動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 暑いですわあ。毎日午前中に、格之進を連れて実家に行っておりますお狂です。別に用という用があるわけでもないですけどね。何か一つくらい用をして、帰宅すると。暑いですから、少しでも涼しい午前中に動いておくんですね。まあ、正直言いますと、これくらい実家に通ったことはないですね。

 葬儀の後、十日です。毎日、母を見ておりまして、なかなか元気にならないものだなと思いました。葬儀の数日前より、大腿骨が痛むようになったんです。ダイナ君は気にして、お電話で「おばあちゃん、足、大丈夫?」と尋ねておりますけどね。

 私は家で初めてのクリスチャンですので、当然母とは価値観が違います。それで、あまり話をすることもありませんでしたし、性格的に他人であったなら、あまりうまくいっていないであろう友人であったに違いないということもあり、実家に長居することはありませんでした。

 しかし、私もそろそろ半世紀を生きております。自分も若くない。母はもっと若くない。というわけで、母のぐちというのも黙って聞くことができるようになりましたね。最近思うことは、とにかく黙って聞いてほしいんですね。そして、「よく頑張った」と誉めてほしい。人間、自分を肯定して、誉めてくれる人が好きなんですよ。そういう人のことを「私のことをわかってくれる」というわけですね。

 客観的に見て、「あそこがこうなので、こうなった。あなたはこう言ったけれども、そのために、○さんはこういう思いをした。この場合、あなたの言い方が……という言い方なら、もっとうまくいった」などという説明などしてほしくありません。「そうだよね、よく頑張ってたもんね。えらいと思うよ」と言えば、今晩安らかに眠れるわけですね。

 私自身にもいろいろな思いがありますよ。母に対して、「○さんはこう言ったけれども、それは間違っている。…を知っていれば、そんなことは言わなかったに違いない」などと言うわけです。ですけれども、私も母がどういう人がわかっているので、いたずらに母を刺激することを言うのは、やめております。「まあ、また後で言えばいいか」などと思うことにしておりますね。

 そして、「ありがとう」を何回も言うことと、「何かあったら言ってよ」と何回も言っておくと。

 非常に感じることは、人間、心安らかでいることは難しい。単純に忘れることができるならば生きていくのも楽ですが、悪いことをずっと覚えている。許せないでいることは、自分を病気にします。後それほど長くない人生ならば、安らかな心で日々生活してほしい。まだ自分には許されないけれども、もう母には許されてもいいじゃないか。そんな思いがしております。私も年をとったんでしょうなあ。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。


スポンサーサイト
2008.07.31(Thu)02:24 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
080729_1923~0001
 今日も今日とて、お狂です。

 本日七月二十九日をもちまして、『動物愛護(になってないかも)日記』は三周年を迎えることとなりました。皆様がたのご支援、ご協力とともに、ここまでの時間を与えられましたことを、存知あげている方、いない方、多くの(ということにして)ご贔屓様に感謝いたします。また、何よりも神様の導きによって、様々なことを考察し、地理的には遠い方々と知己を得ましたことを神様に感謝いたします。

 思えば、私がブログを始めたのはぶんちゃんの誕生日です。そういうわけで、ぶんちゃんも二十歳になりました。これからは成人として扱って…いけるかどうかは本人次第ですけれども、ここでぶんちゃんに一言、二言、母親として苦言を呈したいと思っております。

 まず、何より、自分のやったことには責任を持つように。「知らない」「わからない」などという戯言が通るわけなく、やったことのつけは必ず自分に返ってくることを忘れないように。とくに、悪いことをやったつけというのは、時間をおいて自分に返ってくることがあるけれども、その場合、時間がかかればかかるほど大きな代償を支払うこととなる。というわけで、自分のやらかしたことについて「まずい」と思ったら、とにかく早く神様に謝るように。

 また、クリスチャンとして祈りのある毎日を過ごすように。神様の導きと守りなしでは生きていけないのだから、常に神様の御手の先をさがすように。現代社会は、これはもう間違いなく悪い方向に向かっているし、悪い方向を選択した責任を負わされようとしている。そういうときに、「地の塩」としてのクリスチャンの意義を忘れないように。お金は必要だし、欲望もあるだろう。しかし、それは悪い方向にしか作用しないことを覚えておくように。人として、全うな道を進んでいきなさい。そのために、人のそしりを受けたり、つらい思いをすることもあるだろうが、常に人の目より、神様の目を気にする人であるように。

 そして、社会で生きていくうえで、人から受けた恩義は忘れないように。必ず返すことを考えるように。その人に返すことができないときは、別の人に返すように。感謝を忘れず、「ありがとう」という言葉を心から毎日言える社会人でありますよう。

 なお、服や物を買うことには懐疑的であるように!!

 で、冒頭のいつものお狂のお台所風景ですが、こちら、徳島土産の「すだち茶」でございますね。粉末です。化学調味料が入っていること間違いなしです。で、これをかんてんパウダーと一緒にとかし、三温糖を加え、最後となりました果物の缶詰ブルーベリーと一緒に固めてみました。う~ん、微妙な味です。お茶ですからね。こぶ茶みたいな味をご想像ください。で、残りのブルーベリーはまた明日何かと固めてみます。ほとんど実験だな、こりゃ。


 それでは、趣旨が何やらわからなくなってまいりましたが、『動物愛護(になってないかも)日記』をこれからもよろしくお願いいたします。なお、ダイナ君、猫三匹(と野良猫一匹)、犬一匹も相変わりませず、皆様がたのご愛顧をいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

 それではいつもの告知です。

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。

 いろいろなことがありますが、犬猫さんに罪はありません。どうぞ、今一度、よろしくお願い申し上げます。


2008.07.29(Tue)08:36 |  日記  | コメント : 24 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。
080728_2346~0001
 さてさて、一生懸命、物の処分に走っておりますお狂ですが、本日の処分品は「さくらんぼの缶詰」です。ゼリーの中に入っているのがそうですね。赤くないですよ。そういう奴ですからね。これで、缶詰は後、ブルーベリーだけとなりました。ゼリーの元は、まだ抹茶が残っています。それから、プリンの素、寒天パウダーなどまだ大袋に一つありますね。ゼリーは寒い時期に食べたいとは思いませんからね。今の間だ。

