動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 前回、せっかく良い記事(本当か!?)を書いた後になんですか、ちょっと情けないような記事を。

 ぶんちゃん、この間の連休にお友達を連れて帰省していたんですね。ご存知のように、いつまでこの家にいるかわからない状態。お友達は讃岐うどんを食しにきたわけです。夜遅くでないと乱入できないというので、その晩は泊まりです。

 で、夜も更けてきて、ダイナ君もお休みと二階に上がったので、私はぶんちゃんに
「ぶんちゃん、二階からお布団、降ろしてきて」
「え!」

 え、じゃないだろ!! しかも、非常にいやそうな顔をしたんですよ。お友達もそれをきちんと見ていて、「あ、いやそうな顔した」と言っておりました。それでお友達は自分が降ろしに行くと申し出てくれたのですが、生憎、二階までお掃除が行き届かず、ちらかっております。で、ぶんちゃんはしぶしぶ、掛け布団の方を降ろしてきたわけですね。

 こいつ、二十歳ですぜ!! あと二年で社会に出るんです。社会に出たら、いつ結婚してもおかしくないのです。というか、それはいいが、本当にこいつは奉仕の精神というのがないのか!!

 で、ついこの間、ぶんちゃんの高校時代の同級生のおかあさまのお宅に動物愛護団体に送付する新聞紙を取りに伺ったのですよ。そして、ぶんちゃんの話をしまして、
「全く、お客様のためにお布団一つ、快く降ろしてこないなんて! 普通は、お客様が快適に過ごせるように気配りするものでしょう」
「あ、うちの○○、友達が下宿に遊びに来て、『おなかすいたから、何か食べるものない?』と言われて」
「はあ」
「冷蔵庫にお豆腐ならあると答えたら、それでいいというので、冷蔵庫からお豆腐を出して渡したんですって」
「はあ」
「パックごと」
「え!」
「で、お友達は『お皿ないの?』『使ったら洗わないといけないじゃん』『それもそうだね』って、言ってくれたらしいんですけどね」
「…」

 これが二十歳の女の子かい!! これから社会人になって、結婚して、飯炊きしようという奴らかい!! 日本国は衰退の一歩をたどるのか!!
とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。






スポンサーサイト
2008.11.30(Sun)11:03 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 本日、たまたまお昼にですね、テレビをつけたのです。そしたらお昼のワイドショーをやってまして、最近流行のお料理というのが紹介されておりました。それはクックパッドという私もよく見るネットの投稿レシピなんですけど、「これだけレシピ」なんだそうです。

 使用する食材が一つだけ(トマトだけ)、手順が一つだけ(炒めるだけ)とかいうお手軽簡単スピーディなレシピなわけです。スタジオでも実際にやってみせてくれて、コメンテーターの方にお味見をしていただくと。おいしいらしいですけれども、このコメンテーターに「室井祐月」さんがいて、おもしろいことを言われていました。

「これって料理? 愛情があったら手のこんだものを作るんじゃない? 私、長男のために手をかけて作るよ」
 
 私、このコメントになるほどなあと思いましたよ。手軽ですぐできる。働いている方にはいいと思うんですよね。時間がなくて、といって、お惣菜を買って帰るといかにも手抜きと思われる。ぱっと作ることができて、しかし、「私が作りました」と胸が張れる。

 私は今、ダイナ君のためにいろいろやっているつもりですけれども、これは愛情があるからできることですよ。まあ、私は不良主婦ですからね、自分では一生懸命やっているつもりなんですが、お料理がお上手な方なら、もっといろいろやってくれるでしょう。ですけど、私、一生懸命やっているつもりですので、ダイナ君は変なものを食べていないと安心しています。

 今日の昼、ダイナ君の友人はカップラーメンを持ってきていて、魔法瓶に入れてきたお湯で作っていたと。それを皆がほしいと回して食べたと。自分も食べたかったけど、我慢したといいました。そして、先日も、「皆、蛋白源ばかりいっぱいお弁当に持ってきて、あんなのでいいのかなあ」と菜食主義と化したダイナ君は言っておりました。

 キリスト教は「愛の宗教」と言われております。神様の言いつけに背いて、罪ばかり重ねる人間に、神様は「いいから、私のところの帰っておいで。ごめんなさいといえば、私は許すから」といつも手を差し伸べていてくださる。「私はあなたを捨てない」と言ってくださる。新約聖書はギリシア語で書かれていますが、愛という言葉がギリシア語には四つもあるんですね。キリスト教が日本に入ってきたとき、カトリックの方はどう訳したらいいのかいろいろ考えたらしいですが、「愛」とは訳さなかった(おそらくそんな言葉がなかったのではと思いますけど)。「お大切」と訳したんです。

