動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 また雨です。雨ばかりで、雨となると、子どもの送り迎えが多くなるのです。格之進を助手席に乗せ、走りまわっております。

 しつこく、今回は昨日の友人との会話の続きです。私の年上の友人の家の近くには、何て言うんでしょうか、個人菜園というのでしょうか、畑を坪いくらで貸している、そういう場所があるらしいのです。いろんな方が(おそらくアパート住まいであったり、敷地の中に畑を作るだけの面積がなかったり)その畑を借りて、いろんな物(たいてい野菜)を作っておられます。農薬を散布していないであろう畑には、蝶が来ている。だから見ていて、その方々の野菜を作る姿勢というのが垣間見えるというのです。

 農薬といいますと、友人が働いている幼稚園はうちから近いですが、町の中です。山までかなりありますが、その山に飛行機で農薬を散布する日があるらしいのです。そういう日は、子供たちを外には出さないそうです。いろいろと気を遣うのだなあと思います。

 それで、ここから先のお話は友人がテレビで見たというお話です。また聞きであることもあって、その番組を見た方の中で何か間違えていることにお気づきになったなら、お知らせください。

 赤道直下のある村のお話です。そこの村では鯨をとると、顎の骨しか残らないということだそうです。お肉はもちろん食用ですが、皮は干してそこから滴り落ちる油を採るそうです。骨は硬いので、何の道具になるのかわかりませんが、私が想像するに工具みたいな物になるのでしょうか。そこの村では野菜は作っていないのです。山の方にある村の方々と物々交換で、鯨のお肉と野菜を交換してもらうそうです。そして年間鯨が二頭採れれば、その村では一年間、物に不自由しない状態になるそうです。神様からいただいた物なので(キリスト教ではないそうです)、一つの無駄もないようにした結果が鯨の顎の骨だけ海に返す、ということになっていったようです。

 私が数年前から非常に感じていることがあります。いつぞや、アダムとエヴァのお話をしまして、誘惑は目から入るということをお知らせしたと思いますが。私がテレビを見ない理由はいろいろあります。その一つに、テレビを見ていると誘惑に負けてしまいそうになるのです。「あれ、格好いいじゃん」「あれほしいなあ」「あれ、便利そう」「お、ちょっと見にいってみるか」

 「買いなさいよ、買いなさいよ」「今がお得だよ」「これ持ってないとおかしいよ」「これ持ってると、優越感に浸れるよ」と誘惑を受けるのです。子供の頃、よくぶんちゃんもダイナ君もCMを見るたび、「ほしいなあ」と言っていました。その横で「あんな物、持って、一週間遊んだ後、どうするの」と言ったものでした。

 私は生協の組合員で週に一度、いろんな物を購入しておりますが、グループで回覧するカタログ、私には回さないでくださいと言っています。見たら、ほしくなる。本当にほしいのならいいのです。しかし、買って、自分の物にした途端、いまいちどうでもよくなってくる。本当に必要で、どうしても買わないといけないものではなかったということです。

 需要と供給によって、経済は回っていますが、根本的に何か間違ったところから経済活動は始まってしまったのではないか。そんな気持ちがします。神様から与えられたものだから、無駄にできない。そんな気持ちで、今日購入した物を眺めていられるか。そんな気持ちにはなりません。なぜか。お店にある物をお金で買ったからです。手軽に購入できるからです。

 鯨を採るために、その村の方々は大変な思いをしたでしょう。怪我をした方もいたかもしれない。自分の道具を駄目にされた方もいたかもしれない。そうしてようやく捕まえることができた鯨。相手も生き物です。神様に感謝して、丁寧に丁寧に解体していったでしょう。「ありがとうね。これで子供にお肉を食べさせてあげられるわ」と思ったおかあさんもいたでしょう。「わーい、鯨だ。おとうさん、頑張ってくれたよね」と思った子供もいたでしょう。様々な方々の思いが、一頭の鯨の上に集結し、最終的に自分たちでは作らなかった野菜が手に入るまでになる。こちらの村では鯨を採ることに一生懸命だったけれども、あちらの村では暑い日も寒い日も野菜を作ることに一生懸命だった。その苦労をどちらの村の方々も理解して、尊敬の念を持って交換する。そこには、神様、ありがとうございますという気持ちがあります。

 必要なだけ生産する。利益を上げるためではなく、食べていくのに必要なだけ働く。お金が介在して、物々交換でなくなったときに、経済活動は始まったのでしょうが(物の交換も経済活動というのかな?)、ひょっとしたら、それが間違いの始まりだったのだろうか?

