでいません。後世、言われるようになったと。しかし、この六人、藤原氏に恨みを持つ人々でもあったらしいですよ。まあ、古今集を待つまでもなく、万葉集ですね。藤原氏との反対勢力大友氏が選者ですからね。そういえば、文学関係にはなぜか権力争いの座から転落した人が多いですね。

 で、ダイナ君は誰もが知っている有名な二人、在原業平と小野小町は言えるのですが、あとの四人がいえないと。
「喜撰法師、僧正遍昭、文屋康秀」
「あと一人」
「う~んと、大伴の」
「あまり、この名前好きじゃないなあ」
「金持ち」

 そんな名前、人につけるかい!!

 大伴黒主はそのさまいやし。いはば薪を負へる山人の花の陰にやすめるが如し。

 くろぬしでした。大伴家持(おおとものやかもち)は、万葉集の選者とされていますね。親戚筋には、歌人がずらっと並んでいる貴族の家系です。

20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。




2008.04.10(Thu)12:44 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、学校から帰ってきたダイナ君、自分の部屋に上がったと思ったら、降りてきて、涙目になっています。
「i-podの液晶が割れてる。もう使えない」
「どうしてまた?」
「ベッドから落ちてた」
「寝るときに聴いたらだめって言ったでしょう」
「聴いてないよ」(絶対、嘘)
「半分、出してあげるから、買う?」
「いや、もういい。受験生だから、受験が終わるまで我慢する」
「偉い!!」

 世帯主が帰宅して、明るく、i-podが壊れたという話をしておりました。もう気持ちの整理ができたのでしょうか?
「おかあさんが代わりに歌ってあげるわ。あ~、それそれ」
「あ~、それそれなんて、歌詞はレゲエにはないよ!」
そこに世帯主が参戦。
「そんな軽やかな歌い方じゃない。もっとだみ声」

 ダイナ君のクラスが15名という話は前にしたと思うのですが、新学期になって、二人増えました。それで、新しく入ってきた男子に何という呼び名をつけるか、今、皆で考えているとのこと。
「それって、つけないといけないの?」
「皆、それぞれ、つけられてるからなあ」

 ダイナ君の話によりますと、これは仮の話ですが、「山本君という子に、佐藤という呼び名をつける」などという例もあるそうで。
「つけられた子は、いやがってないの?」
「うん。平気だね」

 やっぱりダイナ君のクラスはおかしい。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。




2008.04.09(Wed)00:33 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 山で桜を見つつ、お散歩したのはいいですが、次の日、雨となって、家にこもっていた犬の格之進。相変わらす、私の後をついて回っております。人間だったら、ストーカーかなあ。そんなに思われてみたいかも。

 先日、犬の雑誌を読んでいまして、「犬が人間と同じベッドで寝ることはよいのか?」という問いに対して、4人のドッグトレーナーが答えを出していました。YES二人、NO二人。4人とも条件つきです。

 私が格之進を家に迎えるにあたって、とりあえず本を読んではみましたが、犬と一緒のお布団で寝てはいけないと。それは、犬というのは、群れの中で力関係がはっきりしていて、人間を飼い主ではななく、自分と同等かそれ以下の力関係にある存在であると認識するからだと書いてありました。

 一緒に寝てはいけないと書いてあったのですが、うちに来た格之進はケージの中でずっと震えていました。私は沖縄より十度気温の低い場所にきたので、寒くて震えているのだろうと、私のお布団の中に入れてあげたのです。格之進はお布団の中ほどまで潜って寝ました。明け方になって、まるで、「あ、まずい」とでも言うように、ケージに慌てて走ってもどりました。

 それから数日、格之進をお布団の中に入れて寝る。明け方には、ケージにあわててもどる。ということをしているうちに、私がお布団を敷くと、敷布団を敷いた時点で、足元あたりに丸くなるようになりました。それからしばしたつと、私がお布団に入って寝ていると、自分の鼻で掛け布団をあけようとするようになりました。

