動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 毎日毎日、天然酵母パンのネット販売を見ては、「食べたい、食べたい、食べたい」と思っております。今週末よりダイナ君は期末テストです。それが終わったら模試だそうです。なかなか大変そうですなあ。

 さて、ダイナ君の食事療法ですね。これを始めてわかったことは、うちのお台所には非常に危ないものがいっぱいあると。つまり、化学調味料ですね。これがいっぱいあるわけですよ。麺つゆ、白だし、ドレッシング、お茶漬けのもと、ふりかけ、などですね。これをぱぱぱと捨てらればいいんですけどね、根が貧乏性じゃないですか。終わるまで使うわけですよ。まあ、おかげさまでお塩とお砂糖ですね。これは大丈夫でした。私はもともと白砂糖は使いませんし、お塩は天日干しのお塩を購入していたのです。油ですね、ご存知、エコナ問題のときに、「オリーブオイルが一番安心」と学んでおりましたので、ごま油とオリーブオイルしかありません。

 問題はですね、小麦粉類ですよ。ご存知のように、私、クッキー焼いて配りまわる人ですからね。だって、それくらいしかできないものなあ。ケーキはここ何年か焼いておりませんね。小麦粉類はとってはいけないといわれております。これはなぜかといいますと、粉の粒子が小さいため、腸の中でひっかかっているんですね。きちんと排泄されないということです。腸の中でと言いますとね、どうして動物性たんぱく質がだめかといいますと、腸の中で発酵、腐敗するからだそうですよ。まあきちんと消化できないような日本人の腸となっておるようです。

 動物性たんぱく質といいますと、牛乳、バター、チーズも駄目ですからね。うちの冷蔵庫の中にありますよ。これを消費せねばならないわけです。そして、小麦粉の親戚として、麺類が残っております。パスタ、インスタントラーメンなどですね。

 ご存知かどうか、ダイナ君は病気の関係で食べることに制限があり、その上に、食べることが嫌いなんです。ですから、これまで「食べたい」と言ってきたものについては、食べさせてあったのですね。食事療法する前までは、「ソフトクリームが食べたい」とよく言っていました。ダイナ君は甘いものが嫌いなんですけどね。私、近くのコンビニまでよく買いにいきました。記事にした覚えもありますけど、フライドポテトが食べたいと言っていた時期もありましたね。

 つい最近はおなかがすいたといっては、夜にカップうどんを食べておりました。冷凍うどんとか、おうどん屋さんのおうどんは食べたがらないのですが、カップうどんを食べたがるんですね。そして、日曜の昼など、カップうどんを食べておしまいということもありました。

「ダイナ君、今まで、日曜日なんかにカップうどんを食べさせたりなんかしてごめんね。おかあさん、手抜きだったよね。もっときちんと御飯を作って食べさせてあげないといけなかったよね。皆が麺類食べるからと、ダイナ君が麺類嫌いで、食べられるのがカップうどんだからって、それを食べてもらってたよね。ごめんね」
「おかあさん、自分を責めたらいかんよ。僕が食べたいと言ったんだからね。おかあさんは今は毎日、一生懸命僕のためにいろいろと作ってくれてるじゃない」
「うん、でもね、体に悪いってわかっていながら、ダイナ君が食べるのを黙認していたんだよね。ごめんね」

 体に悪いことは知ってはいた。しかし、購入して食べていた。お手軽だから。これが手抜きでなくて何なんでしょうね。ダイナ君のためを思うなら、もっといろいろやれたかもしれないのに。もっとも、ダイナ君は今回、食事療法をすると決めてから、がんばっていろいろなものを食べるようになりました。今までは、「いらない」でおしまいでした。

 なんとかよくなってほしい。その思いだけですね。その思いが今まで足りなかったのだろうか。ふと猛省してしまいますが。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

スポンサーサイト
2008.06.30(Mon)00:55 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨夜、私の母が「明日、お天ぷらを作るので、取りにきて」と言ってまいりました。「何時頃ならできてるの?」「午前中は接骨院に行くから、午後からかな」「ダイナ君を病院に送っていったら、行きます」

 私の両親は二人で、うちより車で15分の場所に住んでおりますが、お天ぷらを揚げますと、必ず、半分、うちにくれるんですね。と言いますのが、もう年寄り二人だと食べきれないんですね。少しの量なら、何か揚げるのも億劫です。それで、そこそこの数を揚げて、うちに回してくれると。ラッキーですわ。

 ところが、本日、朝起きて、すぐ母にお電話しましたね。「腰が重たいから、一緒に接骨院に行く」

 そういうわけで、久しぶりに接骨院に行きましたよ。先生、私の顔を見るなり、「お狂さん、どうしんだよ、痩せちゃってるじゃん」「6kg痩せました」「痩せすぎだよ、女性はふっくらしている方がいいんだって」「だって、先生、服がね、やばくなってきたの」「そうか、それはなあ」

 私の母に向かっても、「ふっくらしてるのがいいんだよ」などと言っておりますね。母などいい気になって、「うちは太らない家系なんです」とか言っております。まあ確かにでぶりんはおりませんけどね。自分の贅肉は棚に上げてるな。

「しかし、胸がなくなったねえ」

 本日も「ほっといてよ!」と言いたいところを、「そりゃ仕方ないですわ」と返しておきますね。

 そして、車で母を迎えにいって接骨院に来ておりましたので、また送っていきますね。「そしたら、二時過ぎくらいに取りに来る」「その時間なら、揚げ終わっているわね」実家の前で母を降ろそうとしましたら、植木鉢に土を入れている父が何やら手招きしています。

「おとうさん、入ってこいって言ってるけど、どうしたのかな」
「さあ、どうしてのかしらん」

 私が車を実家の敷地内に駐車して降りていきますと、「好きなのを好きなだけ、持って帰れ。今、揚げ終わったから」「い!! おとうさんが揚げてくれたの」

 私の父というのは、まあそこそこお料理をする人なんですね。どなたもほめてくださるのが、ホットケーキ(厚さが4cmくらいある)と鶏がらのスープから作るラーメンですね。ダイナ君やぶんちゃんが好きなのは、父の作る炒飯。母は何でも作る人ですが、決め手にかけております。私は母の作るコロッケが好きなんですけどね。あ、コロッケも貰ってくるんですよ、揚げますのでね。

 しかし、私の父というのは、こういう人なんですね。「また昼から来るのは面倒だろうと思って」と揚げておいてくれたんです。お米なども、実家から貰うのですが(実家で作っているのではなく、実家がまとめて知り合いの農家から買い付けてきたのを貰う)、「そろそろないんじゃないのか」とよその家の米びつの中までわかる人です。

 こういう人と一緒に生活していたら、どういうことになるか、皆様おわかりになりますかな? 非常に鬱陶しい存在となるのですね。気がきくので、回りは楽ですが、自分は気がつくのに、どうしてお前は気がつかないのかという思いで、家族を見ておりますので、やかましいことなんの。いつも顔色を伺っていなければならないことがあります。

 まあ、しかし。こういう人に育てられると、私のようにめちゃくちゃ気が短く、いつも「やるぞ、やるぞ」みたいな雰囲気を持っている人間になるんですね。

 それはいいとして。午後からは点滴の終わったダイナ君と一緒に、家具の卸売り店に行ってまいりました。私、実は食器、家具がすきなんですよ。台所のテーブルを買い換えたいと思っておるのです。古いテーブルは、実家が植木台にするので引きとってくれますが、いつも「もう少し小さなテーブルだったら、キッチンが広くなるのになあ」と思っていたのですね。そして、テーブルの上に物をごろごろ置いているので、「小さいとそれもできないだろ」と思っていたわけです。入り口によさそうなのがありました。ダイナ君と一通り見て、「あれ、買って帰ろうかなあ」と思いましたよ。

