動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 動物愛護に多少なりともご興味がおありの方なら、熊本市の動物愛護センターのことはご存知ですね。殺処分ゼロを目指して、驚くべき成果を上げている行政です。ここのHPを見ていて、職員の方々の取り組む姿勢がよくわかります。まず見やすいんですよ。新しい家族を募集しているわけですが、

「どんな子がいるのかなあ」

と、スクロールしてしまうようなつくりです。そして、行政にしては珍しく、犬さんの性格などをきちんと書いています。なおかつ、レストランみたいになってますよ。つまりですね…。

センターの犬の飼いやすさ5段階評価
★★★★★・・・飼いやすい。(人慣れしやすい)初めて飼う方向き
★★★★・・・・・飼いやすい。しつけやすい
★★★・・・・・・・少し性格にムラあり。しつけに自信のある方向き
★★・・・・・・・・・たくさんの愛情とたくさんの時間が必要(恐がり、臆病、シャイ)
★・・・・・・・・・・・たくさんの時間とたくさんの愛情が必要。慣れるのに時間がかかる
★・・・・・・・・・・・噛む、慣れにくい、飼うのに覚悟が必要

 私が驚いたのは、普通は上位星3から5くらいまでを募集にかけるところじゃないですか。それが星1まであるということですね。これはおそらく、純血種、かわいい外見、珍しい犬種などが保護されたときに、それだけのために引き取って、痛い目に合わないようにということではないかなと思います。しかも、この星5のところでは「初めて飼う方向き」、星3では「しつけに自信のある方向き」と書いてあります。わかりやすいじゃないですか。この星のコメントを読んでいるだけで、職員の方々の思いというのが伝わってきます。そして、すべての画像の下に「これはあくまでここでの評価で、愛情をかけてあげれば性格はかわっていく可能性がある。責任を持って最後まで飼ってください」という趣旨のことを書いてあるんですね。

「きゃあ、かわいい」

だけでは飼えませんよと言っているわけです。そして、最初はいいかもしれないけれども、十年後まできちんと愛情をかけてあげますか、と問うているわけですね。

 この熊本市の取り組みについては、新聞記事になりましたし、様々なブログが取り上げております。今更、お狂がどうこういうことではありません。私が非常に感じているのは、政権交代しまして、政治改革を見ておりまして、人が何かに取り組むとき、必要なのは熱意だなと思ったんですね。

 ご存知のように、日本の動物愛護活動は明治時代に遡ります。それから百年の間に何がかわったのかといえば、食うだけで精一杯の日本人には動物に対しての意識の変革を見ることはありませんでした。数年前には動物愛護法が改正となりましたが、その時でも依然として、動物愛護センターという名になった保健所はばんばん犬猫を殺しておりました。これは保健所が悪いのではないでしょう。安易に持ち込んでくる方々が悪いのです。

 しかしながら、保健所の方は「全く、ちゃんと飼えよ、何だよ。こんな仕事させられてる俺らの気持ちがわかるか」と思うだけ。そうです、思うだけだったとしたら、熊本市のような取り組みは出来なかったでしょう。行政に訴えて行政から返ってくる言葉は概ねこの二つです。

「貴重なご意見ありがとうございます」
「やりたいのはやまやまなんですが、お金がないんですよね」

 熊本市の動物愛護センターの方の口からこれだけしか出てこなかったとしたら、新聞記事になることはなかった。

 北海道の旭山動物園もそうですけれども、何か変革がおこるときには、熱意がそこにある。おそらくそれはたった一人から始まります。政治も動物園も動物愛護センターも、同じだと私は感じたんですね。

 あきらめずに、やり続ける。声をあげ続ける。できることを一つから始めてみる。最初の一歩を踏み出して、成果がないとしても、それを受けつく熱意を持った方がいたならば、時間はかかっても、必ずや、よい方向に変わっていきます。

 いつも思います。つらい思いをしながら、あきらめずに、活動し続けていた先輩諸氏の名前を汚すことなく受け継いでいく。動物愛護は一人でできるものでもありません。そして動物愛護は、動物だけの愛護ではありません。すべてのいのちが平安に生きていけるための、一つの入り口なのです。

 平安が いつかすべてのいのちの上に。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。



スポンサーサイト
2009.10.01(Thu)10:57 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年10月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2009年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。