 それから夏がきて、格之進は私とは別に寝るようになりましたが、冬がくると、また一緒に寝るようになりました。

 一緒にお布団で寝るというと、どういう図を想像しますか? おそらく、枕の自分の顔の横に犬も顔を出して寝ているというのを想像しないでしょうか? ところが、格之進はお布団の中にもぐって、真ん中より下のあたりで、私の体にぴたっと触れて寝るのです。

 前述のドッグトレーナさんの中に、「一緒に寝られる犬というのは、言わなくても、足元に丸くなる」と解説しているのがありました。そこそこ条件を満たしているかもしれません。

 私は犬であろうが、猫であろうが、双方一人で寝るときと変わらず、ぐっすり眠れるのなら、別に一緒に寝たってかまわないだろうと思うのですが。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。


2008.04.08(Tue)21:24 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 週末、雨模様という天気予報は見事にはずれ、お花見にはもってこいの週末となりました。というわけで、昨夜のダイナ君との夜桜見物に引き続き、今回、犬の格之進をつれ、山にきております。
2008-045.jpg
「おにいちゃん、ぼくね、お散歩、嫌いなんですよ」
「知ってるよ。でも、なれないとね。お散歩は楽しいものだし。格ちゃんも犬さんなんだから、犬としての楽しみというのね、経験してもらいたいわけ」
「おにいちゃん、学生としての楽しみはなんですか?」
「勉強ですよ」
なわけないだろ!!
「とにかくね、桜がきれいだから、格ちゃん、ちょっと歩いてみようよ」
「あの」

 格之進は緊張すると、すぐ排泄行為に及ぶのですが、今日もまた数回。
2008-043.jpg
「すっきりしたので、おにいちゃんの顔を立てて、ちょっとだけ行ってみます」
「よろしくね。どう? いつも家の庭しか歩いてないでしょ?」
「帰りたいです」
「まだ早いよ。もう少し歩こうよ」
「おかあさんは、どこですか?」
「おかあさんは一緒にいるよ。大丈夫だって」

 人が来るたびに、私の足もとにやってきては、見上げています。これは「抱っこして」と言っているんですね。時には抱っこし、時には「大丈夫」といい、なんとか歩いてみました。

 帰宅すると、「待て」の姿勢で珍しく、目をつぶってうとうと。いつもは自分のベッドでうとうとするのですが。よし、明日は、河川敷の桜にチャレンジだ。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。


2008.04.06(Sun)01:32 |  日記  | コメント : 22 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。
2008-021.jpg
 本日より、ダイナ君、高校最後の年度が始まっております。先行き、不安です。どうなる、ダイナ君。

 まあそれはいいとして、短い春休みでありましたが、ダイナ君がいくつかやったことがあります。そのひとつが亀の水槽のお掃除。

 冬の間、玄関に置かれた二つの水槽に、一匹づつ亀はいるのですが(体が大きいので、二匹一緒には入れておけない)、ほとんど動きません。餌も食べません。
2008-022.jpg

 ところが、暖かくなってくると、動き始めるんですね。水槽のお掃除をする間、駐車スペース横の土の上に、二匹の亀を放しておきます。亀は大きな石をほいほいとのぼり、日光浴しております。甲羅を乾かすのですね。

 この間、水槽をきれいに洗って、新しいお水をためます。そうやって、亀を水槽にもどしますと、「餌くれ、餌くれ」と騒ぎだします。手足をばたばたと、水槽の壁面に打ち付けるんですね。こうなってくると、彼らにとっては春です。

 もう少し暖かくなると、裏庭の大きな子供用水浴びたらいにお水を張って、そちらに移動させます。夜中でも、時々、「ばちん」とか「ばちゃばちゃ」という音が聞こえて、「泥棒か」などと思うことがありますけどね。

 春という季節は活動のシーズンですが、動物にとっては嬉しさひとしお。そんな気がしますね。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。