 愛情というと何かたいそうなもののようですが、その対象を大切に思う。それが愛だと当時の宣教師の方は理解したのでしょう。

 ボアランティア清掃で、ゴミ拾いをする。会社の勧めで強制参加されている方もいらっしゃるでしょうが、自主参加なさっている方々は、「町を大切に思う」ので参加されているのではと思います。「自分の住んでいる場所が汚いのはいやだ」と思われる気持ち。自然を大切にと思う気持ちとつながっているのかもしれません。

 大切に思う気持ちが愛情であるなら、人が動かすものは、やはり愛情であろうと思います。最近は、欲望によって動いている人が多すぎますが、欲望と愛情が決定的に違うところは、その動機でしょうか。自分のためなのか、自分以外の対象のためなのか。愛情には見返りがあってはならないですが、欲望は見返りを求めているからこそ、行動するのではないでしょうか。

 愛情豊かな人間になりたいものだと思いました。まあ、お料理は「これだけ」レシピを活用するかもしれませんが。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。


2008.11.27(Thu)00:39 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 つい先ほど、ダイナ君は寝たんですけど(1時前)、寝る前に私のところにきて、曇った顔で言ったんですね。

「値段の高い酵素も飲んでる。鍼灸にも行ってる。言われたとおりの食事もしてる。がんばってるのに、どうしてよくならないんだ」

 こう言われたら、私も言うしかにですよね。他に何が言えるのでしょうか。

「ここが踏ん張りどころだ。冬は調子が悪くなるんだから、春までになんとかなるように、続けて頑張ってみよう」
「そうかな」
「冬は感染をかぶったら、とにかく極端に悪くなるんだから、感染をかぶらないようにうがいを一生懸命してね。祈って頑張ろう」
「うん」

 ダイナ君の病気は先天性ですから、治ることは奇跡ですが、私とダイナ君のとりあえずの願いは、点滴に行かなくてもいいようになる。腎臓移植しなくていいようになる。言えば、簡単ですけど、この病気は次第腎臓が悪くなっていくのですから、この二つがかなえられることですら、奇跡なんですね。

 食事療法をして、酵素を飲んで、鍼灸院に通って、腎臓の二つの値のうち、正常値の二倍近くあったBUNの値が、正常値に入りました。ところが、先週、ぐっと血液が酸性に傾いたため、高くなってしまいました。これがまだもどりません。また、腎臓のもう一つの指標、クレアチニンは2.8になっていて、正常値は1.0ですから、かなり高いままなんですね。血液が酸性に傾く前は2.3まで落ちてきていました。

 くわえて、カリウムが二ヶ月前より高いのです。カリウムは上がると、心臓に影響がでますので、実は私は内心はらはらしています。野菜類はとにかく一度ゆでて、それまでも生では食べていませんでしたが、前よりも一層、気を配っております。

「おかあさん、二人で頑張ろう」
「うん」(私は、別に頑張る必要もないんだがなあ)

 時々、ダイナ君は私にそう言います。ダイナ君なりに、気にしているんだと思います。へこんだダイナ君を見て、今夜新たに決意いたしました。

 腎臓移植はしない。
 必ず、点滴しなくていいようになる。

 神様、ダイナ君をあわれんでくださいますように。
とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。






2008.11.25(Tue)01:10 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様、お待ちかねのダイナ君の爆笑ネタなどを、本日はお届けいたします。爆笑できるか、くすっとで終わるかはあなた次第ですが、まあ笑いがある生活はよいものです。

 本日、ダイナ君は鍼灸院に行ってまいりました。このところ、学校が忙しくて、週に一回しか受診することができません。ダイナ君は大学が決まっていますので、補習など受講しなくてもよさそうなものですが、しかし、皆きちんと受けているので、ダイナ君も真面目に受けると。

 それはいいですが、ダイナ君の授業が終わって、お迎えに参りますと、もう暗くなっていて、車の判別がつかないくらいです。暗い中、車に乗り込んだダイナ君、格之進も乗せて、ほいほいと鍼灸院へ。私は疲れておりましたので、車の中で寝ておりました。

 診療が終了したダイナ君、車に乗り込むと、「鍼を受けながら、ラジオから流れてくる音楽がよかったよ。きっとおかあさんも知ってる歌だと思う」「そう?」「洋楽だけど」「ふんふん」

 ♪ タタタ タタタ タタタタ~

「わかんないよ」

 鍼灸師の先生は目がお悪いのですが、ラジオをつけて鍼を打たれるんですね。テレビのときもあります。どうも、夕方の「水戸黄門」がお気に入りのようです。

 そして、夜、晩御飯も終わって、勉強も一段落したダイナ君は、思い出したかのように、
「今日聴いた音楽、よかったよなあ。『取り越し苦労』とか言う題名だったかな」
「はあ? 洋楽なんでしょう?」
「うん。おかあさん、知ってると思うよ。 ♪ タタタ タタタ タタタタ~」
「♪ タタタ~タ~ タタタ~タ~」
「それって、『ボルガの舟歌』でしょう。違うよ、♪ タタタ タタタ タタタタ~」
「わかった!! ♪ タタタ タタタ タタタタ~」
「それ、それ」

