動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 このところ、食についていろいろと取りざたされておりますが、おそらく皆様、私と同じ疑問をお持ちじゃないでしょうか? 一体今まで食べていたものって、大丈夫だったんだろうか?

 ニュースを見ますと、円高還元セールをやっているとのこと。都会のスーパーでは、輸入商品を売っているということで、なかなかの売れ行きのようです。これまで、ガソリンの値上げに始まって、いろいろなものが値上げされてきました。乳製品、小麦粉、箱物お菓子は内容量を減らして、何もかもが値上がりして家計には大打撃でした。それが、円高のおかげで、輸入商品が安く手に入るとのこと。テレビのインタヴューでは、主婦の方が「安くなって助かります。歓迎です」とかおっしゃっておりましたね。

 こりゃいかんなあ。

 と私はテレビを見ていて感じましたよ。といいますのも、食の安全の基本は何かといいますと、二つのことに着目する、ことになっております。って、これは私がいろいろな本を読んで感じたことなんですが、この二つをクリアできていれば一番高いハードルは越したなと思うんですね。それは何かと言いますとね。

 1 自宅から遠ければ遠いほど、食品の安全は保証しにくくなる
 2 工場から出荷されるものには、何かが入っている(薬物ではないですよ、添加物など化学物質です)
 
 というわけで、輸入ものは、この1をクリアしていない、ということは、危険度が高いということですね。中国産の冷凍インゲン、メラミンがどこで混入されたか、その推察はおいておきますが、これは1も2もクリアできていないわけで、危険度が高いことはおわかりいただけると思います。

 安い、家計に優しい。購入する。確かに、安い。これは大切です。家計が助かることも大切です。しかし、日本人て、こりない民族だよなあと思ってしまいました。このニュースの数日前、やはり都会のスーパーで、理由あり野菜の安売りのコーナーがありました。傷がついていたりしたものを、安く売るんですね。そりゃ、こっちだろと思いましたよ。こういう企画はあって当然。こういう企画が農家を助け、作った農産物が畑で処分されることなく、野菜としてのいのちを全うすることができる。

 この株の大暴落ですね。見ていて、まあ、私、株を所有しておりません貧乏人ですので、言えるのですが、直接真っ青になることなかったです。間接的には、今後冷や汗がでることになるかもしれませんが、株券を持ってうろたえることはなかったですね(今は株券は手元におかないらしいですが)。しかし、感じました。この株式という経済形態。このために、世の中は狂った方向に走っていると。拝金主義に走ったおかげで、すべての生産システムを、おかしな方向に導いてきたのではないかと。

 思えば、ヒルズ族ですよ。株がどうのこうのと言っていた人たち。時代の寵児であった堀江氏を見ていて、思いました。東大という最高学府に入学して、起業して、ばんばん儲けて、この人を見て、この人の著作を買い求めたおかあさんがいたということですけど、この人の言動のうさんくささをなぜ見抜けなかったのか。革命的に見えて、皆、なぜもてはやしたのか。そりゃ、マスコミはおもしろいでしょうよ。ああいう人物を追いかけると、番組構成もやりやすいでしょう。

 しかし、あの人が書いた本の中で、お父様のことを、「一生懸命働いているわりには、儲けていない」みたいなことを書かれていると知ったときに、人間としていやだなと思いました。自分を育ててくれた人のことを、こんな風に書く人は、人の生き方を尊ぶとか、人からの恩義を感じるとか、そんなことを思うわけがない。自分の子供にも会いたいと思わないと言っていました。親としてどうですか? 親の感覚を持ち合わせていない人を、人として好感が持てますか?

 そんなことはまあいいとしてですね、あの人たちのおかげで、株というのは身近になりましたし、子どもが株をやりたいなどと言うようになりました。しかし、あの頃から社会が加速度的に殺伐としてきたように感じるのは、私だけではありますまい。殺人事件の内容がどんどん過激になっていくことと、拝金主義が横行することと、無関係ではありますまい。

 まあ、話はどんどん膨らんでしまいますので、このあたりでもとにもどりますが、食の安全がほしいなら、価格そのものに着目していたのでは得ることはできないでしょう。もちろん、安くて安全なものもあるでしょう。しかし、それを見つけることは、それほど簡単ではないような気がします。となりのお家の畑が無農薬野菜を作っていれば、安く手に入るかもしれません。最初の疑問の答えは、作り手側にならない限りわかりませんが、どなたも思っていらっしゃるのではないでしょうか?

「おそらく今まで知らないだけで、体に悪いものが混じったものを食べていたのに違いない」

 どうやって自分で安全な食品を選ぶか。とりあえず、1と2をクリアしたものを選ぶようにする。そこからスタートしてみようと、私自身は思ったわけです。
 
 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



スポンサーサイト
2008.10.29(Wed)01:41 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年10月
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2008年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。