動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 昨夜、私の母が「明日、お天ぷらを作るので、取りにきて」と言ってまいりました。「何時頃ならできてるの?」「午前中は接骨院に行くから、午後からかな」「ダイナ君を病院に送っていったら、行きます」

 私の両親は二人で、うちより車で15分の場所に住んでおりますが、お天ぷらを揚げますと、必ず、半分、うちにくれるんですね。と言いますのが、もう年寄り二人だと食べきれないんですね。少しの量なら、何か揚げるのも億劫です。それで、そこそこの数を揚げて、うちに回してくれると。ラッキーですわ。

 ところが、本日、朝起きて、すぐ母にお電話しましたね。「腰が重たいから、一緒に接骨院に行く」

 そういうわけで、久しぶりに接骨院に行きましたよ。先生、私の顔を見るなり、「お狂さん、どうしんだよ、痩せちゃってるじゃん」「6kg痩せました」「痩せすぎだよ、女性はふっくらしている方がいいんだって」「だって、先生、服がね、やばくなってきたの」「そうか、それはなあ」

 私の母に向かっても、「ふっくらしてるのがいいんだよ」などと言っておりますね。母などいい気になって、「うちは太らない家系なんです」とか言っております。まあ確かにでぶりんはおりませんけどね。自分の贅肉は棚に上げてるな。

「しかし、胸がなくなったねえ」

 本日も「ほっといてよ!」と言いたいところを、「そりゃ仕方ないですわ」と返しておきますね。

 そして、車で母を迎えにいって接骨院に来ておりましたので、また送っていきますね。「そしたら、二時過ぎくらいに取りに来る」「その時間なら、揚げ終わっているわね」実家の前で母を降ろそうとしましたら、植木鉢に土を入れている父が何やら手招きしています。

「おとうさん、入ってこいって言ってるけど、どうしたのかな」
「さあ、どうしてのかしらん」

 私が車を実家の敷地内に駐車して降りていきますと、「好きなのを好きなだけ、持って帰れ。今、揚げ終わったから」「い!! おとうさんが揚げてくれたの」

 私の父というのは、まあそこそこお料理をする人なんですね。どなたもほめてくださるのが、ホットケーキ(厚さが4cmくらいある)と鶏がらのスープから作るラーメンですね。ダイナ君やぶんちゃんが好きなのは、父の作る炒飯。母は何でも作る人ですが、決め手にかけております。私は母の作るコロッケが好きなんですけどね。あ、コロッケも貰ってくるんですよ、揚げますのでね。

 しかし、私の父というのは、こういう人なんですね。「また昼から来るのは面倒だろうと思って」と揚げておいてくれたんです。お米なども、実家から貰うのですが(実家で作っているのではなく、実家がまとめて知り合いの農家から買い付けてきたのを貰う)、「そろそろないんじゃないのか」とよその家の米びつの中までわかる人です。

 こういう人と一緒に生活していたら、どういうことになるか、皆様おわかりになりますかな? 非常に鬱陶しい存在となるのですね。気がきくので、回りは楽ですが、自分は気がつくのに、どうしてお前は気がつかないのかという思いで、家族を見ておりますので、やかましいことなんの。いつも顔色を伺っていなければならないことがあります。

 まあ、しかし。こういう人に育てられると、私のようにめちゃくちゃ気が短く、いつも「やるぞ、やるぞ」みたいな雰囲気を持っている人間になるんですね。

 それはいいとして。午後からは点滴の終わったダイナ君と一緒に、家具の卸売り店に行ってまいりました。私、実は食器、家具がすきなんですよ。台所のテーブルを買い換えたいと思っておるのです。古いテーブルは、実家が植木台にするので引きとってくれますが、いつも「もう少し小さなテーブルだったら、キッチンが広くなるのになあ」と思っていたのですね。そして、テーブルの上に物をごろごろ置いているので、「小さいとそれもできないだろ」と思っていたわけです。入り口によさそうなのがありました。ダイナ君と一通り見て、「あれ、買って帰ろうかなあ」と思いましたよ。

 ですけれども、お金がないときですしね、実はどうしてやってきたと言いますと、「良さそうなものがなくて、気にいるようなものはないから、もうテーブルのことを考えるのはやめよ」と思わせてもらうために来たんですね。で、ダイナ君に「これ、いいよね」と言ったのですが、ダイナ君は乗り気ではなかった。それで、私は頭の中に、みかん箱をテーブルにしている図を思い浮かべたのです。「こういうのもいいじゃん。風情があるし、おもしろそうだし」と思いこませて、断念したのでした。おそらく、これで家具店に行くことはしばらくないと思いますね。「長さがちょっと長いし、今のテーブルの三分の一から半分くらいを考えていたし、ほしい気持ちはあるけど、やめやめ」と帰宅しました。

 購入しなくてよかった。お金ないのに、買おうとしてたなと反省し、「お金ないから、物は買わない」と堅く自分に言い聞かせ、きっぱりとあきらめたのでした。って、インターネットで注文した発芽玄米が届いたら、否応なしに、お金が出ていきましたしな。とにかく贅沢はできません。

 折込チラシの誘惑は本当に大きいですね。

さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。




スポンサーサイト
2008.06.28(Sat)01:32 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年06月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年06月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年06月28日 (土)
ある日の様子
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。