 ですけれども、お金がないときですしね、実はどうしてやってきたと言いますと、「良さそうなものがなくて、気にいるようなものはないから、もうテーブルのことを考えるのはやめよ」と思わせてもらうために来たんですね。で、ダイナ君に「これ、いいよね」と言ったのですが、ダイナ君は乗り気ではなかった。それで、私は頭の中に、みかん箱をテーブルにしている図を思い浮かべたのです。「こういうのもいいじゃん。風情があるし、おもしろそうだし」と思いこませて、断念したのでした。おそらく、これで家具店に行くことはしばらくないと思いますね。「長さがちょっと長いし、今のテーブルの三分の一から半分くらいを考えていたし、ほしい気持ちはあるけど、やめやめ」と帰宅しました。

 購入しなくてよかった。お金ないのに、買おうとしてたなと反省し、「お金ないから、物は買わない」と堅く自分に言い聞かせ、きっぱりとあきらめたのでした。って、インターネットで注文した発芽玄米が届いたら、否応なしに、お金が出ていきましたしな。とにかく贅沢はできません。

 折込チラシの誘惑は本当に大きいですね。

さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。




2008.06.28(Sat)01:32 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 本日は昨日の続編となっておりますね。図書館で食の本を借りて読みまわっておりますが、ご存知の方はよくご存知です。甲田光雄先生の考えをご紹介いたします。ぐぐっていただければ、ご説明するまでもありませんが(当たり前だのクラッカー←古い!)、甲田先生は大阪大学医学部卒の医師ですけどね、この方が推奨されるのは「西式甲田療法」というものです。これについては、ご説明していると長くなりますので、ご興味がおありの方はぐぐってください。

 かいつまんでお知らせいたしますと、甲田先生はご自分の体にトラブルをかかえていたため(肝臓)、休学を繰り返すわけですが、医学生でありながら、西洋医学の限界を感じたために、東洋医学に走るわけです。それが「西式」という方法なんですけど、これによって、元気になられたんですね。それで、この普及に努めるわけですよ。西先生と甲田先生の推奨されるのは、運動なんかもありますけど、断食、少食。これですね。これについては、まあまたの機会にじっくりと。甲田先生はこの治療方法を意識レベルにまで発展させるのですが、そこで書かれていることがなんか「そうかあ」と思ったので、これをお知らせしようと思った次第。

 私たちが毎日食べているものは、天からいただく大切な「いのち」であり、そのため「生かされている」という意識を持たねばならない。あっと、甲田先生は、玄米菜食ですので、動物は食べていらっしゃらないんですよ、念のため。しかし、皆、食べ物を「物」とみている。「いのち」である食べ物を粗末にしたなら、天は許してくれない。警告が出される。それが病気と。となりますとね、病気になられた方は皆食べ物を粗末にしているのかという反論がくると思うんですね。どのくらい感謝して召し上がっていますかな? 私、思いますにね、人類、皆病気になると思うんですよ。個人差があって、早いか遅いか、重たいか軽いかだけだと思うんです。ただね、重たい方、早く病気になった方というのは、この方々はおそらく使命があるんだと思うんですね。天の警告に対する応答をはっきり見せて、他の人を助けるという。

 まあ、それはいいですよ。そして、甲田先生は少食を勧めていらっしゃるのですが、肉食しないにしても、「いのち」をいただいているなら、食べ物を粗末にもしないし、何を食べるかも考えるようになると。人間が多くの「いのち」を奪って食べて生きていることは、傲慢である。ですから、少食にして、自分以外の「いのち」を奪うことを少なくし、なおかつ、飢えている方々にも食べ物を提供できるようにする。これが大切ではないかと言われるわけですね。

 私たちは食事するとき、好きなものを食べます。おかげさまで好きなものを好きなように食べられます。ですけれども、好きなものを選ぶなんてことすらできない人たちがいることを、全く考えたことがない。もちろん、好きなものを食べているときに、「小麦を刈ったんだよなあ」とか思うこともないですよね。「トマトの実をちぎっちゃった」とか。

 食べられることを感謝すると、食べられない人のことに思いを馳せることができる。そうであってほしいと思います。

 食べることは欲望とからんでいます。ですから、体に悪いとわかっていても、私、ケーキを食べますよ。ちょっと後ろめたいと思うこともありますけどね。だって、ダイナ君、がんばってるもんな。あ、ダイナ君のお話をしようと思っておったのですが、また明日です。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

2008.06.26(Thu)01:16 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 日曜日より急性結膜炎になってしまいまして、目が全開できない状態でおりました。今日あたりから復活いたしました。全開できないといいつつも、何も変わらず、パソコンを眺めておりましたけどね。

 さて、ダイナ君が食事療法をやっていますことは、お知らせいたしましたが、これがですね、なかなかおもしろい状態になってきました。あ、私、ご存知の通り、不良主婦です。お料理、嫌いですね。ですが、これまでにやってきたことは、動物愛護の立場から肉食はやめるということと、白砂糖は使用しない、ということです。お塩もほとんど使いませんでした。

 今回、ダイナ君の食事療法を始めてみて、図書館で食の本をまあ読み漁りましたね。そして、いろいろな説があることがわかりましたが、今、マクロビオティックのおかげでいろいろな使い勝手のよい食品がインターネットで販売されています。きちんとした過程を経て商品となったお塩やお味噌。無農薬玄米、甘味料などですね。

 そして、マクロビオティックとは違う路線であっても、肉食はよくないという説は結構ありますね。これについては、いろいろと記事にしてきましたので、ここではおいておきますが、今回お知らせするのは、トランス脂肪酸のことです。食の安全について興味を持ち始めたのは、花王のヘルシア、エコナ問題からですが、まず信じられないのは、どうして体に悪いものを売っているのかということ。そして、「悪いみたいですけど」という告発に対して、開き直った態度をとっていること。この二点でしょうか。

 折りしも折、飛騨牛問題のお肉屋さんや、中国産うなぎを国産と偽っていたお店とか、出てきておりますけれども、儲けるためなら良心を捨てるのかという怒り、これが私にはあります。なぜなら、食品だからです。食べなければ生きていけない。そこにもってきて、店頭で売られているものを、「これは昨日出荷されたものですよ」と言われたら、「そうですか」と受け入れるしかない。自分で調べる術のない消費者は、食品に添付されたラベルを信じるしかないというのに、嘘をつかれていると。ちょっと待てといいたくなるでしょう。

 皆様、乳製品が品薄になり、値上がりする前にトランス脂肪酸のことは小耳にはさまれたと思います。ニューヨークののファーストフード店で使用禁止となった油ですね。何かというと、マーガリンです。マーガリンはそのうちの一つの形ですけどね。そもそもマーガリンとは、バターという食品の低温で保存すると、固まって使用しにくいという欠点を補ったものとして、またバターほど値段は高くない、そのうえ、カロリーも高くないというふれこみで売られていたものです。

 この米国で使用が禁止となったトランス脂肪酸をですね、「帝国ホテル」では「ホテルマーガリン」として売っていると。今ではそれほどでもないですけど、高級ホテルブランドの食品はおいしいとされておりますよ。一流シェフが監修しているはずですからね。そして、そのホテルで提供されているもののはずですから。一流ホテルで出される食品は、米国では使用禁止となっているものなわけですか。

 これにショックを受けるんですね。お客様のことを第一に考えているのが、一流ホテルじゃないんですか。なのに、体に悪いといわれるものを平気で提供できる。ちなみに、「リッツ・カールトン東京」は米国系列のホテルのせいでしょうか、マーガリンは撤退しておりますね。

 一流ホテルの厨房。「中国の野菜から農薬がでました」「中国産食品を使用するのは、しばらくやめるぞ」そういう会話が交わされるのが、一流ホテルじゃないんですか? 「バターが値上がりしました」「採算が合わないから、マーガリンでいくぞ」飲食店が立て込む、ランチを食べるサラリーマンを安さでひきつけるお店ならまだわかりますよ。いや、私はわかりたくないですけどね。

 ミートホープの社長が「消費者が悪いんだ」と安いものに群がる人間のことを責めたことがありますが、私たち消費者もこれだけいろいろなものが値上がりしたら確かにきつい。しかし、食の安全を守るのは、食事を作る主婦(主夫)にしかできないことです。「いのちにはかえられない」そういう決断をして、安くても体に悪いものは不買運動するべきではないでしょうかねえ。

