動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 動物愛護週間に突入しております祭日です、皆様のお近くでも動物愛護関連のイベントが行われたのではないでしょうか。久しぶりに、動物愛護についていろいろと考えてみようではありませんか。

 二ヶ月ほど前ですね。ぶんちゃんの友人のおかあさんからメールがありました。Aさんとしておきましょう。この方は、私が動物愛護団体に新聞紙を送付しているのをご存知で、ご協力くださっておるのです。新聞がたまったら、メールをくださって、「取りにきてください」とお知らせくださるので、ほいほいと車で取りにいくんですね。

 で、この方が、突然、うさぎの新しい家族を探しているんですがというアナウンス。

 お話によりますと、Aさんがお住まいの社宅アパートですね。こちらで兎さんを飼っていた方が、管理会社から「兎を飼うことは規則違反。手離してください」という通告があったとのこと。なんでも、そのアパートでは、多くの方が兎さんを飼っていたらしいのですが、今ではそのお宅だけになり、アパートの住人から苦情が管理会社に行ったらしいのです。うちも兎を飼っていたことがありますのでわかるのですが、兎は夏場の臭いだけがネックなんですね。それでも、一日に何回かトイレ掃除をすれば、それほど気になる臭いではないと思うんですが、それも種によるでしょう。それで、その方はAさんにご相談され、Aさんが私にご相談されたと。

 なんでも、兎さんの引き取り手が見つからなければ、国立大学農学部のお庭に放されるということで、結構広い草地になっているようです。Aさんとお電話で話しつつ、善後策をなぜか二人で練っております。
「いや、ですけど、雨はしのげるんですか? しかも夜に野良犬なんかが来たら、ひとたまりもないですよ。兎は無防備な動物ですからね」
「え、そうですか」
「そうです。お水なんかもどうするおつもりなんでしょうか。基本的に家で飼っていて、無理なく野生に戻せる動物なんていないですよ」
「そうですよねえ」
「兎だったら、犬猫に比べて、引き取り手が現れるかもしれませんから、うちで一月くらいお預かりしましょうか。その間に、探していただけたらいいかと思いますよ。マーケットなんかに貼紙したらどうですか? 私、作りましょうか?」
「え、いいんですか?」
「画像を送ってもらってください。パソコンの方のメーラーにですね。メルアドをお知らせしましょう」

 というわけで、実は気持ちが重たかったのですが、引き受けてしまったわけです。どうして重たかったというと、ご存知のように、うちには犬も猫もいるんですよ。その環境が兎さんにとっていいわけないし、引き取り手が現れなったらどうしようというのもありました。それで、ご存知、祈りの友、幼稚園の園長先生にメールして、「お心あたりはないですか?」とお尋ねしたら、「ちょっと待って」とのこと。

 ポスターを作りましょうかと言っている間に、別の幼稚園で、兎が死んでしまって、買おうかと言っていたとのことで、そちらで引き取ってもらえることになりました。今回、出番なし。ですけどね、一般の家庭で暮らしていた兎さん、幼稚園に行くんですよ。環境がいいとはいえないと思うんですよね。飼い主さんは、トイレトレーニングもできていないとのことで、「トイレにしーのついたティッシュを入れてみたりしたんですか?」と尋ねると、「あ、そんな方法があるんですか?」と言われました。私は、兎をペットショップから連れ帰ったときに、店員さんに教わったんですね。二年も一緒に住んでいて、何の努力もしなかったのかなあ。本を読めば、いろいろ書いてあるけどなあと思いましたけどね。

 で、この一件を考えるときにですね、私は向井亜紀さんの海外代理母出産の事件と重なってしまったんですね。どこが似てるのか? 似てるようには思えませんよね。私が似てると感じたのは、管理会社の対応なんですね。私は子供を二人も生んでいますから、ですから、向井さんのお気持ちはとうてい理解できませんが、それでもなんか、向井さんのやり方に対して、あまり感情的によい思いはもてないんですね。しかし、です。実際にもう子供が産まれてきている。子供には何の罪もないではないかと思うんですね。ですから、向井さんのやり方、これは私はいやだなあとは思うのですが、子供の戸籍はちゃんとしてあげてほしいとも思うんです。向井さんがやったことに対する私の感情と、子供の戸籍の問題、これは別物だと私は思っているんです。

 管理会社は、「動物を飼うのは規約違反だ」という。「兎を手離してください」という。しかしなあ、私が感じるのは、確かに飼い主は規約違反で、罰金を払わねばならないのなら、払ったらいいと思うんですが、飼い主が違反したことと、兎の命とはまた別問題だろと思うんですね。管理会社は何日までにと期限をつけてきました。これは兎を処分するか、アパートを出ていくかどちらか選択しろということだと思うんですね。

 これが人間だとそうは言わないわけです。人間には生存権がありますからね。「子供がいる家族には、賃貸しないと規約にある。だから、子供を捨てろ」などと言ったりしませんよね。人間と動物を同じように扱うなと言われると思いますけれども、動物も権利を持っている国もあるんですよね。それを考えると、どうするのがいいのかと思います。

 個人的にはペット可住宅に引っ越すというのが一番良いと思います。正直、幼稚園に引き取ってもらうような飼い主さんがそこまでしてくれるとは思いませんけど、手離さないためにはどうしたらいいのかというところで、いろいろと思案してもらいたかったなあと思います。また、管理会社ですね、「規約違反なので、何日までに処分しろ」というのではなく、処分しなくていい道を考えてもらえなかったのか。たとえば、動物愛護団体に相談する、という手もあったと思うんですね。そういうことを前向きにやったなら、苦情を申し立てた方もまた見方がかわってくるかもしれないなと思うんです。大きな会社ですから、社宅に入っていない方にわかるように、会社に貼紙をして新しい飼い主様をさがすこともできたのではと思うんです。

 もちろん、違反した本人が悪い、そこまでやる必要がどこにあると言われることはわかっているんですが、私はやはり動物愛護の立場から考えますので、「物ではなく、いのちとして扱ってほしい」と願うんですね。人間の赤ちゃんがどこぞの家の前に捨てられて、「しばらくそこに置いておいたらいいじゃない」などと通りかかった人がいうことはありません。しかるべき場所に通報され、きんと保護されます。規約を破った飼い主がまず悪い。意識の低さが悪いのは、わかっています。しかし、飼い主以外の方々も、いのちとして動物を扱っていただきたい。なんとなく、そんな風に感じます。

 飼い主を責めたい気持ちはありました。でも、ご協力を申し出るしかなかった。それは、兎のいのちが大切だったからです。飼わない選択も必要なんですよといいたかった。言いたかったけれども、それより兎の引き取り手をさがさねばならなかった。

 動物愛護といったとき、何から手をつけなければならないんでしょうか? こういう問題がおこったときにはいつも悩んでしまします。

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。


スポンサーサイト
2008.09.23(Tue)01:09 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年09月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年09月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年09月23日 (火)
動物愛護週間に悩む
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。