動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 弥七ちゃん、これまでいくつか里親さんのお申し込みがあったんです。ここでまとめてみますと、最初ぶんちゃんのお友達がご家族と見にきたんです。お見合いの話があったときに、「いつでも里親募集中」を見た方からメールがありました。お見合いの結果をお知らせしますということになっていたのですが、お見合いが破談になり(ご家族の意見がまとまらなかったらしいです)、ご連絡をしましたら、もう別の方から仔猫さんをいただくお話を決めてしまったと。

 この方は社会人の男性の方だったのですが、「正直、かわいい仔猫ならペットショップに行った方が確実だと思う。でも、里親をさがしている人がいるなら、そこの命を救う方がいいと思った」とメールにお書きになっていて、「いつでも里親募集中」のHPが認知されていることにちょっと救いを見ておりました。
cats-096.jpg
 先々週でしたか、やはり「いつでも里親募集中」をご覧になった方からメールがありました。お若い女性の一人暮らしの方で、里親さんになりたいとお書きになっていました。私はいつもそうなんですけど、一人暮らしの方が立候補されるとちょっと困るんですよね。それで、すぐ返信しました。「仔猫、仔犬は朝体調が悪いのを見落とすと、夕方飼い主さんが家に帰ってきたときに、手遅れになっていることがありますが、その点をどのようにお考えになっていらっしゃるのかお聞きしたいので、お電話をください」と私の名前と電話番号を書いておきました。連絡はありませんでした。こういう方はある意味、はっきりしているからいいですよね。こちらも悩む必要がない。

cats-108.jpg
 先週、お若い男性のこれまた一人暮らしの方が里親さんに立候補してくださいました。それで、「いろいろお尋ねしたいこともありますので、お電話ください」とやはり私の名前と電話番号を書いて返信しました。その方は翌日すぐにお電話くださいました。声の感じでは、学生さんかなと思いましたが、働いていらっしゃていて、正直な素直な感じがしました。迷子札の装着、去勢手術、予防接種などどの項目には「はい、大丈夫です」と言われていて、「大家さんからペットを飼うことについて承認は得ていますか?」「はい」と言われました。

 が当然、最後のネックとして、日中お仕事されているときにどうするか、という問題が出てきます。その方は現場に行かれるお仕事らしく、連れていくつもりだといわれました。車の中をネットを張ったりしようかと思っているが、ケージに入れることになるかもしれない。お話し方から、どんな方法がいいのか思案中であることがわかりました。それでは弥七をご覧になる時に、またお話ししましょうと3日土曜日にうちにお見合いに来られることになりました。

 それから悩みましたねえ。お電話くださったのが水曜日の晩だったのですが、いろいろ悩んだ末、格之進のいた動物愛護団体といつも新聞紙を送付する動物愛護団体にメールしました。うちに三ヶ月の保護猫がいるのだが、こういう方が里親さんになりたいとおっしゃっている。人物はお話しした限り、好ましく思えるけれども、日中の弥七の状態が気にかかる。何かよい方法はあるのでしょうか。

 ついでといっては何ですが、金曜日に猫を飼った経験のある方からメールが来たり、お電話が来たりしたので、その方々にもアドバイスを求めました。これは神様が導いてくださったのだなあと思いましたね。というのも、アドバイスの数が多くなったために、すぱっと決断できたのです。様々なアドバイスをご紹介いたしましょう。

 乳飲み子でなければ基本的に外に連れ出すことはやめた方がよい。もし神経質な子であれば、毎日連れ出されるのはかなりのストレスが掛かるし、騒音がある現場(私は現場と書いてしまったのですが、どんなお仕事なのか実はよくわかっていないのです)ならその点についても心配である。もし自宅では放し飼いにするのなら、現場ではゲージ飼いの場合、またそれもストレスに感じてしまう子もいる。

 ケ-ジにいれっぱなしというのが気になる。大きな二階建てのケ-ジに入れっぱなしでお留守番と小さいケ-ジにずっと入れっぱなしで持ち歩かれるのではまだお留守番の方が良いのでは。人間的に良い方であってもその方の生活にその猫がマッチするかどうか?を判断してあげる必要が有る。お留守番でも何度も見に来てあげられたり具合の悪いときには仕事を休んであげたり家族と同じように考えてあげられるかどうか。