   「それ、エンヤの『オリノコ フロウ』だよ」

「え? 『取り越し苦労』って聞こえたから、鳥の歌かなんかかと思った」
「違うよ。オリノコ川の歌だよ。エンヤ、うちにCDあるから、聴くことできるよ」
「なんだ、そうかあ」

 部屋を出ていきかけたダイナ君、
「誰の歌って言ったっけ? ざぼん?」
「エンヤだって!! さぼんて何かわかってんの?」
「みかんの大きい奴」
「エンヤ!! ざぼんじゃないからね。『取り越し苦労」』でもないからね!」

 きっと、明日にはもう忘れていると思われますが。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。


2008.11.21(Fri)23:12 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
20081120004108.jpg
 今日も今日とて、お狂です。

 11月に入りますと、クリスマスを頭に置き、いろいろと考えねばならないことがあります。クリスマスというのは、クリスチャンにとっては一番大きなイベント。というか、おそらくクリスチャンにとっては、イベントなどという軽い言葉を使われると、違和感があるとは思いますが、でもまあ、大きな行事となりますね。

 こちらは県外に住むクリスチャンの友人が作ったクリスマスリースですが、ご覧いただければおわかりになる通り、パンで作られています。友人はパンの先生であり、トールペイントなどもする手先の器用な、お料理の上手な、お掃除の好きな主婦です。と書くと、なんだよ、不良主婦のお狂と正反対じゃん。

 私は不器用ですから当然、こんなことなどしません。だいたい、部屋を飾るなどという感覚からは無縁の人です。お掃除するとき面倒くさいとか、ほこりとりが面倒くさいとか、まあ"Simple is best."という人間です。はは、どんなもんだい!!

 友人はこれをバザーに出品するとかで、自分のお家を飾るために作ったのではないと思われます(って、でも自分の家用に焼いていると思うけど)。で、私はですね、パンでできているというので、食べ物をこういう食べないことに使用するのは基本、反対なんですね。というか、食べる物でできているなら、食べられるのだろうと、食い地が張っているので、「食べられるのか」と尋ねてみました。

「食べられるよ。おいしくないけど」

 この「おいしくない」という言葉に、自分が食べることはやめましたが(おまえの家にあるわけじゃないって!)、しかし、パンですので、扉にこのリースが飾られている。その下の床から、鼠さんが「食べたいな」とリースを見上げている。そんな絵を想像してしまいました。パンで作られたとは思えないくらい緻密に、いろいろな物がからまっているではないですか。なんかこの画像を見て、しあわせな気持ちになりましたね。そして、思わず、つぶやきそうになりました。

「イエスさま、今年も一年ありがとうございました」

 私も現在、いろいろなクッキーを焼いております。クリスマスにお世話になった方にお渡しするために、簡単でおいしい、そんなクッキーを模索しておるのですね。きなこを使ったものや、小麦胚芽を使ったもの。林檎を入れたもの。今まで作ったドライフルーツを入れたものより、ドレンチェリーを飾ったものより、おいしいものをお渡ししたいなと思っています。現在の教会で迎えるクリスマスはおそらく最後になるでしょうから。

 まだまだ今年を振り返るには早いですが、今年、ブログのご贔屓様の中には、家族を亡くされた方が少なからずいらっしゃいました。また、新しい家族を迎えられた方もいらっしゃいました。動物、人間、どちらもそうですけれども、私自身も祖母を亡くしました。

 それでも生きている。

 生きていくことは時にはつらいことがあります。私もこれでも数年前、首をくくって死のうかと何度か思ったことがありました。そのとき、私を支えてくれたものは、神様とぶんちゃんと馬でした(当時、乗馬をしておりましたね)。しかし、自分にはまだやらねばならないことがありました。その後、動物愛護に片足を突っ込み(棺おけではない)、できることはできる限りしていこうと思うようになりました。

 いのちは受け渡していくもの。

 それを考えたときに、つらい一年だった方もいらっしゃるでしょう。しかし、つらさが和らいだときに、どうか、生きていることが感謝できるあなたでありますように。クリスマスに笑顔がもどるあなたでありますように。

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。






2008.11.19(Wed)00:42 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
wat2.jpg
 今日も今日とて、お狂です。

 寒くなってまいりました。となってきますと、勢い、私のお仕事、いろいろと増えてきます。ダイナ君が登校するときに、使い捨てカイロを背中とおなかに貼る。などという防寒対策ですね。そして、猫さんたちに湯たんぽを入れると。これがなんか面倒くださいんですよなあ。真冬は一日三回。家の中のケージに一つ、外の玄関のワット君用に一つ。今のところ、ワット君は三回ですが、家の猫さんたちは二回です。

