動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 最近、少子化問題が取り上げられるときには、モデル国として登場するのがフランスです。1994年に1.65だった出生率が、2006年には2.005まで回復しております。育児休暇も長期、労働時間も短縮できる。子供の病気のために、年間16日まで休める。公共施設は無料、ホテル、レンタカー 、デパートにも割引がきいて、国鉄は75%割引。子供が3人以上なら、支援ももっと手厚くなると。

 しかし、フランスで特筆すべきは、「ユニオン・リーブル」ですね。「内縁関係証明書」を役所に提出すれば、正式に結婚していなくても、つまり同棲でも、子育てについては結婚しているのと同様の権利が認められると。

 そして、いつも話題となるのが、婚外子の問題ですね。婚外子の割合はフランスでは2005年には48.4%と発表されておりますが、既に半分を越えていると報道されておりますね。ちなみに割合の多い方から上げていきましょう。2005年の統計です。

 スエェーデン  55.4%
 フランス 48.4%
 デンマーク 45.7%
 英国 42.9%
 米国 36.8%

 日本は2%です。

 どうして婚外子が多いかというと、「後先考えずに、生めば何とかなる」という制度になっているからですね。フランスの例をとるまでもなく、嫡出子と同じような権利が受けられるのですね。スペイン、イタリアという国はカトリックの国なので、欧州の中でも低い割合となっていますが、それでも日本より多い。

 ということは、日本の制度というのは、家族形態が法律的にきちんとしていないと受けられないということがあげられるでしょう。といいますか、法律的に何ら問題のない家庭でも十分な補助が受けられていないのですから、なおさらのこととなります。ただでさえ、子供を育てていくのが難しい経済状況。これを母親(だけの場合が多いと思います)たった一人で育てていけと。そりゃ、厳しいでしょう。

 私の知り合いにもシングルマザーといますけど、母子家庭の手当てですね。十分じゃないですよ。医療費がかからないのはありがたいことですけれどもね。

 で、ぶんちゃんとこの話をしていたんですね。そうしたら、ぶんちゃんは「育てられないのなら、生むのはよくないんじゃないかなあ」と言っておりました。育てられないから、生むのはやめようという選択をした方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、経済的に育てられても、生めるだろうか。婚外子が胸を張って生きられるほど、差別のない社会になっているだろうか。

 ぶんちゃんが小学一年生に入学したとき、クラスに両親が離婚したという子供が一人いました。ダイナ君が小学六年生になったとき、私、役員をしましたが、一年から六年まで各学年に一人選出されたおかあさんのうち、母子家庭のおかあさんは3人いました。これだけみたら、50%ですけど、そういうことはないですよね。私は、いいことではないかなと思いましたよ。両親がいがみあって一つ屋根のもとにいるより、別々に暮らしていれば、たまに会ったときに、どちらも相手に対してよい顔ができるのではないか。両親が普通に話しをすることもできるようになるかもしれない。そういう面を子供に見せられるかもしれない。

 しかし、家族制度の問題が残っているわけですね。そういう意味で、フランスなどの「ユニオン・リーブル」という形態は楽かもしれませんよ。最終的に法律的に家族になる。もちろんならないかもしれない。その反面、良い面ばかりではなく、家族の崩壊と、子供の精神にどのように影響を及ぼすのか。これについては未知数かなとも思います。

 以前読んだ本なのですが、アメリカ人の著者でした。戦争で天に帰った魂の数より、中絶で天に帰った胎児の数の方が何倍も多いと。日本だってそうだと思います。中絶しようと思う子供を政府が面倒をみるから生んでくださいといったなら、それに母親が同意したなら、出生率はおそらくすぐ3を越すのじゃないでしょうか。

 私は男女の関係がどのようなものになろうとも、それは本人たちがよければいいことですから、法的に結婚しようが、同棲しようか、離婚しようがかまわないとは思っています。が、子供ですね。どのような影響を与えるのか、これが全くなしではないだろうと思うときに、出生率をあげているのが、婚外子だということに、非常に複雑な思いを抱きます。欧州の中では、法的に正式な手続きを踏んでいなかった。たまたま結婚していない状態で何十年も暮らしていた。そんな家族もいると思うんですね。法的に同じ権利を持つことができるなら、そういうカップルだっているに違いない。しかし、戸籍のきちんとしている国である日本では、婚外子というのは、なかなか受け入れにくい観念であるかもしれません。

 「籍を入れるの、忘れてた」とかいうような軽いものであったなら、どうってことないのですけれどもね。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。

スポンサーサイト
2008.04.04(Fri)13:48 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年04月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年04月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年04月04日 (金)
法律があるために
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2008年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。