動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 年末より、「読むぞ、読むぞ」と言っておりますわりに、ぼけぼけしておりますピーター・シンガーですが。いや~、歯ごたえありますわ。私は大学時代、丹羽文雄の文庫本を一日一冊読んでいた頃があって、当時の彼に「おまえみたいに不経済な女はいない」と別に彼が買ってくれたわけでもないのに言われたことがあります。ご存知でしょうか、丹羽さんの本、普通の二倍くらいの長さがあるんですね。読む速さには自信のあるお狂ですが、考えながら読む本はなかなか先に進まないのです。それは、自分の考えを構築していかないことには、情報だけいっぱい入ってきても、何も残らないままになるからですね。

 さて、ぶんちゃんがやってきて、
「おかあさん、まだ読んでるの? おもしろい?」
 う~ん、おもしろいね。賢くなっていってる自分がわかる。
「どういうこと?」
 知識が増えていくか、問題に対する考えがまとまってくるとなんというかなあ、昨日の自分と違う感じがするじゃんか。
「それ、動物の本?」
 いや、それがね、動物は全然でてこないんだ。もう一冊には出てくるらしい。
「生と死の倫理って、何について書いてるの?」
 それがまだ終わってないんだけれどもね、一つわかったことがあるんだ。
「ふんふん」
 脳死ってあるじゃん。それと同じように脳生というのがあってもおかしくないだろうと言うわけよ。
「脳生って何よ?」
 つまりだね、この本はまだ最後まで読んでないので結論はわからないけれども、脳死というのは、どこをもって人間の死を確定するかということだけれども、脳生とうのは、人間の生、つまり命の始まりをどこをもって始まりとするのかということだな。
「はあ?」
 脳死というのを考えてみたときに、これはつまり人間にとって都合よく死が確定されるために、脳死というのが設けられた感じがするわけ。一つは、臓器移植をするため。ここには書いてないけど、もう一つはいつまでたっても死なない家族に医療費をかけ、お見舞いにきたりする時間をかけ、いつまでそういうことをするか、ということ。極論だけれども、移植をしたい人にとって、脳死が必要なわけだし、もうこれで負担を軽くしたいという人にとって、脳死が必要なわけ。患者本人のためであることはないと言ってもいいかもね。
「なるほどねえ。で、脳生は?」
 ぶんちゃんは、人間はどこを持って命の始まりがあると思う?
「受精?」
 こちらの論争の発端はだなあ、中絶論争だよ。中絶を認める派がその論を展開する大切な発端は、精子と卵子が一緒になったくらいでどうしてこれを人間というのか。つまり、人間であると認めてしまえば、それは殺人で中絶はできなくなる。
「おかあさんは、中絶は殺人だって言ってるよね」
 そうだねえ。おかさんは神様がくださった命に、ここが始まりですとは言えないと思っているからね。カトリックもそういう解釈だし、そういう解釈が正論としていた時代もあるよ。だけれども、まあ、おかあさんが思うのは、殺人にも正当防衛みたいな範疇があることを考えると、中絶は殺人であるけれども、いつでも悪であると責められるとも考えてはいないんだけれどもね。
「で、どこからが命の始まり?」
 まだ最後までいってないので、結論までいっていない。ただおもしろいなと思うのは、人口子宮ができれば中絶はなくなる。中絶するかわりに、胎児を取り出し、人口子宮で育てる。育った赤ちゃんに里親をさがす。ということは書いてあるね。となったらだね、脳死だって、人口臓器ができればこの定義も変わってくる可能性がある。
「そうだよね」
 つまり、人間の都合によって、命の終わりと始まりを見定めようとしているけれども、将来的に今とは違った意見が大多数を占めるようになることはあるよね。
「かもね」
 カトリックのシスターである渡辺和子先生が「人間は神の手を身につけたけれども、神の頭は身につけていない」と言われたことがある。それはどういうことかというと、科学が進歩して、昔でいうなら、奇跡みたいな神業と呼ばれていたようなことができるようになったと。しかし、それを行なうことが本当にいいのかどうかは、人間にはわからない。おそらく未来の見えない人間は、永久に神の知恵を身につけることはない。これほどおそろしいことはないね。
「たとえば?」
 原子力爆弾なんかを考えればいいね。それと、そうだなあ、病気で命が助からないと言われていた子供が助かった。しかし、大きくなってやったことは殺人だったと。そういう例もあるね。
「ふんふん」
 ということはだよ、人間は人間の都合のいいように、物事を理論的に構築してみせる。でも、それは自分に都合のいいように、というだけで、本当にいいかどうかというのは、全然わからない。だから、今のところ、おかあさんが思うのは、脳死についても脳生についても、自分の考えをまとめてしまうことはできないなという思いがしている。わからないと認めてしまうことも必要ではないかと。
「神様でないからわからないこともあるよね」
 わからないことを認めることも必要だよ。と、逃げてしまったわけです。
「ははは」
 でもね、人間だから脳死だの、脳生だの言われているわけよ。動物なんて、脳死だの脳生だの言われることないじゃん。それだけ、命が軽く見られている、ともいえるよね。家族だのなんだの言っているけど、何が何でも助けてください、という人がどのくらいいるか。そういう人が多くでてきたら、またそういう考え方が出てくるかもね。

 昨日、ダイナ君のお話をしましたが、現在の教授が私に言ったことがあります。「家族だから、どうしても臓器を提供しなければいけない、という風に、私は考えていない。提供したくないなら、提供しなくていい。お金のある日本人が、貧しい国に出かけていって、その国の臓器を奪うようなことをするのも私はいやらしいと考えている」

 臓器提供の話はまた改めて書く機会もあるかもしれません。うちでドナーカードを持っているのは、ぶんちゃんだけです。私はかなり前にアイバンクに登録しました。その後、ドナーカードが出来たのですが、ドナーカードを持とうと思いながら、もたもたしているうちに、私の肝臓は提供できないことがわかりました。来月、自分が外科を受診するのですが、その時にどの臓器も提供できないのかどうか尋ねてから、もてるのならカードを持とうと思います。
 
 動物がそこまでの医療を受けられる日が来るとも思えませんが(意志の確認ができませんから)、どこまで人間の医療に近づいていけるのだろうか。まず動物の命の権利を勝ち取ってから、となりますが、考えてみれば、科学が発展すればするほど、倫理的な問題は難しく多くなっていくようですね。

 倫理ではなく、幸せを考えてくださる方の中で、
   弥七ちゃんの里親さんになりたい方は鍵コメか、
         okyodesu@hotmail.co.jp  まで
スポンサーサイト

2007.01.26(Fri)21:37 |  日記  | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年01月 26日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 生きてみないとわからない けれども、、、、
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 生きてみないとわからない けれども、、、、
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年01月26日 (金)
  • 21時37分56秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。