 でも、こういう光景を見ますと、面倒くさいけれども、やってあげてねばなあと思いますね。口には出してくれませんけど、「あったかい~」と言ってくれてると思います。でなかったら、許さん。

 ワット君は昨年まではダンボールの箱に入っておりました。が、今年はせっせと衣類を処分したおかげで、衣類の入れ物、箪笥類がなくなっていっていることは、皆様ご存知かと思います。押入れ用の二重引き出しの三段箪笥二つが、既に不要となりました。
wat1.jpg
 ダイナ君は箪笥をかなづちで叩いて壊してくれて、「いや~、ストレスの解消になるわ」と楽しみにしておりました。そして、もう一つは、玄関に置きました。一番下の段の引き出しだけこわさずに置いておいて、その手前の引き出しにカーペットのきれはしを敷き、ワット君の小屋としました。箪笥の外枠は置いてありますので、雨露はしのげます。

 このワット君を引越しのときにはどうするのか。いろいろな方に尋ねられます。ワット君は野良猫さんで、しかし、人なつこいところを見ると、飼われているのかもしれません。ワット君がうろうろと入りこんでいるお家が一件ありますので、そこで飼っているのかどうか尋ねてみて、それから連れていけるものなら連れていきたいと考えております。

 世帯主は「ワット君みたいに、鳥を獲ったり、鼠を獲ったりするような野生的な生活をする猫を、連れていけるわけないだろうが」と言っております。これが、動物飼育に対する無知といいますね。といいますか、おそらく多くの方はそのように考えるのだと思いました。

「知らないことは罪です」

 これは私が動物愛護に興味を持ってすぐに教えられた言葉ですが、動物愛護どころでなく、様々な世界においてもいえることです。まあ、今更、ここにお越しくださるご贔屓様に私が講釈などする必要はありませんが、一言立場をはっきりさせておきましょう。

 犬猫さんは、人間の世話にならないと生きられないようにできています。共存といいますが、これだけ人間社会の生活様式が変化した現在、猫さんは完全室内飼いしないといけません。それは、以下の理由によります。

 1 交通事故防止
 2 近隣住民への迷惑防止(花壇を荒らした、庭での排泄行為)
 3 感染症防止

 この最後の感染症防止ですが、猫は犬よりも感染したなら治らない病気が多いです。そして、その病気は野良猫さんにおける羅漢率は10%。つまり、10匹に1匹は病気となっているわけですね。そういう猫さんを相手に喧嘩すると。感染します。予防注射が防ぐことのできる病気もありますが、できない病気もあります。ワット君は、うちの猫ではないですが、とりあえず、蚤予防、感染予防はやっております。首輪がついていないので、おそらく数件で御飯をいただいているだけだと思われます。

 そして、最近思うようになりました。ワット君は寿命が2年と言われている野良猫の割りに、その温和ですばしっこい性格のために、4年は生きているようです。私が一番心配するのは、老後ですね。もし、駐車場の多いこの場所で、間違えて足でも車に踏まれてしまえば、確実に活動が困難となってしまいます。そして、ワット君はどうなっていくのか。元気でいたとしても、老後はどの家で暮らしていくことができるのか。

 何度も、ワット君をうちの猫にすることを考えました。しかし、うちの家はもうキャパがいっぱい。引っ越し先がもう少し広ければ。ここが決断時でしょう。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。


2008.11.18(Tue)12:04 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
収穫感謝祭
 今日も今日とて、お狂です。

 本日、日曜日はクリスチャンである私とダイナ君にとっては、礼拝のある日ですが、収穫感謝祭という礼拝でした。いくつか教会を知っておりますが、収穫感謝祭をやるのは、今の教会だけでして、神様が作物を育ててくださって、感謝していただきましょう、という催しですね。そして、この日に幼児祝福式があります。牧師先生が一人ひとり、頭に手を置いて、神様からの祝福をお願いしてくださるんですね。ダイナ君は幼児ではないですが、教会学校の高校生クラスに籍を置いておりますので、祈っていただきました。

 ダイナ君は食事療法をしている関係で、「皆は収穫された野菜で豚汁を作って、白米のおにぎりを食べるけど、僕は食べられないからなあ。礼拝が終わったら、すぐ帰ろう」と言っておりましたが、礼拝には、いつもはあまり参加しない高校生がきていたので、「ダイナ君、皆と一緒に食事の準備するなら、今からおかあさんは帰って、玄米おむすびを作ってくるけど」「うん、そうして」