 ところで、ぶんちゃんにお電話したんですね。もうすぐお誕生日なので、amazonで本を注文したんですわ。
「もしもし、ぶんちゃん?」
「ああ、おかあさん」
「お誕生日のプレゼントに、amazonから本が送られてくるから」
「あ、そうなの?」
「ダグラス・ラミス氏の本は彼にあげなさい。この間、お世話になったようだから。その時、言っておいてね。この本がきちんと理解できないようなら、おかあさんと話をするのはあきらめてくれと」
「え? う、うん」
「あ、それからね、東城先生の本と大森先生の本を頼んだんだけどね、大森先生の本、まだ読んだことないから、帰省するとき、持って帰って」
「え~、ひょっとして、うさんくさい本じゃないのお? ちょっと喜んだのに、がっかり」
「何を言ってるんですか。二十歳になろうというのに、体のためになる食事を摂らなくてどうすんの」
「でもさあ、自分も読んでないって、それ、プレゼントって言うの?」
「東城先生の本は既に持っている。よい本である」
「あ、そうですか。それから、おかあさん、クッキーの画像なんか、携帯に送ってこないでよ。返信に困るから」
「ふん!!」

 という、つれないぶんちゃんでした。

 しかし、amazonはすごいですね。いつも注文するたびに思いますよ。今回、本日、朝八時半くらいに注文を出したわけです。そしたら、八時三十三分に、ステップメールですね、「ご注文ありがとうございました」というのが来たわけです。そして、私はいつもコンビニ先払いにするんですね。その先払い番号が送られてきたのが、八時五十分。私、九時過ぎにローソンからお金を入金しましたよ。そしたら、十時二十五分に「払い込みの確認をしました」というメールが来て、十九時三分に「本日、発送しました」というお知らせメールが。

 これがインターネット注文のすごさだと思うんですね。ここまでの速さを持つ店舗は他にはないですね。って、あまりお買い物しないので、私が知らないだけかもしれませんけどね。私が利用するのは、犬猫さんのフード、玄米や発芽米、最近では、ダイナ君のたんぱく質の少ないジュースをお願いしたんですけど、このお店はひどかった。ステップメールが来てから、お店からのメールがきたのが二日過ぎ。それから発送されたのが一週間後。在庫がないこともあるとは思いますけどね。amazonの速さを知っていると、他の店舗はさぼっているのかと思ってしまいます。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。


2008.07.28(Mon)01:47 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 暑さにまいっております。ってこともないですけどね、ここ数日、処分が進んでおります。まず最初にですね、ついになくなったのが、マカロニとパスタソースです。ところが、まだパスタスースだか、ドレッシングだかが手付かずで一本発見されまして、、前途多難ということが判明しました。スパゲティは多くあります。私もぶんちゃんも好きでしたからねえ。しかもこれを食べて処分するとなると、なかなか大変ですねえ。具材がないんですよね、あまり。シーフードやツナのストックがないですからね。ぶんちゃんが帰省したら考えます。

 そして、体に悪いと承知していながら、捨てられないために処分にかかっているのが、髪を染める薬剤ですね。これ、いつも白髪を染めると、気分が悪くなるんですよね。再生不良性貧血ですが、この毛染めのせいという説があります。体によくないのは昔から知っていましたが、白髪のために年とって見えるので、自分で染めておりました。今回、染めましたけど、まだもう一回分くらいあります。その後はもう染めることはやめようと思います。おしゃれか健康かとなったら、健康をとることにしようかなあと。

 次に処分にかかっているのが、アジシオです。こういうものがなぜにうちのお台所にあるか。世帯主が買ってきたんですね。世帯主は味の素も買ってきたことがあります。もともと、私はこういう化学調味料を使いません。主婦となってずっとそのスタンスをとってきたんですが、世帯主という人はいつもお料理は味なんですね。昼ごはんを外食しておりますと、当然味の濃いものを口にします。しかし、味の濃いものというのは、基本的に体に悪い。バターとか香辛料とか入っていますからね。そして、濃い味付けを知っていると、なかなか「体に悪いから」という理由が通用しないんですね。「おいしくない」でおしまいです。

 しかし、アジシオでなくても、家には自然塩があります。この処分方法はですね、お風呂ですよ。石鹸の代わりに体を洗うのに、私が使っています。前に自然塩で体をこすっていました。やせますよ。髪も洗っていました。最初の一月は地獄でしたよ。生臭いにおいが自分の髪からしてきて。歯磨き粉の代わりにも、洗顔料の代わりにも使用していました。なぜ、使用しなくなったのか、ちと覚えておりませんねえ。面倒くさくなったのかも。
080726_2211~0001
 で、アジシオは私が体を磨くのに使用しております。味の素は実家で使用することがあるので、そちらにもっていきましたが、持っていって数週間してから、「よくないよ」と言っている、おまぬけなお狂でした。

 そして、ドライフルーツを処分するのに、またまたオートミールクッキーを焼いております。別に処分することもないんですけどね。禁止されてませんから。冷蔵庫の中でまだこの3倍くらいのドライフルーツがあります。

 明日は、前に作った残り、白玉と寒天粉で寒天ゼリーを作ります。これで白玉の処分は終わりました。白玉自体は悪いわけじゃないですよ。冷凍ものなので、処分しておるわけですね。冷凍庫はすっきりしておかねば、冷凍食品には化学調味料が入っていること間違いありません。しかし、なかなか冷凍庫まで手がでない。ゴールが見えませんねえ。まだマラソンのスタートラインに立ったところなのかもしれません。

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。

 いろいろなことがありますが、犬猫さんに罪はありません。どうぞ、今一度、よろしくお願い申し上げます。


2008.07.26(Sat)01:43 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 この暑さは何でしょうねえ。って、毎年言っている気もしますけれども。そして、こちら、例年通り、水不足が始まりました。本日より取水制限がかかっております。現実、まだ市民生活に影響はありません。しかし、ふんとに、お水がないと困ります。雨乞いせねばなりませんなあ。
080725_0713~0001
 さて、本日はダイナ君のお弁当の内容をお知らせしたりましすね。実は、お弁当も普通の御飯もかわりません。これは今日初めて炊いたのですが、玄米+発芽玄米+小豆です。見た目はお赤飯ですけどね。ちょっと、小豆が多かった模様。なぜにアルミホイルの上に寝ているかといいますと、これから表面にお味噌を塗るんです。そして、オーブントースターで焼くと。今のダイナ君のお気に入りは、味噌おにぎりなんですね。となりにあるのは、オクラです。これを切ると。そして、ゆずぽんをかけると。有機ゆずぽんですぞ、当たり前だのクラッカー。

