動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 私は非常にけちなので、この暑い夏、ダイナ君が家にいる間は、二人ひとつの部屋にいます。
クーラーをかけると電気料金がかかりますからな、二部屋ではなく一部屋ですまそうという魂胆です。どんなもんだい!!

 で、私は体力がないので、しょっちゅう、うとうとしている人ですが、お座布団を並べまして、ダイナ君のそばで寝たりいたします。皆さまもご経験あるかと思いますが、だるくてしんどいけれども、すぐ寝付けない。そういう時がありますね。私の場合は珍しく、そういうことがあるのですが、つい数日前、そういうことになりました。それで、ごろごろしつつ、「う~~ん」とか言っておりますと、ダイナ君が
「おかあさん、どうしたの? 眠れないの?」
「うん。眠いのに、眠れない」
「じゃあ、僕が子守唄を歌ってあげるから」
「よろしく(余計に眠れなくなることは予想できるが)」

 赤ちゃんを寝かしつけるように、ダイナ君は私の体をぽんぽんと叩いて、リズムをとります。
「ね~んねん、ころ~りよ。おこ~ろ~りよ~。坊~やのおもりはどこへいた~」
「坊やじゃないんですけど」
「もとい。ね~んねん、ころ~りよ。おこ~ろ~りよ~。じょうちゃんのおもりはどこへいた~」
(じょうちゃんじゃないけど、まあいいか)
「こけの~む~す~ま~で~」
「ちょっと、歌詞が違うでしょ!」
「歌詞、知らないんだよ」

 あれだけ歌ってあげたのに。

猿美、猿子の新しい家族になりたい方は、鍵コメで。

スポンサーサイト
2010.09.17(Fri)01:46 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0

 みなさん、こんにちは。猿美です。
 暑いですね。お元気ですか? 私は元気です。未だ、新しい家族が見つからず、猿子と一緒にお狂おかあさんの家にいるんですけど、私たち、すごく活発です。ケージの中にいると、ワットおじさんが時々、ケージの前に来てくれて、尻尾で遊んでくれます。
 私たち、紐が大好きなの。それから、猿子は靴下が好きね。いつも洗濯物の中から靴下だけくわえて走りまわってます。おかげで、おとうさんの靴下は穴だらけです。

 そうそう、この間、おかあさんのお友達のYANさんが朝早く犬さんを散歩させてた時のことです。川の中に犬さんがいたんですって。幸い、水が多くなかったので、溺れずにすんでいたらしいけど、YANさん、警察に通報して引き上げてもらったの。その間、2時間くらいかかったらしいわ。もっとも、その犬さんがいつから川に落ちていたかなんだけど。

 それで、YANさん、その犬さんの引き取り手になったらしいのよ。警察に「どうしますか?」と言われて、YANさんが引き受けなければ保健所に連れていかれる運命らしかったわ。当然、YANさんは「あとはよろしく」なんて言えるわけなくて、半ば、犬二匹との生活を思い描いたらしいわね。お狂おかあさんも、助っ人に入ったらしくて、ちゃっかり「川男」と命名して、YANさん宅で生活するのかと思っていたら、幸い、飼い主さんが見つかったの。

 YANさんが車の運転をしていたら、川のほとりを、リードだけ持った男性が歩いていたんだって。それでYANさん、「犬を探しているんですか?」って声をかけたらしいわ。そしたら、「そうだ」というので、「迷い犬、あずかっています」のチラシを守備よく作っていたYANさん、「この犬ですか?」って見せたそうよ。そしたら、川男は「シロ」と判明したのよ。

 なんでも、シロさんは十四歳で、おじさんは午前中から夕方四時まで探しまわっていたらしいの。十四歳で、後ろ脚は弱っている犬さんだったらしいんだけど、大切にされてたんだあなあって、おかあさんもYANさんも感心していたわね。

 いのちのあるものと一緒に暮らすときは、最期を看取る覚悟をして飼い始めてもらわなきゃ困るわね。まあ、私たちも、新しい家族を待っているわけだけど、活発な私たちを目の前にして、老いた姿を想像しろっていうのが無理だとしても、弱っていくことを頭の隅には置いておいてほしいわね。残念ながら、私たちはあなたより早く生ききってしまうんだから。

 最近ではペット霊園とかいって、お墓まで建ててくれる飼い主さんもいるらしいけれど、そんなことよりは一緒の時間を一分でも長く一緒に生きていくことに心を配ってほしいわね。人も動物も、土から生まれて、土に帰る。そういうものだって、クリスチャンのおかあさんが言っているわ。不思議よね、人にも動物にも同じようにいのちの最後がくるってことは。

 あなたも精いっぱい生きているうちに、ひょっとしたら、いくつかのいのちを看取ることになるかもしれないけど、次の世界では皆あなたを待ってるからね。

 それにしても、私たちの本当の家族、まだ迎えに来てくれないのかな。

2010.09.08(Wed)03:45 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0

 今日も今日とて、お狂です。

 本日、ダイナ君は二十歳になりました。成人ですね。生まれて十一日目に大学病院の新生児集中治療室に転院し、六か月そこにいて、退院するときに、いつも言いますけれども、若い医師に言われたひと言を誕生日がくるたびに思い出します。