 ケージがどのくらいの大きさなのか。車内にケージを入れて、しょっちゅう移動するようなお仕事だと、適性がなければかなりのストレスになる。独り暮らしの方で、一番心配なのは、その方にもしものことがあって、おうちに戻れない時、どなたかが、緊急に弥七ちゃんの面倒をみることが出来るだろうか。大人になって、おうちでお留守番をしている場合など、近親者、彼女などで、いざという時預かってくださる方がいるかどうか。

 最後の方のメールを私が読んだのが金曜日の23時半くらいでした。思わず、時計を見ましたが、お若い方なのでまだ起きていらっしゃるだろうとメールしました。「日中、お仕事の間、弥七がどういう環境になるのか少し気になり、猫を飼った経験のある方にいろいろ尋ねてみたら、上記のようなお答えが返ってきた。あなたは本当に好ましい印象の青年ではあるけれども、日中の過ごし方にこの不安を払拭するようなよいお考えがなければ、お渡しできないでしょう。明日、お見合いに来られても、お断りすることになるかもしれない。今一度お考えくださって、よい解決方法が浮かばないようであれば、明日はお越しいただかなくてもかまいませんが」

 面会には来られませんでしたね。それはもういたし方ないです。足を噛まれ、風邪をひいて、発熱していた弥七。威嚇していたけど、喜んでよってくることまではしないけれど、鼻つんしてくれるようになった弥七。「ご飯ちょうだい」「皆のところに返して」と鳴くようになった弥七。

 そうです、お申し出のあった男性の方は、隣の県だったんです。お電話いただいた次の日に行ってみたんですけどね(家がわからなかった)、ちょっと見に行くことができないことも不安ですね。逆を言えば、すぐお近くの方であれば、日中だけお預かりすることもできたのですが。それでは、弥七が混乱しますよね。
cats-103.jpg
 というわけで、またまた
 弥七ちゃんの里親さんになりたい方は鍵コメか、
         okyodesu@hotmail.co.jp  まで  
       洗濯ばさみに興味がある弥七ちゃん
スポンサーサイト

2007.02.04(Sun)16:52 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0

はじめまして。
訪問履歴からお邪魔させていただきました。
私も動物が好きで、いくつかの里親探しのサイトも時々伺いますが、私が暮らす北海道は里親を探す苦労を買って出る人は少ないようです。
今回のにゃんこのように、留守にしている間の管理は大変です。冬は寒さもあります。
四六時中ストーブを入れてあげられるといいのですが、火事になっても大変ですし。
札幌では猫は特に貰い手が少なく、捨てられる子がいても、現代では拾う子供すらいないそうです。
私が子供の頃はよく拾って帰りましたけどね・・・
いつになるかわかりませんが、私も里親になれればと思っているので、色々勉強が必要だなって思いました。
時々寄らせていただければと思います。
どうぞ宜しく。

2007.02.04(Sun)21:23 |  #- | URL [ 編集 ]
里親さん捜し、悩むことが多いですね。
わたしは、独り暮らしの方でも、安心してお任せできる方は、
たくさんいらっしゃると思います。
今回の方も、もしお狂さんのおうちの近くの方で、
弥七ちゃんが大人の猫さんなら、違った展開があったかも・・・
いずれにせよ、
ほんの少しでも不安があるお別れをしてしまうと、
お狂さんが心配で、眠れなくなってしまったのではないか
などと思ったりして。
弥七ちゃんに、良いご縁がありますように♪

2007.02.04(Sun)22:55 | すかぽん #xsUmrm7U | URL [ 編集 ]
蒼さま
どうも、はじめまして。
北海道の方ですか。
最近、北海道関係が増えてまいりました。
全国的になってきたなあ。
(関係ないって)
室温というのは住む場所によって全然違いますね。
沖縄から犬の格之進が来たとき、うちとは10度も違っていたので、
寒いだろうと、くるみまわっておりましたが。
まったく、緊張で震えていたのでしたけど。
猫の保護主になってくださる方がいらっしゃらないのは、つらいことですね。
ということは、きっと北海道には地域猫という考え方もないのでしょうね。
もっとも、こちらにだってないのですが。

2007.02.05(Mon)00:08 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
すかぽんさま
本当ですね。
うちより幸せになってもらいたいといつも思っています。
ですから、後から「幸せそうだね」と言えないのは
保護主としてはつらいですね。
すかぽんさんもアドバイスありがとうございました。