 人間が便利に生きていく、ということは、近くのお店に行ったら、何でもある、ということなのでしょう。お魚が食べたいと思えば、スーパーに行けばある。野菜もあれば、電球もある。本もあれば、パンもある。ほしいと思えば、すぐ手に入る。お金さえあれば。ほしいと思ったときにすぐ手に入るために、いつも生産している。余ったものは安く売る。時には二束三文で。時には廃棄することも。

 これは推測です。間違っていたらすみません。農業関係の方、間違っている点をご指摘ください。ここ数ヶ月、白菜が廃棄されたり、大根が廃棄されたりしています。農薬を使わずに作っていたら、手間がかかると思います。もちろん、虫食いの野菜などスーパーで売ることなどできないと思いますが、農薬のおかげで昔に比べて野菜を作ることが楽になって、たくさん作ることができるようになったとしたら。手間暇がかかると、それほどたくさん生産できないから、という前提のもとにたった私の推論ですけど。

 ご自分の作った野菜が廃棄されていくのを見るのは、おつらいことだろうなと思います。たくさん実って神様に感謝するところを、暗澹とした気持ちでいなければならない。これってどういうこと?と思います。

 私たちは便利を求める。求めているものの先に経済活動が活発になっていっているとしたら、それは喜ばしいことなのでしょうが、こうして無駄な結果になるのはなぜなのでしょうか? これもまた便利を求めた結果なのでしょうか?

 随分前に、ここによく来てくださるみえっちさんが掃除機が壊れたということで、修理に出したという記事を読みました。掃除機には名前がつけられていて、うちに来たものだからと大切にされているのを見て、「私だったら買ってるよな」と思いました。「そろそろ新型使いたいもん」と思っていました。うちに来たものは、あの村の方々のように、これは絶対使えないというところまで使用することを考える。そんな知恵が私にはなかったのです。

 物を大切にするということは、作ってくれた人の苦労を後ろに見ながら、「よく働いてくれました」「よく私たちのためになってくれました」というところまでつきあっていく、ということなのかなと感じました。

 昨日の記事のコメントにどんぐりさんが重曹のことをお書きになってくれていました。私は独身の頃、食器洗いはぬか袋を作ってぬかで洗っていました。当時、家には母がいて、祖母がいて、二人がそちらにシフトしてくれなかったので、しばらくするとやめてしまいました。

 結婚してから、塩で食器を洗っていた時期もあります。お風呂で体も顔も髪も洗っていたことがあります。髪はすごかったですね。毛穴があるということで、汚れが全部落ちるまで生臭い臭いがするんです。髪ではなかったです。その時期が終わると、さらさらとしてきますが、大抵の人は生臭さの時期にあきらめてしまいます。歯磨きも塩でした。

 どうして今やっていないのでしょう? 自分でも不思議です。おそらく何かの折り、合成洗剤に手を出したのですね。そして、簡単さにそちらに乗ってしまったのです。

 どんぐりさんがその頃のことを思い出させてくださったので、ちょっと食器洗いに塩と重曹を使ってみます。重曹もキッチンに置いてあるのに、すぐ使わない。別に洗剤に手を出すのと代わりないのに、面倒くさい気がしてしまう。液状だからでしょう。ほんの少しのことなのに、人間て物ぐさにできています。便利ではなく、感謝の気持ちを持てば、自然と手がでる場所が変わってくるのでは?

