動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 動物愛護を考えるときに、一人の人から始まったものが人が加わることによって組織になる。これはこれで結構なんですが、人が集まることによって、変な方向に行ってしまう。これはいただけないですよね。最初に、押えておくべきところを押えておく。これをやると全然違うのですが。

 ご存知でしょうか、HONDAの創業者本田宗一郎氏ですね。この方は会社をお二人で興したのです。その時、本田氏は相手の方に言ったそうです。「身内を、自分たちの会社に入れるようなことはやめよう」これはなかなか言えないことですよね。自分が立ち上げる。大きくなる。そうなると、自分の血の繋がった人間についでほしくなる。自分の名前が延々と残っていくためです。しかし、そうなると組織としては膠着状態になる。ここまで考えることができる。これはすごいですよね。まず自分ありきではないんです。そういう意味でこの対極にあるのが、不二家ですね。言うまでもありません。

 私は週に一回、東京在住の敬愛する牧師の先生とお電話でお話しするのですが、言われたことがあります。
 
 ヘレン・ケラーは知ってますよね。「知ってます」その家庭教師のアニー・サリバン女史は?「知ってます」サリバン女史はケラー家に来る前にどうしていたか知っていますか?「知りません」サリバン女史はね、精神的におかしかったんですよ。病院の独房に入れられるくらいおかしかった。「え~!!そうなんですか?」で、この病院をお掃除している女性がいたんですね。「お掃除のおばちゃんですね」そうそう。その方がね、サリバン女史のことを助けたいと思い、毎日、部屋の前で聖書を読んだんですよ。「へ~、そうですか」何ヶ月たったでしょうかね。サリバン女史は病気から脱して、退院していいというところまできたんです。「そして、ケラー家へ」まだまだ。サリバン女史は病院に留まって、そこで自分と同じ病気の人たちのお世話をするんですね。「そうですか」そこへ、ケラー家から家庭教師の口がかかるわけです。「ふんふん」

 ヘレン・ケラーを知らない人はいない。サリバン女史を知らない人はいない。しかし、病院のお掃除のおばちゃんは誰も知らないんですよ。「名前すらわからない」そうですね。「でも、神様はその名前もわからないお掃除の女性のことを一番お慶びになっていらっしゃるでしょうね」その通りです。

 私は結構目立ちたがりです。やってきたことが目立つことでしたから。ステージの上で、花束を貰うこともありましたし、拍手をもらうこともありましたね。その活動以外にも、まあいろいろと名前を売りましたよ。あ、趣味でですよ、もちろん。あくまでアマチュアです。クリスチャンになってから、私は音楽と文筆の奉仕をしてました。それが私にできることでしたから。でも相変わらず、目立ちたがりでしたね。

 ヘレン・ケラーがらみのお話をしてくださった牧師の先生は、結構有名な方です。本も何冊か出していらっしゃいますし、いつも全国から相談のお電話がかかってくるような方です。ダイナ君が修学旅行で東京に行ったとき、ダイナ君は皆と同じようなことをしていたのでは、体が持ちませんから、その先生の教会で休ませてもらったことがあるのです。部屋に通されて、その先生がお布団を敷いてくれたのです。驚きましたね。そして、旅立つときには、駅まで送ってくださったのです。お忙しい方ですよ。アメリカとかフランスからもお電話がかかってくるような方です。「あの先生は本当に楽しそうに人に仕えるんですよ」とその教会の方が言われていました。

 動物愛護に関心を持つようになって早一年近く。自分にできることはしようとしていますが、絶望というか、悲しい出来事の方が多いです。厳しい現実に目を覆うばかりです。何もできないなと思います。どうしようもないなと思います。そして、正直、ただ神様に祈るだけです。何もできないので、何とかしてください。そうとしか祈れません。

 動物愛護運動をやっていらっしゃる方々の中で、何か注目される。そして、名前が出てくる。知らない人に「頑張ってね」言われ、「いつも見てます」と言われる。いい気持ちになってくると思いますよ。どこまで謙虚でいられるのでしょうか。どこまで「そんなことはどうでもいい」と言えるのでしょうか。「○○団体は私が作った団体。私の名前でもっている」と思わずにいられるのでしょうか。

 私は過去の自分を振り返ったときに、自分は間違っていたと本当に思います。謙虚さもなかった。自分のことしか考えていなかった。自分がよければよかった。今、思えることは、言葉をもたない命が大切にされる世の中になっていくなら、出来る限りの協力を惜しまないということです。派手な行動はもういいです。地道に謙虚に小さな命に仕える者になりたいです。私も名前を知られることはなく、しかし神様に喜んでいただけるようなことをしたいです。

 もし、私が偉そうにしていたら、「あなたはヘレン・ケラーなのか、アニー・サリバンなのか、お掃除のおばちゃんなのか」と言ってください。それで私がはっとしなかったなら、「いい気になるのもいいかげんにしなさいよ」と言ってください。cats-101.jpg
 弥七ちゃん、皆と仲良くしています。自分のケージに入れると皆と一緒にしてくれと鳴いて要求します。
    弥七ちゃんの里親さんになりたい方は鍵コメか、
         okyodesu@hotmail.co.jp  まで   
スポンサーサイト