 なぜなら、何度も申し上げました。悪いものを体に入れたなら、その悪い結果が出るのは、何十年、何百年、何千年後のことがあるのですから。人間の未来を守る。その使命を主婦(主夫)が帯びているとしたら、これはすごいミッションではないですか。
北海道の犬さん
 北海道より新しい家族の募集です。動物愛護推進員みのさん経由です。雑種の雌犬さんですね。推定2~3歳。詳しくはこちらよりお願いいたします。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 この仔猫さんについては、家族が見つかったようなお話もありましたが、いろいろとありまして、再度二匹とも募集をかけることとなりました。こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんです。
2008.06.24(Tue)00:29 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 22日日曜日はですね、またまたオープンキャンパスに行ってまいりましたよ。ふふふん、また海を渡りましたが、先週に引き続きお天気が悪い。ですが、晴れると暑くなりますからね、悪いくらいでよいのでしょう。雨はじゃじゃ降りでもなかったですしね。

 先週と同じ、私が運転して、ダイナ君が助手席。ダイナ君の足もとに格之進。後部座席にはがががと寝ている世帯主がおりますね。そうそう、この人、25日には50歳になりますね。うわ、生きて半世紀か。それはいいとして、本日は二つの大学を回るんです。まず一つめですね、受付で資料をいただき、ダイナ君は個人情報を記入すると。その間、暇そうにしている係のおにいさんを相手に、つまらないことをお尋ねしたりします。まあ、私はこういう場合は、くだらない質問をするんですね。なぜかというと、係のおにいさん、暇じゃないですか。せっかくのお休みに借り出されて、バイト代が出るかどうかは知りませんけどね、ですから、なるべく気持ちをひきたててあげるというんでしょうかねえ。いろいろとお尋ねするんですね。

「ここって、皆さん、どうやって通っている方が多いですか?」とか
「あのTシャツいいですね。生協で売ってるんですか?」とか言うと、
ダイナ君がなんか「いい加減にしなさい」というように、にらんでおります。君には、母のこのサービす精神がわからんのかね。あ、この時、世帯主は車の中で格之進とおります。

 それから、食券をもらいます。ダイナ君は玄米弁当を持ってきていますが、二人で食券配布のコーナーに行ったので、二つくれました。世帯主の分として、いただいておきます。ちなみに、食べたいメニューを選んで食券をもらうんですが、迷いましたけど、「ぶっかけうどん」と「ハンバーグ定食」にしました。ダイエット中のお狂はぶっかけうどんにしておいて、世帯主はカロリーの高いものね。

 で、お目当ての学部にまいりますと、先生が「昼から体験やるんだよ。でもまあ、誰かに説明してもらえるから」と学生さんに「この方々、お願い」ということで、貸切状態。白衣を着た学生さん、男性、女性、お一人づつといろいろお話しました。ダイナ君は私が女性の学生さんとお話ししている間に顕微鏡などのぞいております。男性の学生さんがいろいろと教えてくれております。生物部で水質調査をするので、ダイナ君にとって、顕微鏡はお手のもの。いろいろとお話を聞いて、「午後からもっといろいろやりますから」

 ダイナ君はこの学部にはいまいち乗り気ではなかったんですね。それを私がまあ行ってみようと連れてきたわけです。本当は別の学部に行きたかったんです。ですが、体験を少ししてみて、「おもしろいね。なんか迷うな」

 結局、ここでお食事せずに、次の大学に回りました。後からまた体験をしにもどってくるということにいたしたのです。まだお昼御飯には早い時間だったんですね。次の大学はこれはすごいですわ。この田舎にあって、ビルですよ。しかも、いくつにも連結しているので、生徒さんの多さを感じさせました。

 ここでも受付で個人情報を記入するダイナ君。そこに学生さんが近寄ってきます。「心理学部の学生ですが、研究のために保護者の方にアンケートをお願いしているのですが」「まかせといて!」ダイナ君がまた私をにらんでおります。これがまた、長いアンケートなんですわ。でも、調査にご協力しようと書いていると、少し遅れてやってきた世帯主が「何してるんだ、ダイナのを取り上げて書くなよ」「これは保護者の」「おかあさん、きちんと○しなさいよ」といろいろ言われつつ、ここでも食券を三枚いただき、講義に。ダイナ君だけ講義を受け、その間、世帯主と二人でお食事しましたよ。学生食堂に入って、メニューはいろいろあるんですけど、こういう場所で麺類は絶対はずれなので、カレーにいたしましたね。

 これがまた、ほらほら、社員食堂なんかでもそうじゃないですか。あの味のカレーですよ。いっぱい作って、味はからくなくて、食べやすいという代物。世帯主はカツカレーを「学生食堂のはこういう味がするんだよな」とかいいつつ、食べております。

 ダイナ君を講義の教室に連れていこうとしたとき、学生さん二人がやってきたので、連れていっていただいたのですが、ダイナ君の話によりますと、「どこから来たの?」「香川県です」「何高校?」「○○です」「あ、俺もだよ」ということで謀らずも先輩とお会いしたのでした。講義から出てきたダイナ君、「いや~、おもしろかったよ」と満足そうです。ここでは、昨年発行の赤本を勝手に持って帰っていいことになっておりましたので、いただいて帰りました。

 そして再び、最初の大学へ。移動中にお弁当を食べるダイナ君。着いてからはダイナ君と世帯主が体験に行き、私と格之進は車の中におりました。こちらも楽しかった様子。帰りに格之進がのびのびできるように、ドッグランのあるサービスエリアに立ち寄り、入ってみました。

 ということで、非常に楽しい一日でした。
「楽しかったねえ。よかったよねえ、パンも二つくださったし、ペンもいただいたし、手提げ袋もいただいて。学食でも食事できたしなあ」
「そっちかい!!」
「だって、おかあさんが大学に行くんじゃないしね」

 でも、できることなら、大学にもう一度行きたいですねえ。今なら、もっと真剣に学ぶことができるような気持ちがしますけど。でも、頭がついていかないね。
2008.06.22(Sun)01:43 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 価値観、人生観など違う私と私の母ですが、私が母に対して感謝していることがいくつかあります。それは、前にもお知らせいたしましたが、食生活において、母は私にチョコレート、ジュース、缶詰を食べさせてくれませんでした。おかげさまで私は今もって、これらが嫌いです。三つ子の魂百までとはよく言ったものですけれども、猫でなくても、最初に一年間で培われた味覚、これは結構頑固なもののようです。猫さんのフードでお困りの方、多いようですが。

 私が両親に対して感謝していることは、これはですね、食事をする場にテレビを置かなかったことです。ですから、食事のときは、テレビがついていないので、テレビの番組が話題になることはなく、時にはそのせいで、非常に陰険な雰囲気が漂うこともありましたが(口喧嘩したあとなんか)、多くは話がきちんとなされて、漠然とおのおのの状況がわかるようになっておりました。もちろんそこは、独身の自分と、うっとうしい両親という構図もあるわけで、踏み込んだ話はしませんけどね。

 食事というのは、年齢が上がりますと、これを皆別々の時間帯にとってしまうと、家族が顔を合わせる唯一の時間帯をはずしてしまうことになります。もちろん、食事でない時間に家族が茶の間に集まってわいわいするお家なら、なんら問題はないでしょう。しかし、テレビを見るのに、集まってみるより、個人で見た方がお気楽ですし(親と一緒にラブシーンを見るくらい気まずいものはないですよなあ)、万一うるうる、なんてところは家族といえども、というか、家族だからこそ見せたくない気もいたします。

 家族で食事をする時間が家族が皆顔を合わせる唯一の時間だとしたら、そこにテレビをつけているのはいかがなものかと思うんですね。テレビで流されているニュース、それについておのおのが、「どうしてそんなことになるわけ」とか「そんなひどいことをするのか」とかいう感想を聞くことはできますよ。しかし、そこに集まる個人については、なんら情報がもたらされない。つまり、家族が今何に興味があり、職場や学校で何がおこっているのかということは掬い上げることができません。

