動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 数日前に展開が早くてついていけない。またその内容があまりにひどくて気分が悪いと書いた記憶があります。広島ドッグパークです。動物愛護運動の発展を願いつつ、広島ウォッチャーをやっておりましたが、逆行じゃんかとがっくりきておりました。

 しかしながら、今日、いろんな記事を見ながら、なんと! お狂は希望を見出したのでした。

 私は五、六年前Macユーザーであったということを前にお話ししました。しかし、溢れる情報と品性のなさにパソコンから離れてしまいました。いろんな情報がありますが、暴かれた話。これはおもしろいですね。「あの人が。へー、そうだったんだ」と思う。そう思う自分の品性が地に落ちていることを知るんです。この場合、品性というのは、そうですね、人の弱みや不幸せをおもしろいと思う、汚い聞く(見る)に耐えない言葉を使う、という状態の対極にあるもの、とお考えください。

 三年くらい前から、windowsを使わないといけなくなり、こうしてPCの前に座るようになって、ぶんちゃんが2ちゃんねるなるものがあることを教えてくれました。使い方も教えてくれましたが、まさしく溢れる情報にいやけがさしました。そして、品性のない言葉を読んで、「最低。人間のさもしさがある」と思ったのですね。思ってはいるけど、口に出さないのと、思っていて口に出すのと、どの程度違うかというお話はまた別の機会に。

 それで、今回広島ドッグパークの問題で、最終的に2ちゃんねるが一番情報が得やすかったのです。また、なかにはひどい発言もありましたが、いつぞや書きましたが、自浄作用のある掲示板は安心できる。安心できる発言があったんです。

 「ここでブログのアドレスを貼り付けるのはやめようよ」
 「問題はそういうことじゃないだろ」
 「ごめん」

 ここに何人の方がいらっしゃって、どういう関係になっているのか、全く私にはわかりません。しかし、今回ボランティアさんが立ち上がってくれた時には、大きな力となってくれたのではと思います。

 ナナパパさんがご自分のブログで「2ちゃんねるは嫌い」と言われたようですが、今日、撤回されていました。そして、2ちゃんねるの方と広島でお会いしたと。2チャンネルの方もナナパパさんのことをあまりよく思ってらっしゃらなかったでしょう。ナナパパさんをはじめ、多くの方がボランティアに入りながら、ブログを書いてらっしゃいましたが、ボランティアの方々はAAに対して、疑問を持ちながら、それを記事としてはあげなかった。また、AAを擁護していた人もいらっしゃいました。突然、AAに対して怒りを書き込まれて、驚いた方々もいらっしゃったようです。

 しかし、今回、2ちゃんねるの方と現場のボランティアさんが「犬を救う」という一つの思いのもと、タッグを組んだ。これが動物愛護の原点だろ、と思いました。

 また、ナナパパさんのブログによりますと、ナナパパさんはこっそり広島に何度か足を運んでいたらしいのです。そして、今回、広島のボラさんたちと一緒に、代表に詰め寄ってくれたらしいのです。

 すべてを現場で見ていない私が、偉そうに言うことでもありません。が、役者はやはり代表の方が一枚も二枚も上。それでも、私が希望を持ったことに、ナナパパさんが代表との話し合いの前に、ボラさんたちと確認したことに、暴動ではないとか、感情的にならない、とかいうような点がありました。数日前に仲間が、犬さんを大阪に連れていこうとするのを阻止しようとして、警察に逮捕されているのです。感情的にならないはずがない。もう二度とそういうことをおこしてはならないと思ったのでしょう。そして、TVで放送されたのは一部ですから詳しくはわかりませんが、逮捕された仲間は、暴力を振るったんじゃない。相手を傷だらけになんかしていない、と言っていました。そこが放映されて、逮捕された方のために一矢報いた感じがしました。

 ナナパパさんのブログを読みますと、代表はまたもや警察を呼んでくれたらしですが、警察の方がボラさんの代表者はどなたですかと尋ねたときに、自分の免許証を見せたと。自分は責任者ではないが、自分がかぶるつもりだったというようなことを書いてありました。