 家と教会が近いと便利だ。そういうわけで、私がせっせこと玄米おむすびを作って、再び教会に持っていきますと、ダイナ君は高校生、中学生の仲間と果物の皮むきをしておりました。他の幼稚園の子供たち、小学生の子供たち、それぞれ役割分担があるのです。おむすびをラップでくるんで作るとか、野菜を切って、お味噌汁を作るとか。なぜか、四人のにいちゃんたちは、包丁を持って、柿の皮むきをしておりました。

「ちょっと、ダイナ君、それ、食べたいとは思わないよ。何、そのむきかた」
「う~ん」
「あ、君、すごいじゃん。手馴れてるね」
「へへ」
「君たちの世代は、絶対共働き生活なんだから、料理ができる男の子でないと、いい嫁さんが来ないぞ」

 など、ほとんど、外野から野次を飛ばしているお狂であった。高校四年(浪人生)と高校二年の兄弟がいるのですが、この二人はどちらも上手です。ほれぼれするようなむき方をしております。聞くと、野菜の皮むきなどを家でもさせられているとのこと。彼らにはねえちゃんがいるらしいのですが、彼女も小学生で、見事な包丁さばきを見せていたらしいです。

 食育というのをどこを原点として始めるかといいますと、これは今まで問題にしてきたように、どんな食材を購入するかというところからだと思うのですが、子供たちにとっては、台所に入る。ここからだと思うんですね。母親が何やら作っていると。それを見つつ、やってみようかなと思ってみたりすると。つまり、母親が料理をしているところを見ることがない限り、子供は食については興味を持たないでしょう。「あれが食べたい」「これがおいしい」という、お客の立場から脱却することはないでしょう。
 
 で、私は反省しましたよ。子供二人に、もっといろいろやらせておけばよかった。こと食に関しては、私は母親としては落第です。

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。





2008.11.16(Sun)01:32 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0
riturin1.jpg
 今日も今日とて、お狂です。

 本日は大変いいお天気でした。って、午前中は曇り空で、雨が降るのでは心配しておりました。なぜ心配しておったかといいますと、昼前にお客様が遠方より来られることになっていたからです。なぜに突然来られることになったかと申しますと、私どもは来年はこの地を去る予定となっております。それで、去る前に「本番の讃岐うどん」が食べたいと乱入されたわけですね。

 近くのどうってことない製麺所にお連れいたしました。するとまず、「玉が大きい」と驚かれておりましたね。そうだったのか。大きいんですか。これしか知らないからな。それによその地では絶対おうどんは食べません。はずれであることは間違いないですから。そして、「おいしい」と何度も言われていて、ほっといたしました。これで、「うちの近くの○○と同じだ」とか言われてごらんなさい。本場の味が泣きますぜ(え、泣かせてみろ?)

 そして、テレビチャンピオンで優勝したケーキ屋さんがその近くにあるので、お連れいたしました。うちで食べるケーキを選んでいただきました。これも「おいしい」とおっしゃったので、これまたほっといたしましたね。

 そして、この画像ですね。どこかおわかりになりますかな?
riturin2.jpg
 こちら、栗林公園です。大きな庭園ですね。この庭園をご覧になりたいといわれたましたので、自転車で(!!!)お連れいたしました。お客様はダイナ君の自転車を操られましたよ。ダイナ君、本日、模試ですね。

 池に泳ぐ鯉をご覧になりまして、「丸々してるね」と言われましたが、こいつです。売店で売っている鯉の餌。これによって、鯉さんは丸々しておるわけですね。一体、鯉って何歳まで生きるのかなあ。人間はとなりの「さくら団子」を食べて丸々するわけです。

 思えば、この公園です。幼稚園、小学校、中学校、高校と必ず遠足に来ました。遊具などはありません。しかし、桜や紅葉も見事ですし、走り回れる広い場所があります。併設していた動物園、市立美術館も昔はあったのですが、今は庭園だけですね。そして、明るく、入園者に丁寧な作りとなっております。お茶室もあるのですけどね、本日、結婚式の前撮りをしている方がいらっしゃいました。なんかほのぼのとしましたね。やはり白無垢。これにお茶室。日本人であるということは、そういうことか。さくら団子は食べていないが、お客様が私に栗ソフトクリームをご馳走してくださいました。へへん。初めて食べましたが、栗のつぶつぶがいっぱい入っておりました。嬉しいのう。
riturin3.jpg
 日本庭園もなかなか手入れが行き届いておりましたね。抹茶とお菓子などの提供のあるお茶室もあるのですが、そこまではゆっくりできませんでした。

 この後、私の実家に行き、実家にある様々な着物をご覧いただきました。洋服にすべく、着物を持って帰っていただくのです。祖母の着物、知人からの貰い物の着物、母の着物、と、着ないのにいっぱいありますので、私の実家は現在処分にかかっております。捨てるだけとなっておるのですが、着物を洋服にリフォームすることのできるこのお客様に、お好きなものを持って帰っていただくこととなりました。幸い、多く気に入っていただけため、明日、ダンボールの詰めて、お送りいたします。母はほくほくしておりました。