 そして何よりですね、食事を作ってくれた人に対して失礼じゃないでしょうかねえ。テレビに気をとられて、きちんと味わってもらえない。これはテレビだけではなくて、新聞を読みながら、食事するのでも同じですね。時々、「別に食べてくれなくてもいいんだけど」と思ったりすることがありますね。

 ある保護主さんからお聞きした話ですが。お見合いに猫さんをその方の家に連れていったと。ところが、どうもその家の雰囲気がいやだった。保護主さんが猫さんを連れてきたというのに、テレビがずっとかかっている。お客を家に招く状態じゃないだろというわけです。最近、テレビがずっとつけっぱなしのお家はあると思います。それでもですね。お客が来たときくらいは消すでしょう。私がもし、友人の家に行って、テレビがついていたとしたら、「私よりテレビが見たいなら」と帰ってくるような気がしますね。もちろん、相手が「これだけどうしても見たいのよ。ちょっと、これだけ見せてね」と友人としての間柄において言われたなら、私は納得しますよ。「どうぞ、見てください」と言うに違いないですね。

 最近、年をとってきたんだろうと思います。車の運転をするときに、音楽を聴くことはなくなりました。祈っていることが多いですね。また、日常生活において、目覚まし時計はよしとしますが、電子レンジ、洗濯機、炊飯器も電気ポットも、皆音で作業が終わったことを知らせてくれます。これが非常に耳につく。年なんだろうと思います。

 静かに暮らしたいのです。

 おそらくどなたもご経験あると思います。寝ているときというか、一人でいるとき、電気の音がする。こういう音すら、なんとかならないのかと思うことがあります。現在、すぐそばで、パソコンの作動中の音がしますけれども、神様はこんな音はお作りにならなかったのになと思います。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

2008.06.20(Fri)20:58 |  日記  | コメント : 18 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 六月に入って、ダイナ君は食事療法を始めました。どうしてそうなったかということについては、また詳しくお知らせするとしまして、ダイナ君は玄米食を食べ始めました。今は玄米ではなく、発芽玄米を食べています。うちはダイナ君が食べる量が半端ではないので(カロリーをあげるため、否応なしに食べねばならない)、一日半に5合炊くのですが、割合ですね、発芽玄米を4合、白米を1合で混ぜて炊いております。

 なぜ始めたかというと、もちろん、腎臓移植と週に三回の点滴から解放されるためです。そもそもダイナ君には、私いろいろなことをしたんですよ。テルミーという、何かな、あれ、お灸みたいなものですね。それもやりました。漢方など日本のものも、韓国教会で紹介された韓国のものも、試しましたよ。豆光、これも漢方みたいなものですけど、これも飲みましたね。どれも最低二ヶ月、三ヶ月かなあ、やりました。検査値、全く動かず。それでやめてしまいました。

 何よりも、ダイナ君がどれもやりたがらないんですね。「これ、まずいんだよ」と言って飲みたがらない。いやがるところをなだめすかして、三ヶ月、飲ませるわけですね。

 今回は、ダイナ君も年齢が年齢ということもあって、「僕、頑張るよ」と珍しく協力的です。「玄米、食べる。おかあさんが作ってくれたもの、頑張って食べる」頑張らないと食べられないんですね。彼は、食事が嫌いなんです。好きな食べ物が非常に少ない。

 で、玄米はよいとして、指導を受けたのが、「動物性食品は取らない」ダイナ君は牛肉のたたきが好きなんですけど、「やめる」と宣言しました。焼肉にもいけません。「野菜は加熱したものだけ食べる。瓜科のものは駄目」瓜科って、何だよ、何があるんだよ。つまり、漢字で書いたとき、瓜とつくものは駄目なわけですかなあ。南瓜、西瓜などは駄目ですか。「芋類は山芋以外は駄目」ありゃ、じゃがいももさつまいもも駄目ですか。つらいなあ。

 他には当たり前といえば、当たり前のことです。「化学調味料はだめ」麺つゆ、白だし、だめか。わかりました。不良主婦から脱却せよとおっしゃるのですな。「塩は天日干しのやつ」あ、うち、それを沖縄から取り寄せてますわ。「味噌もしょうゆもそういう塩を使っているのでないと駄目」それは少し、難しいですなあ。お塩を作っているところが、お味噌とかおしょうゆを作っているかどうか。だいたい、天日干しのお塩は少ないんですよ。「あの~、ダイナ君の好きな梅干は?」「一つくらいならいいけど、化学調味料や天日干しの塩を使っているかどうか」そりゃ、確認が難しいですね。ダイナ君、「いいよ、食べないよ」と言っております。

 「お味噌汁には、ねぎ、大根、人参を絶対入れて。これに何か一つくわえなさい。茄子は駄目だから」にこっと微笑むダイナ君。茄子が嫌いなんですね。「トマトも駄目だからね」ありゃ、ダイナ君が食べられる野菜なんだけどなあ。

 それで、ですね。お狂も不良主婦でしたけれども、このところ、一生懸命家の中を片付けているし(まだ片付いてないです)、徐々に不良主婦の名前を返上をするために、インターネットで、レシピを検索するわけですよ。「ごぼうを使った奴」とか「れんこんを使った奴」とか頑張って作るわけですね。

 すごくありがたいですね、プロではなくアマの方々の投稿レシピのサイトがあるんですけど、アマなので、作り方が簡単。調理の仕方も簡単。難を言えば、同じような味つけのものが多くなっておりますが、それでも、こういうサイトがあるので、不良主婦でもお料理できると。

 レコーディング・ダイエットといい、簡単レシピといい、インターネットがなければ、私は生活をかえることができなかったかもしれませんね。ダイナ君に食べさせるなと言われたものは、せっせと私が食べております。いかにも体に悪いものばかりですね。カップ麺やインスタントラーメンとか、化学調味料いりの簡単フードとか。

 この間、オープンキャンパスに行くとき、「どうするかね、向こうで何を食べるかなあ」と私が言うと、「おかあさん、玄米を持っていかせて」と積極的な発言をしておるダイナ君。この熱意にこたえないと、いけません。神様、ダイナ君の熱意を顧みてください。お願いします。
さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。


2008.06.18(Wed)00:38 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
北海道の犬さん
 今日も今日とて、お狂です。

 最近、深夜にパソコンの前に座っては、ダイエットの影響でブログを書くよりも食べる物を眺めている時間が長かったため、非常に申し訳ないことをしていることに今更気がつきました。そうです、新しい家族を募集しているにも関わらず、ご紹介しなかったということです。

 というか、自分ではご紹介していたつもりになっていたといいましょうか、てっきり紹介していると思っていたのですが、そこは、低血糖の頭で深夜に「はらへった~、パン食べたい~、ダイエットに成功するのはいつなんだよ~」という思いしかなかったという、非常に情けない状態でおりました。申し訳ありません。

 それで、まずこちらは北海道の犬さんですね。ご存知、動物愛護推進員みのさん経由です。雑種の雌犬さんですね。推定2~3歳。詳しくはこちらよりお願いいたします。
だいくん
 そしてこちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。みいさんは個人のボランティアさんで、積極的に仔猫さんを保護されては新しい家族にお渡ししています。その数、今や、えっと、何匹でしたっけ? 両手の指の数より多いです。脱帽。

 この仔猫さんについては、家族が見つかったようなお話もありましたが、いろいろとありまして、再度二匹とも募集をかけることとなりました。こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんです。

 みのさん、みいさん、今更、ぬけぬけと募集記事など書いて、ぼんやりおまぬけなお狂をお許しください。
2008.06.17(Tue)20:38 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 15日日曜日に、県外の大学のオープンキャンパスに行ってまいりました。ダイナ君と一緒にドライブですよ。なぜかそこに世帯主と格之進も。

 私の時代にオープンキャンパスなどありませんでした。ぶんちゃんが大学入学時に、大学生協で住む場所を紹介していただいたのですが、係りの女性の方が「オープンキャンパスでうちの大学に来ようと思われたんですか?」とお尋ねになりました。まあどういうところか見てみたら、「こんな場所で四年間はいや」とかいうこともあるかもしれません。ちなみにぶんちゃんは、ご存知かどうか、年が明けてからそこの大学を受験することにしたので、オープンキャンパスもクローズキャンパスもないですわ。