 ところで、ですね。あまりきれいな内容じゃないのですけれども、先だって、ダイナ君と一緒に三年番茶を飲み始めて、おいしい高級茶をこそっと飲んだら、なぜかむかむかしたというお話をいたしました。今回ですね、ご存知のように、私、お葬式がございましてね。お通夜、葬儀、初七日(葬儀と同じ日ですね)にお食事が出てくるわけですね。長い間、食べていない動物性たんぱく質ですよ。もともとシーフードには目のないお狂。どうせ、作る時間ないしいと出されたものを喜んで食べておるわけです(うそ、ダイナ君のためにはいちいち帰宅して作っているので、そんなことはない)。

 それでですね。二ヶ月近く食べていなかった動物性たんぱく質ですね。それまでは、お肉は食べていなかったのですが、魚介類、卵、乳製品は食しておったわけですけれども、ダイナ君とともにやめていたので、葬儀会館でほくほくしつつ、食べておったわけです。帰宅しますと、すぐもどしました。三日続けてそれをやってしまいましたね。葬儀関係は二日でしたが、残っている折り詰めなどを持って帰っているわけです。しばらくそれが残っていたので、当然食べているわけですね、もったいないですので。

 世帯主は忙しいので、家から出たり入ったりしてましたが、ダイナ君はトイレの前の茶の間で勉強していて、さすがに三日めに私に言いましたね。

「おかあさん、もう食べるの、やめたら」

 そうですよね。しかし、一度食べるのをやめたら、こういうことになるのか。じゃあ、今まではどうして受け付けていたんだという疑問がございます。長い時間をかけて、子供の頃から食べられるようになっていったのでしょうか。

 明らかに、私のからだは変わってきておるのでしょう。ダイナ君、かわってきてるか? どうも、いまいち、肝心なダイナ君の方は効果のほどがわかりません。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。

2008.07.24(Thu)01:19 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 さて、私がぼけぼけしておりまして、チェックを怠っている間に、
40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。

 いろいろなことがありますが、犬猫さんに罪はありません。どうぞ、今一度、よろしくお願い申し上げます。


2008.07.23(Wed)00:43 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 連日暑いですね。皆様、お元気でいらっしゃいますか?

 さて、私の祖母ですが、私の家は祖父母、両親、私と弟の六人家族でした。祖母は晩年、何度も天に帰りかけました。癌だったこともありましたけどね、二年前から、介護施設に入所し、結局、95歳で天に帰っていきました。今回、私が思ったことはです。何回も回りに言いましたよ。「おばあちゃんは最期にいいことをしてくれた。天に帰った時間が朝の八時過ぎ。その日の夜、お通夜をして、翌日、お葬式ができた。しかも、連休だったので、誰も仕事を休まなくてすんだ。これはすごいと思う」

 実は、私が大学時代に祖父がなくなったのですが、この時も八月でしたが、葬儀が終わるまで三日かかりました。そして、自宅で執り行ったものですから、これは大変でした。私の両親の疲れたるや、見ていて気の毒でしたね。今回、私もやるべきことはやるぞと思っていましたが、会館で葬儀をすると、こんなに楽なんですね。もちろん、お金はかかりますけどね。

 ぶんちゃんが葬儀の日に帰省し、ダイナ君が葬儀の日に点滴に行き、しかも、格之進を教会に預けて、行ったりきたりもありましたけどね、それでも、会館がうちから車で十分くらいでした。助かりました。

 葬儀に出席したぶんちゃんとダイナ君は、「おじいちゃんの最後のご挨拶はじ~んときたねえ。涙が出てきたわ」「あれ、書いたのおかあさんなんだけど。おじいちゃん、おかあさんが書いたのを、あがっていたのか、何箇所も飛ばして読んでたわ」「え~!! あれ、おかあさんが書いたの?」「おかあさん、もうゴーストライターも板についてきてるよね」「泣いて損した。私、しらけたわ。なんだ」「僕も泣きそうになってたのに」

 まあねえ、あまり働くこともなかったから、この程度のことで参加させてもらわないと、祖母を送ることにはならないでしょう。しかし、なんですねえ、仏教の葬儀というのは、その日で終わらないですからね。これがしんどいと思いますよ。何回も集まるじゃないですか。

 私は、自分の親友が一人娘で父親を亡くして、葬儀や法事のヘルプに行っていたとき、思ったんですね。「仏教はお金がかかる。死んでから子供にこんなにお金をかけさせられない」それが、クリスチャンになる一つの理由だったんですけどね。人が死んで、天に帰ってからも、生きている人を拘束する。それがいやだったと言うのでしょうか。もちろん、それがいいという方もいらっしゃると思うんですね。手厚く葬り、弔い、いつまでも忘れない。

 そういうことは、まあ、個人の感覚ですからね、それはそれでいいのですが。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 この仔猫さんについては、家族が見つかったようなお話もありましたが、いろいろとありまして、再度二匹とも募集をかけることとなりました。こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。

2008.07.22(Tue)01:18 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。
080720_1048~0001
 いや~、連休となっている様子ですが、暑いですなあ。この暑さの中、処分は続くよ、お狂のお台所。本日のミッションは「粉末抹茶豆乳」です。寒天入りと書いてあります。正直ですね、どうしてこんな物がうちにと思いますけど、私の衝動買いでしょう、きっと。葛湯のようにして、飲んでみたかったんですよね、寒い季節にね。ところが、ちょっと飲んでもうどうでもよくなったと。責任をとって、きちんと処分せねばなりません。先日のオートミール柚子スコーンの抹茶版を作りました。ドライフルーツをばんばん入れてしまいましたね。

 それはさておき、本日、20日にですね、私の祖母が天に帰りました。朝九時過ぎでしょうか。それで夜はお通夜でした。ご存知の通り、私は家で初めてのクリスチャンなんですね。ということは、仏教のお葬式なわけですよ。これが非常に緊張するんですね。なぜなら、モーゼの十戒の中で、「私はねたむ神である」と書いている通り、キリスト教は一神教ですからね、なんか緊張するんですね、自分にとっての異教のものに。で、ぶんちゃんは間に合いませんでした。

 仏教の読経というのは、はっきり言って何をいっているのかわかりません。キリスト教のような明快なメッセージがありません。しかし、一つ感じたことは、それでも葬儀というのは、宗教色の強いもので、そして荘厳なものなんですね。死者との最期のお別れですから、告別を受け入れつつ、様々な思いを浄化させつつ、その一時を過ごすと。

