動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 この間、動物病院に行ったことをお伝えしましたが、お知らせするのを忘れておりました。動物病院にはいろんなサンプルが置いてあるのですが、私はいつも取れるだけ取ってきて、動物愛護団体に送る新聞紙の中に入れております。どうせ、私は中年主婦ですよ、図々しいです! フード以外には、餌の器、計量カップなどが置いてあることもあるのですが、どうせ私は中年主婦です! うちの餌皿は全部、ここで貰ってきたものです! 開き直ったところで、何やら今回見慣れぬ物が。
goods-002.jpg

 これが何であるか、受付の方に尋ねればよかったのですが、これはあれに違いない!! あれだよ、あれ。ほらほら、採尿キットですよね。今までカップというか、コップだったけれども、うまく採尿できないというお狂の声にお答えして、新しく作ってくれたんですよね? わーい、嬉しいな。しかもサイズが二つある。ちゃっかり二つとってきた私は、全くの中年主婦!!(何かもういやになってきました。自分のちゃっかり加減に。自分のことしか考えていない中年おばさんになりきっていることに)

 さて、昨日、期末テスト最終日が終わったダイナ君が早く帰ったきたのですが、一緒に昼ご飯を食べていて、ニュースを見ておりましたら、何やらお猿さんが増えすぎたというお知らせが。「人間のやったことだよ、決まってるじゃん」と私が言うと、「そうですね、だいたい環境破壊は古く農耕が始まった時と共に始まったとされていますからね」とダイナ君。

 原子力発電所。これを無くそうというと、推進派の方が必ず言うことがあります。「今更、電気のない生活にもどれるのですか?」「掃除機でなく箒で掃除しますか? クーラーなしで、ファンヒーターなしで、暑さ寒さを乗りきれますか? 電子レンジなしでお料理しますか?」反対派の方々の中には、きっぱりと「なくするためなら、掃除機を箒に持ち替えます」と言う方もいらっしゃいます。

 しかし、です。「地球温暖化を止めるために、車に乗るのをやめますか?」
と尋ねられたなら、どう答えますか? 

 ダイナ君が説明してくれたように、農耕時代が始まった時に、環境破壊が始まっていたなら、元にもどることは全く無理です。ではどこまでならもどすことができるのか? どんなに頑張ってもここまで便利になってしまった生活、数十年、いえ、数年前でしょう。

 私は最近よく感じます。無駄が多すぎる。物がありすぎる。人に欲望がある限り、環境を破壊する作業に人は加担せずにはいられない。

 イスラム教徒の方々が、ニューヨークを地獄に陥れたテロ。あの後、アメリカのコラムニストが書いた本を読みましたが、それまで知りませんでした。イスラム教徒がなぜアメリカを憎むのか。答えの一つに物質文化を持っているからというものがありました。物質文化という言い方は語弊がありますね。物に対する欲望が渦巻いている国だからです。

 民主主義の国は、独裁者のいる国を見て、どうしてあんなことがまかり通るのかと思います。同じように、イスラム教の方々(すべてだとは思いませんよ)は、どうしてあんなに欲望を追求できるのかと思うのでしょう。

 アメリカナイズされていることが、しゃれていることだと思っていました。合理的なことだと思っていました。帰国子女など珍しい時代に高校時代を送っていた私などは、アメリカにあこがれを抱いていました。今、そんな思いはありません。既に大学時代に、あの国はちょっとおかしいと思っていました。食生活を見てです。そして、今や、あの国はかなりおかしいと思うようになりました。政治を見てです。

 私達は何を大切にしないといけないのか。その問いかけに、答えてくれるのは、世界をリードしているアメリカでもなく、日本の知識階級の方々でもありません。惑わされてはいけない。自分で考え、自分で答えを見つけなければならない。

 環境を大切にするために、私たちは何かを捨てなければならないでしょう。では何を捨てるのか、どこまで捨てられるのか。一人捨てても、皆が捨てなければ環境を大切にすることはできません。誰が考えて決めるのか。

 いつか大変なことになる。それがわかっていながら、今よければいいと破壊を続けていく。自分で破壊しているつもりはないけれども、実は破壊している。動物愛護は最終的に環境保護にまでいくものだと私は思っていますが、どうしなければならないのか。多くの方々との議論が必要です。

 さて、あまり堅いお話ばかりでは何ですので、最後に「今日のふんふん画像」を。
yutannpo3-001.jpg

 昨日より、小さな湯たんぽなので、何やら一匹だけ上に乗っているようです。
スポンサーサイト

2006.12.12(Tue)11:20 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0

お狂さん、私もずうずうしい中年主婦です!ペットコ-ナ-に行くと、自然と目がフ-ドのお試しサンプルを探してしまいます。
見つけると「おとうさん!おとうさん!」って主人まで使ってもらってかえるのです。我が家には焼け石に水。。。。。。なのにね!
でも、その動物病院っていいなあ~!きっと私ももらえるものはもらって行こう!!と欲を出して何でも持って帰っちゃいそう♪
環境破壊といえば、ガソリンのコマ-シャルで環境破壊しないような製品を作ってる・・・なあんて言いながら出演してるのがF1レ-サ-っていうのが納得できない私です。。

2006.12.12(Tue)12:17 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
採尿キットってあるんですねぇ。
姫ちゃんが膀胱炎になったとき、私は台所のお玉や、アルミホイルで船形の容器を作って、それで採尿してました。