2008.04.05(Sat)20:48 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 最近、少子化問題が取り上げられるときには、モデル国として登場するのがフランスです。1994年に1.65だった出生率が、2006年には2.005まで回復しております。育児休暇も長期、労働時間も短縮できる。子供の病気のために、年間16日まで休める。公共施設は無料、ホテル、レンタカー 、デパートにも割引がきいて、国鉄は75%割引。子供が3人以上なら、支援ももっと手厚くなると。

 しかし、フランスで特筆すべきは、「ユニオン・リーブル」ですね。「内縁関係証明書」を役所に提出すれば、正式に結婚していなくても、つまり同棲でも、子育てについては結婚しているのと同様の権利が認められると。

 そして、いつも話題となるのが、婚外子の問題ですね。婚外子の割合はフランスでは2005年には48.4%と発表されておりますが、既に半分を越えていると報道されておりますね。ちなみに割合の多い方から上げていきましょう。2005年の統計です。

 スエェーデン  55.4%
 フランス 48.4%
 デンマーク 45.7%
 英国 42.9%
 米国 36.8%

 日本は2%です。

 どうして婚外子が多いかというと、「後先考えずに、生めば何とかなる」という制度になっているからですね。フランスの例をとるまでもなく、嫡出子と同じような権利が受けられるのですね。スペイン、イタリアという国はカトリックの国なので、欧州の中でも低い割合となっていますが、それでも日本より多い。

 ということは、日本の制度というのは、家族形態が法律的にきちんとしていないと受けられないということがあげられるでしょう。といいますか、法律的に何ら問題のない家庭でも十分な補助が受けられていないのですから、なおさらのこととなります。ただでさえ、子供を育てていくのが難しい経済状況。これを母親(だけの場合が多いと思います)たった一人で育てていけと。そりゃ、厳しいでしょう。

 私の知り合いにもシングルマザーといますけど、母子家庭の手当てですね。十分じゃないですよ。医療費がかからないのはありがたいことですけれどもね。

 で、ぶんちゃんとこの話をしていたんですね。そうしたら、ぶんちゃんは「育てられないのなら、生むのはよくないんじゃないかなあ」と言っておりました。育てられないから、生むのはやめようという選択をした方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、経済的に育てられても、生めるだろうか。婚外子が胸を張って生きられるほど、差別のない社会になっているだろうか。

 ぶんちゃんが小学一年生に入学したとき、クラスに両親が離婚したという子供が一人いました。ダイナ君が小学六年生になったとき、私、役員をしましたが、一年から六年まで各学年に一人選出されたおかあさんのうち、母子家庭のおかあさんは3人いました。これだけみたら、50%ですけど、そういうことはないですよね。私は、いいことではないかなと思いましたよ。両親がいがみあって一つ屋根のもとにいるより、別々に暮らしていれば、たまに会ったときに、どちらも相手に対してよい顔ができるのではないか。両親が普通に話しをすることもできるようになるかもしれない。そういう面を子供に見せられるかもしれない。

 しかし、家族制度の問題が残っているわけですね。そういう意味で、フランスなどの「ユニオン・リーブル」という形態は楽かもしれませんよ。最終的に法律的に家族になる。もちろんならないかもしれない。その反面、良い面ばかりではなく、家族の崩壊と、子供の精神にどのように影響を及ぼすのか。これについては未知数かなとも思います。

 以前読んだ本なのですが、アメリカ人の著者でした。戦争で天に帰った魂の数より、中絶で天に帰った胎児の数の方が何倍も多いと。日本だってそうだと思います。中絶しようと思う子供を政府が面倒をみるから生んでくださいといったなら、それに母親が同意したなら、出生率はおそらくすぐ3を越すのじゃないでしょうか。

 私は男女の関係がどのようなものになろうとも、それは本人たちがよければいいことですから、法的に結婚しようが、同棲しようか、離婚しようがかまわないとは思っています。が、子供ですね。どのような影響を与えるのか、これが全くなしではないだろうと思うときに、出生率をあげているのが、婚外子だということに、非常に複雑な思いを抱きます。欧州の中では、法的に正式な手続きを踏んでいなかった。たまたま結婚していない状態で何十年も暮らしていた。そんな家族もいると思うんですね。法的に同じ権利を持つことができるなら、そういうカップルだっているに違いない。しかし、戸籍のきちんとしている国である日本では、婚外子というのは、なかなか受け入れにくい観念であるかもしれません。