 「この子はどのくらい生きられるのですか?」
 「わかりません」

 二十年は生きてきました。いつもこの時間を神様に感謝するのですが、今日は珍しく病気の子供の母親としての自分を振り返ってみました。

 なかなか我が子が病気であることを受け入れられなかった生後一カ月間。退院までの一日数回のNICU(新生児集中治療室)での授乳。途中から離乳食になってしまいましたけれども…。二歳のぶんちゃんに泣きながら「行かないで」と言われつつ、振り切って病院に車を運転していっていましたね。

 退院後一年はよかったけど、嘔吐下痢症にかかってからは、繰り返される入退院。そのたびに、私の母に泊りこんでもらって、ぶんちゃんをみてもらっていました。二十年の間には、三回、天に帰りかけたダイナ君ですけれども、二回目はちょうどぶんちゃんが幼稚園から小学校へとあがる三カ月の入院。

「私はいらん子や」=「私は必要ない子供」とすねたぶんちゃん。先の見えない入院時に、私にもう一つの悩みができた時期でした。だいたい、ぶんちゃんはダイナ君が大変なときに必ず問題をおこしてくれます。ダイナ君が大変なときはなぜかぶんちゃんの人生の節目となるときでして…。

 三回目にダイナ君が天に帰りかけたときは、ぶんちゃんが高校入試の時でした。一か月の入院の間、「これは無理かもしれない」とダイナ君の病状を見て覚悟していたのですが、おかげさまでそろそろ退院という時。学校をさぼって図書館で勉強していたぶんちゃんがパトロール中の先生に見つかってしまうことに。ぶんちゃんは志望校受験への点数の伸びがいまいちということで、焦っていたわけでして、担任の先生が図書館に迎えにきたときには素直に先生に従ったおかげで、電話一本ですまされました。ダイナ君が山を越したところで、「堪忍してくれよ~」とぶんちゃんの行動に頭を抱えたことでした。この後、肝移植の話が出たのでした。

 誰がドナーになるかという話を聞いてすぐ、「私、ドナーになるよ」とすぐさま言ってくれたぶんちゃん。「おかあさんは疲れやすいから、私がなる」と言ってくれたことをダイナ君は覚えていないでしょうなあ。私が覚えていればいいことか…。

 まあそれはさておき、ダイナ君が「どこの学校に入学するか」という問題が出るたびに繰り返されてきたうちの引っ越しですけれども、受け入れ先の小学校の校区に引っ越すために、高い家賃の場所とて、なかなか決まらない。大学のために引っ越すときは、御存じ、犬猫が多頭のためになかなか決まらない。そんな経験もいたしましたね。

 ミルクから離乳食になったダイナ君は食事制限が厳しくて、メニューを組む、食品成分表でたんぱく質の量を調べる、グラム数を決める、秤で計って調理する、という手順も数年おこなって、そのときが一番ストレスが私にかかりましたかねえ。ストレスといえば、この時期の後、カロリーが足りないというので、鼻から胃までマーゲンチューブを入れて、強制的にミルクを一日三回流すようになりました。チューブは私が入れました。いやがるダイナ君を押さえつけて入れて、おなかに聴診器をあてて入ったかどうか確認する。成長と同時に扁桃腺が大きくなり、耳鼻科で入れてもらわないと、小児科の先生でさえ入れられなくなりました。いずれにせよ、採血のときも泣き叫んで抵抗するわけですけど、「ダイナ君はそれでも、腕は動かさずにじっとしてるね」とおなかに馬乗りになって固定している看護婦さんに言われましたね。

 なんかこういう話はもういいですけれども、この二十年、母親としてかなりの時間、おそらく十六年くらいでしょうか、私は孤独だったなあと思います。親として、ダイナ君が背負っているもののために、なんとかダイナ君が普通に生活できるようにと、心を配ってきたつもりで、すべて一人で考えていました。ダイナ君の状態は私にしかわかりませんでしたから。週に三回点滴に行くようになっても、調子が悪そうだから今日も点滴に連れていかねば、という判断は私にしかできませんでしたし、検査データを見て、「これはまた明日も点滴だな」とか、「わ、入院だ」とかいうを感じるのも私だけでした。

 ぶんちゃん誕生とともに、退職しておりましたけれども、ダイナ君が生まれてからも、仕事に復帰しないかというお誘いは数回ありました。仕事したい気持もありました。でもできませんでした。いつダイナ君を病院に連れていくようになるかわかりませんでしたから。

 二十年たってみて感じるのは、「子供と関わる時間は決して長くない」ということでしょうか。子供が病気でなければわからなかったことが多くある。ダイナ君が病気でなければ、私には見えなかったものがあり、子供との結びつきが強くなることはなかったでしょう。

 ダイナ君の誕生日、毎年のように神様に感謝し、ダイナ君のために祈ってくださっている方々に感謝し、ブログで励ましてくださった方々に感謝します。先天性代謝異常メチルマロン酸血症の子供ではなく、成人となったダイナ君は、地上で許された時間を生きていき、私もまた母親としてこの病気と闘っていきます。「病気と共存」とか申しますが、この病気のために流された涙の多さを、私だけではなく多くのおかあさんたちの涙を思うときに、「共存」などするつもりはありません。「闘病」していきます。子供の病気のために泣くおかあさんたちがなくなりますように。

 苦しまなければ、聞き得ないみ言葉がある
 悩まなければ、捧げ得ない祈りがある
 傷まなければ、知り得ない悲しみがある
 なお病まなければ、私は神にお会いできなかった
2010.09.03(Fri)03:38 |  日記  | コメント : 16 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年09月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2010年09月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2010年09月17日 (金)
大人になっても絶好調!
2010年09月08日 (水)
猿美のひとりごと
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。