動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様がたにご協力いただいております署名。既に、送付された方もいらっしゃるようで、「メチルマロン酸血症親の会」の会長様よりお礼をいただいております。ありがとうございました。署名の締め切りは来年1月25日までとなっております。まだ集めてくださっている方、時間はありますので、よろしくお願いいたします。

 さて、署名ですね。多くの方々のリンクをいただき、また鍵コメにより、公開コメにより、署名のご協力のお申し出をいただき、この場を借りて、深くお礼申し上げます。私どもの方の様子をお知らせいたします。

 ダイナ君が卒業した小学校ですね。数年後には、統廃合のためなくなってしまう由緒ある学校なのですが、市役所の後ろにあるんです。当然、子供の数は少ない。一学年30人、それが1クラスだけという学校でしたけれども、この学校は障害児教育に力を入れているので、私たち家族はわざわざこの校区に引っ越してきました。ぶんちゃんは前にいた小学校を気に入っていたので、夜によく泣いておりました。

 しかし、ダイナ君は本当に恵まれた小学校生活を送りました。クラスの生徒さんも学校の先生方もダイナ君の病気にご理解をいただいておりました。「リクレーションは何をする?」という議題のときには、「ダイナ君と○○君(肢体不自由の同級生君。同じ障害児学級にいながら、ダイナ君ともども、普通学級で学んでいました)は外で遊べないので、教室でできることがいいと思います」というようなことを生徒さん自らが提案してくれるような学校でした。

 小学三年のときでしたか、ダイナ君が休んで点滴に行っている間に、「今学期の健康賞を誰にあげるか」ということをクラスで話しあったそうです。
「ダイナ君がいいと思います。病気だけど、1時間でも学校に来ようと頑張っているから」
 病気の子供が健康賞をもらえるなんて。ダイナ君のような生徒が、一番縁のない賞をクラスの皆から授与される。そんなクラスはあのクラスだけでしょう。

 今になって思いますに、あの小学校は「ノーマライゼーション」が自然にできていた学校だと思います。

 そういうクラスですので、おかあさんたちの結びつきも強いものがあります。私など、ダイナ君の送り迎えで、クラスの集まりには「失礼しま~す」というとんでもない奴でしたが、それでもおかあさんがたは私を忘れずにいてくれました。

 この度の署名集めで、集めることを申し出てくださるなど、本当にありがたい思いでいっぱいです。お子さんたちもダイナ君と同じ高校三年ですが、ダイナ君とは別の高校で署名集めをしてくださったお子さんもいらっしゃって、恐縮しています。

 ダイナ君はしかし、一昨晩つぶやいておりました。
「こんなに一生懸命集めて、何もおこらなかったら、どうするんだ」
「私たちができることは少ない。できることを一生懸命する。その後のことは、神様の領域でしょうが。やれることをやらずに、ぼやいていたって仕方ないでしょう」
「そうだね」

 ダイナ君は保健室の養護の先生に署名のお願いをしました。すると、その紙は職員室に回り、空欄が全て埋められておりました。それに気をよくしたダイナ君は、担任の先生に、「ホームルームで署名の訴えをする許可をください」と申し出ました。先生は「ああ、あれね」と許可してくださいました。それで、ダイナ君はわけがわかっているのかいないのかよくわかりませんが、自分の言葉で署名の趣旨を説明して、クラスの皆に呼びかけたそうです。帰りのときに、級長君が、「みんな、ダイナの署名、しなくていいのか!?」と呼びかけてくれたとのこと。とても嬉しかったとダイナ君は言っていました。

 ダイナ君が心配するように、多くの署名を集めても、何もおこらないかもしれません。しかし、多くの方々の善意。これを受け取った子供たち、病気の方々は、決して忘れることはないでしょう。たとえ今回何もおこらなくても、それは何か起こるための布石であるはずです。行政が何も動いてくれなかったとしても、失望はしません。神様は多くの方々の熱意をご存知です。必ずや、いつか何かがおこる。それは動物愛護でも同じことだと思っています。

40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。

スポンサーサイト
2008.12.18(Thu)11:11 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年12月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2008年12月
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。