 「籍を入れるの、忘れてた」とかいうような軽いものであったなら、どうってことないのですけれどもね。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。

2008.04.04(Fri)13:48 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 本日はですね、皆様方のご意見が聞きたいと思っているのです。最初にお断りしておきます。私は子供が二人おります。子供がいることが決して偉いわけでもありませんし、子供をもたないことを選択した方もいらっしゃると思います。また、ほしかったけれども、もてなかった方もいらっしゃると思います。そういうところからは切り離して、話は進めてはまいりますが、そこを触れずにはいられないかもしれません。社会的な問題として考えていきたいと思うわけです。

 私のクリスチャンの祈りの友に、十歳くらい年上の幼稚園の教頭先生がいらっしゃいます。それで、子供の問題、家族の問題、教育問題など話す機会があるのですが、少子化問題ですね。これについて意見が一致していることがあるのです。

 政府の対策はずれてる。

 私と彼女の意見は同じでして、子供というのは親が育てるものである。保育園が育てるものではない、祖父母でもない。親が育てる。親のいないお子さんの話はちょっと置いておいてください。で、働く母親のために必要なのは、保育園ではなく、早退できるような環境。三時に帰宅して、母親が幼稚園なり、保育園に子供をお迎えに行く。そして、夕食を家で食べる。もちろん、外食でもいいですが、そして、この役は父親でもいいんです。

 私はダイナ君が病気だったので、専業主婦をするしかなかったです。ですが、自分ではわかりませんでしたが、高校生になった子どもたちを家で迎えられること。これはよかったと思っています。子供二人は、帰宅して、まず最初に「おなかすいた」ということもありますし、「テストができなかった」ということもあります。時には、非常に暗い顔をしていることもありますし、明るい顔をしていることもあります。幸いなことに、迎えることができるので、学校であったことが顔をみればなんとなくわかるようになっております。

 おかげで私のような不良主婦でも母親がやれたのではと思います。家というのは、玄関に入ったときに、「さあ、気持ちを切り替えよう」という場所であってはいけませんし、「つらかった」と言える場所でなければならないと思っています。もし私が働いていて、彼らより遅く帰ってくる。学校でおこったことの気持ちをひきずっている時間は短く、気持ちの切り替えが彼らはできる。私が帰宅したときには、子供の感情の動きをとらえることは無理だっただろうと思います。

 親子の絆というのは、時間の長さで計るものではないとは思います。ですが、時間がフォローしてくれる部分は非常に多い。

 高度成長期から後、父親は一生懸命働いて、家にいる時間が短く、家族の動向など知らないということが多くなったと思います。それより前だって、そうだったかもしれませんが、しかし、それより前の時代は、兄弟の数が多かった。父親以外にフォローしてくれる人がいたような気がいたします。核家族になったところで、家族一人ひとりの役割がそれぞれ重くなってしまって(こういう言い方がいいのかどうか)、母親は一緒に子育ての責任を背負ってくれる父親が不在のもと、子供は親以外の相談相手である兄弟がいなくなっている。

 ここにもってきて、母親が働けば、子供と共有する時間は非常に短い。母親が働くことは別に悪いとも思いませんが、母親が母親業をきちんとやろうとすると、どうしても働く時間を短くして、それでも仕事に支障がでないような状態を用意してあげなければ無理です。政府も企業も、会社員の代わりはいくらでもいるけれども、母親の代わりはいないという考えのもと、時短と給料の補填をしてあげてほしい。

 ただですね。ここには一つ問題があって、母親業が嫌いな人も多くいるということです。子供よりも自分が遊びたい、そのためにお金がほしいという人もいると思うんですね。昨今の新聞をにぎわせている事件を見ると、ちょっと信じられないなあと思うような親がいることも事実です。