2007.02.05(Mon)00:09 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
愛する猫を里子に出すわけですから、妥協はできませんよね。隣県の若い男性の方も、現場に連れて行くとは、色々考えての事なのでしょうが、やはり猫にはつらい環境ですね。
早く良い里親さんが現れますように。

遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。私も年明けすぐに誕生日を迎えてしまいました。誕生日を迎えると今年も頑張るぞ!って、ヤル気がみなぎります。どうぞ良い年になりますように♪

2007.02.05(Mon)01:20 | 順梟 #- | URL [ 編集 ]
愛情をかけ、手をかけて面倒をみてきた弥七ちゃんを、めったな人には渡せませんよね。すごく解ります!その気持ち。。。
私も1度、渡そうと会う約束をして出かけたのですが、その人を見て渡せず引き返したことがありました。
その子は、今3軒先のご近所で幸せに暮らしています。パン太の妹なのですが。
でも、多分私という人間は里親探しには向いてない人間なのだろうなあ。。。と思います。
お狂さんは、ご自分を動物嫌いなぁんて言っているけど、かなりの動物好き。。。と私は思っているのですが。。。♪♪
里親さん探しはむずかしいですね。。

弥七ちゃんを肩に乗っけてるのはダイナ君かしら。。。?
3匹で仲良くキャットタワ-に乗ってる写真、かわいいですね!!




2007.02.05(Mon)09:46 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
洗濯ばさみで遊ぶ弥七ちゃんかわいいなぁ 
小さいころのへいすけを思い出します。
何事もあせってもいいことないですよね。
今回のご縁も心配があるのなら
次回に期待したほうがよひですね。
最終的に一番大切なのは
弥七の幸せですもんね♪

遅れましたがお誕生日おめでとうございます~
お狂さんにとって素敵な1年になることを
微力ながら心よりお祈り申し上げます。


2007.02.05(Mon)12:44 | みぃたろう #- | URL [ 編集 ]
難しいのですね…
ちょうど、色々な方のブログで署名運動を呼びかけている虐待の話のように
良い人のフリをして猫の里親になるようなヒドイ人間もいるし
やはり簡単にお渡しするのは難しい状況になっているのでしょうねぇ…
でも、本当に可愛がってくれるのならば
一日でも早くその家の子になって
愛情をいっぱい受けて欲しいなぁって思うし…
矢七ちゃんも一日も早く暖かいお家が見つかると良いですね♪

2007.02.05(Mon)15:13 | rinko #- | URL [ 編集 ]
順梟さま
ありがとうございます。
今年もいろいろと勉強していきたいと思っております。
弥七も随分大きくなってきました。
すぐ仔猫とよべなくなると思います。
そういう焦りもありますね。
だけれども、命ですからね。
妥協はできませんね。

2007.02.05(Mon)15:23 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
飼ってあげられるなら、と思いますが、
うちに来る猫はこれで最後ではないだろうなと思うのです。
保護しようと思えば、いくらでも保護できる悲しいご時勢です。
ダイナ君、すぐ弥七を肩に乗せます。
弥七は肩に乗っているのが好きですね。


2007.02.05(Mon)15:25 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
みぃたろうさま
あ、ありがとうございます。
パソコン、復活したのかな。
へいちゃんも小さな頃があった。そうですよね。
へいちゃん、今でもかわいいけど、もっと小さなころがあったんですよね。
今しか知らないもので。
弥七も楽しそうにしていますが、
本当はもっとよい家族がいると思います。

2007.02.05(Mon)15:27 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
rinkoさま
やっぱり疑いの目をもって探ってしまいますね。
何か一つでもひっかっかたら駄目と言われておりましたが、
冷静に見わけるということがそうそうできるわけでもなく。
結局、妥協するなということでしょうねえ。
ご心配おかけします。

2007.02.05(Mon)15:30 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
里親様探し、ご苦労様です。
やっぱりお留守番時のこと、気になりますよね。
人間も同じだけど、子供というのは、
症状が急変するので、目が離せないもの。
里親希望者様は、こちらの考えをはっきり言ったことで、
真剣に考えて下さった結果なのかもしれませんね。

チャコも日中はお留守番なので、体調の悪いとき(といっても下痢くらいですが)は、
「子供が病気だ」といって、仕事を早退したり休んじゃったりしますよ。
我が子同然だもんね。