 まあ、しかし、いいところでしたねえ。古い町でした。山の上でしたけどね。ぶんちゃんの大学も山の上ですね。まあいいとして、「もう一回ゆっくり来たいわ」と思ってしまいましたね。川も流れております。落ち着いた街並みで、コンビニ、ない!! ありゃあ!! 本屋もない!! それ、困る!! まあ、ここに住むわけじゃないしな。

 で、オープンキャンパスなど、学祭くらいの気持ちでしか行ってなかったので、学長の挨拶とかを一室に入れられて聞かされたときには、「来るんじゃなかった」と思ってしまいましたね。私、集められてお話を聞かされるの、嫌いなんですわ。何か、内職することないかなといつも思う人です。といって、携帯いじるわけにもいかず。本を読むわけにもいかず。世帯主は格之進と駐車場で待機中ですね。そしてその後、学科ごとの説明会でかわってもらいました。

 なんでもAO入試です。エントリーするには、この学科ごとのお話を聞いて、その内容について感想を後から提出するということが義務づけられております。ダイナ君はAOに参加するつもりがないので、お気楽に聞いておったでしょう。

 私立大学ですね、今、すごいですね。入試の最初は夏から始まるAOですよ。その次に専願推薦、それから併願推薦と。この推薦も学校によったら、二回くらいチャンスがあるところがあります。すごいねえ。儲けてるじゃん。私たちの頃など、共通一次もなければ、国立、私立は一発勝負。そんな生易しい受験と違うかったぞ。大学も生き残りをかけておりますからねえ。編入ができるようなら、パンフレットに結構大きく書いてますね。社会人入試や通信なんかもあったりしますよ。

 大学は今後、二極化するといわれています。結局、社会の中のどの場面においても二極化なんですよね。中庸がない。勝ち組と負け組みがはっきりとわかれています。多様な生き方が選択できるわりに、生活は二極化。なんかおかしいですよね。ですから、選択を間違わないようにしなければならないのでしょう。社会人になればともかく、しかし、高校生くらいに間違わないようにしろってそりゃ無理だろ。そんな思いで帰ってまいりました。来週もオープンキャンパスに行ってまいります。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

2008.06.15(Sun)00:31 |  日記  | コメント : 2 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 ダイナ君が茶の間でかばんから書類など取り出しつつ、ふと何気なくつぶやきました。

「毎日、髪を洗っているのに、フケが出るんだよな。きもいって、いじめられるんだ」

 結構、さらっと言ったので、こちらもさらっと尋ねます。

「誰に?」「AとB」「ふうん」

 二年の終わりの懇談会で、いじめの話が出たことを前に記事にしましたけれども、同じ生徒さんたちです。

 「それはC(懇談会時点でいじめられていた子)君をいじめなくなったので、矛先がダイナ君にきたんじゃないの? 家とか学校とかでストレスがあって、誰かをいじめて発散してるんでしょ?」
「そうかもしれないなあ」
「クラス全員と仲良くしなくてもいいんだよ。人が多く集まれば、気の合う人もいれば、合わない人もいるしね」

 ダイナ君はとたんに明るい顔をしました。そうか、ダイナ君、皆全員と仲良くせねばならないと思って、気に病んでいたんだな。

「今度、遊びに来いって言ってくれたD君は、きもいとか言わないんでしょ?」
「うん」
「じゃあ、いいじゃん。そっちと仲良くしてれば。でも、確かにフケは汚いよなあ。ちょっとどうしたら治るか、調べてみるわ。よかったじゃん、そういうことがあったから、治そうと思えて。ちょっと、待ってて」
「ありがと」

 というわけで、フケ防止のシャンプーをネット注文しましたが、どなたかシャンプー以外の治療方法をご存知でしたらお教えください。ダイナ君は坊主なので、黒い髪に雪が落ちているようには見えませんし、肩に積もっているということもありません。出ていない日もあるしで、出ていても「うわ、出てるなあ」とか言うほどでもありません。乾燥しているためかなと思ったりしますけど、まあ、こういう問題とは母は無縁できましたので、あまり知識がないです。よろしくお願いいたします。
さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。


2008.06.13(Fri)10:13 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 おなかすいたぞい。あ、現在夜中です。それはいいとしてですね、それで本日はご存知の方はご存知の説をお知らせいたしましょう。最近、食の本を読み漁っておりますね。どうして、痩せたほうが調子がいいのか。自分の体のことが自分で理解できないというのは、なんか釈然としませんので、いろいろな説を読んでいるのですが、一番しっくりした説を。これについては賛否両論あるとは思います。

 現代人は食べすぎ。いつも腸にものが入っていると、腸だって疲弊してしまう。腸壁に傷がついたりすると、ウイルスなどが簡単に体に入り込んでしまう。そんな傷を修復するためにも、少食の食生活に切り替え、断食することが必要となるとのこと。

 犬猫さんとご一緒に生活なさっていらっしゃる方に、これはもう申すまでもありません。動物は調子が悪いと食べない。絶食して治すんですね。すべての臓器を休ませているんですね。

 五月の間、私が何をしていたかと言いますと、夜中にネット販売のパンを見て、ブックマークを付け回っていたと。おなかをならしながらですよ。そして、「朝になったら○○を食べてやる」といきまいているわけです。おなかの中はからっぽだっただろうか。全くからでなくても以前に比べると格段にからっぽに近い。

 断食といいますけれども、半日でも休ませれば違いますよと。早めに夕食を食べ、次の朝抜いて、昼まで何も食べない。水分しか取らないと。消化器官に何もない状態を作ってやらねば、疲れ果ててしまうということなんですね。腸壁にこびりついているものを落とす。腸壁の傷を修復する。そうやって体を守るんですね。水道管みたいなものを想像すればいいでしょうか。

 そして、食事は腹八分目ではなく、六分目で満足しろと。おなかいっぱい食べるのはよくないとのことです。

 また、私にはほとんど関係ありませんが、肉食。これはよくない。肉食については、前にも記事にいたしました、抗生物質、ホルモン剤が投与された豚さん、牛さん、鶏さんを食べるとどうなるか。今日読んだ本に興味深いことが書いてありました。根拠はない、かもしれませんけれどもね。この二十年くらい、やたらと女の子の発育がよいと。小学生くらいでも大人みたいな子がいますよね。そして、私の時代、胸ですよ、胸。Cカップだとめちゃくちゃ大きい感じがしたものです。ところが、いまではなんかアルファベットどころでない胸の大きさの表現が使われるようになりました。この原因です。

 お肉を食した量に比例する可能性があると。なぜなら、食用の動物さんたちはホルモン剤を投与されているからです。どこまで科学的に調べているかは知りませんよ。しかし、なんか納得できそうじゃないですか。つまり、大きくなっているのは、体と(食用部分)、胸(乳牛ならば乳製品)ですからね。

 さらに、人間の体は肉食にはむいていないと。消化することが野菜に比べると手間がかかり、効率が悪いと。つまり消化器官に負担がかかっているということです。

 そしてマクロビオティックの信奉者の方々がよく言われていましたが、ここ数ヶ月で誰もが知っています。豚さんや牛さんの餌になる穀物、これが不足している。食用の動物を飼育することを減らして飢餓地域の方々に回すべきであろうと。今までは、動物を殺してまで人間が動物を食べるのはいかがなものかという論調があったりしました。動物愛護の観点からですね。しかし、今や、そんなことなんか言っていられない。動物に食べさせるものを人間に回せよと。

 私の体調がよくなったのは、そういう動物性たんぱく質を取らなくなったわけではないですけれどもね。ついでに書いておきました。動物愛護のためにです。

 話はもどって、少ないカロリーの食事をしようとすると、勢い、カロリーの高い油物は取らないようになる。取っていたら、他の食品が取れなくなるからですね。ということは、油を使用しているもの、これもあまり消化器系にはよくないのでしょう。パンを食べる量も減りました。小麦粉もよくないのかもしれない。