 それは前述した高度成長期からの家族崩壊、ここに起因しているのではないかなと思うのですが、家族というもの。この本来の姿というのでしょうか、これを守るために、母親の就業形態を考えることは必要かなと思います。

 もっとも、地域の方々、祖父母、親戚など、親の代わりができる方がいれば、かなり話はかわってくるかなと思ったりするんですね。基本は、自分を大切に思っていてくれる大人がいる。そこに行けば、自分は守られている。そう子供が感じることができればいいと思うんです。ですが、今の社会にそれを求めるのは少し無理かなと感じるのです。

 いかがでしょうか。ご意見等、お聞かせください。明日は、婚外子について考えてみます。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。

2008.04.02(Wed)20:34 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 28日、先週金曜日ですね。ダイナ君を塾のお迎えに行きました。行ってる途中で、道路の真ん中にいたんですね。猫さんの魂の抜け殻です。しかも、どうも頭より出血しているみたいだと。うわ~、ひどいわ、これ。と思いつつ、ダイナ君を迎えに行き、同じ道を通って帰宅。

「しまった、また見てしまった」「あ、猫の死骸」「かわいそう。道路の真ん中だよね」「誰かな」「知らない猫だよね」

 家についてから、「茶色だったよね」「え? 僕、白かったと思ったけど」「それほど太ってなかったよね」「太ってたと思うけど」「え!! じゃあ、ワット君かも」

 車から降りると、「確認に行くんだよね」とダイナ君。「う~ん、怖くていけない」といいつつ、家の中に入りました。茶の間にはぶんちゃんが。
「どうしたの?」「猫の死骸が道路の真中に」「かわいそうじゃない」「ワット君かもしれないって」「ええ!! 確認に行く」「やめておきなさいよ」「だって、道路の真中のままじゃかわいそうじゃないの。ワット君かどうかも確認しないと」

 ぶんちゃんとダイナ君、すぐさま行動を起こしております。「何を持っていけばいいっけ。ビニル袋かな」「土に埋めるなら、新聞紙にしなさい」と新聞紙を渡すと二人は出かけていきました。

 私はスコップで、庭の土を掘りました。なんかこの間もワット君、鼠を連れてきたし、わけのわからない血だらけの塊ももってきたしなあ。もう埋めるところないよ。と思いつつも、なんとか穴を掘りました。
湯たんぽのお湯を沸かしに行こうとすると。

にゃ~。

 「ワット君! 心配したのよ。ワット君じゃなかったんだね!!」

 そこへ、新聞紙の両端を二人で持ったぶんちゃんとダイナ君。「重たいよ」「ワットじゃなかったよ。町ちゃんと同じがら」「きじとらか」「でも、頭やられて、かわいそう」「見ないほうがいいよ、おかあさん」

 まだ穴が小さいと、二人は穴を掘って、埋めておりました。

「夜でなかったら、できなかったかもしれないなあ」

 なんか気持ちが重たい週末の夜でした。

20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。

 みいさんが保護されていた二匹の猫さんですが、今回、お見合い、譲渡の運びとなりました。最初は一匹だけのおつもりだったらしいですが、お見合いされた方が二匹が仲良く写っている画像を見て、二匹一緒に望んでくださったとのこと。本当によかった。

 みいさん、お疲れ様でした。
2008.04.01(Tue)12:22 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年04月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年04月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年04月28日 (月)
動物が人を選ぶ
2008年04月25日 (金)
食の安全はいのちの安全
2008年04月23日 (水)
甘い物にはご用心
2008年04月20日 (日)
久しぶりの
2008年04月17日 (木)
またまた脱走する
2008年04月14日 (月)
歯は大切に
2008年04月12日 (土)
受験生みたい
2008年04月10日 (木)
受験生のはずが
2008年04月09日 (水)
受験生となりました
2008年04月08日 (火)
一緒に寝よう
2008年04月06日 (日)
桜の下で
2008年04月05日 (土)
亀の日光浴
2008年04月04日 (金)
法律があるために
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2008年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。