2007.02.05(Mon)19:35 | チャコママ #apnub7hQ | URL [ 編集 ]
弥七ちゃんの里親さんさがし、お疲れ様でございます。
私もうーろんを日中お留守番させているのでもしも万が一のことを考えたら怖いです。
子供みたいに泣いて自分で外に訴えるってこともできないですから。
ちょっと心が痛いお話でした。私も本当は飼う資格がないのかも・・・。
なんていまさら。ダメ飼い主ですね。

ところで、そのキャットタワー、3にゃんも乗れるなんてびっくりです!
狭いはずなのに・・・。みんなでお気に入りなんですねー。

2007.02.05(Mon)21:28 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
難しいですねー。めったなことでは渡せない、家族が一人幸せになるかどうか責任持つんですからね。僕らの会は基本埼玉限定、それでも実に慎重だから、結局メンバー一人一人の飼い猫が増えていく結果になってます。あとは会員を増やす手がありますけどね。僕も譲り受けるならもっとも近く縁のある運命の子を、と思います。弥七よ、良い縁が見つかるその日までどうか健康でいておくれ。

2007.02.05(Mon)22:21 | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo | URL [ 編集 ]
チャコママさま
どうもありがとうございます。
大切にしていただきたいという思いと、
弥七の幸せかどうかは私の決断にかかっていると思いと、
本当に気持ちの上でしんどいです。
チャコママ、「家族と同じ」という言葉を実践してらっしゃるんですね。
飼い主の鑑!!

2007.02.05(Mon)23:20 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
いえいえ、同居人さんはきちんとした飼い主さんですよ。
昼休みにうーろんさんのために帰宅してあげているし、
お友達のお誘いも断って、うーろんさんと遊んであげているし。
そういう方であるとわかれば、お渡しもするのですが、
いかんせん、一回や二回お会いしたくらいで、
どうやって見抜けとおっしゃるんですかって感じです。

2007.02.05(Mon)23:23 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
みゆきさま
その子の幸せを考えればそうなっていくと思います。
うちの場合、キャパいっぱい。
そしておそらくこれからもネコはやってくる。
ネコの里親さんを見つけて、次の不幸なネコを保護して、幸せな家族を見つける。
口でいうのは簡単ですけど、責任は重大ですね。

2007.02.05(Mon)23:25 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
こんばんは。
ここ数日弥七ちゃんのことが書かれていなかったので、もしかして良いお話が進んでいるのかな?と思っていました。
里親さがしというのは本当に大変なことなんだと改めて感じてます。
弥七ちゃんを必要とする人のもとで弥七ちゃんとその人とが幸せになれる
そんな良い出会いを見極める
なんて大変なことなんでしょう。

日中家にひとりで置いておくのは心配ですね。
その分、家の中の危険なものには敏感だったり、
たとえば、体調が悪いときは、自分が体調を崩したとウソをついてでも病院へ連れて行ったり、
やれる人にはどんなことでもやれちゃう気がします。
いつでも病院へ行けないからこそ早めに病院へ行くクセがついたり。
常に在宅でも飼い猫の体調の悪さに気が付かない
気が付いてても無関心
やらない人はやらないんですね・・
置かれる環境は「人」次第なのかな。
ホントにむずかしいですね。

2007.02.05(Mon)23:54 | きょーこ #- | URL [ 編集 ]
きょーこさま
うるうる、弥七のこと、お気にかけていただいてありがとうございます。
実際、お見合いするというので、募集中などと書いていては、相手の方に失礼かなと思ったのと、
このさい、まとめて記事にしちゃおと思ったのもありますが。
でもおっしゃるとおりです。
一日中、家にいても目を向けていない人は向けていないわけですから、
いないのと同じような飼い主さんもいるわけですね。
ブログ最初に兎の紅葉の記事を書いたのですが、
紅葉が私に教えてくれたことは、
「動物は飼い主を選べない」でした。
弥七が選べないので、私が選んでいるわけですね。
弥七の幸せは私にかかっているんですよね。
なんでこんな重いものを背負ったのかなあと思うとき、
無責任な人間のつけを払っている気がしますわ。

2007.02.06(Tue)00:00 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年02月 04日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 弥七の里親さがし
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 弥七の里親さがし
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年02月04日 (日)
  • 16時52分50秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。