 そんな気持ちがした雨の日でした。そうそう、世帯主さん、ボーナスありがとうございました。子供、犬、猫、亀を代表してお礼申し上げます。それから、神様、動物たちと一緒の生活をさせてくださってありがとうございます。自分の生活の中だけではなく、外にも目を向けることのできる、あなたが私を創ってくださったことを喜んでいただける命に、私がなれますように。
スポンサーサイト

2006.12.14(Thu)18:38 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0

私はお狂さんのように、物事を深く考えることが出来ないというか。。。してないというか。。。自分で単純な人間。。なんて思うことがあります。
豊かになった今でも、月数万円で生きているお年寄りの姿をテレビで見ました。「もう切り詰められるのは食費だけ。。」と言って、心配になるほどの質素な食事をされていました。
テレビで、出来すぎてトラクタ-で潰している野菜を見ると、これをもらったら喜ぶ方も大勢いるのだろうなあ。。。と思ってしまいました。
私は新製品にまったく興味のない人間で、未だにデジカメは、今の3倍はあろうかという古いものです。壊れないので買い替えのチャンスがないのですが。。。
今、私が1番ありがたいと思っているのは、やはり“主人”でしょうか。
家族のために一生懸命働いてくれて、私の望みをかなえてくれる人なのです。

2006.12.14(Thu)21:02 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
そうですね。ねこつかいさんのブログにはご主人のやさしさが出ています。
ご主人に感謝していれば、きっと子供さんも大切に育てていらっしゃると思います。
またカメラをずっとお使いということは、
私のように俗っぽくない女性だということだと思います。
でも、年金で暮らしていらっしゃる方々のことを
政府も考えていただきたいですよね。
どうして企業の税が安くなるんじゃ!!

2006.12.14(Thu)23:21 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
私も便利さに負けている一員ですねぇ。
わかってはいます。わかってるんですが、ですね。
ほんとにお金さえあればなんでも手に入る世の中ですものね。
ネットで、おうちにいるのに世界の裏側のものまで買えちゃいますものね。
そしてふと、私の命はだれに喜んでもらえるかと考えました。
この人がいなくなったから困った、って思ってもらえる人って誰だろう。
神様、そして地球に、「あぁ、あの人は良かったな」って思ってもらえるようになるためには、まだまだ道のりは遠そうです。
「人間、なにを考えたかではなくなにを行動したかで価値が決まるのだ」って私の信念で口癖。
それと「他力本願しない」。
そのコトバに恥じないようにしなければ。

2006.12.14(Thu)23:38 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
そうですねえ。便利さに負けますね。
だって、時間にいつでも追われているものね、
お勤めしていらっしゃる方々は。
ですから、そういう意味では主婦こそ、
便利さから脱却していくところを見せねばならないのかもしれません。
行動しないといけませんね。
よし、タッグを組もう!!
何のだ?

2006.12.15(Fri)01:35 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
たしかに今の世の中は物が溢れていますね。
ここ数年前にはなくて当たり前だったものが
今はないとやっていけないものになっていたり。

全然たとえがおかしいのですが、私は結婚前
いわゆる東京の都会で働いていました。
毎日洋服やらなんやらを買って、友人とおしゃれなレストランに行って・・・
それが結婚を機に引越しをすることになり
今住んでいるところは全然以前と違ってお店もありません。
当初はやっていけない!無理!
と思っていたけど、今はいたって普通に生活してます。
つまり、なきゃないでなんとかなるんですよね。
あるから欲しいだけでなけりゃ欲しくもなりゃしない。
もう少し私も買う前に本当に必要なのかどうか
考えようと思いました。

2006.12.15(Fri)13:35 | みぃたろう #- | URL [ 編集 ]
みぃたろうさま
みぃたろうさん、こんな時間にお珍しい。
昨日、ダイナ君が「死ぬまでに一回、
フレブルに会ってみたい」というので、
「動物病院に行けば、二回に一回は会えるのだが」
「え、本当?」
フレブルを希少種と思っているのでしょうか。
彼もかわいいねえ。

しかし、そうですね。
私の知り合いが大学生だった頃の私に言いました。
「貧乏だったら知恵がつくのよ。ないからどうやって代わりを作ろうかと思うから」
と言われていました。
私も動物と暮らすようになってから、
物をどんどん捨てるようになりました。


2006.12.15(Fri)14:32 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年12月 14日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ ついでに経済と利便性まで考えてみる
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • ついでに経済と利便性まで考えてみる
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年12月14日 (木)
  • 18時38分17秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。