動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
ボルシチはケージの中に入れると、鳴いています。「出してくれ、出してくれ」って感じです。出してあげると、ゆっくりと歩いて、人間のそばにくるとずっとごろごろしています。とても人なつこい猫さんで、甘ったれさんです。  香箱すわりもかわいいです。

 今日は、やることないので、シャンプーにチャレンジ。お風呂場に連れていくと、お湯の流れる音に、何やら身の危険を感じた模様。バス用品を入れてあるラックの、一番下に避難しております。いやがって、鳴きつつ、手のひらサイズのボルシチ君、きれいになりました。写真を撮っておこうとしたら、電池切れ。
  黒猫年子をシャンプーすると、ダイナ君は「年ちゃん、悪魔になった」といいます。長毛なので、ふわっとした部分がなくなり、年子はとても細くなってしまいます。尻尾など、確かに悪魔の尻尾。それが、ボルシチをシャンプーすると、それ以上に細いので、こちらの方が悪魔に似ている。  でもきれいになりました。写真を撮っていたとしても、シャンプー前と後の綺麗になり具合はわからないと思います。でも、ますますロシアンブルーに似てまいりました。

 夕方、ぶんちゃんと一緒に、ボルシチの三日分の便を持って、動物病院へ。体重は土曜日の940gから1010gに増えていました。耳ダニがいるくらいだからなと思っていましたが、やはり二種類の寄生虫が。年子のときと同じです。一週間の投薬で一種類やっつけて、その後、ワンショットの薬で二種類めをやっつけます。野良猫というのは、どうやって生きているのでしょうか? これだけいろんなものを体に入れて、それでも生きていくことができるのでしょうか?

 帰宅したぶんちゃん、「今日、ボルシチのいた家に行ったら、一匹仔猫がいたけど、逃げてしまった。その家の方のお話だと、この間、犬が仔猫を追いかけたので、よりつかなくなったらしいよ」よりつかなくって、じゃあ、どこに行ったんだ。その家の敷地のすぐそばに溝があって、水が流れているので、この中に足を滑らせたら、もう駄目だねとぶんちゃんに言っていたのでした。犬に追いかけられて、皆どこに行ったのでしょう? 八匹も九匹も保護できないよと思っていましたが、いなくなってみると、非常に心配です。

  「その家の近くに犬がいて、人になれてる犬だった。近くの人に、この辺りにいる犬ですかと尋ねたら、見たことがないと言われた。保護しようと思ったけれど、大きくて無理だった」ぶんちゃん!!!保護はいいよ、保護は! 誰が面倒みて、誰が里親さがすっていうの!!!  

 しかし、猫だから保護してもまだ何とかなりますが、犬となるとスペースはとるし、散歩もあるしで、保護して世話するだけの余裕がないですね。それを考えると、広島ドッグパークは大変なことをしてますよね。仔猫一匹でひーひー言ってるっていうのに。ボルシチ君の耳ヒゼンダニ、寄生虫は必ず治ります。里親ご希望の方はこちらまで。
   メール toshisukekaku@hotmail.co.jp
スポンサーサイト

2006.10.16(Mon)19:19 |  日記  | コメント : 2 | トラックバック : 0

ボルシチ君、どう見てもロシアンブルー。。。。!
早く里親さんが決まればいいですね。
(ああ・・こんなことしか書けない!)
私、いつも思うのだけど、かなりの野良猫が生まれて人知れず死んでいってるのではないのでしょうか。。。じゃないと、もっともっと野良猫だらけになってるはずなのでは。。。。
きっと野良猫は、おなかの中にいる虫のせいで、それでなくても栄養とれないのに虫に栄養吸い取られて、長生きなんてできないんでしょうねえ。。。
前、うちにゴハン食べにきていた野良猫も、ゴハンを山ほど食べておなかがパンパンに膨れているのに体はガリガリでした。。。

野良猫は時々見かけるけど、野良犬って見かけなくなりましたね。でも処分されてる数は恐ろしいほど。。。ということは、ほとんどの犬が人の手で持ち込まれている!ということ?!
                   
Posted by ねこつかい at 2006年10月17日 13:14

2006.11.01(Wed)23:24 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
動物を取り巻く環境というのは、考えたことがなければ全く疑問に思うこともないですが、一つ知れば、
悪いことばかり知っていって、いろいろな矛盾がわかるようになりますね。
人間だって、一昔前は人生60年だったわけですから、
医療が介在しなければ、動物だって短命なんですよね。
人間社会に取り込まれてしまった犬と猫は
病院に行く機会も、
運がよければありますが(江戸時代の朝鮮人参ですね)、
他の動物は自然の中にいれば、病気でも治療してもらえないんですね。
人間社会に取り込まれてほしくない、
しかし、病気で苦しんでほしくない、
ここにもまた現実の狭間で悩むたねがあります。
Posted by お狂 at 2006年10月17日 14:32

2006.11.01(Wed)23:25 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年10月 16日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ ボルシチのシャンプー
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • ボルシチのシャンプー
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年10月16日 (月)
  • 19時19分47秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。