動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日ですか、新聞を読んでいたときだったのか、週間誌を読んでいたときだったかなあ、気になる記事がありました。

 ここ数年、日本ではいろんな災害がありました。阪神の大きな地震から月日は流れたものの、あのときからでしょうか、日本にもいろいろな災害がやってきました。地震もありましたね、水害もありました。最近では津波とか竜巻とか、もう地球はおかしくなってますよ。原因など今更言うまでもありません。

 それで、ですね。災害にあった地域、まず最初に支援物資を募りますね。何を送るか。まあいろいろありますけど、驚くべきことに、つい最近、数年前に被害にあった自治体が、余っている支援物資を焼却処分したと。これは何かおわかりになりますかな? 服なんですよ。

 一昨日、ちょうど友人宅に、動物愛護団体に送る新聞紙をもらいに行ったのですね。友人が「ぶんちゃん、これ着ないかなあ」と何着か服をくれました。「着ないようならこちらで処分するから」と断ってはあったのですが。うちで処分する手段は、切ってぼろ布として、お台所で油物を拭いたり、猫ケージのお掃除で使ったり、犬の足をスプレーした後の使ったりと、まあ、使い道はあるのですが。でも、やっぱり服よりはタオルがいいな。古くてもね。

 友人は私と同じことを言ってました。「もうとにかく処分することにした。多く持っていたって、ここから先何があるかわからない。他人に処分されるなどということがないように、自分が処分しておかねば」私も常々ぶんちゃんに言っています。「鞄一つでどこにでもすぐ飛び出していけるくらい、身軽でいなさい。必要になったときに買えばいいんだから」

 動物に関わるようになってから、物は本当に多く処分しました。今から考えると、使わないものをずっと抱え込んでいたのですね。カラーボックスなどいくつ空っぽにしたでしょうか。いつか使うかもしれない貰い物(結婚式の引き出物が多い)も、ばんばんバザー用品として出しました。家の中にスペースを多く作っておくように。それでもまだまだ多いですね。

 そして、一番困っているのが服です。私は服には趣味がありません。何でもいいんです。特に動物と関わっていたら、よい服など着ても無駄ですね。お洗濯のしやすい服が一番。おばさんと呼ばれてもかまいません。しかし、ですね。たんすの中にはまだまだ服がいっぱい。着たことない服もあります。服が好きでもなんでもないのに、です。子供が二人いますから、何かのときにこれがあればいいだろう、という服、があるんですね。フォーマルまではいかないけれども、という服です。一回も着ていない服というのはそういう服です。

 母が私があまり服に興味がないので、買ってくれた服もあります。「バーゲンがあるから行こう」と誘ってくれて。私、主婦です。OLでもないし、パートに出てもいないし。飲み会など縁がありません。スーツを持っていたって仕方ないんですわ。ところが、こういう服は捨てられないですね。着ていないし、高い服ですから。そして、売りにいけば何百円の世界。

 話はもどって、被災地に送る服。まさかスーツは送りませんよね。捨てようかなと思っていた服ですよ。自分が普段着で着ていた服です。しみもあります。虫食いはないだろうけど。

 自分が汚して、外には着ていけないなあと思うような服を、他人が喜んで着るとでも思っているのですかね。逆に言いますと、今の日本は被災したとしても、何でもいいから着るものが必要だ、というくらい貧しい社会ではないんですよ。他人の作ったしみがついた服を着ないといけないくらい、困っていないんですよ。

 去年、美容形成外科医の娘さんが誘拐された事件がありましたけど、母一人子一人でセレブですよ。私が驚いたのは、クローゼットの中を見せて、空っぽ。どうしてかというと、季節ごとに全部処分する。季節ごとに新しい服を買う。誘拐されたことはお気の毒な事件でした。しかし、こういう生活をしている人間がいるって、何か間違ってますよね。お金の使い方も物の使い方も知らないんだなと思いました。

 渋谷で起こったばらばら殺人事件が二つもありましたが、テレビでコメンテーターの方が、「お金はあったのだろうけれども、心は満たされていなかった」と言われていました。人間、物で心は満たされません。もし満たされている人がいるとしたら、人として心のあり方がおかしい。