 思えば、普通に生活していて、一般的な日本人は宗教の、この荘厳さに触れることは少ないです。神と人とが違う、それを思い知らされるのが宗教ですが、神など存在しないとして、生活しておりますので、人の領域から目を神の領域に向けてみる。そういう機会はほとんどありません。

 死後の世界はあるのか。
 死んだら、人はどこに行くのか。

 昔からある疑問ですが、誰も答えられずにいるものです。答えられないからこそ、答えたとしても、正解かどうかわからないからこそ、人は人でしかない。神ではないんですね。

 お通夜の40分の間、実に落ち着いた気持ちでおりました。いつも時間に追われ、やることに追われ、しかし、その時間、どうしようもない事実を受け入れつつ、過去と現在を思う。そこには未来はないんですね。もちろん、いつの日にか会えるやもしれません。それとて、確約でもない。

 そんな思いで夜を過ごしてまいりました。

さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。





2008.07.20(Sun)23:53 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。
080719_1526~0002
 ブログタイトルを、 『不良主婦のお台所日記』に変更しようかと考えているお狂です。本日、処分すべきミッションは、白玉です。ぶんちゃんが好きでして、生協共同購入で、冷凍食品として購入したんですね。私が使用するときは、当然、このように寒天ゼリーの中に入れます。ただし、あまり長い間おいておくと、白玉が堅くなってしまいますので、ゼリーが冷たくなったころを見計らってすぐ食べると。

 寒天ゼリーは粉をお湯で溶くだけのものです。不良主婦のお狂は、これを持って、よそ様のお宅に乱入するんですね。当然、お相手は尋ねます。

「これ、手作り?」

 たとえお湯に粉を溶いただけでも、市販品ではありませんからね。「そうです。当たり前田のクラッカー」と言っておきます。もちろん、小さな声で「お湯で溶いただけだけど」と付け加えますけどね。このゼリーはかんてんパパの「クール」という商品です。透明ですので、中にいろいろなフルーツを入れると、きれいなので喜ばれます。フルーツパンチに入れるゼリーは色のついているものにします。赤とか緑ですね。まあ、このクールの中に入れるフルーツがたくさんあればあるほど、豪華に見えてくるのは言うまでもありません。しかし、既に、フルーツの缶詰は中国産とて、もう購入しておりません。唯一残っているのは、ブルーベリーの缶詰なんですが、ブルーベリーは色が出てしまうので、透明ゼリーには向かないんですね。ブルーベリーは濃い色のついているゼリーに投入します。って、そうです、まだゼリーの粉が残っております。しかも、寒天粉ものこっておるのですよ。この暑い夏にどんどん作って処分せねばなりません。

 さて、私、少し浮かない顔で、勉強しているダイナ君の横におりましたら、ダイナ君が気がついて、
「おかあさん、何かあったの? いやなことがあったらダイナに言いなよ」
「うん。ありがとう。でも、それって、彼女ができるまででしょ?」

 しばし考えこむダイナ君。おい!! そこで黙り込んでしまうか!!!

「そうだねえ。そうだよね」

 ええ!! そうなのか!! ダイナ君、今までのおかあさんがかけた愛情を簡単に忘れて、今日昨日できた彼女に心を注ぐわけかい!! (ダイナ君に、彼女はできていません、念のため) 一気に、不機嫌になった母親でありました。母親って、こんなものなのかよ!! そうか、もう私は犬猫に愛情を注ぐわ。

 翌日、やはりふさぎこんでいる私に気がついたダイナ君(実は暑くて、へたっていただけ)、
「おかあさん、何かあったらダイナに言いなよ。彼女ができても、少しは聞いてあげられるから」

 少しかい!! こいつは薄情な奴じゃ!! もう口きいてやらん。一人でゼリー食べて、寝よ。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 この仔猫さんについては、家族が見つかったようなお話もありましたが、いろいろとありまして、再度二匹とも募集をかけることとなりました。こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。

2008.07.17(Thu)16:03 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。
080717_2008~0001
 暑さ厳しい折、皆様、お元気でいらっしゃいますかな? ダイナ君、へたっております。来月10日まで夏休みがやってきません。休みも二週間ないですね。まあ、しかたないかな、受験生だしな。とはいえ、明日はイレギュラーで点滴です。なんかここ数週間、点滴に行く回数が増えています。腎臓の値が不安定なんですね。

 まあ、それはおいておきますが、ふふふん。今日はお狂はお台所に立っておりますよ(当たり前だろ、主婦なんだから!)
 本日、ご紹介いたしますのは、「オートミールゆずスコーン」です。なんかすごく手が込んでいるような名前になっておりますけどね(命名お狂)、はは、どうってことないんです。レシピの粉部門はですね、薄力粉、全粒粉、オートミール、そして米粉となっておりますが、この米粉の後ろに括弧がありまして、(葛、寒天、片栗粉でもよい)と書いてありました。

 それで、私が何で代用したかと申しますと、米粉はあったのですが、「何とかあれを処分しないと駄目だけど、季節が今夏だからなあ」と思っていた「柚子こんにゃく湯」ですよ。一箱あったのを、米粉の代用にしました。分量が「柚子こんにゃく湯」の粉だけでは足りなかったので、足りない分は「コーンスターチ」を加えました。で、レシピの最後には「レーズン 50g」と書いてありましたが、昨日、生協からやってきた「柚子皮砂糖漬け」を入れました。100gくらいあったと思いますが、そんなこたあ、気にしません。アバウトな不良主婦ですから。で、できましたのがこちらです。砂糖不使用とは思えないですよ。バターもなし、植物油と豆乳を使用しています。

 いろいろとお台所を漁っておりますと、口を開けたマカロニが二袋も出てまいりまして、「一体、どうして二つもあるんだよ、しかもどちらも賞味期限切れ」という状態でした。こちら、やはり処分をもくろんでおりましたパスタソースとアスパラガス、シメジであえました。最大の難関まであと一息。最大の難関とは、カップラーメン、インスタントラーメンです。すっからかんの冷蔵庫と食材ストック庫を夢みておりますお狂です。

さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。





2008.07.16(Wed)00:31 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 さて、私の話によく出てきます幼稚園の先生ですね。祈りの友ですが、彼女は結構お体が弱いせいで、いろいろなサプリメント、自然療法などをご存知なんですね。そして、東城百合子先生の本を貸してくださったのです。

