動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 本日、昨日の続きのダイナ君の大学関連の記事を書こうと思っておりましたが、ここ数日、動物の家族のために心を砕いていらっしゃる方が何人かいらっしゃるので、動物愛護日記としてまあたまにはしたためてみようかと。

 皆様の中で、チャールトン・へストン主演の「十戒」をご覧になった方もいらっしゃるでしょう。エジプトで奴隷にされていたユダヤ人を、モーセが神様の命により、エジプトから約束の地カナンにつれていくというお話ですね。最後にモーセはどうなったか、つまり映画の最後は覚えてらっしゃいますかな? 案外、忘れていらっしゃる方が多いのですが、モーセは約束の地カナンを目の前にして、天にあげられてしまうのですね。つまり、入れなかったと。

 ひどい話ですよ。「ユダヤ人をカナンの地につれかえれ」と言われて、文句たらたらいうユダヤ人を(「エジプトではお肉が毎日、食べられた」とか「水がない」とか)引き連れてきてですよ。映画にはなかったですけど、自分の兄姉から、「あんた、リーダーやめて、かわんなさいよ」とか言われたりしてですよ。そして、目の前にやっときて、ほっとしたと思ったモーセは神様に言ったんですね。

「神様、早く行きましょう」
「待て。おまえはもうここまででいい。後はヨシュアにやらせる」

 こんなひどい話はないですね。ですけど、このカナンの地には、先住民族がいたんですね。カナンの地に入って、新たに戦いが繰り広げられるわけです。数多の戦いです。モーセは120歳。リーダーとして先頭にたって、歩いて導いてきた人ですからね、足腰は丈夫だったでしょう。しかし、です。何十年という放浪の旅をして、まだ戦えたのか。戦えないと神様は思われたので、天に返されたんでしょう。

 で、何が言いたいというかといいますとね、動物と一緒に暮らしていますと、必ず別れがきます。動物は人間より短命ですから、多くの場合は飼い主より先に天に帰ります。これが逆だったら、悲惨ですよね。それはまた別の機会にお話するとしてです、別れがくることはわかっている。しかし、わかっているから平気でいられるかといえば、そんなことがあろうはずがない。

 ご自分の家族である動物さんと、つい最近、お別れなさった方がいらっしゃいます。また、ご自分の家族である動物さんが大変な只中にいらっしゃる方もいらっしゃいます。この方々にもし私が何か言葉をかけることができるとしたら、神様が天に返されたなら、それは、その動物さんに神様は「もうよい」と言われたということだということです。

「おまえのこの世での使命は終わったよ。苦しまないように、帰ってきなさい」

 そういわれたということです。ですから、どうかこの現実をしっかりと受け止めて、悲しむだけ悲しんで、泣けるだけ泣いてください。それはあなたの動物さんが、あなたに何かを託して訴えていったということですから。

 いのちは動物でなくても、人間だってそうです、いつかこの世での旅路を終えることとなります。そのときに、そのいのちがこの世でまだ生きているいのちに何を託していくのか。託す側も託された側も、生きている間中、それを背負うのです。重たくないはずがありません。天に帰るいのちは、その重さから解放された。託された側は、重くても背負っていかねばならない。ちょうどモーセが、せっかく奴隷から解放してあげたというのに、うだうだと文句を言われて、困ったように、困ることもあるでしょう。腹をたてることも、つらくて泣くこともあるでしょう。

 ですから、生きている動物の家族と一緒にいる時間は、大切になさって、多くの愛情をかけてあげてください。そのいのちから託されるものを余すことなくすべて受け取れるように。最期には、そのいのちが天に帰ったときに、あなたには後悔しかないかもしれない。あれもやってあげたかった、これもやってあげたかったと思うかもしれない。おそらくその後悔は忘れることはないでしょう。しかし、その後悔すら、動物さんがあなたに託していったものです。

 すべてのいのちに平安がありますように。たとえ今はつらくても、不安があったとしても。
スポンサーサイト
2008.10.03(Fri)10:59 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年10月03日 (金)
動物の家族のために
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2008年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。