 ほくほくといいますと、母は昔フランス刺繍をしていたのですが、部屋に飾っていたその作品を、私のお客様がほめてくださったので、気をよくしておりましたね。もう長い間、誰も誉めてくれなかったわけですからね。

 そんなこんなで、夕方、学校、点滴より帰ってきたダイナ君とJR駅までお見送りに行き、ダイナ君も元気な姿をお見せして、お別れとなりました。

 なお、お狂が讃岐うどんをご馳走してくれる間に、乱入したいとおっしゃる方、歓迎いたします。今回、私がお連れしたうどん屋さんは、「饂飩八十八箇所めぐり」には入っていないお店です。どんなもんだい!! まあ、それはいいとしまして、おうどん屋さんはいろいろありますので、どうぞ、お越しください。犬の格之進、三匹の猫と三匹の亀が歓迎いたします。


めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。



2008.11.15(Sat)23:44 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
070521_1633~0001
 今日も今日とて、お狂です。

 今をさること一月ほど前のことです。って、十月三日のことです。忘れもしません。私が夕方、家でぼけぼけしておりましたら、一本のお電話が。それはダイナ君の数学塾の先生でした。
「ダイナ君、いらっしゃいますか?」
「いえ、それが、点滴に行ってまして」
「実はですね、犬を散歩させていたら、亀を見つけたんです。それで、このまま置いておいたらまずいかなと思って、家に連れて帰ったんですが、どうやったらいいかなと」
「フードとか、プラスチックの箱とか持って、病院から帰り次第、ダイナ君と伺います」

 この時に既にいやな予感はあったんです。ご存知のように、うちにはこの二匹の亀がいます。体長2センチくらいの頃からうちで育てた子と、教会幼稚園のあまりの過密飼育スペースに同情したダイナ君が連れて帰った子と。どちらも大きくなって、どちらも雌で、裏庭のたらいにおります。ブロックの上で、日光浴するときは、一匹分のスペースしかないですから、このような状態になるわけですね。
081101_1416~0001
 ダイナ君から点滴が終わったと、電話があり、亀さんの飼育道具を一式、車に乗せて、お迎えに行きます。
「かくがく、しかじかなわけよ」
「ふうん、どんな子かな」

 と、見に行きますと、先生は思いあまって、ササミをあげておりました。別に間違いではありませんが、亀さんとて、突然捕獲されたわけですから、おっかなびっくりですね。
「置いておいたら、死んでしまうかなと、つれて帰ったんじゃが、もとにもどそうか」
 そりゃ、遺棄という奴になりますぞ。一度保護したら、責任持たねば。責任が持てないなら、保護はしたら駄目なんです。ダイナ君は当然、目を輝かせて、私に尋ねます。
「飼ったらだめ?」
 この状況で駄目って、言えるかい!! しかし、最後の望みをかけて、もう一度尋ねてみます。
「先生のところでは、飼わないんですよね」
 先生も、飼わないとは言えません。
「元の場所にもどした方がいいでしょうか」
 亀の引き取り手なんか探せんぞ。仕方なく、連れて帰って、裏庭の日の当たる場所に水槽を置いてみました。

 この子はなかなか大変な子でした。食事しないんで、ダイナ君が心配して、
「おかあさん、あの子が食べるようにお祈りして」
「うん」
 相変わらず、食べないのですが、元気でいるのです。水かえなどしていると、ダイナ君によってきたりもするそうです。もともといる二匹は、もちろん、ダイナ君に近寄ってきます。引越し控えて、三匹になるかなあ。

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。





2008.11.11(Tue)09:53 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 アメリカの次期大統領が決定いたしましたが、勝利宣言をするオバマ氏の演説はなんとも力強かったですね。キング牧師の演説の映像が流され、その後にオバマ氏の映像が流されて、なんとも不思議な気がいたしました。

 キング牧師の演説は高く評価されておりますが、牧師という職業は一週間に最低でも一回は説教します。日曜の礼拝でですね。ですから、話術のプロですが、政治家というのは、それ以上でないとなれないのだなと思いました。礼拝というのは、「神様の語りかけを聞こう」と教会に集まってくる人のためになされるものですから、説教を聞く側は受け入れようという思いで聞いています。対して、政治家の演説は、敵対する相手をやりこめていくらの世界ということで、理論武装が完全になされておりますね。