 大正生まれの東城先生は、何でもキリスト教の婦人伝道者になることを志したらしいのですが、病気のため断念されたと。その病気を克服した術が、「自然療法」なわけです。また、マクロビオティックの食べ物の分類がありますけれども、それと同じところから、「体のここが悪い人はこういう物を食べる」「ここが痛い人はこういう手当てをする」という方法を書かれておられます。

 先日、甲田先生の説をご紹介しましたけれども、説がどうこうというより、大元のところ、「食べ物に感謝して食べる」というところですね、そこに非常に共感をしたのですが、東城先生もやはり似たような感覚をお持ちです。「化学調味料を使用しない」「動物性食品を摂取しない」「白砂糖は摂取しない」というところは、甲田先生と共通しておりますけれども、そういう表面的なことよりも「食事が運命をかえ、性格をかえる」という何を食べるかがどれほど大切かを教えておられます。

 私が読んでいて、がんとなったのは以下のくだりです。

 体によい成分というしばりだけで、食品をとらえてはいけない。たとえば「コンニャク温湿布」は体を温めるためにするけれども、ただ温めるのなら、使い捨てカイロでもいい。しかし、なぜコンニャクを使用するのか。コンニャクは土の中で四年もかけて、コンニャク玉になる。自然の力がコンニャクそのものの中に生きている。この力が、体の中の老廃物を吸収してくれるわけで、使い捨てカイロとはそもそもの成り立ちが違う。いのちのあるものには、力がある。ただ体によいからという理由で食べるのではなくて、土の中で育ってきたいのちに感謝して、この力をいただく。そういう気持ちがないと、治るものも治らない。

 ダイナ君にも肝臓、腎臓の老廃物をとるために、「コンニャク湿布」をしているのですが、この話をしてきかせたら、終わってコンニャクが小さくなったのを見て、「コンニャクさん、ありがとうね」と言っておりました。私もこの文章を読んでから、野菜室の中の野菜をお料理に使用するのに、「痛んでいるから捨てよ」と思うことに非常に心苦しいものを感じ、なるべく無駄のないように、最後まできちんと調理に使わせてもらおうと思うようになりました。もとは、いのちとして育ってきた。それを自分の体の中に取り入れて、元気にさせてもらう。

 そう考えたならば、人間、おのずと謙虚になりますよね。物言わぬ野菜にそれだけ謙虚になれたら、人に対して温和に接するようになるのは、当たり前だと思いますね。きちんと調理して、家族に食べてもらって、元気になって、どのいのちを無駄にすることもなく、力をいただくと。そうなれば、動物にだって、自ずと優しい目を向けるようになると思われますが。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 この仔猫さんについては、家族が見つかったようなお話もありましたが、いろいろとありまして、再度二匹とも募集をかけることとなりました。こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。
2008.07.14(Mon)01:35 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、みのさん関連の猫さんのお話をしましたけれども、忘れておりました。みのさん関連の犬さんですね。同時募集しておりましたが、新しい家族が決定したとのことです。なんか少しは救われる気持ちですね。なお、猫さんですね。また保護された模様で、母猫さんと仔猫さんらしいです。母猫さんの画像が入ったところで、こちらでも募集をアナウンスいたします。仔猫さん五匹のうち、一匹は既に新しい家族が決まったとのこと。よかったですね。

 さて、ところで、私、今何をしているかといいますと、冷蔵庫の在庫一掃セールですよ。冷凍庫も冷蔵庫も、食品ストック棚も、ダイナ君が食べてはいけないもの、ついでにお狂も食べてはいけないものがごろごろあります。それを整理にかかっております。皆様、既にお気づきだと思いますけれども、動物性食品を排除していきますと、当然、卵、牛乳も駄目なわけですが、私がよく使用するものに、バターがあります。

 そうです、クッキーですね。自分が食べるのではなく、よそ様におあげするのですけれども、自分が食べたら体に悪いと思っているものを、差し上げていいのかと。まあ、人道的にですね、議論があるところです。相手が動物性食品を取っていらっしゃるのなら(大抵は取っていらっしゃいますわな)、別にかまわないと思われる。しかし、自分は体に悪いと思っているのに、差し上げていいのかと。つまりは、邪魔者排除で押し付けちゃっていいのかと。まあ、こんな議論は自分一人でやっていればいいのですが、とにかくですね、がんがん整理しているわけです。思い切って、捨ててしまえばいいですけど、これがまた貧乏性ですからね、捨てられないわけですよ。
080713_1400~0001

 で、前からプロセスチーズが冷蔵庫の中にあったわけです。で、これについては、プロセスチーズですから、お料理に使うには、いまいち使いづらいと。で、最近はとんと作らなかったのですが、プロセスチーズケーキを作ったわけですね。どうだ、まいったか。これは熱いうちに食べないといけないんですが、チーズがとろ~りとはなっておりませんよ。溶けないチーズですからね。ぽこっと丸く穴みたいに見えるのが、「一口チーズ」を放り込んだところですね。簡単でおいしいのですけれども、実はこれはチーズ以外にも冷蔵庫の中のものを処理したわけです。
 
 何かといいますと、シュガーバターです。冷蔵庫の奥に眠っておりました。わかってるんですよね。シュガートーストが食べたいと思って買ってきたと。しかし、もともと甘いものがそれほど好きではないと。一晩寝たら、別に食べたいと思わなかったので、そこから延々、冷蔵庫の中で冬眠状態。賞味期限切れておりましたよ。開けると、あろうことが全く使用していないと。捨てるに捨てられない気持ちです。それで、ケーキの中に投入ですよ。レシピの砂糖の量を減らして、バターの分をすべてこれにおきかえました。

 まだまだこれから、在庫一掃お菓子作りがあるんですよ。粉類も使い切ってしまわねばなりませんからな。全粒粉なんかはいいんですけどね。がんがん焼いていきますよん。あ、しかし、私のブログはお料理ブログではないですので、画像は期待なさらないでください。ちなみにですね、明日はペパーミント寒天などを作ろうと思っております。このペパーミントも賞味期限を切れておりますね。別に味はおかしくないもん、平気っすよ。食べられるかどうかは、食べてみたらいいわけですから。家だからできることですけどね。

さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。




2008.07.12(Sat)01:03 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 北海道より新しい家族を募集しておりました猫さん。みのさんよりご連絡があり、見つからなかったという結果となりました。みのさんは行政ボランティア動物愛護推進員をなさっています。このお仕事は地方自治体の保健衛生の部署の中にたいていは設置されている動物関係のボランティアさんとなっております。お仕事は自治体によりいろいろですが、みのさんのHPを拝見しますと、みのさんが保護された犬さんのしつけをされたり、お散歩されたり、お世話されたりしている様子が窺えます。

 そういう中で、お世話してきた猫さんに新しい家族が見つけられなかったとなりますと、ここから先はどういうことかは敢えてもう言いませんが、というか言うこともなんかできませんが、みのさんが「見つかりませんでした」というご報告をされるのに、どのくらいおつらかったかお察しします。私も皆様にお知らせするかどうか一抹の躊躇がありましたが、しかし、私はよいことばかりお知らせすることはよくないと思っておりますし、悪いことをお知らせして、次の一歩が踏み出せると思っております。また、まあ、虐待とか動物実験の動画をちらっとも見ることができない情けない者ですが、それでも、現実から目をそらせてはいけないと(思い切りそらせておりますね、見られないので)思っております。

 みのさん、お疲れ様でした。そして、このいのちを救えなかった無念さを忘れずに、いつかこんな悲報をなさらなくてすむ社会がくるよう、願うしかできなせんけど、それでも、これからも微力ながらお手伝いさせてください。

 というところで、今日はもう動物愛護カムバック!で、ARCからのお知らせです。オンライン署名ができるようになったということで、署名のお願いとお声かけのお願いです。化粧品、トイレタリー製品における動物実験反対のオンライン署名です。やっぱ署名はオンラインだよなあ。簡単だもん。人間、無精にできておりますよ。いや、しかし、食事と同じですぜ。熱い心があれば、行動できるはずだ、オンラインでなくても。あ、これは独り言です(←何もしてないくせに、よく言うよ)

動物実験反対署名のお願い

 こちらよりお願いいたします。

 みのさんの猫さんは残念でした。しかし、落ち込んでおる暇はございませんぞ。またまた、お知らせしなければなりません。というか、落ち込む暇もないのもこれまたつらい現状ですが。しかし、頑張っていきましょう。

北海道の犬さん
 北海道より新しい家族の募集です。動物愛護推進員みのさん経由です。雑種の雌犬さんですね。推定2~3歳。詳しくはこちらよりお願いいたします。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 この仔猫さんについては、家族が見つかったようなお話もありましたが、いろいろとありまして、再度二匹とも募集をかけることとなりました。こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。
2008.07.10(Thu)16:24 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 まだまだ続く食事療法の特集ですが(もういいかげん、動物愛護にもどってくれ~)、甲田先生の本を読みますと、「柿の葉茶を飲ませる」と書いてあったので、インターネットで注文しておりました。ところが、食事療法をご指導してくださる先生が「ところで、柿の葉茶をダイナに飲ませてないだろうな?」

土器! 土岐! 怒気! (いろいろ変換があるものですが、この場合、当然無変換) どき!

「だめなんですか?」「だめだよ!! ダイナにはこれを飲ませて」

 差し出されたのは三年番茶です。
「あの~、烏龍茶は?」「駄目」「そうですか」

 ダイナ君はご存知のように、烏龍茶が一番好きなのですが、日本茶もなかなかのフリークなんですね。なんといっても子供の頃からお茶しか飲んでない子ですから。

 で、三年番茶を煮出して、ダイナ君に飲ませてみると、「あ、これ、大丈夫。僕、飲めるよ」日本茶や烏龍茶を飲んでいて飲めないことはないと思いましたけれども、私も一緒に飲んでおります。
「冷やして飲んだらだめだからな」先生の言葉に、ダイナ君、凍てついておりましたね。お茶に氷を入れて飲む人ですからね。

 それでも、家には日本茶が残っています。なかなかおいしいお茶ですよ。私、一人でこそっと入れて飲んだんですよ。ところがですね。未だかつてないことに、むかむかするのです。それからしばらく日をおいて、もう一度飲んでみましたけど、やはりむかむかしました。これはマクロビオティックをやっていらっしゃる方もたいてい書いておりました。一度切った食品を体に入れると、気分が悪くなると。紅茶は大丈夫なんですね。はは、私、こっそり紅茶を飲んでおるわけですよ。やめていない。

 先日、マクロビオティックの講師を友人に持つという知り合いと会って、食事について話したのですが、私は二年ほど前に一度、マクロビをやろうとしたんですね。ところが、まず反対にあったのが、世帯主ですよ。マクロビ食品のカレー粉を使ったら、「おいしくない」と。こうやって、家族に拒否されたら続けられないんですね。で、私の友人は家でお米を作っている関係で、玄米を食べることもできるけれども、ご主人がいやだというので、五分つきにしていると。うちは発芽玄米を食べているけど、でも玄米の方がおいしいと思うと私、言っておきました。少しづつ頑張ってかえていきたいとのことでした。

 今回はぶんちゃんも家にいないし、ダイナ君が強力な助っ人として参戦しておりますので、もう嫌も応もなく、マクロビもどきに突入しております。マクロビをやるつもりはなかったのですが、結果的にマクロビよりもう一つ、縛りのきついものとなってしまいました。まあ、マクロビの本もかなり参考になっております。

 ご存知の通り、マクロビの売りは、砂糖なし、動物性食品(牛乳、卵も)なし、電子レンジなしの玄米食です。なんか冷蔵庫の中がかなりすっきりしてくるんですね。私は生協の共同購入をやっていまして、冷凍のお魚、麺類をいつも少しだけ買っていたんですね。ところが、電子レンジを追放しますと、そんなもの、ほとんど使えなくなっていきます。もちろん自然解凍なんかでいいわけですけど、冷凍=電子レンジという図式を頭に描いてしまいませんか?

