動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

ダイナ君が視神経炎から回復しないまま退院した頃、犬の格之進もまた病気で苦しんでいました。

 私がダイナ君を鍼灸院に連れていこうとすると、格之進の大きな泣き声が聞こえました。猫の町子と喧嘩したのです。その直後から、格之進は足を延ばして、震えていました。「どうしたのかな」と思ったまま、ダイナ君を鍼灸院に連れて行きました。帰宅しても、格之進の様子は同じままです。
「格、おかしい」
 ダイナ君の言葉に、うなずきながらも、表情が何もかわっていなかったので、ダイナ君を大学に送っていってから、病院に行くことにしました。全くあわてていなかったのです。病院に連れていこうとしたときに初めて、格之進が立てなくなっていることに気がつきました。

「脳腫瘍かもわかりませんし、てんかんかもわかりません。脳腫瘍とわかっても、治療はできませんから、発作を止める薬を飲んでみましょう。よくなれば、てんかんです。変わらなければ、脳腫瘍など重たい病気と思ってください」

 格之進は注射されました。三日間、寝たきりでした。トイレに外に出ていくこともできません。時々、体の右側と左側、下にする面を交代します。三日目になって、顔をあげられるようになりました。そこでようやく、注射から経口になりました。もとの状態にもどるのに、一週間かかりました。

 薬を切ることはおそらくできないでしょう。

そう言われて、暗い気持ちになりました。切ると、たいてい、発作が起きるんですよねと言われましたが、時々、千鳥足のようになります。年を明けてから、どうも二回、発作があったようです。やはり、薬は切れないのかと思いました。

 格之進が一週間かけて徐々によくなっていくのを見ていたダイナ君は、
「格はよくなるのに、どうして僕の目はよくならないんだ」と半泣きになりました。

 病気はいやだ。

 本当にそう思った年末でした。
 そして、神様はここから私達を引きあげてくださる一年を始めてくださいます。

 
スポンサーサイト
2013.01.10(Thu)21:04 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2013年01月
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • 2013年01月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2013年01月10日 (木)
年の初めに
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

レンタルHP


Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。