2007.01.30(Tue)23:43 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0

頑張ってください!
謙虚になるってなかなか難しいですよね。
私なんか、なろうと思った時点でええかっこしいがチラっと頭をもたげてますからね~(笑)
ちょっと長いコメントになりそうですがお許しください!
昨日、お話した小樽の女性のことを少し…
元旦の北海道新聞に載っていた記事だったのですが、
あいにく新聞を処分してしまったので覚えている範囲でお知らせしますね。
この女性、鉄工所を経営されている50代(だったと思う)の社長さん(2代目)なのですが
子供の頃、自分の家の会社が作っている針金が、
犬猫の殺処分時に手足を縛るために使われていることを知ってショックを受けたそうです。
それから、殺処分をされる犬を引取り始めたそうなのですが、
仕事柄、北海道じゅうを営業で回るそうで
その合間に引き取り手を探し、どうしても里親の見つからなかった犬は、
自分で山の中に土地を買ってそこで暮らしているそうです。
地位と財力があるから出来ることかもしれませんが
あってもやっぱりなかなか出来ないことだと思うのです。
ネットで色々検索してみたのですが、出てこないので
夢だったか?!とも思ったのですが、
「犬年に0件になりました!」みたいな見出しだったのをはっきり覚えているので
夢ではないと思います(笑)
運命を変えて貰った犬たちが穏やかな顔つきに変わっていくのを見るのが嬉しいと書いていたようないなかったような…
もしかしたら、自分の主観が混ざったかも?(笑)
ざっとですが、こんなお話でした。
自分のブログで紹介しようかとも思ったのですが
すごいね~!って感心するばかりでうっかりしてました(笑)
長々とすみませんでした~

2007.01.31(Wed)15:53 | rinko #- | URL [ 編集 ]
rinkoさま
う~ん、なるほど、本当にお一人でやられたのですね。
こういう方は本当に頭が下がります。
しかし、お一人でやる仕事というのは、
この方が動けなくなったらそれで終わってしまいますねえ。
ですから、この方の後継者、賛同者みたいな方々がいるのかどうか。
これが気になるところです。
根本的に意識を変えないことには世の中がかわりませんからね。
しかし、里親さんを見つけることも
引き取ることもどちらも難しいことですのに、
よくおやりになりましたねえ。
お金を儲けることは悪いことではないですが、
儲け方とその後の使い道。
この二つによって、お金は死んだり生きたりするんですよね。
全国に輪が広がればいいですねえ。

2007.01.31(Wed)16:00 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
私がもし大金持ちだったら。。。。。
自分の有り余るお金を使って動物を助けてあげたい。。。と思うのかしら?
やっぱりテレビに出てくる“セレブ”と呼ばれる人たちのように、豪華な食事をし、きらびやかな洋服や宝石を買いあさるためにお金を使うのかなあ。。。?
時々、私がお金持ちだったら多くの動物を助けることができるのに。。。。
たくさん寄付ができるのに。。。。と想像してしまうのですが、現実はきびしくて私にできることは限られてしまうのです。。。
日本中のセレブと呼ばれる人たちの頭の中には“動物愛護”という言葉は思い浮かばないのかしら。。。。

2007.01.31(Wed)23:45 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
お金がないから見えること、というのもあるのかもしれませんね。
人は自分の関心のあることにしか目がいきませんから、
自分の家の猫さんに目がいっても、
他の猫さんには「うちの子はあのこみたいでなくてよかったねえ」と思っておしまい、ということも考えられますね。
お金がなくてもできること、もありますね。
痛みがわかる人いうのは一応に痛いめにあっています。
ということは、お金がある人は痛いめにあうことが少ないかもしれませんなあ。

2007.02.01(Thu)01:16 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
自分が解ってれば良い、心が高潔であることを知ってるだけで良い。妙(天)の照覧と言うの、地位も名誉も財産も、死ぬ時は邪魔なだけですよ。魂のクオリティーで見ればセレブなんて可哀想な人かも知れませんよ。貧乏人のひがみだろって?いえいえ、ちゃんと誇りはあるのです。でもこれは見えないから見せびらかしません。時には人様からチヤホヤされたりもするけどね。はい、僕にもお掃除おじさんかって訊いてください。

2007.02.01(Thu)13:22 | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo | URL [ 編集 ]
へぇー知らなかった。
お狂さんのお話はためになるなぁ。
最近ふと思います。人間いつなにがあるかわからない
だから後で後でと考えずに
今出来ることは今やろうって。
お狂さんはそれを実践されてると思いますよ。
私も後悔の無い人生を送れるように
今を精一杯がんばらねば


2007.02.01(Thu)13:53 | みぃたろう #- | URL [ 編集 ]
みゆきさま
世の中にはいろんな人がいて、
悪い風潮もありますが、
自分をそれに乗せないように、
常に、冷静に自分を見つめていかないといけませんね。
いろいろと難しいです。

2007.02.01(Thu)20:34 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
みぃたろうさま
三十代はいつも焦っていました。
何かもっとできるはずだ、とか、
何かやれるのではとか。
私は36歳でクリスチャンになりましたが、
あがいている時間が長く、
なかなか物事を適当なスタンスで見ることが
できませんでしたねえ。
あの時期、もっと年上のアドバイザーがいたら
また違っていたかもしれません。
あの頃は、人の意見に耳を貸さなかったかなあ。


2007.02.01(Thu)20:37 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年01月 30日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 私はお掃除のおばちゃんになりたい
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 私はお掃除のおばちゃんになりたい
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年01月30日 (火)
  • 23時43分20秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。