 というわけで、まだ残っていますけれども、これから冷凍食材は使用しない。というところで、冷蔵庫の中もかなりすっきりしてくるはずです。まあなあ、格之進の馬肉はしかたないとして。

 電子レンジのないご家庭はほとんどないでしょう。それだけ冷凍食品は家庭の中に入ってきています。しかし、発ガン性のある電気製品を使うわけにはいかないと。そうなってきますと、勢い、調理に時間がかかってくることになってきますし、外に出ていても、「○○を夕食に作るためには、この時間に帰っておかねば」となってきます(まあ、私、外に出ること、あまりないです)。ダイナ君の食事療法に「電子レンジを使うな」とは言われませんでしたが、いたってシンプルなおかずを作るのに、電子レンジは必要ないです。しかし、電子レンジで加熱調理することはなくなりますし、冷凍庫のものをレンジで解凍することもないとなると、利便性がなくなった分、お台所にいる時間は長くなる。

 私、最近忙しいんですよ。なんか台所に立つ時間が長くなっております。誤解のないように言っておきますが、何時間もじゃないですよ。何分の世界です。ですが、前に比べると、明らかなに長い。マクロビは(誤解があるかもしれないので、これは私の印象だとお断りしておきますが)、単なる主婦にはいいですが、お仕事が忙しい方がなさるには、なかなか大変かもしれません。まあ、私の要領が悪いだけでしょう、おそらくね。

 ですけれどもね、私、前はいやだった調理ですが、いやじゃないんですよ。結構、楽しいなと思ってやっております。どうってことないですよ。前とかわらず、切った、入れた、加熱、みたいな調理しかしてませんよ。でも、なんか楽しいんですね。それは一つに、「体によいものを作っている」という思い、「自分もそうだけど、ダイナ君のため」という思い、「ダイナ君の体調がよくなればいいな」という期待、そんなものが動機としてあるので、「めんどうだなあ」という気持ちがないんですね。

 玄米を食べると性格がかわると記事にいたしました。おそらく、多分ですが、私の性格もかわってきたのかもしれません。あ、みなさん、期待はなさらないように。
さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。




2008.07.08(Tue)00:34 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 発芽玄米を食べ始めて、早一ヶ月。一つの電気釜でご飯を炊いている関係で、否応なしに、発芽玄米を食べているダイナ君の両親ですが、さすがにいろいろと体も変わってきておりますね。本には書いてありましたが、私、そろそろ五十も近い、ということは、まあ、おわかりになる方にはおわかりになるでしょうが(当たり前だのクラッカー)、白髪があるんですよ。これを出すね、家で一ヶ月に一回くらい染めるわけですわ。これが、二ヶ月くらいもっておりますね。そうです。玄米を食する効能の中には、白髪がなくなるというのがあるんですね。

 もっとも、玄米を食べていますと、おかずがかわってきます。言われたのが、白米はおかずがいっぱいいるけれども、玄米を食べるときには、おかずは主食の半分。これはですね、食生活がかわってきます。しかも、そのおかずはフライ物でもないし、ダイナ君の場合、「牛肉のたたき」でも「ローストビーフ」でもないわけですから、いつも野菜ばかりです。

 しかもですよ、野菜ったって、どのように組み合わせるのか。で、出番が多くなったのが、海草類ですね。ひじき、わかめなど頻繁に出てきます。今まであまり海草が出てくることはなかったんですね、うちの食卓。海草はご存知のように、髪のためにはよい影響を与えますので、してみると、玄米のおかげなのか、海草のおかげなのかはわかりませんけど、とりあえず、なんか未だ染めずにいられていると。

 しかも、髪ですけれどもね、染色するのが、一番髪のためによくないということは聞いております。ですから、食べ物がかわると、いろいろな方向に効果が派生していくのだなあと思いましたよ。ということは、悪い効果もこれまでいろいろな方向に派生していたということですね。う~ん、反省せねばならん。

 ダイナ君はとにかく、今回「僕は頑張る」と決意表明をしていまして、おうどんもカップ麺ももちろんお肉も食べていません。そして、外に出て行くときも「おかあさんが作った玄米のおむすびがいい」と言います。ということで、外食が全くなくなったんですね。今まで病院に点滴に行って、昼ごはんがひっかかるとか(点滴が長いので)、夜御飯にひっかかるというときには、「コンビニのツナマヨね」と言っておりました。そして、当然ながら、もうペットボトルのお茶など飲みませんよ。必ず、三年番茶を水筒に入れて持っていきます。

 「おかあさんの作るのを食べる」と言ってくれるということ。ご存知のように、不良主婦のお狂ですから、外の食事の方がおいしいに決まっております。でも、「家で食べる」「お弁当を持っていく」と言われてごらんなさいませ。いかに不良主婦といえども、「頑張らねば」と思いますよ。なんか最近、一日、何を作るかばかり考えておりますが、前は苦痛でした。お料理は嫌いでしたし、下手ですしね。でも今は違いますよ。まず必ず食べてくれる人がいて、作るのを待っている人がいると。そして、それを食べることによって、体の状態がよくなっていく。これですね。

 私がせっせと作っているそばでですよ、まあ、言いたかないですけどね、家にいる誰とは言いませんけどね、もう一人の人はですよ、「食べて帰る」とかいうメールを頻繁に打ってくるわけです。それはまだいいですけど、この間など、私がいない間に帰宅して、おかずの入っているお鍋のそばで「卵焼き」を自分で焼いて、食べているわけですよ。お鍋の中におかずがあるというのにですよ。作ろうという気持ちになるわけないじゃないですか。二十年近くこういうことをやっていて、そしてダイナ君がつい先月から「おかあさんの作ったのを食べる」と言い始めたのです。そりゃ私、頑張るしかないですよね。

 思えば、ダイナ君の離乳食は悲惨でした。前にも書きました、食事制限がきついので、メニューを組んで、食品成分表でたんぱく質の含有量を調べて、量を決めて、調理すると。残したら、また次の食事のときに繰り越すと。しかも、そうやって一生懸命考えて作っても(昔ですから、パソコンで入力したら簡単に計算できる、ということもありませんでした)、ダイナ君は食事するのが嫌いで(病気の特性)1時間半から2時間かけて、食べさせるんですね。口の中に入れて、かまずにじっとしていて、それをなだめすかして食べさせる。ようやく終わりそうだと思ったら、もどしてしまって、点滴に走る。一度や二度じゃありませんでした。

 誰も手伝ってくれませんでした。一日、ダイナ君の世話と食事の準備に追われていました。誰も私のぐちを聞いてくれる人がいませんでした。精神的にまいっていました。人の優しさにも飢えていました。数年たって、少し時間ができて、人と会うことが可能になった頃、その頃の話をすると、「大変だったね」「よくやったね」と言ってくれる人が出てきました。もうすんでしまったことでしたけど、なんか泣けてきて、優しさにほろっとくるというんでしょうかねえ、ようやく、気分的に落ち着いてきたというのでしょうか。あの時期、こうやってブログなど出来ていたら、またかわっていたでしょう。家の中にいて、外との接点がある。顔を知らなくても、「大変だったね」と書き込んでくれる人がいる。