負の遺産を受け継ぐ人間のことを思うと、やり切れなくなります。
江戸時代は、紙くずやボロキレはもちろん、髪の毛まで収集して回る業者がいたリサイクル社会だったそうですね。
今更、そこまでは戻れないかも知れないけれど、開き直っては決していけないと、ゴミを分別して思うのでした。


2006.12.12(Tue)12:47 | 美葉 #XlY8LeCo | URL [ 編集 ]
先日初めてコメントさせて頂いた時、なぜかNot Display をチェックしてしまい、自分のコメントが載ったのかもわからないまま・・・ 
今日やっとお狂さんのブログの最初の方読みました。紅葉ちゃんの事を読んで、号泣してしまいました。私も、10年程前に両親妹と共にある猫に出会うまで動物の気持ちになって考える、という事を知らず、子供の時に、ハムスターとシマリスにかわいそうな事をしてしまいました。今は、罪滅ぼしを超えて、4匹の猫をねこっかわいがりしながら、外にいる猫や犬達のこと、飼われていてもあまりかわいがられてないかもしれない動物くん達に思いをはせています。アパートの家具の配置とか、スケジュールの立て方とか、かなり猫最優先の暮らしをするようになって6年。
ところで、アメリカに住んで16年経ちましたが、お狂さんの言うとおりです。この国どうかしてます。私が何年も頭にきているのが、リサイクル。世界のリーダーとかいって、全然遅れています。土地があるからどんどん空いている所に捨てりゃあいい、というシステムで、それじゃいかーん!と唱えているのはまだまだ少数の人たち。何もかも使い捨てまっしぐらです。地球温暖化だって、つい最近ですよ、政治家達が色々言い出して、ニュースにも取り扱われるようになったの。あきれてます。でも、アニマルポリスとか、保護シェルターとか、野良猫の去勢・避妊手術は安く(時にはタダ)でやる、とかそういうのは多少進んでるかなぁ。
ところで、お狂さん宅の猫ちゃん達は、ケージに入れる時おとなしく入るのですか?うちは4匹それぞれアパート中好き勝手な所で寝たり転がったりするのでケージは想像できないのですが、万が一の災害時の備えに、買って練習しといた方がいいかなぁ、と思ったり。

2006.12.12(Tue)18:47 | どんぐり #aRlJBBn6 | URL [ 編集 ]
アメリカ・日本、ありき前に人間ありき。ですね。
結局個人の資質が問われるのはお狂さんのおっしゃる通りだとおもいます。
便利な物、楽できるものを追求して行くことが文明でもあり進歩でもあり、
反面、失うものも大きく取り戻すことが出来ないものまである。
私なんてそんなこと書きながら灯油燃やしてるし、
車のない生活はもうできないなぁ。。。
ハイブリッドカー、高いし(;_;)

2006.12.12(Tue)22:58 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
なるほど、ねこつかいさん、CMってそういう見方もあるんですね。
そうですよね、格好良くがんがん走ってくださいって言ってるんですよね。
自動車会社も本音と建前。
何だってそうですよね。
賢い消費者にならなければなりませんね。

2006.12.13(Wed)00:04 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
美葉さま
そうなのですか、江戸時代ねえ。
二百年たってないですね。
日本人は結局明治時代になってから、
物の考え方がおかしくなってきたのかもしれませんねえ。
民主主義というのは自由であるために絶対手放せないですが、
とはいえ、江戸時代には日本人の大切な粋や通もありましたね。
遅れているという劣等感が、よいものすべてを捨てさせたのでしょうか。


2006.12.13(Wed)00:07 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
どんぐりさま
いらっしゃいませ。
先だっては管理人だけに読める(むふふ)鍵コメというところに投稿されておりました。
紅葉のところまで遡っていただいてありがとうございます。
紅葉が天に帰ってまだ一年たっていません。
どんぐりさんはクリスチャンということで、
私が言わなくてもおわかりになっているとは思いますが、
紅葉が私に残してくれたもの、一粒の種として私に残してくれたものが動物愛護の気持ちです。
とはいえ、動物愛護という言葉もまた本当は最近いやになっているのですが。
特に深くも考えず、こんなタイトルつけましたので、検索エンジンでヒットしてしまうようです。
これが「紅葉日記」なんかだったら、秋になったらアクセス数が増えるんでしょうが。
うちのネコたち、現在は夜に数時間ケージから外に出ています。
触れては困る楽器類が多いので、人の目がないところでばたばたされては困るのと、
犬の格之進との折り合いが悪いので見てないといけないのです。
当然、ケージに入るのはいやがりますよ。
そろそろ私が家にいる間はずっと出しておきたいのですが。
それからですね。ここのブログにはおひっこししてきましたので、もし過去ログをご覧になるなら、
写真の載っている前のブログをご覧ください。
http://ymchiba.meblog.biz/です。

2006.12.13(Wed)00:15 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
そうですわ。
環境問題というのは、一人でやっても仕方ないんです。
もちろん、個人でできることをやっていくことは大切ですが、
そういう意味で、これこそ行政主導でやっていただきたい。
良識ある科学者求む、そして政治家も。
それから日本国民も。

2006.12.13(Wed)00:20 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年12月 12日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 自然が心配
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 自然が心配
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年12月12日 (火)
  • 11時20分13秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。