 いろいろと原因は考えられます。ダイエットをやってよかったと思ったのは、こうやって食生活を見直すことができ、そして、改善せねばならないのだとわかったこと。また、現在の日本の食事情。これは、手放しで「おいしいなあ」ですむものではないのではないか。日本だけではないですけどね。食べることには、もっと神経を使って、吟味するべきかもしれません。

 でないと、前にも書きました。体の中に入れたものは、何代にもわたって影響を与えるのかもしれない。既に、日本人は汚染されているかもしれません。こんな変な社会になってしまっている原因の一つに、食生活があると感じるのは、私だけでしょうか?
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

2008.06.12(Thu)01:13 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 そいでもってやり始めたのはいいですが。私のお昼ですね。よく近くのおうどん屋さんに行くわけです。だいたい二玉のおうどんに、上に乗せるのは、かきあげだったり、さつまあげだったり、上には乗せないけどコロッケだったりしつつ、堪能するわけですね。ところが、二玉食べると、500kcalは覚悟しないといけない。となると、上には何も乗せられないのですよ。うっ、うっ、うっ。最近、おうどんは一玉しか食べておりません。

 ある日など、ダイナ君が「おかあさん、明日おとうさんは晩御飯の時いないらしい。二人でお好み焼きを食べに行こう」「わかった」というわけで、朝にちょこっと何か入れて、昼は抜くと。そしてこれまた500kcalは越すであろう(たんぱく質は取らないで、つまりお肉、チーズ、シーフードは入れない)お好み焼きを食べに行ったわいいですわ。食べ終わったときには、血をはらいっぱい吸った蚊のよう。「もう飛べません」みたいな感じです。「しばらくお好み焼きはいい」となるわけです。

 少ない量に馴れてくると、皆様ご存知のように、胃が小さくなってきます。ですから、前のように多くは食べられないんですね。だいたい400kcal越す量を胃に入れると、しんどくなってきます。コンビニに行ってみてください。カロリーを書いておりますが、お弁当類はいっさい食べられません。お肉がごてごて乗っている御飯など、食べたら最後、ダイエット終了になってしまいそうな気持ちになってきます。もっとも、このダイエットは、外食などしてカロリーを多くとったなら、その後二日かけてカロリーを差し引いていって調整すると。こうなっております。ですから、一度食べたからそこでゲームオーバーなどということはないわけですね。

 ところで私、未熟児で生まれたせいでしょうか、非常に体が弱かったんです。疲れやすい。運動会など前夜興奮して眠れないとか、小学校の修学旅行は頭痛で欠席だったりとかいろいろありましたわ。そして、大人になってからも、外に出かけると。出かけるのはいいですが、帰宅したらすぐもう横になりたくてしかたないんです。ところがです。このダイエットをやり始め、体重が落ちて、どのくらいしてからでしょうかねえ。疲れにくくなったんです。

 外から帰ってくる。疲れたなあと思う。ここまでは同じ。しかし、とにかくお茶飲んですぐ寝よ、となっていたのが、「とりあえず、洗濯物をたたんでから寝るか」となったんですね。しかも、洗濯物を畳んでいるうちに、寝なくてもいいかなと思えるようになんか回復してきたと。前は、お茶を飲んでいる間、疲れが増してきて、とにかく寝ようとなっていたんですけどね。

 このところ、精力的に家の中を片付けておりますが、世帯主が「そんなに張り切ってやって、明日寝込むぞ」と言ったことも一度や二度ではありません。そうです。不良主婦のお狂は、たまに、主婦業を精力的にやると、次の日に寝込むのです。それがなくなりましたね。

 岡田氏は100kg越した体重を絞っていく過程において、駅の階段が楽に登れるようになったと書いていたりするようですが、そりゃ、それだけの体重の方が痩せれば楽に階段を上れるようになるでしょう。しかし、お狂はたかだか4kg体重が減っただけなのです。それだけで、まるで体質がかわってしまったかのような。

 なぜなのか。基礎代謝エネルギーよりもややもすると、少ないエネルギーしか入れていないのに(だからめまいがおこったり、睡眠時間が増えたりというのを覚悟していましたがそれもなく)、元気になっていく。おかしいじゃないですか、エネルギー供給量が少なくなっているにも関わらず。

 ということは、今まで食べ過ぎていたということになる。人間はエネルギーを供給すればするほどよいのではなく、臓器をオーバーワークさせない程度の食物を入れねばならないのか。食べた物を消化吸収するという作業、これは結構大きな動きで、多く入れすぎると負担がかかるのか。

 それとも、食べているものに関係するのだろうか。二年前より動物性たんぱく質はなるべく取らないようにしてきたけれども、ダイエットするにあたって、油を使ったものを結果的に避けるようになった。そのために、油を体に入れなくなり、その油はあまり体にとってはよいものではなかったということか? 

 というわけで、次回は、食事に対する、ある一つの考えをお知らせいたします。


さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。


2008.06.10(Tue)19:58 |  日記  | コメント : 15 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 痩せねばという気持ちをもって、何かやったことは今まで何度かありましたが、体重計に乗って、毎日管理をするなど一度もしたことありませんでしたので、実は本格的なダイエットはこれが最初となります。そして、ダイエットというのは、失敗したら次に取り掛かるときには大変なことになるんですね。

 なぜか。最初は順調に落ちていきますが、体重減少の速度が速いと非常にリバウンドの可能性が高くなるのです。何でも、一ヶ月に体重の5%以上痩せたならば、体がエネルギーを消耗しないモードになるんですね。これが停滞期と呼ばれるもので、突然、全く体重が落ちなくなるのですが、この期間が結構続くんです。体が痩せた状態をノーマルだと認識しますと、再び痩せ始めるらしいのですが、この停滞期に「体重が減らなくなったからやめよ」とやめたら、もとの体重より増えると。体が省エネモードになってますから、前よりも効率よくエネルギーをためてしまうんですね。で、ダイエットを始めた一番最初より、太ってしまうと。ですから、ダイエットを始めたなら、初志貫徹、一発必勝なわけです。

 最初に自分の基礎代謝エネルギーを調べますと、1200kcalないんです。「ええ、こんなに少なかったのか」と愕然としましたが、とりあえず一日のカロリーを1200kcalというしばりにすることにしました。必ずや痩せるぞ、という値です。ところがですね、私、数字には滅法弱いのですが、数字を目標にすると、俄然、目的達成意識が出てくるという人でして。気持ち的に1000kcalをきるくらいでやっておりました。ですから、当然、ほいほいと体重は減っていきます。ということは、一月の体重減少が体重の5%を早い段階でクリアしてしまったのです。

 早い段階で停滞期がやってきて、リバウンドの危険信号がともりました。とにかく、じっと我慢して通り過ぎるのを待つ。これですね。そして、現在、おそらく二回めの停滞期に入っております。

 今までに一番体重が重かったとき。それは高校時代です。ですから、この時の体重を上回らない限りは、自分の中で「太った」という感覚が湧いてこなかったのですが、実は、この半年。朝ごはんにばんばんパンを食べていたのです。パンを二つほど食べ、そのうち、一つは甘いパン。これにヨーグルト、フルーツと。時には、卵。調べてみますと、軽く一日の基礎代謝エネルギーを越えております。高校時代の体重を上回っておりましたよ。

 私は食べたものをまず書き出すなどという七面倒くさいことはしませんでした。最初からいきなり1200kcalのしばりを掛けて、ダイエット決行です。気が短いですから、様子見などしていられません。最初の2、3日はつらかったですね。しかし、久しぶりに、夜におなかがめちゃくちゃすきました。それまでもすいていたはずですけれども、おなかの中がすっからかんというのを経験いたしました。久しぶりでしたね。そして、楽天のパンのネット販売を見て、「痩せたなら、これを購入して食べる」とブックマークをつけておりました(食べたらまた太るだろ)。おかげで、この一月で食べ物のブックマークが増えてずらっと並んでおります。

 そして、この一月の間に、非常に大きなことに気がついたのでした。やはり、努力はするものだ。何かやったときに、知的発見。これがなければ、いけませんぜ。などと自己満足しているのですが、続く明日。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