 それはともかく、1960年代のキング牧師の演説を見て、2000年代のオバマ氏の演説を見ますと、なんかこの国の黒人の方々の思いというのが、想像できました(理解ではない、当然)。キング牧師よりさかのぼること何年でしょうか、ガンジーがインドで独立運動をやりましたけれども、若い頃に、汽車に乗っていたら、白人にその席をかわれと言われたと。同じように、キング牧師も若い頃、バスに乗っていて、白人にその席をかわれと言われたと。キング牧師の公民権運動のさなかには、放水され、犬さんをけしかけられ、めちゃくちゃな目に合わされました。それでも非暴力であった。あんな目にあわされてもじっと耐える。キング牧師はおそらくイエス様のことを思いつつ、耐えておられたでしょう。

 オバマ氏は大変な時期のアメリカ大統領となるわけですけれども、おそらく彼は暗殺されるかもしれないと思いを頭の中に描いておられるでしょう。ということは、いのちがけでその職を全うしようとするに違いない。また失敗したなら、黒人にはやはり無理でしたと言われるわけですから、アメリカ初という責任を負っておられるわけですな。シカゴに集まった白人、黒人の目には涙がありましたが、私にはこれは理解できないのであろうなあと思いました。そしてこの涙が、オバマ氏の両肩にずっしりとのしかかってくるのかと思うと、なんともお気の毒な気持ちにもなりました。

 ところで、ですね。オバマ氏は犬さんを連れて、ホワイトハウスに乗り込んでいくそうですよ。お子さんのたっての望みらしいですけれども、どんな犬になるのかメディアは興味津々らしいですな。記者に質問されて、二つの条件があると。おじょうさんがアレルギーなので、アレルギーでも大丈夫な犬。もう一つは、施設に保護されている犬ということらしいです。もっとも、施設に保護されている犬は私と同じで雑種が多いので、と笑われておられましたけれども。

 私がオバマ氏に期待するのは、是非とも施設の犬さんを連れてホワイトハウスに乗り込んでいただきたい。タイの国王が施設の犬を引き取られたように。施設の犬がいいと言われたのは、オバマ氏なのか、奥様なのか、おじょうさんたちなのか。オバマ氏大統領在任中に、動物愛護が進んでいきますようにと祈っている私の期待は大きすぎるでしょうか?

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。

2008.11.08(Sat)09:00 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
081103_1418~0001
 今日も今日とて、お狂です。

 さて、初日夕方、兵庫県三宮に到着したダイナ君。ぶんちゃん宅へとそのまま直行しました。といいますのも、ダイナ君は当然外食できませんので、ぶんちゃんとしては、もうしぶしぶ帰宅して食事するしかないわけですね。

 ダイナ君からの報告によりますと、御飯を食べつつ、『ラスト・サムライ』を見たとのこと。
「僕、最後に泣きそうになったよ」
「おねえちゃんは、おかあさんと一番最初に見たとき、泣いてたね」
 ダイナ君によると、ぶんちゃんは「何回観てもいいわ!」と言っていたとのこと。当然、ぶんちゃんがいいなと思っているのは、渡辺さんですよ。アメリカのイケメン俳優じゃないですからね。
081103_1431~0001
 そして、翌日、三日は学園祭に行ったようですが、ダイナ君が言うには、「食べるものばかりで何も楽しくなかった」とのこと。そりゃ、そうだわなあ。食べられないとなあ。
「きれいな建物だったでしょう、おねえちゃんの大学は」
「うん、そうだね」
と答えておりましたが、いまいちぴんときていない様子。春の桜の咲く頃など、このあたりはすごいんですけどねえ。大学にいたるまでの道路の両側にも桜並木があって、非常に落ち着いている街なんですね。

 ぶんちゃんの下宿は大学から歩いて三分。「あんなに近いとは思わなかったよ」
借りることに決めた本人と母親も、まさかあんなに近いとは思いませんでした。三軒、物件を見て、最後のアパートでしたが、土地勘がないため、あちこちぐるぐる回ると、大学の近くにもどっているなどわかるはずもなく。
081103_1432~0001
 それはいいとしまして、再びぶんちゃんの下宿で昼ごはんを食べるダイナ君。ぶんちゃんは食べずに、三宮で待ち合わせてある友人のもとに二人で向かいます。ダイナ君の報告によると、「おねえちゃんは、お友達とケンタッキーで食事した」

 馬鹿者!! あれだけ肉食はするなと言ってあるのに!! そんな心得で、よい母親にはなれん!!

 ぶんちゃんの友人はダイナ君に、「大学合格、おめでとうございます」と言ってくれたとのこと。「お話はいろいろ伺っています。おかあさんの顔色ばかり見てるんだってね」おねえちゃんの顔色だって、見てるだろ!!