 私はおそらく人生の半分を終わっていることは間違いないと思います。思うことは、もっと身軽になって、私が天に帰ったときに「あ~あ、おかあさん、こんな物まで持ってるの。どうやって処分したらいいのよ」などとは言われたくないということです。土地やお金を子供に残そうとする親はいるかもしれないけれども、あまり物を残そうとする親はいないでしょう。

 でも残すのなら、生きる姿勢を子供には残したいですね。
「おかあさん、なんか、あがいてたな。無力だとわかっていながら、頑張ってたな」
 それでいいなと思います。りっぱな親ではなかったけれども、天に帰るときはきっぱりと身一つで帰ることのできる、そんな身軽な人間になりたいですね。物には執着することなく。

 そういうわけで、服はもっと減らしていきますぜ。「何、着るの?」「着ることのできる服、ないっけ?」という会話が成立するくらい、すっからかんのたんすにしてみます。ちょっと時間はかかるかも。

 おっと忘れるところだった。
     弥七ちゃんの里親さんになりたい方は鍵コメか、
         okyodesu@hotmail.co.jp  まで
スポンサーサイト

2007.01.16(Tue)21:27 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0

あの美容形成外科医の娘の誘拐事件って、本当はとても恐ろしい、もうちょっとで殺されるかもしれない事件だったのに、何故だかあんまり同情の気持ちが湧かない事件でしたね。。
いつも、自分がいかに金持ちであるかを自慢して見せびらかしていたからかしら。。。。。。
誰も、立派ですねえ~!なんて思わないのにね。。。!!




2007.01.17(Wed)00:16 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
成功者としてはよい例なのかもしれませんねえ。
ご自分の離婚のために娘さんが不幸にならないように、
という親心はわかるのですが、
非常に間違った親心ですね。
中村めいこさんが「息子にはまずいものを食べさせる。そうしたら、お嫁さんがきたときにありがたみがわかる」
みたいなことを言われていたことがあって、
こっちの親心の方がわかりやすいですね。
よい結婚生活を送ってほしいという。

2007.01.17(Wed)11:52 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
日本人、ものに取り憑かれて作りすぎ。アジアの猫缶工場で働く現地の人は1日働いても日本値段の猫缶1個買えないそうだ。日本の安い服もそうじゃないかな?難民のところに物資を送ろうと思っても輸送費が高くて捨てたほうが良いってさ。被災地への服もゴミ同然なのか?真心も落ちたものです。支援と言うならお金が一番なんでしょうね。僕じゃないけどお金が余って困ってる人はお願いします。そんな人達や大きな会社はしばらくの間、物を作るのも金儲けもやめてボランティア活動でもして欲しい。夜は飲んで騒いでばかりいないで詩や音楽を作ったらどうだろうか。

2007.01.17(Wed)21:45 | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo | URL [ 編集 ]
みゆきさま
いつも思うことは、人間の欲望というのは限りがないということですね。
これでいいということがないんです。
ほしいものを手にいれる。
次がほしくなる。
上を見て生きる生活ではなく、下を見て生きる生活をすることですね。
下を見て自分を慰めるのではなく、
物がないことははずかしいことでもないし、
便利がいいとも限らないということです。
確かに物はほしいです。
ですが、それで気持ちが平安になるのかというと、
そうではないと思うのですね。


2007.01.17(Wed)22:43 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
本当洋服なんて着れればいんですよね。
(と、いいつつきなこには買ってますが・・・)
なんか結婚してから自分の洋服を買うことがほとんど
なくなりました、大量に持ってた洋服も売っちゃたし。
服買うなら本買いたい。
外身より中身を育てたいと思えるようになったのは
少し成長したってことかしら?
例の誘拐事件のセレブ親子が買い物している映像を
見た事ありますがすごかったですよ。
1回着た洋服はもう恥ずかしくて着れないそうな
洋服がかわいそうだ・・・使い捨てにするなんて・・・
でも誘拐は悪い事ですけどね!
ただ自業自得とおもってしまったのも事実かも・・・


2007.01.17(Wed)23:29 | みぃたろう #- | URL [ 編集 ]
みぃたろうさま
ある意味、お若い方が服が好きだというのは理解できます。
だけれども、いい大人がそれではなあと思いますね。
親は子供に生き方を教えねばならないですからね。
って、偉そうに言えるお狂じゃないっていうの!!

2007.01.17(Wed)23:36 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年01月 16日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 何枚服を持っていますか?
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 何枚服を持っていますか?
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年01月16日 (火)
  • 21時27分40秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。