2008.06.09(Mon)20:33 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日の続きとまいりますが、レコーディング・ダイエットをご存知ない方のために、ちょこっとお知らせしておきましょう。詳しくはぐぐってください。いくらでも出てきます。

 レコーディング・ダイエットとは、岡田斗司夫氏の実践したダイエット方法で、一年間で体重117kgから67kgに、体脂肪率42%から17%にと成果をたたき出しております。その方法は簡単と言えば、簡単ですが、一日摂取カロリーを設定し、その範囲内なら何を食べてもいいというもの。

 最初は自分が何を食べているのかを知るために、食べた物をすべて書き出す。すると、自分が何を食べているのかわかるようになると。岡田氏言うところの、「太っている人は太る努力をしている」というのがどういうことが理解できるようになるでしょう。次に、食べた物を書き出しつつ、そのカロリーを調べてどのくらい一日にカロリーを摂取しているか現状を知ると。その次に、一日の摂取カロリーを決め、その範囲内におさめる。毎日、体重計に乗って、体重、体脂肪を記録します。

 この場合、エネルギーについて少し知っておく必要があります。人間が何もしなくても消費しているエネルギー、これは年齢、体重、身長などによりはじき出されておりますが、基礎代謝エネルギーと言うそうですわ。そして、この上に、お掃除をすると、エネルギーをいくら消費する、お風呂に入るといくら、犬さんのお散歩でいくら、ダイナ君を叱りつけるといくら、ぶつぶつ言いつつ、世帯主のワイシャツにアイロンをかけるといくら、と消費エネルギー値が加算されるわけです。で、それが体から出ていくエネルギーとすれば、入ってくるエネルギーは食事ですね。食べた物のカロリーの総合量が入ってきたエネルギーとなるわけです。で、つまりは、入ってきたエネルギーより出ていくエネルギーの方が多ければ、やせると。ですから、現在、どのくらいの量のエネルギーが入ってきていて、どのくらい消費しているか。それを知る必要があるわけですね。このエネルギーの計算など、インターネットで簡単にできますよ。パソコンなしにはできないダイエットです。時流に乗っておりますね。詳しくは岡田氏のブログでご確認ください。

 で、私はですね、数ヶ月も前から知ってはいたのですが、興味がなかったんです。なぜかと言いますと、あまりテレビを見ない私ですけど、岡田氏が討論番組なんかでコメントするのを見たことはあった。その岡田氏と、痩せた岡田氏を見たとき、私には痩せた方がいいとは思えなかったんですよ。その話し方なんかを見ても、「ひどく貧相になったなあ」と思ったんですね。着ている服も、髪型もおしゃれになったのかもしれない。が、私にとったら、アロハシャツみたいなの着て、長髪っぽい岡田氏がマイクに向かって吠えてる方が好感が持てたんですね。そのうえ、ダイエットに成功していろいろよいことがあったけれども、伊集院光氏がこの岡田氏のコメントにラジオでいちゃもんをつけてたんだけど、「痩せたら、娘が一緒に歩いてくれるようになったって、そりゃ、子供の育て方を間違ってるだろ」と言っておられましたよ。私、伊集院氏に軍配を上げておったのです。

 しかし、なぜに私がやってみようかと思ったかというと、あるテレビ番組に出演していた岡田氏が(たまたまニュースはないのかとチャンネルを回していたんですけどね)、「このダイエットは文科系のダイエットなんです」とおっしゃっておったのです。「一日に歯を食いしばって何十分運動するという体育会系とは違う。運動しなくていいし、ただ食べたものを書くだけ」

 そうです!!  怠惰なお狂の心を揺さぶったわけですよ!!

 それでも、やるかとは思わなかったんですけどね、その後どのくらいたってからでしょうかねえ、ネットだったかなあ、「痩せたら物欲がなくなった」と岡田氏が書いてあるのが目に入ったわけです。雑誌だったかなあ。これで、お狂のハートを鷲掴み!!

 そこに持ってきて世帯主の一撃。楽なダイエットで楽して痩せよ、と思ったわけですね。

 以下、また明日。


さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。


2008.06.08(Sun)16:08 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 実は、私五月より新しく始めたことがあります。六月より新しく始めたこともあります。で、本日は皆様には黙っておりましたが、五月から新しく始めたことを、それなりに結果が出てきたので、お知らせしようかな、なんちゃって。

 私、実はレコーディング・ダイエットをやっていたのです。どうだ、まいったか。昨年、ビリーズ ブートキャンプをやって、腰を痛め、しばらくお休みしていたのですが、痛みがなくなって、ひそかに再びこそこそやっておりました。脇腹など、そこそこひきしまってきたところに、レコーディング・ダイエットにコンバートいたしたのです。

 ことの発端は実に他愛ないといいますかね。もともと、私、それほど太っているわけでもない。ダイエットせねばと思ったのは、ジーンズのサイズが危なくなってきたので、ビリーを始めたわけです。そこそこおもしろかったといえばおもしろかったのですが、なぜにレコーディング・ダイエットを始めたか。

 うちの家には、しみがついた服、ほつれてしまった服などを入れておく衣装箱があるんですね。そこに入れておいた服を、私が暇なときに切って、お掃除に使用すると。で、そこにジーンズを二本入れておいたんです。ある日、世帯主が衿の擦り切れた綿シャツを持ってきまして、「これは着られないけど、どうしたらいいか」というので、「そこの衣装箱に入れておいてください」と言ったわけです。

 中を開けた世帯主、「ジーンズが二本もある。履くのがないんじゃないのか?」「もう着られないからいいんです」「太ったんだな」

 これですよ。この「太ったんだな」という一言に、反応したわけです。世帯主がいなくなった後、そのジーンズを二本、引っ張りだしました。一本は、漂白剤が何箇所もついていて、これは確かに履けませんが、もう一本はきれいです。

 履けるようになってやろうじゃないか!

 で、結果です。履けるようになりました。一ヶ月で4kg、痩せました。何年かぶりかで、体重が40kg代になりました。現在、まだ進行中。あと2kg落とす予定です。

 で、明日はこのレコーディング・ダイエットをやっていて、大きな収穫があったのですが、それについてお知らせいたします。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

2008.06.07(Sat)17:00 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、本日と実家に行ってまいりました。車で十五分。何しに行ったかと申しますと、私が通っている教会の附属幼稚園で「子供服リサイクルバザー」があると。それに出す服を貰いにいってきたのです。私の実家は一時六人家族だったのですが(祖父母がいた)、今や、私の両親二人。広くなった家に住んでおりますよ。私の部屋など、今や箪笥部屋。まあ、よくこれだけ服があるなと思います。母は捨てない人なんですね。

 私が「着る服がない」と言いますと、すぐ探して出してくれるのはいいんですけどね。しみがついております。「これ、しみが出てるじゃん」「だから、家で着なさいよ」私の母は私とは正反対で、非常におしゃれな人です。ぶんちゃんは「おかあさんは本当におばあちゃんの娘なの?」とか言います。若く見られることにいのちをかけておりますね。ぶんちゃんも「おばあちゃんは七十過ぎているとは思えないね」と言っております。

 そのおしゃれな母が、家の中でしみだらけの服を着ている。これがやはり昔の人ですね。物を捨てられない人なんです。私がここ数ヶ月、一生懸命、物の整理をしているのは皆様ご存知だと思いますけど、母に「おかあさんもいいかげん、物の整理しなさいよ。入院でもしたとき、私がやらなきゃいけなくなるなんていやですよ。人に自分の物を捨てられるより、自分で処分しておきたいでしょ」などと言っておりました。それで、まず手をつけたのが、子供服というわけです。ちょうど、幼稚園でバザーがあるので、実家に行き、洗いざらいとってまいりました。しみの出た服もありましたが、置いておくと、また箪笥の中にもどっていくだろうと、「私が持って帰って処分するわ」と持ち帰りました。

 ぶんちゃんの服など見てますと、生まれたのがついこの間のような気がいたしましたねえ。私の母がこれだけは捨てられないという服がダイナ君の七五三のスーツです。誰が着る予定があるわけでもないのに、きれいに箱に入れてとってあります。考えてみますと、ダイナくん、 背は低いですけどね、よくここまで大きくなりました。天に帰りかけたことも二回。ぶんちゃんが泣きながら、「ダイナ~、目をあけてよ~」と泣いていたときもありましたね。意識がなくなったときもあったんです。

