動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 本日、昼過ぎに我が家に一本のお電話が。
「はい、お狂です」
「私、市会議員のAと申します。○○(昨日記事のカラーリストさんでない方のおかあさまです)さんからのご紹介で」
「はあ」
「署名活動をなさっているということで、ブログを拝見したり、いろいろ調べさせていただいたのですが、一度お話をお伺いしたいのですが」

 というわけで、私、市議会に行ってまいりました。市役所と同じ場所にあるんですけどね。行きますと、秘書さんが応接室みたいなところに通してくださって、初対面の市議会議員さんが来られました。
「はじめまして、同級生のAです」
「え? 同級生なんですか?」
「そうですよ。○○さんと同じ学校ですから」
 私と同級生だったとは、全然知りませんでした。そのお若い年齢(見得を張っている?)で、市会議員さん…。まあ、東北の市会議員さんは二十歳代ですけどね。私のイメージというのは、女性の場合は特になんですが、なにやら本職を一生懸命おやりになって、それなりの実績を作ったところで、請われて議員さんに立候補するというパターンでして、まあ、なぜか私、女性議員となると、市川房江さんを思い浮かべてしまうんです。

「いろいろと私も調べさせていただきまして」
と、ファイルを出された中には、ダイナ君の病名が書いてある資料が挟んでありました。私の頭の中では、一般庶民に陳情される。いちいち取り合っていたら、身がもたないので、「はいはい」と右から左、というパターンを思い浮かべていたので、正直驚きました。きちんと取り組んでくださっていることがわかったからです。

 そして、この病気を取り巻く日本の状況というのを、ご説明くださり、取り組んでいらっしゃる政治家もいらっしゃるということで、私も親としての現状をお知らせいたしました。この方は女性ですが、実にさばさばなっていて、話も早い。また取り組みも真摯なものであることがわかりました。

 私が思い浮かべていた陳情風景はですね(思い浮かべるばかりですみません)、私が一生懸命、「お願いします」と訴える。そこへ秘書の方が、「先生、お時間です」とやってくる。タイムアップで「失礼します」取り残されて、虚しい思いを抱く。というものですが、この議員さんは、同級生であることもあって、いろいろとお話をしてくださいました。そこで、図々しくも(実は最初からそうしたいと願っておったのですが)、動物愛護問題を訴えました。

 我が県は保健所での殺処分率がワースト3に入っている。簡単に保健所にいらないと犬猫を持ってこられないよう、小学校などで、啓蒙活動を行っていただきたい。先進国ではペットショップで生体販売していない。犬さん、猫さんの欲しい人はブリーダーさんのところに行き、どういう環境で生まれてきたのか、親との関係はどうか。育ち具合はどうかということを見て、しかるべきときまで親と離さない。

 処分率を減少させるために、避妊を徹底させる。お隣の県では、災害時の動物との避難訓練をして、政治家の方も参加されていたりする。避難所などで、ペット同伴でいられるために、避妊手術としつけが大切である。

 また、一人暮らしのお年寄りが寂しいからとペットを飼う。この方が施設に入所したり、天に帰ったときに、残されたペットはどうなるのか。近い将来、これは大きな問題になってくるはずである。

 犬猫さんが手術をするときの輸血。そのための供血犬について、行政が取り組んでいただきたい。

 議員さんはメモを取りつつ、調べてみますといわれました。そして、市営住宅はペット不可だけれども、ペットを隠れて飼っている方がいる。それならば、いっそペットを飼うのはいいけれども、その代わり、これとこれとは守ってくださいというガイドラインを提示する。そういうことをする方が問題の解決になるはずである、と言われ、私、正直感動しました。

 思い浮かべた光景が全くなくて、本当によかったです。こういう議員さんがいらっしゃるんだとわかってほっとしました。この議員さんはお子さんがひどいアトピーだったため、ご苦労されたそうですが、それで私のような状況の子育ての大変さが少しでも理解できるのだと思うとおっしゃっておられました。

 最後に、この議員さんにクリスマスプレゼント用にダイナ君と一緒に焼いた「きなこクッキー」をお渡ししました。喜んでいただいて嬉しかった。、忙しい間を縫って、署名の趣旨や動物愛護の課題などを聞いていただき、本当に頼もしく思えました。

 何もかもがうまく回っていけばいいなあ。今すべてが解決しなくても、何からでも一つずづ。できることから一つずつ。機会があればとにかく逃さずに、声をあげ続ける。あきらめさえしなければ、いつかきっと。

 平安がいつかすべてのいのちの上に。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。



 
スポンサーサイト
2008.12.25(Thu)00:12 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年12月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。