 ところで、ここにあげました三枚の画像ですね。これはこの後、ぶんちゃんがダイナ君をユニクロに連れていって、試着させたものです。これには二つの布石がございまして、一つはご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。ダイナ君の誕生日、九月ですね、ダイナ君の友人がファッション雑誌を誕生日プレゼントにくれたと。「このちゃらちゃらした男は何だ!!」と母親には非常に評判が悪かったのですが、ぶんちゃんは「やはり弟にはおしゃれでいてほしい。ダイナが大学合格したら、私がユニクロに連れていって、見繕ってあげる」と言ったと。

 二つ目はですね、ダイナ君がぶんちゃん宅に泊まりに行くのに、前もって私は衣類などを送ったんですね。すると、すぐぶんちゃんから電話がかかってきて、「パジャマと一緒に入っている服は何?」「二日めの服じゃないの」「嘘でしょ。こんなださい服、こんな服を着た子と一緒に歩くのはいやだ」「何がいやですか、いいじゃないの」「私がユニクロで、服を見るわ」

 なんじゃい!! 親の見立てに不服があるんかい!! 

 それで、三枚の画像が送られてきて、「この中でどれがいい?」「△がいいと思う。□は似合わない」と私がメールを送ったのです。そして、帰ってきたダイナ君が手にしたユニクロの袋に入っていたものは、△ではなく、□でした。どれか記していないのは、「お狂はやっぱりセンスないわ。ぶんちゃんは正しい」と言われたらいやなので、あえて伏せておきました。

 さて、皆様は大学生になるダイナ君にどの服をお選びになりますか?

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。





2008.11.04(Tue)00:44 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
 今日も今日とて、お狂です。

 三連休となっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうかな? 私、珍しく一番風呂に入っております。って、いつもはダイナ君が入って、それから入るのですね。世帯主は翌朝に入ります。汚れと一緒に寝る人なんですね。その日の汚れはその日のうちに落とさないといけませんよなあ。私など、朝に入ると、風邪をひきますね。寒い季節だと。

 ダイナ君、ぶんちゃんに会いに行っております。ぶんちゃんの大学は学園祭。先週、ぶんちゃんよりホームシックのお電話がありましたので、ダイナ君が励まし全権大使で兵庫へと向いました。

「おねえちゃんを元気づけてあげないといかんな」

 とか言いつつ、日曜日の礼拝の後、一人長距離バスに乗り、出発しました。バス降車口にぶんちゃんが迎えに来てくれております。明日の夕方、帰ってきて、そのままお弁当を持って点滴に行くことになっております。

 しかしですね、食事療法をしているダイナ君ですから、まあ荷物が多いですわ。まず、前もって、ぶんちゃん宅に着替えなど送っておきます。そして、本日の晩御飯をリュックに入れて、明日の朝のおかずも入れて、お薬、酵素飲料、特殊ミルク、番茶の入った水筒などをつめます。ぶんちゃんのところに行くと聞いた私の母は、「ではぶんちゃんに」と栗ごはんを炊いて持たせてくれました。

 発芽玄米をぶんちゃん宅に前もって送っておいたので、明日の朝はそれを食べて、昼もそれを食べて(タッパーケースにお弁当となるかも)、夕方帰宅します。

「おかあさん、僕がいなくて寂しいでしょ。夜に電話かけてあげようか?」
「別に」

 寂しくないといえば嘘になるのかもしれませんが、出かける準備と、帰宅してからの段取りなど考えるに、私へとへとです。
「野沢菜を入れてと、もやしをゆでていれとと。エゴマ油とゆずぽんをまぜたのをセットしてと」
 外食を簡単にできる子ならいいのですけど、いえ、少なくとも数ヶ月前まではそうでしたが、ここまで徹底して食事療法をやっているのです。ダイナ君としては譲れないわけです。バスを待っているときも、
「のどがかわいたなあ」
「水筒にお茶が入ってるよ」
「熱いんでしょ?」
「うん」
「なんか、僕、熱いから、冷たいのが飲みたいなあ」
「お茶を買ってこようか?」
「ペットボトルのお茶なんか飲めないよ」
「じゃあ、お水を買ってくるわ」
 ということになりました。

 つい先日、世帯主も、「久しぶりにペットボトルのお茶を飲んだら、まずかった」とのことで、徹底した食事管理をしていると、味覚というのは変わってくるものです。それはさておき、ぶんちゃんもそれなりに大変かもしれません。

 バスが着いたなと思われる頃、ぶんちゃんから電話がありました。
「あのさあ、お財布がないって言うんだけど、そっちに忘れてない?」
 出発間際に持っていくものが変更となったので、私がつめたのですが、全く。
「バッグの一番大きなところのファスナーの中にある」
 そのファスナーがどこかわからなかったらしく、しばらく「ある? ない?」とかぶんちゃんが言っています。
「あ、あった。じゃあね」

 明日は、くれぐれも慎重に行動してくれたまえ。

めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。

2008.11.02(Sun)00:41 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年11月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年11月
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。