 よくここまで大きくなってくれました。

 紙袋三つに服をつめると、一度帰宅し、駅前の大きなホテルに行きました。本日、大学入試合同説明会なんですね。まあ、学校案内はダイナ君が興味を持っている大学のはすべてとりよせているので、必要ないんですけどね。第一志望は先客がいたので、別のブースの動物学科のある大学に行きました。そして、「今年、かなりの倍率でしたね」「獣医学部を受験する生徒が受けにきていますので、一般は倍率が高くなるんですよ。もしうちの大学が第一志望でしたら、早い段階で受験することをお勧めします」「そうですか」

 早い段階というのは、まず夏過ぎると始まるAO入試、その後、専願推薦、次が併願推薦。そして、前期一般入試となりますね。まあ、早めに学生を確保しておきたいのは、どこの私立でも同じかもしれません。しかし、文系のぶんちゃんと違って、理系のダイナ君にかかる受験料はどうだい、この高いこと。理系はその上に授業料が高い!!

 それはさておき、その先生と動物のお話などして盛り上がりましたね。母親と盛り上がってどうすんのかと思いますけどね。「野性動物が山から下りてくるというのは、これは人災ですよね。環境問題を考えることをせずに、野生動物は守れませんよね」「そういうことをAOで言ってくれれば、合格できますよ」

 私、入学できるのか!!(ちゃう、ちゃう!!)

「入学して、そして、そういう考えをお持ちなら、是非、公務員になって、環境の部署についてください。そうでないと、野生動物は守れませんからね」

 その部署にいる公務員の方々が動物や環境を守ってくださっているとも思えないので、私を是非、公務員に!!(ちゃう、ちゃう!!)

 オープンキャンパスで何をするかとか、入学した生徒さんが合宿したとかいう、話をこちらからふると「そこまでご存知なら、おかあさんにご説明することは何もないですね。オープンキャンパスに来て、是非、教師と話しをしてください」

 わかりました!! って、私じゃないっていうの!!


 その後にもう一つ、別の大学のブースを回りましたが、ここは二人の方がいらっしゃったものの、なんか先の大学に比べると、いまいち、積極的にアピールしてくれなくて、「ダイナ君、ここを受験するのやめたらどうかなあ」などと思ってしまいました。

 私が学べるものなら、大学に入学したい。年をとったからこそ、思うことです。

さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。



 
2008.06.05(Thu)01:15 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 ようやく解放されました。ワイシャツ解体作業からです。世帯主が「もう着られない」と判断したワイシャツが山のようにありました。それを三日かけて、ボタンをはずし、身ごろを切って、ぼろぎれとして使用できるようにしたのです。朝から晩までやっていたのでないので、三日かかかったのですけれどもね。本当に、「もう着られない」という服が出るそのたびに、知らせておいてくれたら、こんなにやることもなかったのに、連日、「私は一体何をしているんだ」と思いつつ、やっておりますよ。

 昨日、教会の知り合いでお子さんが牧師として、イギリスに渡っていらっしゃる方がいて、その方に「和物はない?」と。何でも、日本人がほとんどいない地域とて、日本を紹介するところから始めたい。ついては何でもいいから、いらない和物があったらくださいと。浴衣とか着物などが在庫にあるわけがなく、扇子とか団扇かなあと思っておりました。「風呂敷ない?」「あ、ありますよ」見たら、これがまたしみが出ているわけですよ。それは捨てようとして、ふと自分で使うかと、バッグの中にいれました。きれいな風呂敷もあったので、それを持っていくと。

 お台所には、はしおき、い草のコースター、使用していなかったので、捨てるに捨てられない状態でありました。よかった。茶卓などもあるんですけどね。考えてみますと、お客様が来られたときに、ちょっとコースターなり、茶卓なりに乗せてお出しするとおしゃれですよね。しかしなんかも、物を持っていること自体に辟易しております。いつか使うかもしれない、誰か来るかもしれない。そういう不確かな機会を想定して、物を持つものではないよなあ。考えてみると、おしゃれというのは、実用性からは遠いものなのかもしれませんねえ。「かわいい」とか「きれい」とかいう思いは、大切にしたいですけれども、私は分を知っています。自分に「かわいい」とか「きれい」とかいう物が似合わないことは。

 最後に持っていく和物に選んだのは、「折り方」の本です。折り方というのは、折り紙に似ていますが、実用的な代物。ぽち袋とか、お月謝袋とか、その季節や用途に応じて、和紙を折って、中にお金や物を入れるというものです。私が大学のときの美学の先生がこの「折り方」の先生だったんですね。それで、日本人にはこのような風流なところがございますぞというところをお見せするにはいいかなとおつけしたわけです。

 同じおしゃれでも、紙を使いますから、保管するのに場所はとらない。一枚の紙が折りようによっていろいろにかわると。本来、このような融通のきく物が、使い勝手のいいものではないのでしょうかねえ。日本人の器用なところをイギリスの方にアピールするには、いいと思いますけどねえ。って、不器用なお狂が言うのも何ですが。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。

2008.06.03(Tue)23:39 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 何やら四日水曜日からお天気が崩れるという予報であったのに、本日月曜日から崩れているのは何なんでしょうか? 今日はカーテンのお洗濯をするぞと思っておったのですが、ぷんぷんって、感じです。台風も来ていれば、梅雨にも入ってしまっているとのこと、雨のシーズンには晴れ間が貴重。

 まあ、それはそれとしてです。一日日曜日には、お天気だったので、世帯主に洋服箪笥の整理をお願いしました。ベランダの物干しにスーツをずらっと並べて、明るい場所でチェックしてもらったんですね。そしたらですよ、「これはもらったけど、形が気に入らなくて着ない。こちらはポケットの入り口がすりきれそうだから、着ない」ということで、次から次へと処分となり、大きなビニルのゴミ袋いっぱいに、
スーツを捨てることとなりました。一体、うちの洋服箪笥は何だったんだ。ゴミ保管庫でしょうか。

 しかも、ほとんど入ることのない世帯主の部屋をふと見ると、洋服バーにいっぱいハンガーがつらくってあって、いいですか、ハンガーのみですよ。ちゃっちゃと、こちらに渡してくれれば、クリーニング店に持っていったものを、まったく、どうしてこう保管したがるんでしょうかねえ。

 物を捨てるという感覚というのは、最近わかるようになりましたけど、「このスペースを広く使いたい」ということだったんだなと理解できることとなりました。狭い部屋を広くしようとすると、物をためないようにするしかないんだと。ですから、うずたかく物を積載していくと、これは最悪なんだなとわかるようになりました。よく言われるのが、背の高い家具を置くと、圧迫感があると。実際問題、背が高いとお掃除のときに、面倒です。ほこりを頭の上から落とさねばならないですから。

 掃除しつつも、「あそこも片付けねば」「ここも片付けねば」と思ってしまいますが(その割に片付かない。片付けようと物を出すと、半分は処分となりますが、半分は収納に困っている)、そのつぶやきを聞いたダイナ君が、「机の上を片付けよ」と言い出し、なかなかよい相乗効果が出ているではないかと。先週一週間、一生懸命処分しましたけど、まだしばらく続きそうです。広々と生活したいものですわ。犬猫さんたちのためにも。
さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。


2008.06.02(Mon)00:03 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年06月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年06月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年06月28日 (土)
ある日の様子
2008年06月26日 (木)
食欲は欲望ですが、しかし
2008年06月18日 (水)
食事療法、始まる
2008年06月17日 (火)
今頃、すみません
2008年06月13日 (金)
よい知恵があれば
2008年06月12日 (木)
少食の勧め
2008年06月10日 (火)
これは一体
2008年06月09日 (月)
そして始める
2008年06月07日 (土)
痩せてやる!
2008年06月03日 (火)
実用的なものが好き
2008年06月02日 (月)
雨だとできないことがある
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。