 ですから、今、私がこうやってブログをやっているときに、体調のお悪い方、精神的にまいっていらっしゃる方のことを小耳にはさむと、積極的にメールを送ろうとしております。はけ口にしてくださって結構ですよ。つらいときには、いつでもお知らせください。私はあまりお役にたてない小さな存在ですけど、それでも「わかりますよ」と言うことくらいはできると思います。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
kijitorajpg.jpg
 そして、こちらもみのさん経由の北海道の猫さん。ご存知かと思いますが、上の二匹の犬さんはみのさんの管轄を離れていますので、北海道の方でなくても大丈夫ですが、こちらの猫さんは北海道の方となります。保護されているのが北海道の保健所です。


2008.07.04(Fri)21:42 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 今週に入って、ダイナ君、いろいろと学校でトラブルがありまして、それで、担任の先生にご相談することといたしました。で、ご存知のように、私、クリスチャンですから、こういう問題が起こったときは、まず最初にすることは、神様にお祈りです。「ダイナ君を守ってください。助けてください」とお願いするのですが、担任の先生にお電話でご相談しようとする前に、祈りの友にメールで「かくがくしかじか。祈ってください」と知らせます。

 キリスト教の特徴に「他人のことを自分のことのようにして、神様にお祈りする」という「とりなしの祈り」というのがあります。で、「祈りの友」という信仰生活において、自分のこと、自分の信仰スタイルなどをよく理解してくれ、同じように痛みをわかちあってくれる友人を見つけたなら、何かにつけ、「祈ってください」とお願いするわけですね。一人で神様に祈るより、数人で祈った方が、神様に訴える力が違うだろうというわけです。別に一人でもいいんですよ。ですけど、まあ、私、信仰心が弱いわけですね。

 で、一般的には、何か問題がおこったとき、自分一人で解決しようとします。まあ、人に相談することもありますけどね。ですが、クリスチャンの基本はまず、神様に祈る。そして、自分で解決するのではなく、神様に解決していただくという態度をとることになっております。そうでないこともありますけどね。なぜかというと、人が「これが一番よい解決方法だ」と思っても、人間には未来がわかりませんから、実はそれはよくない方法であるかもしれない。よく言われるのが、受験なんかで、「合格させてください」とか祈るわけですが、でも不合格だったとき、そこには神様が何かを備えていらっしゃるわけでして、ダイナ君の場合、よい先生がたでした。それは、受験の前には私にはわからないことでして、ですから、全能の神様だけが一番よいことをご存知なわけですね。

 それと、私には、人の気持ちを動かせることはできるかもしれない、できないかもしれない。ですけど、神様は確実に人の気持ちを動かせることがおできになる。ですから、神様に祈るわけです。「だめ」といい続けていた人が、どうしてかわからないけど、「いいよ」と言うこともでてくるわけですね。

 それはいいとして、そうやってぶんちゃんはじめいろいろな方に祈っていただいて、お電話すると。すると先生が「わかりました。本人と話してみて、いろいろ情報を集めてみましょう」とのこと。その日、ダイナ君は先生と面談して、いろいろと自分の思いをお知らせしたらしです。

 今日、その祈りの友の一人がうちにやってきてくださって、一緒に祈りました。毎週水曜日の夕方に来てくれるんですね。そして、いろいろお互いのことなどを話しあって、祈ると。
「この間はありがとうございました。まだどういうことになるのか、よくわからないんですけど、でも、ダイナ君ですけど、今回のことについて、言った感想が、なんかそれまでと違うんですよ。今まで幼稚園児みたいなことしか言わなかったんですけど、ひどく悟ったようなことを言って、ようやく高校生になったのかと思いましたわ」
「あ、それね、玄米のせいだと思うよ」
「え?」
「あのね、うちの幼稚園に玄米を食べている子供って、いるのよ。今思いおこしてみるとね、その子たちって、共通していることがあるの。それは、精神的に落ち着いているのよ。高いところから飛び降りるというそんな元気なところは見せてくれないんだけど、発想が豊かで、精神的に安定している。それが玄米を食べている園児さんに見られる特徴みたいね。」
「へえ、そうですか」
「玄米食をしている子たちのお弁当って、おかずも、白米の子たちのように、卵焼きとかミートボールとかそういう、お箸をつきさしてOKっていうものではなくて、きちんと掴まないと食べられないような野菜やひじきだったりするわけ。だから、時間がかかったりするけど、よくかんで食べてる。しっかりお箸でつかんで食べてる。だから、食事の効用もあるわけね」
「ふうん、そうですか」
「だからね、肉食の子供たちがきれやすかったりするの、わかるわよ。カルシウムが足りないといらいらするとか言うけどね、食べ物って、性格を作るよ」

 子供の頃から玄米を食べていたら、私はもっと温和だったのか。

北海道の犬さん
 北海道より新しい家族の募集です。動物愛護推進員みのさん経由です。雑種の雌犬さんですね。推定2~3歳。詳しくはこちらよりお願いいたします。
だいくん
 こちらは、皆様もうお馴染みになりましたみいさんが保護された仔猫さん二匹です。

 この仔猫さんについては、家族が見つかったようなお話もありましたが、いろいろとありまして、再度二匹とも募集をかけることとなりました。こちらだいくん。牡猫さんです。生後三ヶ月。なかなかやんちゃさんですよ。
はるなちゃん
 こちらははるなちゃん。雌猫さん、同じく生後三ヶ月。はるなちゃんは歩行、活動にはなんら支障ありませんが、足を脱臼したりしました。詳しくはみいさんのブログをお読みになって、ご理解いただいた方だけメールをくださったらいいかと存知ます。どちらも非常にかわいい猫さんですよ。
2008.07.02(Wed)22:52 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年07月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年07月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年07月31日 (木)
心安らかでいて
2008年07月29日 (火)
三周年のご挨拶
2008年07月28日 (月)
本を注文する
2008年07月24日 (木)
体が拒否するとは
2008年07月23日 (水)
夏真っ盛りのお願い
2008年07月20日 (日)
お通夜に参列する
2008年07月17日 (木)
白玉ゼリーを作ったあとで
2008年07月16日 (水)
まだゴールが見えない
2008年07月14日 (月)
食べ物は生きている
2008年07月12日 (土)
そして本日はお菓子作り
2008年07月08日 (火)
玄米で性格がかわるとは
2008年07月04日 (金)
食事といえば思い出すのは
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2008年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。