 ナナパパさんが自分で書いていることですから、割り引いて読む必要があるかもしれません。しかし、です。AAの代表と全く器の違いを感じさせられます。仲間が逮捕されそうになったとき、その場にいなかった。でも、もし私が代表で、仲間が逮捕されるとなったら、「彼は悪くない。彼はそんな人じゃない。何かの間違いです。もしやったっとしたら、よほどのことを言われたんです」と出てきて言ったと思います。少なくとも、そのくらい代表でなくても、仲間であれば言いますよ。

 一方、大阪のボランティアの方は言われていました。AAがダークでなければ、これからだって協力すると。何でも、広島にボランティアに行かれていた方が、あの大阪の事件のときにいらっしゃって、インタヴューを受けていた、ということらしいですが。私だったら、言ってますよ。「さっさと犬を渡してよ。あの団体はめちゃくちゃするんだから。犬のことなんて考えてないよ」でも、あの方は大人でしたね。ダークという言葉をナナパパさんも使われていたので、おそらくボランティアさんたちはかなり意思の疎通を行なっていたのでしょう。

 これをみて思いましたね。ボランティアさんが動物愛護団体なんだと。そして、今までAAの悪影響しか見ていなかったけれども、ボランティアさんたちの体を張った行動を見たとき、世間の方々は見てくださったのではないでしょうか? お金をもらてやっているわけではない。好き好んで暴力事件にしているわけでも、大きな騒ぎにしているわけでもない。犬のために、戦っている。自分の犬でもないのに。

 こういう形がいいとは思いません。しかし、犬の幸せのために頑張っている方々がいることを見せてくれて、私は希望を持ちました。もう一度言いますが、ボランティアさんたちは好きで大きな騒ぎをおこしているのではありません。こうするしかなかったのでしょう。他にもっといい方法があるなら、そうしたでしょう。2ちゃんねるでも、救うためにどうすればいいかという議論があったときもありました。

 今回、キラママさんもいろいろと奔走されておるようです。一月前にはぼこぼこに言われておりました。キラママさんたちを悪く言った方々は謝ったのかなあ。キラママさんは、でも犬のために今頑張られていらっしゃるようです。子供なら、あんな風に叩かれて、もう二度と犬には関わらない、と思うところでしょう。

 ボランティアというのは、行きたいときは行きます。行きたくないときは行かなくていいのです。やめたいときにやめればいい。ですが、今や立ち上がったボランティアさんはもうただのボランティアさんではない。動物愛護団体になったのではないかと、私は思います。

 ただ、AAがそうだったように、皆が見ています。動物を愛している人たちって、こんなことするんだ、という失望だけは、もう見せないでくださいね。これからも、多くの方が見ています。動物愛護運動の発展を担ってしまったかもしれませんよ。

 しかし、依然として疑問がいろいろと残っています。これは誰が解明してくれるのでしょう? これでおしまいになってしまったのでしょうか?
スポンサーサイト

2006.12.21(Thu)00:07 |  日記  | コメント : 2 | トラックバック : 0

今日テレビを見てたら、AA広島から撤退。。。と言って大型トラックが出ていくのを写していました。代表が「余ったお金は、他にもかわいそうなワンちゃんたちがいるので使いたい、シェルタ-も作りたい」という内容に話しをしていました。
これで終りにするのでしょうか。。。?
残った犬たちはどうなったのでしょうか。。。?
うちの主人が、「そんなに金が余ったんなら、ピ-スハウスに1千万くらい寄付してやれい!!」って言っていました。
ピ-スハウスは万年赤字で困っているのに。。。
ピ-スハウスだけじゃないですよね!どこの動物愛護の活動をしてる団体も資金繰りに苦労していて、余った。。。なあんていうの聞いたこともありませんよねえ!
物資も大金も余った~~~~はあ。。。


2006.12.22(Fri)16:58 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
何がどうなってこういうことになったのか全然わかりませんが、
動物愛護団体は「支援金の募集を打ち切らせていただきます」とか「物資の募集を打ち切らせていだたきます」とか、
こうなるまでにアナウンスするものですが。
何考えているんじゃい。
善意のお金ですよ。


2006.12.22(Fri)21:19 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年12月 21日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 広島ドッグパーク 唯一の救い
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 広島ドッグパーク 唯一の救い
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年12月21日 (木)
  • 00時07分33秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。